ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.5 )
日時: 2014/10/04 10:15
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 テストなんて忘れましょう!
 過去を振り返ったら人生終わりですy((ええ、すみません勉強って大事だと思いますけど、テストに泣かされた朔良の現実逃避です

 どうでもいい登場失礼いたしました笑

 はるたちゃんの新作!
 心待ちにしておりました。

 ヴァンパイアと少女……! 今から萌える予感がします///
 ドキドキする物語ということで、毎日チェックでいきたいと思います。

 更新楽しみに待っております。
 頑張って下さい!

 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.6 )
日時: 2014/10/04 23:07
名前: はるた

近所の小さなお祭りの屋台のくじ引き屋で一等をとって喜んでいるはるたです。
小さい女の子が通ったので「いいだろう」と自慢げにドヤ顔をしていたら隣にいた友達に「最低」と真顔で言われ、ショックを受けました(笑)
来週からは皆様の小説に訪問に行きたいと思います。今から楽しみです。



朔良さん

そ、そうですよねテストなんて忘れ……られればいいのですがね(苦笑
意味不明の言葉が並んでいて「……」と、無言になってしまった感じです。まぁ、テストなので不通にしゃべっちゃいけないですけどね。
朔良ちゃんや皆さんにドキドキしてもらえるか、まだ不安なのですが頑張っていこうと思います。
少しでも、いい作品にできたらと思いますっ!!

コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.7 )
日時: 2014/10/05 12:54
名前: 覇蘢



お……
お、お、
お邪魔しますですます。
((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ


ししししし新作ということでお邪魔させていただきました!


ヴァンパイアと少女の恋ドキドキ(p´Д`;)(;´Д`q)ドキドキ
吸血シーンとかあるんですよね(;//́Д/̀/)ハァハァ←変態



ドキドキする為に何度かまたお邪魔せていただきますね

更新頑張ってください!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.8 )
日時: 2014/10/05 23:40
名前: はるた

覇蘢さん

はい、約十か月ぶりの新作です(笑)
吸血のシーン……、あ、あるんですよ、それが(赤面
上手くできるかはまだ不安なんですが……はい、頑張らせてもらいます。
覇蘢さんにも、少しでもどきどきしたと言ってもらえるよう、頑張らせてもらいます!!

コメント、ありがとうございました。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.9 )
日時: 2015/04/25 13:25
名前: はるた





 Prologue



 真っ黒な闇の中でも映えるその「赤」は何とも言えない悲惨な光景を物語っていた。
 真昼のはずなのに、どうしてこんなに真っ暗なのだろう……。
不思議に思いつつも、私の声は震えていて、上手くそう伝えられなかった。

 子供のように涙をボロボロこぼしながら泣く私は、あの日……火事で突然家族を失った時の私の残像のようで。
自分の犯してしまった過ちを、また思い出していた。 


 好きだよ……鉋。大好きだよ。

 もう君には伝わらない、そう分かっていたとしても
私はそう心の中で叫び続けることしかできない。
 だから、さようなら。







 私は彼を愛しぬく。
彼の心臓にくいを通す、その時まで―――

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存