ダーク・ファンタジー小説

ショタくんの反撃!【完結】
日時: 2019/01/05 23:01
名前: 立花 ◆FaxflHSkao




 可愛くて、可愛すぎて、あの頃天使だったショタくんは、
 成長した姿で言うのです。「もう、俺は子供じゃない!」と。










「 お客様 」


 すーぱーうるとらすぺしゃるさんくす!!!!!!!!!!!!!!(意味不明)
 コメントありがとうございます。励みになります。
 読んでくださる皆様もありがとうございます。もしよろしければ、もう暫くお付き合いくださいませ。

■電波 様
□小夜 鳴子 様






藍色の宝石 【中編集】/5作品目

(1作品目)優しい蝉が死んだ夏 >>003
(2作品目) 深青ちゃんは憂鬱だ。 >>029

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



003 ( No.42 )
日時: 2017/11/13 10:49
名前: 立花 ◆FaxflHSkao

 朝食が済んで、俺が片づけをしていた頃に真尋が制服に着替えて話しかけてきた。今日も今日とて彼女は不機嫌そうな顔で口をつんと尖らせる。別にわざとやっているわけでもないだろう。きっとそれが彼女の通常系なのだ。
 
「ねーねー浩輔。まだ終わらないのー? はやくー」

 もう真尋は支度が済んでいるために、俺の行動をせかし始めた。なら、少しは手伝ったらどうだ、と普通の家庭ならそんな会話になるだろうが俺たちはそうはならなかった。
 わかりました。と俺が折れて終わりだ。食べ終わった食器を流しに持って行って俺は一旦部屋に着替えに戻った。
 俺の部屋は真尋よりは小さい部屋ではあるが、このお屋敷のようなどでかい家に見合った大きさだ。無駄に広いこの部屋でひとりいるのは退屈で、大体はリビングで掃除や真尋の相手をしているのだが、寝るときと着替える時ばかりはこの部屋を使わなければならない。
 
「なんでこんな、大きい屋敷に一人住もうと思ったんだか」
 
 俺はハンガーにかけてあった制服を着て、昨日の夜に準備してあった鞄を手に持ち一回に下りて行った。
 階段を下りている最中に和幸さんが重たそうな資料を運んでいたために手伝って部屋にまで持って行ってあげたら、もう家を出ないといけない時間が迫っていた。
 まだ洗い物終わってないのに、やばいぞこれ。
 頭の中でパニックに陥っていると、階段の下に真尋がまた仁王立ちして立ちはだかっていた。

「真尋様、すごい邪魔です。俺まだ洗い物残っているんで、そんなに遅刻がお怖いならお先に家を出られても全然大丈夫なんですが」
「洗い物なら、この私がしてあげてる。やさしいやさしい真尋様があんたのために洗い物をしてあげたのよ。感謝しなさい、そこで土下座」

 は? と思って真尋を見つめるが、どうだすごいだろうと何とも言えないドヤ顔で微笑む彼女には嘘偽りはなさそうだ。
 言い方はあれだが、俺のためにやってくれたために一応感謝の気持ちだけは伝えないとと思って俺は口を動かす。

「ありがとうございます。真尋様が「洗い物」なんてできるなんて俺、全然知りませんでした。すごくびっくりです。お偉いですね、真尋様」

 あ。やばい、嫌味になってないかこれ。
 自分で言っておきながら、失礼な話だが正直心の中では共同生活をする以上それくらい当然だろうと思う心もあるわけで。
 根っからのお嬢様だったわけでもない彼女に洗い物ができないわけがないことを知っているからこそ、俺の言葉はそういう嫌味な方向に変化するのだと思う。

「洗い物くらい、小さいころからやってるわよ」

 そういって目を逸らした真尋は、また一段と不機嫌になって喋らなくなった。



     □ □ □

 無事にいつもの時間にバスに乗って俺たちは学校に向かった。
 高校二年生の俺は真尋と同じ学校に通っている。何となくだが真尋はお嬢様学校にでも進むものだとばかり思っていたから、中学三年になって俺と同じ高校に行きたいと言い出した時は和幸さんと一緒に正気か、という風に彼女を問い詰めてしまった。
 別に普通に暮らしたいんだ、私は。そう言い放った彼女に他意はなかったのだろうか。普通に暮らしたいならどうして今の暮らしを続けているのか、それを問いたくても、禁句だと俺も和幸さんもわかっているからなかなか口には出せない。

