ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.30 )
日時: 2015/05/31 13:12
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




 Blood04「遭遇」





 私、相楽ゆたかはごく普通の女の子だった。
 自分一人がそう思っていただけなのかもしれないが、私はただそう純粋に「普通」になろうと努力をしてきた。
 両親があんな風だったから、上手く立ち回りできるように頑張ってきたし、弟のためにもいつも早く帰ってきて遊んであげていた。
 「いいお姉ちゃん」という偽りの姿を演じて……。
 幸い悠真がまだぎりぎり生きていたけれど、私は目覚める気配のない彼を見るたび苦しくなって、その場所にいることを放棄してしまった。そう、逃げ出してしまったのだ。



 そこで私は、「彼」に出会うことなんて全く知らなくて……





***






「何やってんの、お前」




 私の前に立つその男。身長は私よりも圧倒的に高く、この高さは恭也より少し高いくらいか……と思わず比較してしまった。
 男の威圧に負けて私は声が出なくなって震えた。なぜなら彼はさっき、女に何かをしていたからだ。するりと女は彼の身体にもたれるように倒れ、それからびくりとも動かないようになっていた。まるで死んでいるかのように。
 私がアレを見ていたと言ったら、私も同じ目にあうかも。
 ゾクリ、背中の方から何かに浸食された感じがした。
 私は男の顔を見上げて、極力動じていないように見えるように答えた。



「なにも、何もして……ません」



 声が震えて裏返った。それと連動して体も震える。
 もしかしてこの人は殺人鬼で、あの女を殺したのを見られたという理由で私を殺そうとしているのではないか? と、まるでドラマとかであるような展開を私は考えてしまう。
 男は別にナイフや小銃を持っているわけでもなく、ただの手ぶら。私は一安心して、ほっと胸をなでおろした。
 今すぐにでも逃げたい。そう思うけれど、まだ足は動いてくれないようだ。



「ふーん、あっそ。こんな夜中に出歩くと危ないぞ、早く帰れ」



 男は意外に私の身を案じてくれているようだ。
 悪い人ではないのか? いや、人を簡単に信じてはいけない!
 私はかぶりを振り、目をぎゅっと瞑った。ゆっくりと開けると、男は先ほどと表情を変えずに私をじーっと見つめていた。



「……あ、はい。……あ、あの」
「ん?なに」
「その女の人……」




 私は遠くで倒れている女を指さした、男は「あぁ」と自分で勝手に納得したのかにやりと私に向かって笑ってきた。不気味な笑顔だ、虫唾が走る。



「何でもないよ」
「何でもないってわけないじゃないですか、その人どうしたんですか……。死んじゃったんですか、何やったんですか?もしかしたあなたが殺し……」




 その次の言葉を発する前に、私は彼に口をふさがれた。




「なに、この女と俺が何をしていたか聞きたいの? 教えてやってもいいけど、あんまりいいもんじゃないぞ」





 不敵な笑みだった。よく女を騙している男のような笑み。そんな男に私はあったことは無かったけれど、もしいるならこんな男なんだろうなと思った。
 知りたい、けど怖い。
 塞がれた唇。私は言葉が発せられない。




「……むがっ……なにするんですっ」



 やっとのことで塞がれた口を動かすことができたかと思ったら、首筋にひりひりと痛みが走った。
 何かが首に刺さっているかのような感覚で、思わず変な声が漏れる。


「……ぃやぁっ……ぁぁ、やめてよっ、なにする……いやぁっ」




 体中が炎でも燃えているかのように暑くなる。自分が自分でないような気がした。
 ただ、恐怖だけが私を襲う。
 首筋に何かがツーっと垂れてくる。それは、真っ赤な真っ赤なあれで。何度見ても私は好きにはなれない。
 だから、それを美味しいというやつは絶対にくるってると思う。だから、私は「あいつ」と存在を信じなかったのだ。だから、最初は彼のことを誤解していた。
 ただの殺人鬼だと。
 それならば、どれだけよかったものか。




