ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.149 )
日時: 2015/09/15 18:31
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





【参照4000突破です】


 あれ、何時の間にこんな大きな数字になっていたのだろう……。
そんなことを考えて、毎回恒例、お茶を吹き出しそうになったはるたです。
 
 前々から言っていました(前回は忙しかったので先延ばしにしていた)参照記念、読者様参加型の企画を実施したいと思います!
 是非是非、参加していただけると嬉しいです。






〔参照4000記念、人気キャラ投票!〕



 人生で一回はしてみたかったのです。ずっと憧れでした……。
人気キャラ投票ということで、是非、好きなキャラに一票を投じてみてくださいませ。
 集計して一番気だったキャラには特別番外編を考えております。
 また、選んでくださったキャラクターから、お礼の言葉を言わせようと考えています。
 投票の際は、人気キャラ投票の話題を出していただいた後、◯◯に一票と言ってくださったら大丈夫です。是非、ご参加のほどお待ちしております。








*人気キャラ投票参加者


■No,1 望月鉋(ヴァンパイア)

□No,2 八朔(化け猫)

■No,3  佐伯恭也(友達)

□No,4 宮代庵(友達)


※恭也と庵は友達枠です。他に思いつきませんでした……(笑)




*企画実施予定

 2015,8/10〜10/30 (実施日)
 2015,11月以降 (結果発表)


※日時は予定ですので、変わる時もあります。9月中はほぼ来れないので延長させていただきます。
はるたを知っている人なら分かると思いますが、予定通り物事が終わったことがほぼありません。変わる可能性大です。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【参照記念、実施中】 ( No.150 )
日時: 2015/08/10 17:09
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 こんにちは、朔良です。

 参照3000、4000突破おめでとうございます!
 流石だなあと感嘆の声が思わず漏れてしまうほどの数字です!

 番外編を読ませて頂きました。
 ぶっちゃけゆたかちゃんに一番萌えました笑
 
「もう一回キスしていい?」と聞かれて「鉋だからいいよ」って返しは反則だー! と叫んでしまいました。
 もう朔良が鉋君になりたい。なりたい。なりたい。
 抱きしめてほしい、という言葉は言わずに心の中で思うところが普段は強気で比較的男勝りなゆたかちゃんの“女の子”の部分だなあと思いました。やっぱりゆたかちゃん可愛いです!///

 八朔君は小悪魔ですね笑
 分かっていながらやるあたりにキュンです。八朔君は“こどもらしい”の意味が違うと理解しながらゆたかちゃんをからかうんだろうなー……と思うと、余計小悪魔を感じます)^o^(


 
 人気投票!
 確かにはるたちゃんのは初めてですね。一番乗りで参加させて頂きます!
 朔良は八朔君に一票入れさせて頂きます。
 是非是非票を伸ばしてもらって、番外編で小悪魔君に酔わされたいです//


 更新頑張って下さい!
 応援していますね。 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.151 )
日時: 2015/08/11 23:28
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 
朔良ちゃん

 ご無沙汰しております!
参照は読んでくださっている朔良ちゃん含め沢山の方のおかげだと思っています。私自身もこんな大きな数字は初めてなので、驚いている所存ですね。
 番外編___そうですか、ゆたかに萌えていただけるとは……。意外な反面、嬉しいです( ^^)
 鉋になりたい……。わぁ、ゆたか愛されていますね。作者として主人公をこう愛でていただけると嬉しいです。
 男勝り!はい、その通りですね。毎回変なことをされるたび、蹴り倒すという結末を迎える男どもですから(笑)
番外編くらいはゆたかもしおらしくなるのでしょう。
 八朔は分かっていながらああいうことをするんですよね。計算高いという訳ではないのですが、どちらかというと赤らむゆたかを見て満足げになる感じでしょうか。
 
 人気投票参加、ありがとうございます。
誰も参加してもらえなかったらどうしよう……なんて不安もあったのですが、優しい朔良ちゃんの気遣いでその不安は杞憂に終わりました。
 八朔がお礼に手紙を書いたので、載せておきますね。



