ダーク・ファンタジー小説

おとぎ話の悪夢
日時: 2017/04/18 00:22
名前: フラにゃん

これは幸せを願った子供達の話。

楽しんでいただけると幸いです。

Page:1



Re: おとぎ話の悪夢 ( No.1 )
日時: 2017/04/25 22:26
名前: フラにゃん

第一夜『綺麗な孤児院』

イープション町。それはとても美しい町だ。国の中でも三本の指に入る資産家のカイヌザイン家の所有地である。舗装された道、咲き誇る植物、お洒落な店。少しレトロともいえる町の雰囲気は人々を安心させる。
そんな町の中心に少し不似合いな真っ白い建物がある。
『一華養護施設』ようするに孤児院。

「♪〜」
本を抱え鼻歌を歌っている華奢な少年。ご機嫌な様子でテクテク歩く姿は実に可愛らしいというべきなのだろうが、目の下のクマから若干の不気味さが出ているのか非常に残念である。彼の名はリセア。十三歳。
「ただいまー」
「おかえりなさい!リセアお花の様子どうだった?」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。