ダーク・ファンタジー小説

ここは殺人者収容所ですが殺し合いをしてもらいます
日時: 2016/03/24 23:20
名前: エレナ

 こんにちはエレナです。今回はグロイ話を書きたくて書きます。個人的には終わらない夏休みとか嫌いじゃないです割と。

 プロローグ 佐藤 啓太郎
 警察に捕まった俺が連れて行かれた先は殺人者収容所と呼ばれる場所だった。
 迷彩服を着たきれいなお姉さんが言う。
 「ここは遺族たちの要望に基づいて作られた施設です。犯人に殺される恐怖を味わわせるために。秘密裏に進められている計画なんだけどね。ルールは簡単、最後の一人になるまで殺しあってください。生き残った人は国から補償金ももらえ解放されます。」
 あそこの美人なあの人も、警察の制服を着たお兄さんも、看護婦の制服を着たおばさんも目を輝かせた。辺りにいるのはちょうど一クラス分、年は中学生から中年くらいまでだろうか。
 ふと隣を見ると隣の女の子も震えていた、髪型は三つあみで小柄で顔は可愛かった。僕のようにやむを得ない事情でもあるのだろうか。制服も着ているし高校生くらい、俺と同じくらいだろう。
 「大丈夫、俺が守るよ」
 女の子は最初驚いたようだったけど、憂いのある笑顔で頷いた。
 「ありがとう。私市原 あゆみ。よろしくね」
 僕は人を殺した、顔も学力も平凡な僕が好んで殺すわけはない。バイクでひき殺してしまったのだ。だからって何もこんな場所に送ることないじゃないか、わざとじゃないのに。

 登場人物
 佐藤 啓太郎 主人公。18歳の高三。
 
 市原 あゆみ ヒロイン。高1の16歳。人を殺したのは事情があるようなそぶりを見せるが?
 
 神埼 真里亜 秘密裏に度重なる人体実験、殺人を行っていた科学者。目的のためなら殺人、窃盗をいとわなく、淡白な性格の割りに短気。測定不能レベルの知能指数と美貌を持つが整形。父親をはじめとしてたくさんの人間を殺した死刑確定人物だった。きれると瞳孔が開く
 
 岩崎 江美  進学校に通う高校三年生だった、中学のときから詐欺、援助交際を続けているが好奇心から飼っていたウサギを殺し、猫、クラスメイト一名を毒殺する。ショートカットの美少女で巨乳

 市橋 馨 表は穏やかな警察官だが、裏は連続殺人犯。ハンサムな外見

 黒鳥 純也 好きな人の情報を得るためなら手段を選ばないハッカーだったが、病んで彼女と会話できる人間、友達、彼氏を殺害した挙句振られた腹いせに女を全身をばらばらにして殺した異常殺人者。噂によるとまた新しい女を好きになったらしい。

 大井 みゆ 歴代の旦那を保険金のために殺し続けたおばさん

 森 海 病院の患者を殺し続けた快楽殺人者な中年看護婦

 木村 浩一郎 人、特に若い女を殺してミンチにして食べることが趣味だった人肉パティシエ。一見ただのおっさん

 西 慎一 児童連続殺傷事件で逮捕された中学一年生。動物を解体して興奮するサディストである

 麻倉 幹夫 中学生のときに同級生の首を切り落とした殺人弁護士。

 岡 あやか 小学生のときから高校生になるまで何人もの同級生を殺害した女。現在では修道女になっているが悔い改めてはいないようだ。自らを大天使ラミエルの化身だと名乗る。

 福田 一樹 結婚詐欺をするたびに相手の女を殺し続けた男。二十代前半で、モデルのような容貌をしている
 

 白鳥 エリカ 地下アイドルをしていた裏では放火を行う連続放火犯だった。

 三嶋 修 地元の名士の息子。成績優秀、運動神経抜群だが母の死後から精神が不安定になり動物の解体を繰り返し高1のとき幼馴染の女子をばらばらにした
 
 その他いろんな人が出てきます。読んで下さりありがとうございました

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。