ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.64 )
日時: 2014/12/25 20:56
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



*Merry Xmas* 

とうとうクリスマスですね。もうあと数日すれば、新年なんですよね。今年は本当に早かった……(←お婆さんみたい(笑)
そういえば、この小説だけは話の進み具合がいいですね……。さて、ほかの小説はどうするか……はぁ。
一月よりほかの小説も更新を再開しますので、そちらの方もよろしくお願いします。




ひよこさん


はいっ……、AEDですね!えっと、どうやって使うんでしたっけ!?
学校で習ったはずなのに、使い方がぁ……(焦

そ、そんなにドキドキしていただけたでしょうか……。
八話のほうは一回書いていたものがすべて消えてしまうという恐怖展開に陥りまして、上手く書けなかったなぁと反省中です……。でも、そういう風に言ってもらえると嬉しいですね。

シエルは恐ろしく素直です……、時にそれはアダとなるのですが(苦笑
自分の気持ちはきっとどんな気持でも伝えてしまうんだと思います。そのため、嘘がつけない……。その方がきっと可哀想だと思います。

またひよこさんにドキドキしてもらえるよう頑張ります。
それと、AEDの使い方をもう一度習ってきますね(キリッ

コメント、ありがとうございました。








蒼さん


お、お初にお目にかかりましゅ……、い、いきなり噛んでしまった(ウッ
はるたと申します。初めまして。

タイトルが気になって……、ですか。タイトルは意外と気に入ってますので、とっても嬉しいです。
心臓……です、か。音がしな……ひゃぁぁあ、どうしましょうか! ?AED持って来ましょうか!どうすればいいでしょうかっ。
きゅ、吸血シーンでドキドキしていただけたようで。すごく嬉しいですね、今回はドキドキしてもらえるように、という目標で書いていますので。

八朔もお気に召していただけたようで……、本当に人気者だなぁこいつ。八朔もきっと「蒼さん大好き」と超にっこり笑顔で言っていると思われます(笑)猫耳イメージ……!やっぱりそうですよね、はるたも猫耳イメージ強いです。

鉋さんは可愛い女の人の元なら喜んで駆けつけます。もしかしたら蒼さんの血液はゆたかより甘いかもしれませんし……、ゆたかを放り投げて蒼さんのもとに向かうかも……っ。

コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【12/24更新】 ( No.65 )
日時: 2014/12/25 21:11
名前: みるく

はるたさん!また来ました。

この前は小説見に来てくださってありがとうございました。

ヴぁんぱいあになってみたい!!!!

すこし、憧れます。あ、でも人の血は吸ってみたくない(笑)

これからも小説お互いがんばりましょうね!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.66 )
日時: 2014/12/26 21:37
名前: はるた

*


みるくさん


こんばんは、お久しぶりです。
……いえいえ、新作の小説頑張ってください。陰ながら応援しております。

ヴァンパイアになってみたい……ですか。はるたも中学のはじめの頃くらいにそう思った時期があります。
丁度そのころに書いていたヴァンパイア小説を最近になって見つけ見てみると「ひゃぁぁぁぁっ」と声を漏らして気絶しました。残念な子ですね、はい(笑)
しかもよく読んでみるとバッドエンドだった……。

血は吸いたくないですか……。まぁ、どんな味かも分かりませんからね。はるたも正直吸いなさいと言われると不安になると思います。それが当たり前ですもん。

コメント、ありがとうございました。



【参照600突破】

こんなに参照増えるのが早いのは初めてです。
吸血シーンで皆様にドキドキした、という感想を言ってもらえたのでもう嬉しすぎて……、毎日感動で泣いております(笑)本当に嬉しいのです。
多分今年の更新はできてあと一話かと。受験が終わりましたら、もう少しは更新早くなると思います。
本当に読んでくださる皆様には感謝です。
記念小説第二弾のキャラは多分八朔になると思われます。
お時間があれば寄っていただけたらと思います。

ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.67 )
日時: 2015/05/18 00:46
名前: はるた





 Sidestory01





〈彼女のいなくなった世界〉





「……佐伯くん」
「……」
「佐伯くんっ!!」
「……はいっ!?」




 海里は一息ついた後、暗い表情の恭也を見てまた大きなため息をついた。
 最近恭也はボーっとしていて、様子が明らかにおかしすぎる。
理由は分かる、でもあからさまにそんな表情をされるとこちらまでテンションが下がってしまう。




「そんな顔しないでよ、こっちまで暗くなるじゃん」





 ゆたかがいなくなってから、もう一週間の時がたつ。彼女はいったいどこに消えてしまったのだろうか。捜索願は出しているが、全く情報がなく、まだ見つけ出せない状況。そのことに恭也は、あの時自分がとめていられたら……と、後悔していた。
 さようなら、何時までも彼女の言った最後の言葉が恭也の耳にこびりついて離れない。



「俺のせいだ」
「……誰もそんなこと言わないよ。私も言わない」
「あの時俺がとめていられたら、ゆたかは……どこにも行かなかった。もしかしたらもう……」




 言葉にできなかった。もしかしたら、ゆたかはもう死んでいるのではないか。大体、人が消えて一週間。誰にも見つけられていなかったら、亡くなっている可能性が高い。





「死んでたらどうしよう……とか思ってんの?」
「……っ。そんなこと」
「思ってるでしょ。……ひどいよ、あんたのその顔。――……私はね、信じることに決めたの。あの子は帰ってくる。きっと私たちのもとに帰ってくる、私を、佐伯くんを、悠真くんを……捨てて逃げたりはしないの」




 海里の言葉に、恭也は少しだけ安心した。
 本当はただ、怖くて仕方がなかっただけなんだ。急に大切な人が消えて、心にぽっかりと大きな穴が開いて。



 妹の千影が「お姉ちゃんは?」と聞いてくるたび、胸がすごく痛かった。
 帰ってくるよ、そんな安易なことを言えなくて……上手く言葉を探しては笑ってかわしていた。
 でも、それをするたびに心が痛くなって、千影に申し訳なくて。




「お前さ、意外といいやつなんだな」
「……今更? まぁ、いいや。っていうかね、一つだけ私の話を聞いてほしいの」
「なに? 俺で出来ることなら聞くけど」
「……うん。やっぱいいや。ゆたかが帰ってきてからで」




 海里がにこりと笑う。その表情は少しだけ違和感があるものだった。まるで無理やり笑っているみたいで。
 何を言いたかったんだろう、恭也は考えてみたがやっぱり分からなかった。まぁ、今度聞けばいいか。そう思って恭也は考えることをやめた。



「じゃぁ、ゆたかをさがしますか。佐伯くん」
「あぁ」




 ゆたか、今あなたはどこで何をやっていますか。





 俺たちは、あなたの帰りをずっと待っています。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。【12/28更新】 ( No.68 )
日時: 2014/12/28 08:25
名前: 占部 流句 ◆PCElJfhlwQ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1/index.cgi?mode=view&no=38225

こんにちは。そしてお久しぶりです。

 最近コメントができていなかったですが、時間が空いたので、コメント失礼しますね♪

 さすがは はるた さん。もう600ですか(笑)人気者ですね♪僕のところもやっとこ300越えして喜んでいるところです(笑)

 本編。契約かぁ。なんだか不思議ですね。そもそも血って味するんですか? あ、でも口の中切れた時とか変な味する(笑)
 僕は血が苦手(見ると貧血になります)なのでヴァンパイアにはなれませんね。残念(・・;)

 番外編。あ、探しているんだ。それは大捜査ですね。そうか、ゆたかの死体は見つかってないんですもんね。契約したってみんなにはわからないんだ。なんだか深い……。僕はゆたかが幸せに。例えそれがバッドエンドだとしても、幸せになってくれることを祈っていましょうか♪


※Ruku*

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。