ダーク・ファンタジー小説

バクの食事
日時: 2017/03/24 20:20
名前: ノア

 初めまして、ノアと申します。
 小説を書くのは初めてなので、拙い文章ですが、よろしくお願いします。






 早速ですが、バクという妖怪を知っていますか?
 夢を食べる妖怪です。


 もとは中国の妖怪だそうですよ。
 

 さて、私は、少し変わり者のバクの話を綴ってみたいと思います。

 登場人物(進み具合で変更)

 バーク・ドレアム…主人公。バク。悪夢を好む変わり者。面倒くさがりやで、食事の時にしか地上に降りていかない。普段は紫色の猫の姿だが、人間の姿になると、金髪碧眼の美少年となる。

 レティ…一つ目の夢のドリーマー。大空襲で屋敷ごと両親を亡くし、今は屋敷を再建して、叔父叔母夫婦と一緒に暮らしている。大空襲の慰霊の日が近づくと、いつも悪夢にうなされるため、記憶がなくなればいいと思っている。

 師匠…バークを人間からバクに転生させた。普段は豹の姿をしている。人間の姿は東洋系美人。バク監視員を務め、下界で暮らしている。

 ヤツ…バークたちをいつも困らせているバク。

 リナ…二つ目の夢のドリーマー。ヤツの力で夢を操る力を手に入れた。ナホに嫌われるのを恐れている。

 ナホ…リナの幼馴染

 

 用語(進み具合で変更)

 ドリーマー…夢を見ている本人、その夢の主人公。
 夢の交渉…一つは、三晩の間、ドリーマーの見たい夢を見させてあげること。二つ目は、ドリーマーの消したい記憶を、夢ごと喰らい、消してあげること。










お知らせ
 2017年1月5日
 あけましておめでとうございます。
 今年の四月から、私事で恐縮ですが、小説投稿が不定期になります。9月ぐらいからは書けなくなるかもしれません。いっぺんに見たいと思う方は、来年の四月ぐらいから見ることをお勧めいたします。

Page:1 2 3 4 5



Re: バクの食事 ( No.18 )
日時: 2017/03/20 19:07
名前: ノア


「君 君 君 いない 君 君 会いたい 会えない・・・」

 どこからか、ぽつりぽつりと呟く声が聞こえて来た。目のまえには、黒髪短髪が肩の上で揺れる少女リナがいた。今回の、ターゲットだ。
 
 そう、バークがいるのは、ターゲットの夢の中。途轍もない量の彼女の記憶を映したテレビ画面が、夢の世界を覆っている。
 そこには、彼女の今までの幸せな記憶と、悲しい記憶が交互に再生されていた。
 この前のレティのとは全く度合の違う悲しい記憶だった。

「リナさん、こんなところに閉じこもってないで、早く外へ出よう」
 バークが自分から話しかけながら歩み寄ると、リナが顔を上げてバークの顔を見た。可愛さは中の下といったところだろうか。目は細く、髪は癖っ毛で、少しぽっちゃりとしている。しかし、バークは近づきながら異様なものを見た。リナの前に、誰かが倒れている。
「リナさん、その子は誰だい」
「ナホ」
 バークの問いに、リナは短くそう答えた。よく見ると、リナの手には血糊がべったりとついている。

「例えば君の喉を切り裂いてしまえたら 私だけの君に… 」

 リナは、そういって、悲しそうに笑った。

「どうしてそんな事するんだい」
 そう、バークは尋ねずにはいられなかった。すると、リナはうつむいてしまった。
「ナホは、私の親友。少なくとも私はそう思ってる。けど、ナホが本当にそう思ってくれてるのか分からない。誕生日も、バレンタインデーも、祝ってはくれなかった。電話一本よこしてくれるだけでよかったのに。でも、私が電話でそんなことを話しても、ずうずうしいと思われるかもしれない。だから、どうすればいいかわからない」
 心の内を話し始めたリナの目からは、涙がぽとぽと流れていった。
 よほどつらいのだろう。

Re: バクの食事 ( No.19 )
日時: 2017/03/22 10:42
名前: ノア

 不意に世界がぐらりと揺れた。
 夢の世界ゆらゆら揺れた。泣いているリナは気付いていないようだが、夢の移り変わりが行われているのだ。夢の世界はディスプレイがそこかしこに並ぶ世界から、どこかの学校の世界になってゆく。
 どこかの教室だろうか。普通の教室の半分ぐらいしかない部屋で、机が向かい合わせで四つ並んでおり、そこには三人の人間が座っていた。三人の顔には一様に笑顔が浮かんでおり、楽しそうに話をしている。
 教室の扉の上にある札には、『生徒相談室』。
 よく見ると、椅子に座っている一人の生徒はリナのようだ。その向かいには先生らしき人が座り、隣に座っている生徒はナホだろうか。
 リナとナホそろって歌を歌っているようだ。机の上には三冊ほどノートが置かれてあり、そこには歌詞が書かれている。どうやら既存の歌詞のようだ。


