ダーク・ファンタジー小説

ストラグル タブー サクリファイス
日時: 2017/08/24 16:18
名前: 狂yuki
参照: http://www.z-z.jp/?earth-love

主要登場人物
柊 拓徒(ひいらぎ たくと):両親を侵略者に殺された過去を持つ15歳。そのため、仲間の死を許さない。ファッションセンスがないのがコンプレックス。階級は少尉。
十文字 麗子(じゅうもんじ れいこ):とても堅実な24歳の女性。拓徒を我が子のように可愛がり、ときに厳しく接する。階級は中佐。
南 勇児(みなみ ゆうじ):お調子者だが拓徒からは信頼されている。14歳。階級は少尉。
クローリー・レイン:拓徒が密かに憧れるファッションリーダーの上官。25歳。ルックスもいいのでモテる。階級は大佐。
桜庭 凛音(さくらば りんね)寡黙だが密かに拓徒に好意をよせる14歳。階級は中尉。
鬼宮原 飛鳥(おにみやはら あすか):少し天然な麗子と正反対で、拓徒をしっかり導こうとする。名家、鬼宮原家に生まれたエリート少女。17歳。階級は大尉。
宝倉 天奏(たからのくら あまね):旧日本の本家の令嬢。常に気丈に振る舞うが、拓徒には、少しだけ気を許したような態度を取る。



セラフィム
地球を突如襲った謎の侵略者。古代生物のような見た目に反して、脅威の能力を持つ。


   プロローグ
    ゲンシ

地球が、宇宙からの侵略者達によって破壊されはじめた。

侵略者は圧倒的な力を持っていた。人間は抗う術を知らずに逃げ惑うだけだった。世界中の主要都市は全て破壊された。


しかし


1987年、人類の抵抗が始まった。
人類は、人型超戦闘兵器「メシア」を開発。
そしてついに、人類の希望の砦「地球死守軍」が動き出した。
絶対的侵略者に反旗を翻す時が来た。


ー世界の中で侵略を免れた都市、名古屋。
そこに、地球死守軍の拠点のひとつがあった。


そこへ、セラフィムが襲来した。亀型のセラフィム。
司令が実動部隊に指示を出す。
「実動部隊、緊急配備!敵は時速10キロメートルの超低速型!しかし配備が遅延すれば
確実にメインタワーが破壊される!準備を急げ!」
その指示は軍施設全体に響き渡った。
整備員達が最終確認を終えた頃だ。

そして、拓徒達もこの指示を聞いていた。

「……よし。行くぞ」
「………待て。カレー全部…」
「黙れ行くぞ。カレーなら明日食わせてやる」
お調子者の勇児を連れ、運命の戦場へと向かう。

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.20 )
日時: 2017/03/06 22:07
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=419.jpg

「くそっ!そんな.....!」
こんなところで死ぬなんて.....イヤだ。
クローリーを、麗子を、勇児を、守れない。

「ぐ、.....あああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!」

死ぬ。

そう思った時。

グサッ

装甲に毒針がささる音。しかし、拓徒には意識があった。

「.....?」

見ると、前には勇児の修羅一式がいた。
戦場にいるはずのない、勇児がいた。

「.....ぁ.....!」

狂った無線越しに聞こえる嗚咽。

「勇児!何でお前がここにいる!」

「く!拓.....に..ずに.....けえええ!」
何を言ったか、大体は分かる。
「拓徒。俺に構わずに行け」

「く.....!勇児.....イヤだ.....。何でこんなところで、お前まで死ぬ.....!」

すると、無線の調子が戻った。
見ると、修羅一式は、セラフィムにバーニアソードを二本突き刺していた。
セラフィムも、体力を失いつつあったのだ。

「.....拓徒.....。どうせお前のことだから、俺を守れなかったとか嘆いてるんだろ.....。
んなこたぁいいから.....お前は、世界を守れ。お前は、お前は.....」
「勇児!死ぬな!」
「バカ野郎.....。死んだらあの世で凜音ちゃんの麻婆食えるんだぞ.....。
ああ、人って、苦手なものでも食えなくなると分かるとさ、食いたくなるもんなんだな.....」
「勇児!勇児!やめろ!また食堂でカレーを食えばいいじゃないか!」
「あはは。.....ごめんな.....拓徒。俺は、先に..........」

修羅一式は、最後に拓徒の七式を突き飛ばした。
そこで、無線の向こうの勇児は黙った。

「勇児いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!」

そして、修羅一式は、爆発した。

セラフィムも、その爆発で蒸発した。


.........................


