ダーク・ファンタジー小説

ストラグル タブー サクリファイス
日時: 2017/08/24 16:18
名前: 狂yuki
参照: http://www.z-z.jp/?earth-love

主要登場人物
柊 拓徒(ひいらぎ たくと):両親を侵略者に殺された過去を持つ15歳。そのため、仲間の死を許さない。ファッションセンスがないのがコンプレックス。階級は少尉。
十文字 麗子(じゅうもんじ れいこ):とても堅実な24歳の女性。拓徒を我が子のように可愛がり、ときに厳しく接する。階級は中佐。
南 勇児(みなみ ゆうじ):お調子者だが拓徒からは信頼されている。14歳。階級は少尉。
クローリー・レイン:拓徒が密かに憧れるファッションリーダーの上官。25歳。ルックスもいいのでモテる。階級は大佐。
桜庭 凛音(さくらば りんね)寡黙だが密かに拓徒に好意をよせる14歳。階級は中尉。
鬼宮原 飛鳥(おにみやはら あすか):少し天然な麗子と正反対で、拓徒をしっかり導こうとする。名家、鬼宮原家に生まれたエリート少女。17歳。階級は大尉。
宝倉 天奏(たからのくら あまね):旧日本の本家の令嬢。常に気丈に振る舞うが、拓徒には、少しだけ気を許したような態度を取る。



セラフィム
地球を突如襲った謎の侵略者。古代生物のような見た目に反して、脅威の能力を持つ。


   プロローグ
    ゲンシ

地球が、宇宙からの侵略者達によって破壊されはじめた。

侵略者は圧倒的な力を持っていた。人間は抗う術を知らずに逃げ惑うだけだった。世界中の主要都市は全て破壊された。


しかし


1987年、人類の抵抗が始まった。
人類は、人型超戦闘兵器「メシア」を開発。
そしてついに、人類の希望の砦「地球死守軍」が動き出した。
絶対的侵略者に反旗を翻す時が来た。


ー世界の中で侵略を免れた都市、名古屋。
そこに、地球死守軍の拠点のひとつがあった。


そこへ、セラフィムが襲来した。亀型のセラフィム。
司令が実動部隊に指示を出す。
「実動部隊、緊急配備!敵は時速10キロメートルの超低速型!しかし配備が遅延すれば
確実にメインタワーが破壊される!準備を急げ!」
その指示は軍施設全体に響き渡った。
整備員達が最終確認を終えた頃だ。

そして、拓徒達もこの指示を聞いていた。

「……よし。行くぞ」
「………待て。カレー全部…」
「黙れ行くぞ。カレーなら明日食わせてやる」
お調子者の勇児を連れ、運命の戦場へと向かう。

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.30 )
日時: 2017/03/28 22:41
名前: 狂yuki

「ははっ.....葉月司令さんよぉ、何も監禁するこたぁねぇだろ?俺は無実ですぜ?」

監禁されているが、相変わらず軽薄な声でクローリーが言う。葉月は無視して訊く。
「貴様、海外からのスパイか?ゴリアテ計画にも関係しているのか?」
「.....よりにもよって諜報機関出のこの俺にそれは愚問じゃないですか?アンタも知ってるでしょう。俺がナニモンなのか」
「質問に答えろ、容疑者番号4-66」
葉月は苛立ったようで、クローリーが座っている椅子の電圧を上げた。
「っぐぉっ!オイオイ、容疑者殺したら何にもなんねぇぜ!」
「何も答えない容疑者に価値などない。死ね」
すると、クローリーは「それは困る」というふうな顔をした。ただ、一瞬だ。
それを見逃していなかった葉月は、電圧を緩める。
「その顔、死にたくないのか?しかし、命にも女にも無頓着な貴様が、私情で死を恐れるとは思えん。何を庇っている」
「ははっ、相変わらず鋭いねぇミス・ナイフ。だけど俺は答えない。だから殺せよ。大丈夫だ、俺を殺しても何も起こらないさ.....」
「信用出来ん。ふん、それにな、貴様とて、死なぬ程度に拷問すれば、いずれ音を上げよう」
「上げないよ。俺は英雄として、黙って死ぬのが似合う男だからな」
と、その時。
「拷問を受ける気分はどう?クローリー・レイン...いや、本名、アルバート・ローレイン」
「ククッ.....全く、趣味なんですか?キョウコ博士.....」
その名前に、葉月は思わず動揺した。
キョウコ・ライラック。マークス・ライラック博士の娘にして優秀な博士。
「.....貴方は麗子を殺した。もう、前みたいに和気藹々と話す気にはなれないわ」
「オイオイ、お前だって、それには気づいてたんだろう?」
「.....麗子と私の仲を知ってて、よく言うわね。どうせ柊 拓徒もそうやって殺すつもりなんでしょう」
「アッハハハ!そーりゃ言えねぇよ。何たって葉月司令の目の前だ」
すると葉月はクローリーの胸ぐらを掴んだ。
「貴様っ!人の命を何だと.....」
「おや、いつも冷静な葉月司令にしては珍しい戯れ言だね。ははっ、人の命を踏みにじってきたくせに、いまだ反省することなく
屍の山を積み上げている軍の司令が、よく言えたもんだな」
「.....!」
「まあ、このイカれた世界で、まともな軍隊なんてあるわけないよな。でも、アンタらは最低だ。俺達の声を聞かず、踏み倒し、弾圧した。その結果がこれだ。
バーサーカーシステムは不完全なまま稼働実験に移され、パイロットまで無駄に殺した。
そもそも調整段階にあったゴリアテ計画を、起草者を欠いた状態で継ぎ接ぎするのが無理だったんだ。
それを.....アレを表に出せば不味いことになると考えた馬鹿なお偉いのせいで.....」

