ダーク・ファンタジー小説

びたーちょこれいと
日時: 2017/05/05 14:13
名前: 碧 ◆SOsDJiuk2Q



【プロローグ】



「甘いものが嫌い」

そう言っていたから。

___だから、びたーちょこれいとを
買ったんだよ。

君のことばかり。

あれから何年も経ったというのに…

Page:1 2



Re: びたーちょこれいと[5] ( No.5 )
日時: 2017/09/13 19:37
名前: 碧 ◆mzvDsWHgxw




【5】



「あら、久しぶり。

確か…芽衣ちゃんじゃなかったかしら」

芽衣、ではないけれど、
この名前とよく間違われる。

似ているから仕方ないし、
それに淆のお母さんとは
最近会っていなかった。

「いえ、違います」

あまりにも素っ気ない返事だったと、
自分でも思った。

でも、淆のお母さんは笑顔で言った。

「そうだったの。

ごめんなさいね。

そう言えば今日は、淆の一回忌だけれど…

芽衣ちゃん…じゃないわ、誰でしたっけ」

私は、淆のお母さんに名前を言った。

「そうなの。

今日、何かの用事って___」

もう、言いたいことなんか分かっている。

私は淆のお母さんが言い終わる前に
口を開いた。

「ありません。

けれど、私なんかが淆の
お墓参りに行くのは…」

「誰が来たって、淆は
誰が来たか分からないわよ。

もう、淆として、この世には
いないのだから…

小説とかでは、心の中では
生きているとか、そんな綺麗事ばかり。

本当は何処でも生きていないのよ。

だって、死んだんだもの。

何処でだって生きていないわ」

淆のお母さんは、淆を大切にしていた。

こんな言い方って…

そう思った。

でも、淆は死んだんだ。

それは何回寝ても、本を読んでも
食べても、息をしても、
変わりはしない事実___

「あら、陽葵ちゃん。

今日は有難うね」

「いえ、こちらこそ…」

「陽葵っ…」

私は唖然とした。

「陽葵、どうしたの…」

Re: びたーちょこれいと[6] ( No.6 )
日時: 2017/09/13 20:41
名前: 碧 ◆mzvDsWHgxw




【6】



___声が出なかった。

こんなこと、一体、何年ぶりだろう。

そんなことはどうでもいい、陽葵が…

陽葵は気が強くて、だから、よく
喧嘩していた。

でも、嫌いなわけじゃなかったし、
それは陽葵もよく分かっていたはずだ。

陽葵は私にとって必要な存在だった。

___淆の次に。

淆は…

どんな私にも、優しく普通に
接してくれたんだ。

だから、好きだった。

淆は那都さんのことが
好きだったんだけど。

だから、悔しかったけれど、
淆が幸せならそれでいいと思っていた。

___たとえ、既に死んでいても。

淆はそれを追うようにして、
死んでいった。

それに、陽葵も追いかけるのだろうか。

「救急車を呼ぶわね。

えっと…

警察への連絡をお願いできるかしら」

「あ、わかりました」

そんな重要な役、私に任せて
大丈夫だろうか。

そうは思ったけれど…

連絡するしかない。

「___あの…」

無事に連絡が終わった。

淆のお母さんは、
もうとっくに終わっていたらしかった。

「お、遅くなってすみません」

ペコリと頭を下げた。

何だか、さっきまでの淆のお母さんの
雰囲気が変わったような感じがして…

「大丈夫よ、初めてよね。

みんな初めてはそんな感じよ」

そんな感じは気のせいだったのか。

あの時の殺気は気のせいなのだろうか。

「一緒に行こうと思ってたんだけどね、
淆のお墓参りに。

この状態では無理そうね」

にこりと笑う顔だけを見れば殺気なんて
感じる方が馬鹿馬鹿しいと思えるだろう。

でも、殺気を感じるんだ。

「私は、淆のお墓参りには行きません」

そんな中でも拒否するのを忘れない。

「あら、どうしてかしら。

あんなに仲良くしてたのに。

淆に恋心も抱いていたでしょ」

えっ___

「それはそうですけど…

でも、それとこれとは話が別です」

どうして知ってるの。

勘かもしれないけど、それだったら
あまりにも決めつけすぎている。

「どうして知ってるか、
気になったのかしらねぇ」

Re: びたーちょこれいと[7] ( No.7 )
日時: 2017/09/14 18:53
名前: 碧 ◆mzvDsWHgxw




【7】