 また世界が揺れた。
 次は世界が変わらず、リナが教室のドアに立ち、教室の奥にいるナホに話しかけていた。そこから何度も何度もその映像が映し出され、時々ナホが一緒に教室に行く場面があったが、ほとんどはリナだけが教室に帰っていった。時には、ナホがいないのにリナが来て、肩を落として帰る場面もあった。
「これが、中三の時の私とナホの日常」
 いきなり、バークの背後からリナが現れた。どうやら、師匠のいうヤツのおかげで、夢への干渉ができる様だ。
「楽しそうじゃないか。何が不満なの?」
「不満なんてなかったって言ったらうそになるわ。私も学校に行けなかった日はある。たぶん、ナホだけが来てた日の方が多い。私も、寂しい思いをさせたなって今になって後悔してる」
 リナの格好はいつの間にか中学の時の制服になっている。
「私の自己中心的な心では、中学校生活は嫌なものだったけど、私立高校を受験して、合格して、ほっとしてから、ナホに会う時間が、ほとんど会わない日がないような時間が、続いてほしい、そんな気持ちが芽生えていた。」
 そう言って、リナは自己嫌悪に陥ったように唇を嚙んだ。そのまま涙を一粒落として、静かに言った。
「そんなの無理だってわかってたのに」


 また世界が揺れた。
 今度はその中学の運動場だった。在校生に花道を作られて、リナたち卒業生が歩いてくる。
 リナの隣にはもちろんナホの姿があった。座っているときはわからなかったが、ナホのほうが背が高く、ほっそりとしているが、スポーツをしているのか、ガリガリではなく、スタイルがいい。
「私は、私立高校。ナホは陸上の強い高校へ行った。私は、いくら親に頼み込んでも携帯を買ってもらえなくて、メールもできない。電話しかできない。そんな私を、ナホはどう思ってるのかな。電話では普通に話せるのに、いざ遊びに行って話そうとすると、言葉が出てこないの」
 リナはそう言って、こぶしをぐっと握った。そのまましばらくして、爪が食い込んだのか、掌が血が流れてくる。
 バークはその光景を何とも言えない気分で見つめていた。

Re: バクの食事 ( No.20 )
日時: 2017/05/26 18:06
名前: ノア

「あああアアアアアアアアアアアアアア!」

 ビシャッ!

 もう、何度目だろう。バークは、その血が流れゆくさまをじっと見ていた。こんなになった人間は、落ち着くまで待たなければしょうがない。
 一人の血塗れの少女は、今自傷行為に浸っていた。ついさっきまでは、ナホを思って泣いて、枕を涙で濡らしながら、夢の中で眠りについたというのに、思い出したかのように跳ね起きると、次は、カッターナイフで自分の右手首を切り付け始めて、今まさに死んだところだ。
 むろん、夢の中ゆえに、現実で死んだりはしない。
 世界は、始めバークがリホにあった場所に戻り、そこには、いまだ死体のままのナホの姿がそこにあった。
 バークの精神は、もう限界に来ていた。
「ねぇ、そろそろ止めにしない?」
 バークは、意識が戻っているはずのリナに声をかけた。
「やめられない。この夢は私のもの。わたしは、この世界で好き勝手して、好きなだけナホと遊ぶの。受験だってどうでもいい。勉強だって、成績だって・・・」
 バークはため息をついた。長々と。
「そう、それなら、そこにずっといなよ。そこにいたって、ナホちゃんには会えない」
 リナの顔から血の気が消えた。見開いた眼でバークをにらみ、ばっと右手を振って、バークを視界から消そうとした。
「消えて!私はナホに何度だって会える。夢の世界ならね。アイツに貰ったこの力なら!」
 それを聞いて、バークは笑みを浮かべた。
「その力を使いきったら、きみはぼくらに奴隷だ。その力と引き換えに、何かしなければいけないんだろう?僕らは、そのおかげで生きているんだから」
 リナの足から、力が抜ける。
「いや。ナホとずっと、一緒にいるの」
 突然、バークが予想しなかった展開が起きた。
 バークの足元が揺れ、ガラスが割れるように底が抜けた。とっさのことに動けなかったバークは飛び上がることもできずに、そのまま落下していく。