「..........」
拓徒は黙っていた。また、仲間を失った。

メシアのモニターに、『安全』のサインが出た。拓徒が降りる。
麗子とクローリーも、続いて降りてきた。

そして、勇児が最後の覚悟を決めた場所に向けて、敬礼をした。

続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.21 )
日時: 2017/03/06 23:08
名前: 狂yuki

クローリーは、瓦礫の上を歩いて、勇児が散った勇児が散った場所で立ち止まった。


「よくやったよ。お前。....右腕なくなったのに、また戦場に.....。俺達は、お前を誇りに思うし、尊敬する!」

拓徒はその横に来て泣いていた。

「勇児.....。俺達は、お前を忘れない。永遠に語り継ぐ。だから、安心しろ。
............はは、お前、言ってたな。『俺は有名になる』って。あれ、叶うぞ......」

麗子がその横へやって来る。

「勇児君。ありがとう。貴方のままでいてくれて。私達はね、貴方が貴方らしくいてくれるだけで救われたの。
だから、貴方が最後までその姿を変えないでいてくれてよかった。本当にありがとう」

拓徒は、その場へくずおれた。
「う、くぅっ!」
涙がとまらない。
モニターに最後に映った、血まみれなのに笑っていたあの顔......。

知っていた。夜になると、バレないように怖い動画を見て、恐怖に打ち勝とうとしていたこと。
戦場にある恐怖はそういう恐怖ではないと言いたかったが、
その努力を、認めていたから、止めなかった。

激辛のカレーを食べて凜音の麻婆に耐えられる体を作ろうとしていたのも、
彼にとっては努力だ。

苦手なものから逃げずに戦うその姿勢は、まさに勇者だった。

「く、う、あ、あ、あああ............」
拓徒は咽び泣く。

麗子がなぐさめる。
「拓徒君。勇児君の死は、貴方を強くするわ。凜音ちゃんの死を乗り越えて、ちゃんとこの場にいるんだから、
貴方ならきっと大丈夫。今回だって、乗り越えられるわ。
............こんなこと言ったら、無責任よね、でも、私達は、貴方を信じてる。
大人の勝手な都合だけど、貴方ならきっと全ての悲しみを乗り越えられると信じてる」


麗子さん...。俺は、違うんです。弱虫で非力なくせに強がりで...。どうしようもないんです。

拓徒は喋ることも出来ない。

「拓徒君。いいえ、柊。貴方は、自分を信じるべきよ。だって、貴方が強いから、私達も頑張れるのよ」

でも、麗子さん。俺は結局死神です。いつも大切な人を失ってしまう。俺は、麗子さんやクローリーさんまで失いたくないです。
もう、傷つきたくないんです。

まだ、言葉は出ない。

「これは私達の都合だわ。でも、それでも、私は、貴方達にこんな世界を与えてしまった大人として、貴方を支えていきたい。
貴方を、後悔させたくない。幸せになってほしいの」

「............麗子さん」

「......柊。私達を憎んで。私達を怒って。貴方にこんな世界を与えてしまった私達を、許さないで」
「麗子さん......。俺は、俺は、......俺は、もう誰も恨みたくない。愛したくもない。俺が死神で、
誰かを不幸にばかりしてしまっていたのならそれは、俺だけの責任です」
「柊!」
麗子は突然、怒鳴った。そして、優しく付け足した。
「柊..。自分を責めてはダメ。この世界で幸せに生きるためには、自分の行動に自信を持ちなさい」
「............」
「たとえ貴方が、貴方の言うような人間だとしても、私のようになってはダメ。私のように、甘えた人間になっては、ダメ」

麗子は、軍の中では野獣とまで呼ばれる鬼だったはずだが、
やはりそんな彼女でも、自信家ではなかった。

ごめんなさい。麗子さん。俺は、何もかもを勘違いしていた。
それもこれも、周りに気を遣わず、自分を第一に考えていたからです。
もう、俺は負けません。セラフィムにも、自分にも。
だから、俺を、もっと、見守っていてください!


気づけば、その言葉を全て口に出していた。
しかし、

麗子の反応がない。横を見る。クローリーはただ目を瞑っている。

後ろを振り返った。

するとそこには、衝撃の光景があった。

続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.22 )
日時: 2017/03/07 17:46
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=422.jpg


麗子は、成長体の肉食セラフィム達に喰らわれていた。

頭や腸、腕、脚......。

「う......ああああああああああああああ!?」
取り乱す拓徒。呼吸が苦しくなる。

何で 何で 何で 何で 何で

何で麗子中佐が...死んでいる?

