ダーク・ファンタジー小説

ストラグル タブー サクリファイス
日時: 2017/08/24 16:18
名前: 狂yuki
参照: http://www.z-z.jp/?earth-love

主要登場人物
柊 拓徒(ひいらぎ たくと):両親を侵略者に殺された過去を持つ15歳。そのため、仲間の死を許さない。ファッションセンスがないのがコンプレックス。階級は少尉。
十文字 麗子(じゅうもんじ れいこ):とても堅実な24歳の女性。拓徒を我が子のように可愛がり、ときに厳しく接する。階級は中佐。
南 勇児(みなみ ゆうじ):お調子者だが拓徒からは信頼されている。14歳。階級は少尉。
クローリー・レイン:拓徒が密かに憧れるファッションリーダーの上官。25歳。ルックスもいいのでモテる。階級は大佐。
桜庭 凛音(さくらば りんね)寡黙だが密かに拓徒に好意をよせる14歳。階級は中尉。
鬼宮原 飛鳥(おにみやはら あすか):少し天然な麗子と正反対で、拓徒をしっかり導こうとする。名家、鬼宮原家に生まれたエリート少女。17歳。階級は大尉。
宝倉 天奏(たからのくら あまね):旧日本の本家の令嬢。常に気丈に振る舞うが、拓徒には、少しだけ気を許したような態度を取る。



セラフィム
地球を突如襲った謎の侵略者。古代生物のような見た目に反して、脅威の能力を持つ。


   プロローグ
    ゲンシ

地球が、宇宙からの侵略者達によって破壊されはじめた。

侵略者は圧倒的な力を持っていた。人間は抗う術を知らずに逃げ惑うだけだった。世界中の主要都市は全て破壊された。


しかし


1987年、人類の抵抗が始まった。
人類は、人型超戦闘兵器「メシア」を開発。
そしてついに、人類の希望の砦「地球死守軍」が動き出した。
絶対的侵略者に反旗を翻す時が来た。


ー世界の中で侵略を免れた都市、名古屋。
そこに、地球死守軍の拠点のひとつがあった。


そこへ、セラフィムが襲来した。亀型のセラフィム。
司令が実動部隊に指示を出す。
「実動部隊、緊急配備!敵は時速10キロメートルの超低速型!しかし配備が遅延すれば
確実にメインタワーが破壊される!準備を急げ!」
その指示は軍施設全体に響き渡った。
整備員達が最終確認を終えた頃だ。

そして、拓徒達もこの指示を聞いていた。

「……よし。行くぞ」
「………待て。カレー全部…」
「黙れ行くぞ。カレーなら明日食わせてやる」
お調子者の勇児を連れ、運命の戦場へと向かう。

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.5 )
日時: 2017/02/24 22:56
名前: りにあ

お疲れ様です。よく頑張りました。

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.6 )
日時: 2017/02/24 23:22
名前: 狂yuki

ミッション。葉月の言うミッションとは何か。

「桜庭 凛音を知っているな。今度貴様らの部隊に配属されるパイロットだ」
「…う"あ"?」
勇児は凍りついた。彼女の作る麻婆について噂をしたばかりだからだろう。
「…何だ、その『う"あ"?』という反応は」
「あ、…いえ、ははは、何でもないでーす」
「そこでだ。新しく配属される凛音隊員と共同訓練をしてもらう」
「……外部訓練ですか…?」
「ああ、そうだ。凛音隊員はラサ基地で新しく製造されている試作機<ゴリアテ>の稼働テストの
テストパイロットに抜擢されている。第十大阪支部隊が、貴様らの能力を買って、
稼働テストまでの間の凛音隊員の保護を任せたのだ。期待を裏切らないよう、
第四部隊らしい訓練を施してやるのだ。いいな!」
「……………了解…………」
二人とも返事が沈んでいた。あの麻婆を確実に食わされる。終わった。
葉月がその返事に喝を入れる。
「貴様らッ!!別部隊のエリート隊員を保護せよとのミッションを受けて
その態度は何だぁ!!
凛音隊員は大阪のセラフィム殲滅実動部隊で優秀な戦績を納めている貴重なパイロット、
傷ひとつつけずに返さなければ我々の名折れは避けられんのだぞ!弁えているのか!」
「ひひひひ、ひぃぃ!弁えておられます!」
恐怖のあまり勇児は言葉が変になった。
「拓徒ォ!貴様はどうな……」

