ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.175 )
日時: 2016/08/27 01:33
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




 *更新再開します。


 長い間お休みしていましたが、復帰いたします。
 今年中に終わるのはやっぱり難しいですが、少しずつ完結に向けて頑張っていく所存でございます。どうぞ宜しくお願い致します。

 二章で完結です。全三章までですが三章は書くか不明です。
 お時間ありましたら、最後までお楽しみくださいませ。



□追記(8/27)

 遅くなりました。九月より週一ペース(目標)で更新していきます。
 この作品も10月で二周年を迎えます。もう暫くお付き合いくださいませ。

to はるたさん ( No.177 )
日時: 2016/09/18 23:04
名前: 占部 流句

はるたさん、はるたさん。覚えていますか?
突然すみませんね。
2015年の2月くらいまでお世話になってました占部です。元々るくねこです。覚えていなくてもしょうがないですが。
久々に来てみたらはるたさんがいました。頑張ってこれから読んでみます:)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【更新再開】 ( No.178 )
日時: 2016/09/24 23:23
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





■占部 流句さん


 ご、ご無沙汰しています。はるたです。
 流句さんにまたお会いできてとても光栄です。お帰りなさいです!

 もう一年以上前になるのですね。カキコに来られなくなってから本当に寂しかったです。カキコに長くいるとカキコを卒業する方も多々見られるのでこうやってまた帰ってきてくださると涙が出そうになりますよ。
 覚えていないということだけは絶対にないです。とてもお世話になった流句さんを忘れるなんて絶対にないですありえないです!
 私はまだいますよ笑 安心してください、はるたはいつまでも流句さんのお帰りをお待ちしていましたから。
 もう本当お帰りなさい、としか言えないのですが、また流句さんが小説を書き始めましたら是非読みに行きたいと思ってます。
 また、流句さんがよいカキコライフを送れることを心から願っております。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。【更新再開】 ( No.179 )
日時: 2016/10/01 00:49
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg







 二周年です。二周年です。
 もうこの作品も二周年になりました。これは緊急事態です。由由しき事態でございます。まだ完結する気配がありませんピーンチ。

 突然取り乱しました、お久しぶりですはるたです。
 この度は本作が二周年を迎えましたのと今年の夏の小説大会で銀賞を頂いたのでその感謝の気持ちをお伝えしたくここに書きこんでおります。
 まず二周年。2014年の10月1日にこのスレッドを立てましたのでもう二年になります長いですね。沢山の人とこの作品を通して関わらせていただいております。とてもうれしいことだと思っております。
 また、その二年の間に小説大会では二度も入賞させていただいております。きゅんきゅん展開を期待して最初読んでくださっていた方、本当すみません胸糞悪い鬱展開に突入しております。完結しましたら番外編でラブラブな話書きたいです。夢です。

 小説大会で今年も入賞させていただきました。ありがとうございます。お礼を言うのが遅いわーと思うのですが、まぁそこはお許しくださいませ。
 今までこの作品を読んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、これからもこの作品を楽しみながら書いていきたいと思います。更新再開詐欺ばっかのはるたですが、これからも宜しくお願い致します。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【更新再開】 ( No.180 )
日時: 2016/11/14 17:03
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg







 Sidestory08




〈会いたいけど会えない現実D〉


 さて、俺の顔を見た瞬間に邪険にしてきたこの男。説明がないまま紗耶香に連れられてこの場所に来たのだが、お互い所見のはずなのにどうして俺の名前を知っているのかも分からずパニックに陥ってしまった。


「鉋は恭也さまのことをご存じで?」

 俺が口をパクパクさせていたのに相反して、冷静な紗耶香はズバッとその男にモノ申していた。
 

「あぁ、昔そういやゆたかが言ってたなぁって思って」
「……何でそんな嫌そうな」
「あぁ、昔ゆたかが告白されたんだ―って顔真っ赤にしていうもんだからさ、もしあったら殺してやろうかと」
「心狭いですね、鉋は」

 何の話をしているのか分からなかったけど、どうやら「ゆたか」について知っている男の用だった。けれど、紗耶香の読んだその名前「鉋」はどこかで聞いたことのあるような……。あぁ、そういえば紗耶香の「好きな人」
 
「恭也さま、紹介します。こちら、望月鉋、吸血鬼です」




 ……は?