クローリーが拓徒の叫びに気づいた。
「れっ...麗子おおおおおおおおおおおっ!!」
そして、腰にさしていた剣で肉食セラフィム達を斬った。


そこへ、触手型セラフィムを始末するための増援部隊がやって来た。

『大丈夫か!』
『そこを離れろ!あとは私達がやる!』
『ええい!十文字中佐に何をする!』

拓徒は意識を失いそうになっていた。

凜音が死に、勇児が死に、麗子が死んだ。

俺は一体、何を誇れる。何を守った。結局、自分が尊敬する人を守れなかったじゃないか。

クローリー大佐を守れる自信もない。
何せ、自分は無能なのだから。


..........

麗子は、自分を息子のように可愛がってくれた。
その麗子が、.....数分前まで自分を慰めてくれていた、母親のような人が、死んだ。

「ぅ.....あああああああああああああああああっ!!!??!?!??!?」

メシアとセラフィムの戦闘が続く。クローリーに連れられ、退避する。

その音が少しずつ小さくなる。

....................

そこで気を失った。

続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.23 )
日時: 2017/03/07 20:53
名前: 狂yuki


.....
.....
.....

目が覚めた。
そこは、軍の医務室だった。幸い、大事でもなかったため、病院行きにはならなかった。

クローリーが、横にいる。

「やあ、拓徒君.....目が、覚めたかい?」
「....はい。でも、....俺を苦しめる悪い夢は、いつまでも覚めてくれません」
「.........拓徒君。麗子の遺体は英霊畏敬室にある。全身の損傷が激しくてとても見てられないが、
あそこに行くだけでも、麗子は喜ぶだろう」
「..........麗子さん、まだ生きてるんじゃないですか?」
「....え?」
「麗子さんは本当はセラフィムに喰われてなんかなくって、
生きてるんじゃないですか?」
「拓徒君....。君の知っている十文字 麗子は死んだ。南 勇児も、桜庭 凜音も。
それをわかって、君は生きてきたんだろう?」
「..........俺は、イヤなんです。仲間が死ぬのは。見たくもないし、信じたくもない」
「なら、君は何故軍にいる?士官学校の時に辞めることだって出来たのに。何故、逃げずにここにいる?」
「.....仲間を.....守りたかった。ただそれだけです。だから、軍じゃないとダメなんです」
「拓徒君。君は、仲間を失いたくない、その反動形成で、仲間を拒絶している。
だが、君が優しい人間だということは誰しもが知ってる。
優しい人間だから、皆君を傷つきたくない。だから、君のために沢山の人間が死んでいく。
だが、それはこんな世界じゃ仕方がないことなんだ。
誰かが生きるために誰かが死ぬ。それがこの世界なんだよ。君は、自分を責めすぎだ」
「こんな俺のために死ぬ価値がありましたか?」
「そりゃあ.....はっきり言って、俺みたいなちっぽけなキザ野郎には分からんさ。でも、麗子達はそれを信じて逝った」
「..........」
「別に、『そんなのは、大人が勝手に期待してただけだ』でもいいよ。でもね、
俺は、君を信じた人のために、君には素直でいてほしい。
どうか、それだけは変わらないでほしい」
「..........」
「君が誰かの命で生きていること、誰かの希望を背負っていること、忘れちゃダメだ」
「.....大佐....」
「俺はね、昔、麗子と同じ士官学校で学んでて。ある時、好きだった女の子が戦死したんだ。
とても悲しかったよ。毎日昼食ミカンだけだった俺に弁当作ってくれたり、
そのお礼に、休みの日に水族館連れて行ってやったり、
いつの間にか付き合ってたり。....
でもね、だから俺はここにいられるとも思ってるんだ。
アイツが俺を、強くしてくれた。なにがなんでもあっても挫けない奴にしてくれたってね」
「..........大佐.....」
「うん?どしたよ?ありきたりな説教に嫌気がさしたか、スマン!」
「ありがとう..........ございました」
もっと言葉があった。だが、それ以上は言えなかった。
ただ、ただ、辛くて.....


続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.24 )
日時: 2017/03/07 23:55
名前: w

ツマンネw
どっかで見た事ある内容そのまんま書いたって感じ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。