ダーク・ファンタジー小説

転生⇔魔法少女 ※閲覧注意
日時: 2017/06/07 21:23
名前: 萌夏 ◆IrmWJHGPjM

どうも、おはこんばんにちは。
萌夏といいます!

初期ストーリーで10レスくらい
投稿してましたが、
書き直すことにしました。

不定期・亀更新で
修正も度々ありますが、
こんな私の趣味に付き合って下されば
とても嬉しく思います(´ω`*)

○あらすじ↓

中学校でいじめにあっていた
松山 詩織(まつやま しおり)は、
謎の少女・冥夢(めいむ)と出会い
魔法を手に入れる。
『魔法少女』として生まれ変わり
復讐を始めた詩織だったが…

詩織の周りに次々と現れる、
新たな魔法少女達。
忍び寄る絶望の影。
そして、詩織達に魔法を与えた
少女・冥夢の目的とは…?

※キャラ設定書いた方が
分かりやすいというコメントを
頂いたら、キャラ設定を書きます。

○作品に関する注意事項>>1

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



Re: 転生⇔魔法少女 ※閲覧注意 ( No.78 )
日時: 2017/07/24 16:00
名前: 萌夏 ◆IrmWJHGPjM

「千里ちゃん……」

千里ちゃんは、私の腕を掴んでいた手を離すと
座り込んだまま顔を伏せてしまった。
何かを堪えるように丸めた背中が小刻みに震えている。

私はどうすればいいか分からなくて、ただただ千里の隣に座って
分厚い雲に覆われた空をぼんやりと見ていた。

Re: 転生⇔魔法少女 ※閲覧注意 ( No.79 )
日時: 2017/07/24 16:27
名前: モズ

お久し振りだねー。
うんうん、おひさ。


めっさ進んでいるような気がする。
これはまた、読み返さないとだね。
うん、頑張れ萌夏ー


シリアスとか僕は書けないから
とっても羨ましいですなー
(このコメントなんだろ)


うーん、けっこう小説は良いと思う
少し気になるのはじっくり読めばあるくらい
んじゃ、ばいびー

Re: 転生⇔魔法少女 ※閲覧注意 ( No.80 )
日時: 2017/07/24 16:59
名前: 萌夏 ◆IrmWJHGPjM

次の日の朝、綾は私を迎えに来なかった。
仕方ないから私一人で登校すると、綾が来たのはHRギリギリで
私とは目も合わせてくれなかった。

綾はその後も上手く私達を避け続けたし、
千里も綾のことなど忘れたかのように振る舞ったので
私はその日一度も綾と話せなかった。

「それで……って、詩織ちゃん……?」

「……あ、ごめん!えっと……何の話だったっけ」

千里はちょっと怒ったような顔になった後
ふっと悲しそうな顔に戻った。

「冴ちゃんのこと……詩織ちゃんの方から提案してきたじゃん……」

……そうだった、冴子といつ会うか決めるんだっけ。

「あ、えっと、今週の土曜日とかどうかな?
隣町の駅で待ち合わせになると思うんだけど」

「うーん……多分大丈夫だと思う……」

「じゃあ、そう伝えとくね。一緒に行かない?」

「……そうだね、二人で一緒に行こうよ」

Re: 転生⇔魔法少女 ※閲覧注意 ( No.81 )
日時: 2017/07/26 19:35
名前: 萌夏 ◆IrmWJHGPjM

も……も…………モズぅぅぅぅぅ((
コメント気づかなかったゴメン(´・ω・`)
家パソから連続投稿してたから……。

Re: 転生⇔魔法少女 ※閲覧注意 ( No.82 )
日時: 2017/07/26 22:10
名前: 萌夏 ◆IrmWJHGPjM

「綾ちゃん、あの……」
「何?松山さん」

下校時刻になるとすぐに教室を飛び出した綾を
何とか下駄箱で捕まえることが出来た。

「あ……明日、冴子ちゃんに会う約束があって……綾ちゃんも」
「私は行かない。……もうその話はしたくないから。じゃあね」

綾は冷たく言い放つと、くるりと背を向けて行ってしまう。

これ以上、追いかけることは出来ない。

周りにいたクラスメイトの何人かが
「何、喧嘩?喧嘩??」
とはやしたてるのを無視して、私も帰路についた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。