クローリーは、語り始めた。そして、その話は、衝撃的なものだった。


続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.31 )
日時: 2017/03/30 17:48
名前: 狂yuki

「...アレ...だと?」
怪訝そうに葉月が訊く。
クローリーはそれに、怒鳴るように答える。
「惚けるな!アンタらがマークス・ライラックの遺産を悪用しようとしているのは分かってるんだ!
全く、殺すだけ殺しといて、その遺産まで奪うとは強かな奴等だよ。俺は尊敬するぜ。
でもな、国連やツヴァイを謀るなんて無理なんだよ。俺達ミネルヴァが全て把握済みだ!」
「ミネルヴァ...」
「...もうじき俺達は死を共有するんだ、それを祝して教えてやろう。ミネルヴァはいずれセラフィム討伐前線に立つ組織だ。
地球死守軍を粛清する。...はっ。来たか...」
すると、メインタワーが揺れた。
「ぐっ...木下!モニターを確認しろ!」
「は、はい!」
葉月は部下に命じて、クローリーを睨む。
「貴様...何を...」
「機密調査工作部隊ミネルヴァ...その恐ろしさを知ってもらうのさ...」
「葉月司令!メインゲートのセキュリティを全て突破されました!」
「何!?そんな馬鹿な!あのセキュリティを破れるのは...」
しかし、別のモニターには更に衝撃的な映像が映っていた。
「なっ...」
地球死守軍のエリート戦闘部隊が、いとも呆気なく、ミネルヴァの戦闘員に殺されていく。
「ミネルヴァの戦闘員はどいつもプロ...訓練も、地球死守軍を意識したものだ。アンタらに勝ち目はない!」
葉月は焦っていた。そして次の瞬間、ひとつのモニターに釘付けになった。
「あ.....!」
そこには、五人の戦闘員に囲まれた拓徒。
「ぐっ...!」
葉月は目を覆った。クローリーは、少しだけ名残惜しそうな、しかし冷酷な目で見つめていた。
殺される...!

本人もそう思ったのだろう。
だが.....


..................



拓徒が目を開けると、そこには五人の死体があった。
「......?」
「拓徒、無事か?」
突然、目の前に少女が現れ、言う。
「は......はい。貴女は......」
少女は答えた。
「私は第四部隊に配属された、鬼宮原 飛鳥だ」

続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.32 )
日時: 2017/03/30 21:32
名前: 狂yuki

鬼宮原 飛鳥......。拓徒はその名前に聞き覚えがあった。
確か、鬼宮原家は、日本をドイツと並ぶまでに再興した名家のひとつ....。

その少女、飛鳥は刀身が赤く染まった、身長より長い剣を鞘に納めて言った。
「ここは任せなさい。アンタはアンタで、出来ることをやって!」
「で、出来ること...?」
「早く!ミネルヴァの奴等が相手だなんて、絶望的な状況なんだから!」
「...わ、分かった、あとでまた会えたら礼を言う!」