葉月が拓徒に訊こうとしたその時、誰かが部屋のドアをノックした。

葉月は咳払いをして、冷静に訊く。
「………あ、あ"あ"ん"!!誰だ!」
すると、ドアの向こうから返事が来た。
「桜庭 凛音です」
「な!……。入れ」
「はい」

ガチャッ

赤く燃えるような長い髪。紫の瞳が弱々しくも何かを訴えるような
その少女、桜庭 凛音が、葉月に近づく。

そして、彼女が入室するまで葉月に叱られていた二人の男子パイロットに軽くお辞儀をして、言った。
「皆さん、よろしくお願いします」

続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.7 )
日時: 2017/03/04 22:17
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=413.jpg

廃墟と化した市街地。
凜音との共同訓練がはじまった。

メシアの操縦技術、疑似エネミーへの正確な砲撃、回避、武装転換.....
全て完璧だった。
たった一分で撃墜した疑似エネミーは80を越えていた。

「はっや...」
勇児が弱気になっているのが無線越しに伝わる。

クローリーも、
「延び知ろ半端じゃないな」
とべた褒めされた。

無口なので、戦闘中も全く喋らない。必要な伝令はモールス信号で送ってくる。

なんでも、大阪の部隊でモールス信号を使っているのは彼女だけらしい。
よほどの障害や病気が認められなければ、モールス信号使用は許可されないはずだ。
それも、大半は後天性。戦闘中の被弾や仲間の死という、トラウマに直結しかねない状況に置かれた兵士達ばかりだ。
そういう兵士は保険が適用されるし、
前線には出なくてよくなる。そして、ほとんどの場合、整備士などに再任用される。


彼女の場合は違う。
彼女は他人との会話が重荷となるのだ。
自我が強く、それに立ち入るのは容易ではない。
それにも、過去のトラウマがあると噂されているが。


訓練が終わり、各々キャンプ用の臨時テントを張る。

夕方だ。メシアが赤く染まる。

「凜音ちゃんは、あのテント...」
麗子が凜音のテントを指定しようとする。
すると、
「拓徒君と、一緒でいいですか?」

「...へ?」
麗子が、いや、第四部隊全員が
目を丸くした。

何故、凜音が?拓徒と?


続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.8 )
日時: 2017/02/26 20:37
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=404.jpg

麗子は、凜音の本意を探りたかったが、どうしようもなく、
「拓徒君は、いい?」
と、半ば了承せざるをえなくなるように訊いてきた。
麗子やクローリーも、あの激辛麻婆を知っているんじゃないかとさえ思った。

臨時テントの内部は薄暗かった。
訓練だし、臨時テントなので文句は言えないが、もう少し明るくしてほしかった。

薄暗いなかで、凜音が突然話しかけてくる。
「料理、私が作るね」

嘘だろ。拓徒は固まった。
慌てて制止する。
「いいよいいよ!俺がつくる!」
「でも...」
「ん?」
「もう作っちゃってるから」

終わった。
こんなタイミングで「代わるよ」なんて言ってしまったら、男の名折れだ。

すると突然、

フィーフィーフィーフィーフィーフィー...

警告サイレンが鳴り響く。
凜音と拓徒が、慌ててテントのすぐ横のメシアの保管施設に駆け込む。

森林地帯だ。もしレーザー攻撃によって、森林が火事になったら...

他の第四部隊隊員達も、駆けてきた。

続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.9 )
日時: 2017/02/27 21:53
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=405.jpg

拓徒達が保管施設に着く。
そこでは、整備士達が銃撃戦を繰り広げていた。

「くそ、数が多い!」

彼等は、幼少体のセラフィムと戦っていた。
幼少体は小さいので、メシアに搭乗しなくても処理できる。

しかし、何故ここにいるのか。
セラフィムは人間より繁殖力が強い。
放置すれば一分でこの保管施設を占領されてしまう。
拓徒達も戦闘に加わる。
腰にさしている小型銃で、処理を開始する。


保管施設は輸送式。ひとつの部隊につき、それぞれ必要なサポート隊がひとつ、つく。
ひとつ、だ。
誰かが殺されたら、この訓練の続行はほぼ不可能だ。
だから必死に戦う。
例え成熟体に比べて弱いとはいえ、相手はセラフィム。

気を抜いてはいけない。
一体ずつ確実に殺していく。
血飛沫を浴びる。



何とか、全てを始末した。
保管施設は血に染まっていた。
隊員達は皆疲れていた。
戦闘の間流れていた警告サイレンは鳴り止んでいた。

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存