ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.153 )
日時: 2015/08/22 11:48
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg







 幕間03「嘘つかなくても、いいんだよ?」



 僕が目を覚ましてから、一週間の月日がたった。病院でリハビリをしながら、日々を過ごす……退屈なようで退屈ではなかった。
 隣のベッドのおじいさんに花札を教えてもらったり、その隣にいる大学生くらいの女の人に高校や大学の話を聞かせてもらった。とても充実した時間だった、と思う。


「……あぁ、あれ? 海里、さん」
「お、目ぇ覚ました? おはよう、悠真くん」



 僕が体を起こすと、その隣には海里さんの姿があった。綺麗なお花を手に持ち微笑む。海里さんの家はお花屋さんだって言ってたから、普通に花なのかと思ったけど違った。これは、季節の花を使ったレンジメントだろうか。色とりどりでとても綺麗だ。


「あ、これ……お見舞いの品ね。普通の花はアレルギーとかで禁止みたいだから……だから、これで我慢してね」
「……あ、ありがとう、ございます」


 海里さんは千影ちゃんと同じようにほぼ毎日病院に来てくれる。放課後、きっと友達とかと遊びたいだろうに……悪いと思いながらも、僕は「もう、来なくて大丈夫です」とも言えなくて。
 海里さんとお話しているこの瞬間がすごく楽しくて。結局僕の我儘みたいなもので、毎日来てもらっている。


「いつも、すみません……」
「ううん。私が好きで来てるだけ……あ、佐伯くん……千影ちゃんのお兄ちゃんはお見舞い来てくれた?」
「うん。三日前くらいに来てくれて、頭……撫でてくれた」


 ちょうど今から三日前。千影ちゃんのお兄ちゃんである恭也さんがお見舞いに来てくれた。最初は、驚くぐらい表情が暗かったけれど、僕の気持ちを配慮してくれたんだろう……無理に笑顔で接してくれた。きっと、お姉ちゃんのことが心配で仕方がないんだろう。
 恭也さんにはすごく申し訳なかったけれど、僕は自分の罪の告白をすることが出来なかった。


「そっか、良かったね。じゃあ、私も!」


 僕の言葉を聞いて海里さんはにこりと笑って頭を撫でてくれた。そのなでなではとても気持ちがよくて。
 なんでか、お姉ちゃんが昔撫でてくれた時の感触と似ていて……。
不思議と、僕の瞳からは大粒の涙が流れた。


「ごめんね、私……何もしてあげられなかった」
「…………?」
「結局、何かに勘付きながらも、私は行動に移すことができない馬鹿だ。ゆたかの気持ちを全く分かってない」


 海里さんは、僕の耳元で何かをつぶやく。でも、その言葉の意味がよく分からない。
 でも、海里さんもなぜか涙を流しているみたいだ。


「失って、初めて気づいた。ゆたかがいない……そんなの間違ってる。あの子の秘密にきっと、私は勘づいていた」


 本当に――この人、何を言っているのだろうか。


「さっきね、ゆたかのかかりつけ医に会って……話、聞いたの。ゆたかは……ゆたかは……」



 僕は海里さんの言葉の続きを聞いた瞬間、息が止まりそうになった。
ねぇ、海里さん、海里さん。嘘だって言ってよ、さっきみたいに微笑んで見せてよ。冗談だって、そう……言ってよ。
 また僕の瞳から涙が落ちる。


 ――ゆたかね、病気の悪化が酷くて、あと数か月の命だったんだって。


 僕の知らない話。聞いたことすらない、お母さんもお父さんも、お姉ちゃんすら教えてはくれなかった。
 病気だなんて、全く気付かなかった。なんで、黙ってたんだよ。何で、教えてくれなかったんだよ。
 その理由なんて、簡単だ。僕だって、分かってる。
 子供なんだ。僕は何もできない子供なんだ……気づいていてなお、僕は今までのことを悔いることしかできなかった。



 やっぱり、僕は……間違ってたんだ。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【参照記念企画、実施中】 ( No.155 )
日時: 2015/08/30 22:52
名前: 村雨 ◆nRqo9c/.Kg

お久しぶりです、はるたさま!
村雨です(・ω・)
こちらの作品にコメントさせて頂くのは初めてです(

一度読み始めると次から次へと読みたくなっていくようなパワーのあるお話だと思いました!
ゆたかちゃんがたまに見せる毒のある感じが好きです←
でも悲しい運命を背負っていて……
ティッシュの用意が必要になりそうですね(;ω;`)

男の子キャラでのお気に入りは今のところ鉋くんです!
ゆたかちゃんへの吸血シーンは凄くドキドキしました(^q^*)
人気キャラ投票を実施されているということで……
鉋くんに一票入れさせて頂きます+*

ゆたかちゃんは警察に見つかってしまうのでしょうか?
続きが楽しみです!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【参照記念企画、実施中】 ( No.156 )
日時: 2015/08/31 19:32
名前: ことり ◆E09mQJ4Ms.