「あ。あれって真尋ちゃんじゃない?」
「うそ、どこどこ、おぉ朝比奈兄妹揃ってんじゃん。相変わらず美男美女ー」

 聞こえてきた声の主は、俺たちと同じ高校の人間だった。
 真尋にも聞こえているだろうに完全無視だ。彼女は関心を持つ、ということができないのだろうか。

「真尋様、同じ学校の人がおります。どうしますか」
「無言で通しなさいよ。私たちの関係が始まるのは学校の校門をくぐってから」
「……はい、かしこまりました」

 真尋はそれっきり、学校につくまでの間一言もしゃべらなかった。
 けど、それは反動なのであるとこれまでの七年という付き合いの中でわかってきた。学校の校門をくぐった途端、彼女は異常なほど可愛らしい笑顔で俺に笑いかけるのだ。

「お兄ちゃん、今日もいい天気だね」

 それが俺たちの関係の始まりの合図だ。彼女の兄という隠したかったそれは、俺たちには必要もないただのお遊びに過ぎないのに。

004 ( No.43 )
日時: 2017/11/16 16:34
名前: 立花 ◆FaxflHSkao

 朝比奈和幸、三十半ばの男性。整った綺麗な顔立ちは中性的で、初見さんは「女性」と見間違う人もいるくらいだ。
 そんな彼には血の繋がらない二人の子供がいるという。それが俺、朝比奈浩輔と朝比奈真尋である。
 真尋は和幸さんに実の子供のように可愛がられて育てられたが、結局は血の繋がりなんて一ミリともない赤の他人。

「死んだんだって、私のお父さんとお母さん」

 俺が初めて真尋に出会った日。その時に最初に真尋に話しかけられたその言葉。
 声は震えることなく、逆に透き通った綺麗な声で俺に刃を向けた。俺のことをにらむことなく、かといって表情が豊かだったわけでもない。ただ一点に俺のことを見据えて、九歳であるという事実を忘れさせるかのような態度で俺の隣に彼女は座った。

「きみは、だれ」



     □ □ □


 自分の人生が大きく狂ったのは二分の一成人式が終わって帰ってきた日のことだった。楽しかった思い出と、プチ卒業式みたいだったその大きな行事に俺の心は変に騒いでいた。
 今日の夜ご飯はなんだろうな。ハンバーグだったらいいな。そんな子供っぽいことを考えて、帰路に就く。
 ようやく家が見えたかと思うと、俺の目には余計なものが映った。大量のごみのような集団。子供ながら、俺の家を取り囲んでいたあの連中を俺はごみとしか判断していなかった。俺を見つけるなり何の躊躇もなくマイクを突き付けフラッシュを浴びせるあの大人たちを、ごみと呼ばずにに何と呼べばいいのだ。
 
 そのあとに、家の中に入ると俺の大好きなお母さんは首を吊って死んでいた。声が出なくなるほど悲鳴を上げるのは後にも先にもこれっきり。家の周りにたむろっている記者どもで薄らと父親が何かをしでかしていたことに気付いた俺は、すぐにすべての根源が自分の父であることを察した。
 すぐに救急車を呼んだが、母親は生き返ることはなかった。冷たいまま、死んだまま、俺のお母さんは俺を捨てていなくなった。

 それから俺はしばらくの間施設に預けられた。俺はテレビのニュースで自分の父親である柿谷真介が、自分の会社の取引先の宮下夫妻を殺したということを知った。宮下夫妻には小さな子供がいて、残されたその子がとても可哀そうだとコメンテーターは俺の父親のことを責めていた。殺人者の考えることはわからない、残酷だ、こんなことはあってはならない。そんな綺麗ごとを並べる大人たちにもうんざりして、それでも最終的には自分の父親が最低だという結論に至るのだ。
 最初に父親が人を殺したというニュースを見たときに俺が思わず吐いてしまったから、それ以降は施設の人たちがニュースをつけなくなった。大丈夫だからね、と何度も何度も俺のことを励ます大人に俺はどうすればいいのかわからなくてただただよくわかりもしない感情のまま笑っていた。根拠もない大丈夫が一番嫌いだ、その時にそう思った自分が一番嫌いだ。