「イッツショータイム!」


 と、リナの物ではない男の声が、穴の底から響いてきた。

Re: バクの食事 ( No.21 )
日時: 2017/05/26 18:03
名前: ノア

 落ちた先は真っ暗な闇の中だった。
「いやあ、助けられました」
 しかし、向きとしては前の方から先ほどと同じ声が聞こえてくる。
 バークにはこの声には聞き覚えがあった。
「ヤツ、か?」
 そう、師匠が追いかけているはずのヤツだ。ヤツは、何度も問題を起こすので、そのたびに見つけてとらえて処罰している。だから、人付き合いの浅いバークでも、声を覚えるほどにまでなっていた。
「その名前も好きなんだけどさ、本名で呼んでください。≪オヤツ≫ってさ」
「誰がそんな恥ずかしい名前で呼ぶんだよ」
 言い忘れていたが、ヤツというのは彼のあだ名のようなものだ。本名が、三時になったら食べるアレ、のような名前なので、師匠が恥ずかしくてあだ名をつけたのだ。バークも、そのあだ名を採用していた。
「はあ、君、なんでこんなところにいるのさ」
 そんな話は、毎回のようにしているので、バークはさっさと本題に入った。
「ああ、それですね。リナちゃんの夢に入っていったら、早々にバクだってばれて、ボコられて、契約結ばされて、そして彼女が最初に使った力の用途は僕を監禁しておくことだったんです」
 間抜けな話である。
 だが、そんな契約を結ぶ云々は置いといて、もしも、バークがそんな契約は結ばないが、そんな契約を結べたとしたら、力を使い切るまで、見張っている可能性がある。
「それで、ここからどうやって出られるのさ。あと、光もほしい。」
「君が能力使えばいいんじゃないですか? 結界の範囲に僕も入れてくださいね」
 はぁ、とバークはため息を吐いた。どうやら、アホなヤツは、ほぼすべての能力をリナに渡してしまったらしい。
 バークはステッキを握りなおし、カーンと地面をたたいた。
 光の線がバークの周りを円を描きながら流れる。そうして、バークは周りを見渡せるようになった。そのまま、またステッキで地面をたたくと、光の円は広くなり、そばに歩いてきたらしいヤツの足元にも及ぶ。
「久しぶりに、黒以外のものを見ましたよ。相変わらずバークは燕尾服が好きなんですね」
 バークの目の前の男はまるでイチゴチョコをぶっかけたドーナツを擬人化したような男だった。
 イチゴチョコ色のしっとりとした髪に、赤色の瞳、肌はバニラ色で、服はプレーンドーナツを基調にして、ところどころにトッピングの赤や黄色、青のボタンがついている。靴はとんがり靴で、つま先にはドーナツのような丸いわっかがはまっていた。
「はあ、だから会いたくなかったんだよ。会うと、すごくおなかが減るから」
 師匠は今どこで何をしているのだろうか。
「で、出る方法なんですけど、この夢を食べてもらえませんか」
 ヤツの突飛な提案に、バークは目を剥いた。
「そ、それこそルール違反だよ! 僕が師匠につかまっちゃう」
「でも、この夢を維持する力がなくなれば、リナはそのまま夢の外へ強制送還されるんです」
 ああ、なるほどね。バークは、師匠に言い訳するための口実を考えながら、レティにかけた夢を吸い取るための呪文を唱えた。

Re: バクの食事 ( No.22 )
日時: 2017/05/26 18:09
名前: ノア

 バッシャーン!
 夢が割れた。大きな音を立てて夢が割れた。
 バークはそのまま、ヤツと一緒に夢から放り出され、リナの夢に入るべく寝転がった、リナの家の屋根にいた。
「いやあ、大変でした。体力がもうほとんどないですね。この上、あなたと師匠に連れていかれるなんて本当に嫌です。本当はもっと美人の方がいいんですけど」
「誰が不細工だって?」
 バークの前、ヤツの後ろに豹の姿をした師匠が立っていた。もちろん、結界は張っている。
「師匠、どうしてここに?」
「ふん、どこを探してもいないんでな。まさかと思ったらやっぱりだ。庭にこの犬っころが寝ていたんだよ」
 ちなみに、ヤツの姿は犬だ。クリーム色の毛が長いやつ。
 ああ、とバークが感心していると、ひょいっとツナ缶が降ってきた。
「報酬だよ」
「ありがとうございまーす」
 ツナ缶をそのまま、バーク独自の異次元空間に放り込み---レティの夢の残りや商売道具もそこに入れてある---、のそりと起き上がった。
「ああ、そうだ。厄介ついでに、バーク、リナがちゃんと更生できるか見ていけ」
 バークはしぶしぶ返事をし、そのまま、結界を張ってリナのもとへといった。


 それから一か月。現実に戻ってしまったリナは観念したのだろう。自分の心をオブラートに包みながら、ナホに話した。ナホは、笑って、そんなこと、考えすぎだよ、とリナを抱きしめた。リナは、ナホの腕の中でボロボロと泣いていた。彼女たちは元の仲がいい二人に戻った。ともに遊びに行くところも見られたし、もう、バークやその他バクたちの心配はいらないだろう。
 バークはそのまま、再び雲の上へと舞い戻っていった。

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。