ダーク・ファンタジー小説

高校。ゾンビ狩り
日時: 2017/02/16 16:38
名前: ゆっこっこ

今日からこの学校に入る。
私は受験落ちのダメな中学生。いや、これから高校生になる。

ここは受験落ちした高校生を受け入れてくれる高校。だけど、ここに入ろうとする人はそうそういない。
だって、

ここはゾンビ狩りをする高校。だから。

「お、お前も落ちたんか。それとも狙ってきた?」
黒田真(くろた まこと)が行ってくる。真は家が向かいで、幼馴染。
「あんたもでしょ、もう話は聞いてるよ。私は、ここで運動能力を試したかったのよ。あんたも?」
「ま、俺も同じ理由。でも、ここって普通、よっぽど頭悪い女以外入んねえと思ってた。それともお前、バカよりバカ?バカin バカ?」
はあ。と一つため息。

私は黒田鈴(くろたりん)運動神経抜群。真も抜群で、実は校内で陸上部の先生でも抜かしてしまうから、真は私と同レベルでよかったと思ってる。
 鐘が鳴って、先生が来た。
「おお、今年はあんたら二人か。毎年入る人が少ないから、そして毎年2,3人死んでるし。」
あっさり言うなあ、と真。
まあ、ねえ……
「ねえ先生質問。死んだらどう何の?」
「あ、入った時点で保険はかけてるから。死んだら20万ね。」
「意外と安いなあ!」
2人では盛る。
「あんたら、よっぽど頭悪いのかと思ったが。そうでもないみたいな。
狙ったか?」
「まあ。それより、先生は校長だけって聞いたけど。」
「うん。みんな死んじゃった。」
「あっさり言うな!」
または盛る。
「あ、ここではそんなに銃の使い方とか教えないから。慣れてね。
ま、頑張ってね。はじめは30分だから。」
生きて来いよ。と門の中に入れられた。

Page:1



Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.1 )
日時: 2017/02/15 20:11
名前: ゆっこっこ

「はあ最初はこんなもんか。」
真があきれる。だって30分とはいえ、デカゾンビが6体で終わり。1体倒すのに5分もいらなかった。ほんの2,3分で終わった。
「ほかにいないもんかねえ……」
真はあきれてため息しか出ないようだ。

「キャーー」

どこかからか悲鳴が聞こえてきた。私は瞬時に真を見る。
「鈴、行くぞ。」
真の言葉にうなずいて声の聞こえるほうに走る。

「助けて。」
女の子がゾンビに囲まれている。
「誰……か……・」
もうおびえてる。
「真」
私の声とほぼ同時に真が動く。

パン。パン

銃声。ゾンビが倒れてく。
私も負けていられない!

パン、パン

銃声が響く。

どうか助かって

心の中で祈る。

最後の1体がしぶとい。てか、 硬い!
「なんなのコイツ……!」
「鈴、ピストルじゃ無理だ、もう。ライフル出せ!」
私はピストルを捨て、肩にかけていたライフルを出す。
「くらえ!真鈴ライフルスーパーアターック!」

ドドドドドド

さすがのゾンビも倒れる。

「っふう……一貯上がり!」
「なんだよ「真鈴なんとかアターックって」
「いいの。勝てばいいんだから。
それよりさあ、30分とっくに過ぎてね?校長心配してねえかな・・・・・」
「あの好調が?変なことか考えるな。校長は人が死ぬこと楽しんでんだぞ。」
「ま、それもそうか。」
そんな鈴真コントをさえぎるように
「あ、強いですねえ。助けてくれてありがとう。でも制服着てないってことは新入生?今日二人くるって聞いてたんですけど
新入生はこっち来てはいけないよ。……ていってもあなたたち強いけど。帰ったほうがいいよ。」
け、楽しかったのにな……。まあ、先輩らしき人だし、言うこと㋖いとこ。
「はい、帰りまーす。」
挨拶もそこそこに校長のとこに向かった。

Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.2 )
日時: 2017/02/15 20:48
名前: ゆっこっこ

「校長、生きて帰ったよ。」
「まあ、あれくらいで生きて帰ってもらわないと困るな。逆に30分でくると思ってたのになあ。」
「事情があったんです。いろいろ、かくかくしかじか……」
私たちは先輩たちとのことを話した。
「ああ、スぺ硬を倒したか
あいつ倒すって、なかなかのばかだなあ。」
「バカ言うな。打つよ。」
真がピストルを出して言う。
「ああ怖い怖い。」
校長は棒読み。
「校長、成功だろ?」
私がさいそくする。
「まあ、ねえ。いいよ。制服あげる。」
あの子が来ていた服をもらった。私たちは更衣室に行って着替えた。
「まあ、あとは月1のテストに合格したらいいから。あとはご自由に。テストはまあ、合格するまで中入れない設定。数倒せばいいから。
後、死なない程度に楽しむことだね。」
校長が冷たく言い放つ。
「ああ、で、寮は?」
真が聞く。
「ああ、二人同じ部屋だから。チームも二人一緒。なんか幼馴染みたいで、息ぴったりだしさ。」
「はあ?女は別室じゃないのかよ。」
私の言葉に校長は
「いいの。気にしなけりゃ大丈夫だから。」
気にするわ!という突っ込みも聞いてくれなさそうだ。
デ、チームって何?
「チームはテストのとき同行する人のこと。」
はあ、私ら、ずっと一緒か。母親たちからは「出かけるときも一緒にいろ」ていわれてるし。
「は、しばらく離れらんないな。」
真が軽く言う。