『朔良へ

 俺に投票してくれて、ありがとう。
 ほら、他にも三人いるから朔良は他の人に入れると思ってた。俺なんか、そんな他の奴みたいに格好良くないし、見た目子供だし。
 でもね、朔良最初に猫好きって言ってたから、ちょっとだけ期待してたの。そしたら、朔良が俺に票入れてくれたから。ってことは、俺のこと好きってことでいいんだよね? 俺は朔良のこと大好きだから、これで両思いだね。
 でもね、朔良。俺、猫の姿じゃできないこと、朔良としたいな。
 本当にありがとう。朔良、大好きだよ。

                    八朔』


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.152 )
日時: 2015/08/18 15:00
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






【後編】



*恭也編
「生まれ変わっても、きっと君を」



 生まれて初めて、男の子と一緒に映画館に来た。隣にいるのは、高校でのクラスメートの恭也。どうして私なんかを映画に誘ったんだろう? 友達と観に行く方がきっと楽しいのに……。
そんなことを考えながら、私はポップコーンを口に含んだ。


『生まれ変わっても……あなたのことを愛します』


 映画の内容はベタな恋愛ものだった。主人公が好きになったのは、残り命の短い少年。その少年に主人公は思いを告げる。
 私からしたら、命短いのに「好き」という気持ちを知るのは残酷ではないのか、そんなことを思うがこれが一般受けするようだ。
 近くからすすり泣くような声が聞こえる。感動作、見れば絶対泣ける、そんな言葉を売りにしていたみたいだから、確かに泣く人はいると思っていたがやっぱりいるものなんだ。
 私は隣に座っている恭也の顔を見た。少しばかり、切なそうな表情。
恭也も、こういうお話が好きなんだろうか。
 飲み物をとろうと、手を伸ばすとパシッと誰かに腕をつかまれた。
勢いよく私は引っ張られ、隣の人にぎゅっと抱きしめられる。


「ちょ……きょ、恭也?」


 ぎゅっと握られた腕は離すことができない。


「恭也……痛いよ」


 急にどうしたんだろう。こんなの恭也らしくない。
吃驚して私は恭也の表情を窺う。暗くてよく見えないけれど、私をまるで儚いようなもの見るかのような表情だ。



「俺は……俺なら、生まれ変わってもまた、ゆたかのこと好きになるよ」



 映画館の中。暗闇でのキスは、とても優しかった。









*庵編
「おうちでーと、君と二人」



 庵が初めて家に招待してくれた。
私なんかが言ってもいいの? そう聞くと、案の定満面の笑みで「ゆたかが来なくて、誰がくるの?」と言ってきた。そういうことをさらっといえるから、やっぱり庵は格好いい。
 庵の隣にいると緊張するから、あんまり近づきたくないのに……庵から近づいてくる。私が真っ赤になるたび、彼は嬉しそうに笑うのだ。

「お茶、準備してくる」
「あ、うん」


 庵は私を自分の部屋に入れて、お茶をとりにキッチンに降りていった。

 庵…………部屋。
 ドキドキする私は、変態なのだろうか。
 ベッドの上にあったクッション。色がピンク色だったため、お姉さんのなのかなと思って手にすると、すぐにそれは違うと分かった。
 庵の匂いがする……。こんなこと分かる私は、もう十分変態だ。
誰にも見られていないことを確認して私はそのクッションを抱きしめてみた。こうすると、まるで庵に抱きしめられてるみたいだ。
 と、そんなことをしている間に、どうやら庵は帰って来ていたみたいだ。庵のクッションを抱きしめている私を見て、茫然と突っ立っている。どうしよう、気持ち悪いと思われ……


「なんでクッションなの、どうせなら僕を抱きしめてくれればいいのに」
「……ふぇ」


 クッションを抱きしめている私ごと、彼はぎゅっと抱きしめた。
庵がそばにいることが、どんどん当たり前になっていく。どんどん、私は彼に溺れていっているのだ。


「ほら、今……家、誰もいないから」


 あぁ本当、君といると――心臓が破裂しそうだ。







 参照3000ありがとうございました。
引き続き、本作を宜しくお願いします。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.153 )
日時: 2015/08/22 11:48
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg







 幕間03「嘘つかなくても、いいんだよ?」



 僕が目を覚ましてから、一週間の月日がたった。病院でリハビリをしながら、日々を過ごす……退屈なようで退屈ではなかった。
 隣のベッドのおじいさんに花札を教えてもらったり、その隣にいる大学生くらいの女の人に高校や大学の話を聞かせてもらった。とても充実した時間だった、と思う。


「……あぁ、あれ? 海里、さん」
「お、目ぇ覚ました? おはよう、悠真くん」



 僕が体を起こすと、その隣には海里さんの姿があった。綺麗なお花を手に持ち微笑む。海里さんの家はお花屋さんだって言ってたから、普通に花なのかと思ったけど違った。これは、季節の花を使ったレンジメントだろうか。色とりどりでとても綺麗だ。


「あ、これ……お見舞いの品ね。普通の花はアレルギーとかで禁止みたいだから……だから、これで我慢してね」
「……あ、ありがとう、ございます」


 海里さんは千影ちゃんと同じようにほぼ毎日病院に来てくれる。放課後、きっと友達とかと遊びたいだろうに……悪いと思いながらも、僕は「もう、来なくて大丈夫です」とも言えなくて。
 海里さんとお話しているこの瞬間がすごく楽しくて。結局僕の我儘みたいなもので、毎日来てもらっている。


「いつも、すみません……」
「ううん。私が好きで来てるだけ……あ、佐伯くん……千影ちゃんのお兄ちゃんはお見舞い来てくれた?」
「うん。三日前くらいに来てくれて、頭……撫でてくれた」


 ちょうど今から三日前。千影ちゃんのお兄ちゃんである恭也さんがお見舞いに来てくれた。最初は、驚くぐらい表情が暗かったけれど、僕の気持ちを配慮してくれたんだろう……無理に笑顔で接してくれた。きっと、お姉ちゃんのことが心配で仕方がないんだろう。
 恭也さんにはすごく申し訳なかったけれど、僕は自分の罪の告白をすることが出来なかった。


「そっか、良かったね。じゃあ、私も!」


 僕の言葉を聞いて海里さんはにこりと笑って頭を撫でてくれた。そのなでなではとても気持ちがよくて。
 なんでか、お姉ちゃんが昔撫でてくれた時の感触と似ていて……。
不思議と、僕の瞳からは大粒の涙が流れた。


「ごめんね、私……何もしてあげられなかった」
「…………?」
「結局、何かに勘付きながらも、私は行動に移すことができない馬鹿だ。ゆたかの気持ちを全く分かってない」


 海里さんは、僕の耳元で何かをつぶやく。でも、その言葉の意味がよく分からない。
 でも、海里さんもなぜか涙を流しているみたいだ。


「失って、初めて気づいた。ゆたかがいない……そんなの間違ってる。あの子の秘密にきっと、私は勘づいていた」


 本当に――この人、何を言っているのだろうか。


「さっきね、ゆたかのかかりつけ医に会って……話、聞いたの。ゆたかは……ゆたかは……」



 僕は海里さんの言葉の続きを聞いた瞬間、息が止まりそうになった。
ねぇ、海里さん、海里さん。嘘だって言ってよ、さっきみたいに微笑んで見せてよ。冗談だって、そう……言ってよ。
 また僕の瞳から涙が落ちる。


 ――ゆたかね、病気の悪化が酷くて、あと数か月の命だったんだって。


 僕の知らない話。聞いたことすらない、お母さんもお父さんも、お姉ちゃんすら教えてはくれなかった。
 病気だなんて、全く気付かなかった。なんで、黙ってたんだよ。何で、教えてくれなかったんだよ。
 その理由なんて、簡単だ。僕だって、分かってる。
 子供なんだ。僕は何もできない子供なんだ……気づいていてなお、僕は今までのことを悔いることしかできなかった。



 やっぱり、僕は……間違ってたんだ。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。