ダーク・ファンタジー小説

ただ、日常を綴る。
日時: 2019/03/14 22:03
名前: 立花 ◆FaxflHSkao



 可愛くて、可愛すぎて、あの頃天使だったショタくんは、
 成長した姿で言うのです。「もう、俺は子供じゃない!」と。










「 お客様 」


 すーぱーうるとらすぺしゃるさんくす!!!!!!!!!!!!!!(意味不明)
 コメントありがとうございます。励みになります。
 読んでくださる皆様もありがとうございます。もしよろしければ、もう暫くお付き合いくださいませ。

■電波 様
□小夜 鳴子 様






藍色の宝石 【中編集】/5作品目

(1作品目)優しい蝉が死んだ夏 >>003
(2作品目) 深青ちゃんは憂鬱だ。 >>029

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



Re: 優しい蝉が死んだ夏 ( No.1 )
日時: 2017/07/10 18:06
名前: 電波


いきなりのコメント失礼します。
初めまして、電波と申します。なかなか独特な雰囲気を感じる小説ですね!
これからどんなお話になって行くのか楽しみです。続き頑張って下さい!

Re: 優しい蝉が死んだ夏 ( No.2 )
日時: 2017/07/12 22:22
名前: 立花 ◆FaxflHSkao




◆電波さん

 コメントありがとうございます。
 プロローグの時点で、次が気になると言っていただけるなんて光栄です。ぞわっとする雰囲気が少しでも醸し出せていたらいいなと思っています。
 もし宜しければまた読んでいただけると嬉しいです。ありがとうございました。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。