とりあえず量に行く。
「うわあ、ここからもゾンビが見えるんだ。」
真が興奮して言う。
「デ、これからどうする?」
私が聞くと、
「決まってんだろ。速くあいつらを倒しに行くんだよ。とりあえず全滅させちゃおうぜ。」
乗りいいねえ。
「よし、乗った!私も行くよ。」
「よし、じゃ、行くか。」
廊下に出て、
「あれ、新入生じゃね?よろしく。寮の中もうあきた?ゾンビ倒しにいくんでしょ
いいこと教えてあげる。あいつら、死んでも復活すっから。全滅しないよ。」
はあ……どこまで陥れるきよ。
「はい、はい。行くよ、真。」
新を引っ張っていく。

「はあ、それじゃあ、歴史の人になれないよ……」
歴史に残ることが目的だったのか……
じゃ、
「「いくよ!!」」

たおして、たおして、倒しまくる。いつの間にか制服はボロボロ。
「疲れたよ……休もう。」
真も疲れた様子。
『夜ご飯の準備ができたよー。鈴と真、ハヤクー』
校長の声。
「……いこ。」
2人で、食堂に向かう。

「ねえ、これ、ゾンビ肉とかじゃないよね……」
肉が出た。でも、明らかに焼きすぎか何かでしか、普通の肉なら黒くはならないだろう……
「あ、ごめん。ご飯作んの苦手でさ……」
校長が言う
「ゾンビ肉じゃなかったら食います。」
私が一口食べると、苦くてたべれない。でもなあ、悪いからお世辞でも「おいしい」と言ってげるものなのか……と悩むと、
「まずいっす。」
と真がいてしまった。
はあ、校長がダウン。意外と心弱いのね……

Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.3 )
日時: 2017/02/15 21:11
名前: ゆっこっこ

次の日
「おはよう。1日目はどうだった?
これから朝会始まるから、来て。」と言って部屋の外に出て行った。
「おはよう。」
真が挨拶してくる。

「今日から新入生が本格的に生徒となりました。今回の人はまあ、優秀なので、期待してねえ。
ちなみにテストは今日なので、よろしくね。」
はあ!?聞いてないけど?
「ガンバ、新入生。」
はあ……ま、一貯やりますか。
「真、行くよ。」
「では、今日のテストは、真鈴コンビはとりあえず1日いて、余裕があったら35体倒すように。
倒したら飛び級ね。
皆さんは70体。これもやれたら挑戦してね。やったらみんなと同じ学年に飛び級するから。」
はあ、ま
「やってやっか!」
2人で息を合わせた。

「よし、ま、とりあえずやってやろう。」
「ま、とりあえず70体な。」
70体はチーム1つでいいらしい。
でも、
「ゾンビいなくね?」
「まあ。」
「あの四角いの、ゾンビ探知機じゃね?」
と、無線機みたいなのを取り出した。
「うわ〜いっぱいいるところ発見。行く?軽く50はいる色になってるけど。」
「イイじゃんやってやろうよ。」
倒した数は手にまいてる布みたいなのが図ってくれる。から、
「倒すことに集中ね!」
「いいよ!」
よし。準備オッケー!
その場所まで走る。その間に5,6体は倒してった。

その場所に行く。と……
「え……?ホントに50体ちょい?」
確実に100はいる。
ま、
「一貯やってやっか!」
はあ、口癖になってる。

よいしょ。
マガジンを持つ。

「俺にやられて、ラッキーな奴ら!
気持ちよくいきやがれ!!」
「私みたいな小娘にやられて、残念な奴ら!」
「気いぬいてやられんなよ!」

Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.4 )
日時: 2017/02/16 17:15
名前: ゆっこっこ

「よいしょ!ねえ、こいつら本当にゾンビ?今までやってきたやつらが弱かっただけ??」
「たぶんな。にしても、かてーぞ。先輩っぽい人の近くにいたやつレベルじゃん。」
今戦ってるやつら、硬くてマガジンかライフルじゃないと倒せない。
そして、倒しても生き返ってくる。さっき目の前で死んだ奴が起き上がってきた。(まあ、倒してるから一応無線機みたいなのには倒したゾンビ数として出るけど。)
「ああ。そっちなんぼ倒した?」
私が真に聞くと
「えっと、32体。」
よし。あと3体。私も30体倒したし?と思っていたら。

ゾンビの中に人影が見える。

校長だ。

「真!校長がいる!」
私が言うと、
「はあ?こんなとこいたら、普通ゾンビかしてるだろ?
お前どうかしたか。」
「バカ!こっちは本気だよ。あ、あと3体だから。」
校長のことも考えながらゾンビを狩る。
「さ、みんなねるじかんだよ〜私のマガジン砲、受けてみろ!!」