はるたさん!!
銅賞おめでとうございます!

これからも更新がんばってください!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.157 )
日時: 2015/09/12 23:35
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




村雨さん


 お、おぉ!村雨さんにこちらのスレまでお越しいただけるなんて……な、長かったでしょうに、わざわざ読んでいただきありがとうございます。
 次から次へと読みたくなっていく……そんなこと言われると、口元が緩みまくって変な顔になるじゃないですか。お恥ずかしい!
 ゆたかの毒づき、気に入っていただけましたか。それは、嬉しいです。はるたが一番得意とする女の子のジャンル→毒舌。いやはや、普通の可愛い女の子が書けるようになりたいです。村雨さんの書く小説に出てくるような、可愛らしい女の子。
 ティッシュの用意ですか。が、頑張って人を感動させられるような小説が書けたらいいとは思っているのですが。さて、村雨さんの涙腺を崩壊させることができるのであろうか……。
 鉋に投票が入りました。わーい、こいつは一番のメインのはずなのに恭也ばりに影薄いんですよ。少しでも鉋にドキドキしていただけたみたいで嬉しいです。鉋がお手紙書いたみたいなので、置いていきますね。もう殆どシチュ的なものになっていますが、お許しください。
 警察に見つかるのかどうか。見つからなっかったらリアルでは警察は何しているんだ!となりますが、ここは小説内なのであんまり気にされないんですよね(笑)
とにかく警察の方々は今、一生懸命捜索している最中です。頑張っていただきたいですね。



『村雨へ


 俺に投票してくれて、ありがと。
お前なら、きっと俺に入れてくれるって信じてた。でも、本当に入れてくれたから…………すごい、嬉しい。
 ん、何だよ。何で、そんな遠くにいんの? もっとこっち来いよ。……まだ遠い、ほら。
 手、繋いだくらいで赤くなるなんて本当村雨は可愛いな。
 今夜は、この手、離さないから。ずっと、俺と一緒にいて

                       鉋』




***




ことりさん


 わぁ、ご無沙汰しております。
久しぶりのことりちゃんでテンションが上がっているはるたでございます。こんばんは。
 早速お祝いのお言葉をいただけるとは。ありがたいですね。
 重ねてお祝いのお言葉、ありがとうございます。また、お礼のご挨拶をさせていただこうと考えていますので、もう暫くお待ちください。

 コメント、ありがとうございました。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.158 )
日時: 2015/09/05 21:45
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg
参照: 小説大会で銅賞を頂きました。感謝です。






■2015年夏☆小説大会で賞を頂きました。
       


 こんにちは、はるた(榛夛)です。
普段はコメディ・ライトで恋愛ものを書いている奴で。最近は、シリアス・ダークの方で漢字変換して「榛夛」というHNで小説を書いていました。
 お知らせなのですが、今回の小説大会で私の書いていた小説2作品が賞に選ばれました。
 人生初、賞に選んでいただけたということで嬉しいのに、それに加えて2作品も。本当にいいのでしょうかね。
 兎にも角にも、嬉しい限りです。投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。これからも少しでも上達するよう、精進していく所存です。本当に、ありがとうございました。






□小説紹介□


◆I live with ヴぁんぱいあ。


 コメディ・ライト小説で、銅賞を頂きました。作品の入れ替わりの多い激戦区で私なんかの作品が選ばれてすごく嬉しいです。
 この作品は、はるたの大好物、ヴァンパイアを取り入れた作品です。少しでも読んでくださる方にドキドキしていただきたい。そういう思いと「生きる」ということについて少し考えていただきたい、そんな思いで執筆させていただいております。
 火事ですべてを失った少女が少しづつ成長していく姿を書いています。よければ、どうぞ。



◇君の涙に小さな愛を。


 初、シリアス・ダークで書かせていただいた作品です。この作品が、なんと金賞をいただきました。驚きを超えた驚きです。
 この作品は、児童虐待を受けた子供の成長物語です。読んで「面白かった」や「好い作品だった」と思っていただけないことは十分承知です。そのため、賞には絶対選ばれないと思っていました。
 傷つきながらも、前に進んでいく子供の戦いの記録。
 この小説を読んで、何かを感じ取っていただけたら嬉しいです。あまりお勧めはしませんが、興味があったら一度読んでみてください。




●両作品に同じ内容の投稿をさせていただきます。
 時間があるときに、賞を頂いた記念としてコラボの小説を載せたいと考えています。お暇なときにどうぞ。


 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。