そう言って拓徒は、メインタワー最上階、葉月司令のもとへと向かった。


司令室では、例によって葉月司令とクローリーが睨み合っていた。
キョウコ・ライラックは先程からずっと黙っている。
葉月が言う。
「...クローリー...貴様...自分もろとも死ぬ気か」
「ああ、他の奴等にはバレないとはいえ、敵に秘密を話しちまったからな...。なんて、言うと思ったか?甘ったれ」
そう言って、クローリーは呆気なく体の拘束を解き、


カチャリ

葉月の頭に銃口を向けた。
「犬に殺される飼い犬...いい表情じゃないか、俺は好きだぜ?」
「く......!」

「葉月司令を離せ!殺すぞ!」
葉月の部下が銃を構える。
「だとさ、葉月ちゃん。どうする?アンタ、人の死体を見るといまだに、思い出すんだろ?あの時のこと...」
「..................!」
葉月は、思わずビクンッとなった。かつて....作戦隊長として出撃し、部隊の仲間の死体を目の当たりにした....。
遺体には手も足もなく、全身に大火傷を負っていた。顔はぐちゃぐちゃになり、髪の毛もほぼ焦げてなくなっていた。
遺体は、誰なのかすら分からない状態だった。
後日、そのパイロットが搭乗していたメシアの内部がどんな状態だったかを、知り合いの整備士に知らされた。
辺りには肉片が散っており、壁や床には血がこびりついていたという。

それを、思い出す。鮮明に。せんめいに。センメイに。
何故助けてくれなかったの?何故助けてくれなかったの?何故助けてくれなかったの?何故?何故?何故?何故?何故?何故?

「......っぅっ、ぁぁぁあぁあぁぁぁ...」
葉月は目を覆う。現実から目を背けるように。
だが、それでは逃げられない。
これは現実ではないのだ。彼女自身の弱さが作り出す幻影なのだ。
あの子が生きている筈がない。私は...幻を、幻を見て...!

「あ...がああああああああああああああああああああああああああああああっっあ、ぁあ...ああああああああああああああっっ!?!!!?」

葉月は、クローリーの、銃を持っている腕を捻り、銃を奪い、
「やめろおおおおぉおおおぉおっ!!!」
クローリーに向けて銃を乱射した。
「ぐあっ!...ば、かな...っ!?」
クローリーも予想外だったのだろう、その顔には恐怖の表情が浮かんでいた。
そして、最後の一撃。

「...っくぁ!」
甲高い、悲鳴にも近い声で叫び、葉月はクローリーを撃った。

クローリーは死んだ。こんなにも呆気なく。
それには、無口で冷徹なところがあるキョウコも、少し驚いたらしい。目を見開いた。

はぁ、はぁ、はぁ、

葉月の目には生気がない。

「...」

二人の部下は、ただ黙ってそれを見ていた。

......とそこへ
「失礼します!葉月司令!大丈夫ですか!?」
拓徒の声。
「ぁ......ゃ」

......やめろ。入ってくるな。
ここは、お前の心を破壊する......

お前を救う、全ての意志を砕く......


来る...な...。

ガチャ


「失礼し......」

拓徒は部屋に入ってきた。
終わりだ。拓徒は、ここで、何もかもを失ったのだ。
最後の最後、憧れの存在すら失って、拓徒は......
「あ........................」


その場にくずおれ、


「い......嫌だ......。嫌だあああああああああああああああああぁぁあぁぁああぁあっ!!!!」
何だこれは何だこれは何だこれは何だこれは何だこれは何だこれは何だこれは何だこれは何だこれは
何故!死ぬ!死ぬ!死ぬ!
誰が死に、誰が生きる!?
拓徒はまるで怪物のように叫んだ。
「嘘だ!クローリー大佐!クローリー大佐!」
「拓徒!!その男はテロリストだ!軍への反逆罪を働いたのだ!」
「嘘だ!嘘だ!嘘だあああああ!!何故、俺の大切な人が死んでいくんだ!お前らは何がしたい!俺からこれ以上何を奪いたい!」

「宮部、木下。柊 拓徒少尉を精神病棟に連れて行け」
「はっ!」

命じられ、二人の兵士が拓徒を連行する。

その道中、拓徒は意識を失った。
貴方と私が刻む夏 answerへ続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.33 )
日時: 2017/04/11 20:37
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2a/index.cgi?mode=view&no=4897

貴方と私が刻む夏answer あの事件の奥底に、セラフィムがいた

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.34 )
日時: 2017/04/11 20:38
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2a/index.cgi?mode=view&no=4909

ストラグル 守護神の受難
本編で悲惨な死に方をした十文字 麗子。その過去をつづる

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。