 確かに何となく「吸血鬼」がいるとかいないとかそんな話を紗耶香から聞いてはいたものの、いきなり紹介として「この人吸血鬼だよ」的なことを言われても頭が追い付くはずもなく、俺はまた軽いパニックを起こしていた。
 それより中入れよ、とその鉋という男が言ったために俺の脳内整理が追い付かないまま家の中に招待される。ゆたかはここに居るのだろうか、そう思って辺りを見渡すも鉋から「ここにはいない」と俺の心を察したかのような言葉が返される。


「お前、本当何なんだよ」
「きゅーけつき、だよ。そんで、ゆたかの「元カレ」」


 にやりと笑ったその表情に俺の心は音を立てて壊れていった。


***

 そもそも人間の脳はそこまで優秀ではないのかもしれない。俺は今までの考えをすべて覆して目の前にいる少年を見た。どちらかといえば整った綺麗な容姿はきっと女子がきゃーきゃー黄色い声をあげるんだろうな、と誰だって予測できるほどのものだ。
 見たからに「イケメンの高校生」にしか見えない、紗耶香に鉋と呼ばれた吸血鬼は何の躊躇いもなく俺たちを家に入れた後茶まで出してきやがった。

「お前、吸血鬼なのかよ……」

 震える声で尋ねると、鉋はこくりとうなづいた。余裕のある笑みだ。
 隣にいる紗耶香ですら、少し同様したそぶりを見せたのにどうしてこんなに落ち着いてられるんだか。出された茶を少しだけ口に含んであたりを見渡した。普通の家だ。普通の家族が住んでいるような普通の家。
 けれど、違和感がする。家にはお父さんもお母さんもいない。共働きってこともあるんだろうけど、そもそも吸血鬼に親とかいるものなのだろうか。頭がこんがらがってきて俺は紗耶香を食い入るように見つめていた。

「そんなに見つめないでくださいませ、恭也さま。胸がどきどきします」
「おい。誰がそんなに分かりやすい嘘をつけといった」
「あら、そんなにすぐに嘘だとお分かりなるとは思いませんで。男子高校生ならそれなりに健全な性欲を抱いていただかないと」

 にっこりとほほ笑んだその表情は今までのロボットみたいな感じとはまた一風違った。紗耶香がこんな顔するなんて思ってもみなかった。けれどすぐに気付く。その表情を引き出しているのは鉋なのだと。

 鉋のことを慕っていると彼女は言った。
 俺のことなんか眼中にないくせに、そうやって照れ隠しをする紗耶香の意図は全く分からない。そもそも恋敵的なポジションにいるゆたかに何の感情も抱いていない様子にも違和を感じるのだ。


「吸血鬼が、どうしてゆたかと一緒に暮らしているんだ。それより、本当にゆたかは「生きて」いるのか?」


 俺の質問に鉋は笑って答えてくれた。


「ゆたかが死んだのは過去の話だよ。生きてる、けど知ってるんだろお前は」


 つながらない会話。
 かみ合わない会話。
 どれが本当の話で、どれが嘘なのかわからない。
 けれど、少しずつ核心に迫っているような気がして仕方がない。それが気づいていいことなのかわからないが、それでも俺は追求せずにはいられなかった。

「知ってるって何が」


 ゆたかがいなくなったのは、いつだっただろうか。
 ほんの数か月前。だったはずだった。
 それなのに何なのだろう。この違和感は。
 

「お前は全部知っているんだよ。ゆたかが死ぬ話を、さ」


 それは知りたくない話。知ってはいけない話。
 俺の生きた時間とはまた別のお話なのである。


 俺が知っているゆたかの死ぬお話は、ゆたかと一人の少年との恋物語から始まるのだ。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。