しばらくして、
「もう時間だぞ。寮に戻れ〜!」
!!
校長の声がした。
 
「ほら。聞いたろ?校長がこんなところにいるわけねえんだよ。」
「はいはい。わかりました〜」
曖昧な返事をしながら二人で寮に戻る。

「はい。今日ゾンビをドンくらい倒したか見るから、ゾンビ探知機くれ。」
校長が目の前でいう。
「校長。ゾンビ今日まったくいなかったよ。」
「ゾンビ探知機にはパワーポイントから全然動かんかった。」
先輩が口々に叫ぶ。
私は、
「え?いっぱいいたよ?ホント、大変で、やばすぎた。マジ。ていうかその辺にコロコロいましたが?」
「ああ。確かに。100はいたけど、倒してもすぐ生き返るから。」
先輩はみんな顔を合わせ、
「まさか……?」
という。
「どうしました〜?」」
バカっぽく言うと、
「あんたらね、そこ、パワーポイント。いくら倒しても、ゾンビは死なない。そこでゾンビがかいふくしてるわけ。」
先輩が言う言葉にあっけにとられてしまう。
「あそこのゾンビは硬いんだ。それでよく帰ってきたなあ。」
逆に感心されてしまった。

集計が終わり、
「結果を発表する。今回は鈴と真がノルマ達成!
しかも、82体倒した。なんか、おめでとう。」
あ、勝ったんだ。なあんかあ、なあ。

寮で。
「はあ。買ったけど……まだ気にかかるなあ。」
一言言ってやる。すると、
「前から思ってたんだ。どうして校長は人が死ぬのを喜ぶのか。どうして金がねえのにこの学校を続けるのか。そして、」
2人で声を合わせる。
「「どうして教師が校長だけなのか。」」

Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.5 )
日時: 2017/02/20 19:44
名前: ゆっこっこ

校長の話をしていると、
「鈴、真。いるかー?」
先輩の声がする。
「いますがー何かー?」
なんで今のタイミングなんだよ。と真が愚痴を言う。
「さっきの話は聞かせてもらったよ。その話、乗った。私らも全然知らないわけじゃないからね。」
「何で俺ら呼んでくれないの?バカなの?1年だけ、 いや、レベル的には3年か なことはいいけど、二人だけでやろうとでも思ってたの??
中のいい恋人同士でやろうとでも??」
「「恋人なんかじゃない!」」
二人では盛る。
それはそうと、
「じゃ、説明しなくていいんだな。あ、ため口ok?」
わあしはたずねる。
「イイよ。ていうか聞く前からため口じゃん。
じゃ、自己紹介するから。
私は星朱里。隣のばか男子は峰崎優斗。
あと奥にいるや淳良が右から峰岸浩太、峰岸颯太 あ、こいつらは双子ね。 あと猫心愛 阿金崎未来
あとはみんな去年だったり何時だったか死んじゃった。
ゾンビになってるはずだからあと紹介すっから。」

話が長かったけど、容量はつかんだ。
デ、

「あの、どうしてみんなゾンビになんの?」
「ああ、それね。なんか、ゾンビの手の平で腹とか触られるとそのまま浸食されて、3分で完全ゾンビ化。
でもそれまでに金のリンゴとポーションを飲ませれば治る。
安心して、完全ゾンビ化するまでは記憶もある。」
ふーん。ま、金のリンゴがわかんないからいいけど。
「後は校長先生から教わったっしょ。」
適応やなあ。とつぶやく。

「デ、校長の事なんか知ってんの?」
とりあえず朱里に聞。
「うん。校長って、夜中になるとゾンビ化する見たい。
まえに、唯てこがいたんだけど、そのこと夜中までトランプしてあそんどったの。
途中で唯がトイレに行って、そのとき私寝ちゃったみたいでね、朝まで唯が来てないのにきずかなかったの。
唯はいつも朝苦手で、いつも最後に起きる子でね、その日私が起きてもういないことに異変を感じた。
そしたらね、部屋の外に唯の死体があったの。いや、正確に言えばほぼゾンビ化した唯が。
唯がね、「校長みたいなぞんびにおそわれた」って言った
そしてこれが本当ならチョー厄介なんだけど、金のリンゴとポーション聞かないのね。校長ゾンビならもう2つは聞かないってことよ。
わかった?つまり校長ゾンビはすごい厄介ってこと。」

Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.6 )
日時: 2017/03/21 11:15
名前: ゆっこっこ

「じゃあさ、やることは一つじゃん
無敵の校長を倒す。
もしかしたらゾンビが復活する理由に校長がイルカもしれないし
私達ならやれるよね」
その日の夜

あかりたち先輩達のへやはおかしかった



「先輩いきまひょ!」
先輩達はみんな死んでいた
あかりのてには

今日戦おう
パワーポイントデマッテル

真と校長のところにいく

Re: 高校。ゾンビ狩り ( No.7 )
日時: 2017/03/21 13:45
名前: クーゲルシュライバー

面白いです!面白すぎます!
お気に入りスレッドに追加させていただきます!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。