「どうして分かるのか、
不思議に思わないの、あなたは」

もちろん、そう思う。

でも、驚きのあまり声が出なくて…

「全部わかっているわ、
あなたのことなんて。

大丈夫よ、他の人のこともバッチリ
分かるの」

それって___

「ふふ、やっと分かったのね。

そう、私達は異次元から来たの」

私達って、淆も入るのかな。

「そうよ、当たり前じゃない。

あなたには分からないかもしれないわ。

あなたって馬鹿だもの。

でも一応説明しておくわね。

この次元とは別の次元、
つまりパワレルワールドよ。

そこから来たの」

パラレルワールドって、本当にあるんだ…

「まだ続きがあるわ。

人間がパラレルワールドの人と
関わりを持ってはいけないの。

でも、パラレルワールドの人だと
バレなければ関わりを持ってもいいのよ。

もしも、パラレルワールドの人だと
知っておきながら関わりを持っていたら、
殺されるわ。

それはパワレルワールド内の平和を
守るための決まりごとなの」

じゃあ私は___

「そうよ、あなたには死んでもらうわ」

Re: びたーちょこれいと[8] ( No.8 )
日時: 2017/09/14 19:04
名前: 碧 ◆mzvDsWHgxw




【8】



どうしよう。

殺されるって…

私は家に入ることにした。

幸い、家が真後ろにあったから
出来たことだ。

「あら、逃げるのね。

次会った時が楽しみだわ」

あの人の顔は普通の顔じゃなかった。

耳は先がとんがっていて、
口が普通の人間の倍ぐらい大きい。

目は瞳孔が小さく、緑と黄色の
オッドアイだ。

これが…

パラレルワールドの人の顔なんだ…

淆は普通だったよね。

何度も確認しようとして、
淆の顔を思い浮かべる。

思い浮かぶのは、至って普通の人間。

「わ…」

突然、黒いオーラに纏われた。

何これ。

何処かで感じたような気配。

淆のお母さんの殺気とは、また違う…

胸がチクチクする。

呼吸が…

止ま、り、そ___

「捕まえました。

此奴ですよね、ミスグリース」

Re: びたーちょこれいと[9] ( No.9 )
日時: 2017/09/16 21:13
名前: 碧 ◆mzvDsWHgxw




【9】



ここは何処なんだろう。

周りは暗いし、私しかいない…

感覚もないし、体の自由もきかない。

でも、縛られている感じはないって
どういうことなんだろう。

そう言えば、淆って
何でもわかるんだよね。

じゃあ、知ってたんだ。

私のこと___

突然聞き覚えのない声が聞こえてきた。

「ミスグリース、此奴、どうしますか」

だれの声だろう。

ミスグリースって誰なんだろう。

疑問は不安に変わっていった。

あっという間に、私は不安に囲まれて…

「勿論殺してしまうのよ。

私に任せておきなさい。

傷だらけにしてあげるの」

え___

「一発では楽しめないもの。

軽い傷を付けたりしてね、
甚振ってあげるわ。

その方がいいでしょう」

誰にそんなことするんだろう___

こんなこと、分かっている。

___自分だって。

「それはいいですね。

何日もに分けて行うのはどうでしょう。

一生の玩具です」

「なるほどね、それもいいわ。

逃がさないようにしておきなさい」

「はい、ミスグリース」

えっ…

これから、私はどうなるんだろう。

誰か、助けて…

「いたっ…」

突然、痛みが走った。

さっきまでの感覚はなく、周りには…

がっしりとした鉄格子が前にあり、
私の足と手に繋がる鎖が
括りつけられた柱があるだけの部屋。

男の人が1人と…

「淆の、お母さん…」

「ミスグリースよ、これからは
ミスグリースと呼びなさい」

いきなり鳩尾に拳が飛んできた。

「グハッ…ハァ、ハァ…」

反動により、背中を柱に打ち付けた。

口からは大量の血。

「まあ汚い」

せせら笑うような甲高い声。

頭がクラクラする…

立ち上がることも出来ないで、
肩で息をしている私を見て、
ミスグリースはさぞ嬉しそうに言う。

「あら、今日はこれで終わりかしら。

まさかそんなことはないでしょう。

もっと私を楽しませてくれるかしら」

もう終わらない…

私が死ぬまで。

私は初めて、死にたいと
思うようになった。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。