「何をしてたのか知りたいんだろ?」

 男の声が脳に響く。
 男がぼんやりとしてきた。
 周りの色が薄れて来て、何もかもが真っ黒になってくる。瞼が勝手に落ちて来て自分ではもうどうしようもできない。



 知りたい。確かに知りたかった、でも違う……。


 この男は、もしかして……


 そう考えると、私は自分がした行為が何と愚かなことだったのだと後悔する。不審な人とは会話をしてはいけません。親にも小さい頃はきちんと言われていたのに……でも今まで忘れていたのだ。
 だから男の、彼の正体に気づくのが遅れてしまった。




 血液を好み、夜に現れ生き血を吸う______





「俺は、ヴァンパイアだよ」



 意識が途切れた後、男はそう小さく私の耳元で囁いた。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.31 )
日時: 2014/11/09 03:10
名前: みるく

またきました!!!!

私の作品も見に来てくれてありがとうございました。

前見たときよりも少し進んでいて必死に読んでいました(笑)。

まだ中一という事で親に怒られるのであんまり長くは書けませんが...

更新頑張ってください!応援しています^^

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.32 )
日時: 2014/11/09 11:17
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs

ヴァンパイアきたああああああ!!
いきなり血吸った!!大丈夫かな!?


……はっ、失礼、取り乱しました。

大好きなヴァンパイアがでてきたので、つい興奮して((
これはイケメンの予感……(゚Д゚)カッ
というか、ヴァンパイアに血吸われたらどうなるんでしたっけ……?
死んじゃったり……はしないですよね!?

……イケメンならいいかm((

続きが気になります!!
更新頑張ってください!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.33 )
日時: 2014/11/10 20:23
名前: 錦織赤兎



こんばんわ!赤兎です(*^◯^*)

返信遅れて申し訳ないです(>人<;)

コメントをいただいたのに…すいません(泣)

赤兎の小説に足を運んでいただき、ありがとうございました!(*^◯^*)

これから…頑張って!…行きますのでよろしくお願いします(>人<;)


ところで、赤兎もヴァンパイアとか、お化け系も好きです( ^ω^ )

この前のハロウィンでは、仮想パーティーにきた友達を見て、発狂しかけました(>人<;)

おかしい赤兎ですが、よろしくおねがいします!

これからも更新、頑張ってください!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.34 )
日時: 2014/11/13 00:05
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

みるくさん

こんばんは、また来てくださって光栄です。
はるた、嬉しすぎてぴょんぴょん飛び跳ねちゃいました(笑)
はるたの駄文を必死に……、な、涙があふれちゃいます……。
中学一年生……、初々しいですね。すごく懐かしいです。こういう単語を聞くと、自分がやけにおばあさんになったように感じられるんですよ、最近。

コメント、ありがとうございました。



***


ひよこさん

お久しぶりです。
はい、いきなり吸血ですね。どんな奴だよ!と内心つっこんでいたんですが、やっぱりそう思いますよね。
ヴァンパイアに血を吸われると、その人もヴァンパイアになるという説もあるのですが、はるたはその話を無視して自分で勝手に解釈して話を進めていこうかと……、勝手すぎますよね(笑)
イケメンに吸血……、ならいっか、って思っちゃいますよね。はい、はるたもイケメンならいいような……。
続きが気になるですと!そういう風に言われるのが一番うれしいです。頑張って続きも書いていこうという気になります。お優しい言葉をかけていただき、本当にありがとうございます。ひよこさんには感謝しきれないです。

コメント、ありがとうございました。



***


錦織赤兎さん

いえいえ、来てくださっただけで光栄です。本当に嬉しいです。
錦織赤兎さんの小説、とっても面白くて本当にスラスラ読めて楽しかったです!はるたのあこがれのお方です。
はい、これからも一読者として、更新されるのを楽しみに待っております。頑張ってください。
ハロウィン……、そういやそんなのもありましたね(遠い目
最近は行事ごとに関わる暇もなく、日にちが過ぎていくので、そういうことを聞くと羨ましく思います。コスプレ……、魔女とかそういう系のコスプレとか可愛いと思いますね、はるたは。
はい、こちらこそよろしくお願いします。

コメント、ありがとうございました。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存