 
 施設に俺に会いに二人の人間が来たという。俺が施設に来て、つまり俺の父親が人殺しをしてから一週間経った日のことだった。先生が会わなくてもいいのよ、と何度も念押ししてくるからそういう人なんだと思った。だから、俺はその人たちに会いたいです、と先生が望む方向とは逆を選んだ。
 片方は、大人。もう片方は、小さな小さな少女だった。

「初めまして、柿谷浩輔くん。僕は、朝比奈和幸といいます」
「……はじ、めまして」

 まだ二十代くらいの若い男だった。けれど今時の若者という感じは全くなく、社会人としての魅力というのだろうか。父親の会社とかによく来ていた営業の人の瑞々しさみたいなのを感じだ。
 ぺこりとお辞儀をした朝比奈さんは、隣にいた女の子のことを紹介した。

「こちらは、宮下真尋ちゃん。君より一つ下の女の子だよ」

 真尋、と呼ばれた少女は俺に笑うことなく小さくぺこりとお辞儀をした。俺も初めまして、と言いながら頭を下げて返した。けれどそれっきり会話みたいなものはなかった。
 最初の印象は無口な女の子。恥ずかしがり屋とかそんな感じでもない。
 俺のことを見る目も周りの大人たちとは違ったこの二人はとても心地が良かった。そのあと、朝比奈さんは施設の先生と少しお話があるからと言って抜けて行った。残った俺たちは会話もできないのに。真尋ちゃんを見つめて、それに気づいた真尋ちゃんがこちらを見たら俺は目をそらす。まるで初心な恋みたいなソレは甘ったるくて気持ちが悪かった。

005 ( No.44 )
日時: 2017/11/19 19:51
名前: 立花 ◆FaxflHSkao

 ふと思い出すことがある。彼女、真尋ちゃんの名字である。
 小学四年生になれば、もう大人まであと半分。記憶力だってよくなってくる、だから心の中でずっと引っかかっていたものに気づいてしまった瞬間に、俺は真尋ちゃんのほうを見ることはできなかった。
 宮下。そんな名字世の中いっぱいいるのだろうけれど、それでもこんな時期に俺を訪ねてきてその上に先生たちが「会わなくても大丈夫だからね」なんて念押しした人物。そんなの気づく人は気づく。
 俺の父親が殺した夫妻。その名字が「宮下」だった。

「死んだんだって、私のお父さんとお母さん」


 俺の後ろから聞こえたその言葉。最初はぎくりと方が震えた。どこかの汗が尋常にないほどに出ていた気がする。気づいているってばれていないかな。俺が真尋ちゃんの両親を殺した父親の息子だと、俺が気づいてしまったことに真尋ちゃんには気づかれたくなかった。
 だから俺は一旦落ち着こうと大きく深呼吸をしていったのだ。


「きみは、だれ」


 その言葉に、真尋ちゃんはさっきまでの色のない表情を変え、大きく声を上げて笑い出した。俺はその意味と意図が全く分からずにただただ真尋ちゃんを見ていた。
 きれいな黒髪を長く伸ばしている。毎日お母さんに櫛でとかしてもらっていたのかな。お父さんに頭を撫でてもらったりしてたのかな。
 幸せそうに暮らしていたと、ニュースで特集されていたのを思い出して俺はそんなことを考えた。無駄なことだとわかっていた。けれど、微笑む彼女は美しく、そしてどこか儚げだったのだ。



     □ □ □


「ねぇ、なんで真尋ちゃん笑ってるの」
「なんでって。うん、なんでだろうね、そういうもんだよ、そういう、」

 真尋ちゃんはまだ笑い続けている。施設の子供たちが謎に爆笑し続ける真尋ちゃんを変な人だと認識したのは間違いないだろう。
 さっき先生がやって来て「どうしたの、何かあった」なんて本当に心配そうな声で聞くものだから俺は何て言っていいのかわからずに「別に」とそっけなく返してしまった。代わりに真尋ちゃんが「何でもないんです、ただじゃれあっていただけなんで」と答えてくれた。けれどそれが先生にとっては違和しか感じなかったみたいだ。俺と真尋ちゃんを見る目がやっぱり変に意識しているのが分かった。
 
「きみは、だれ。とか、そんなの一番きみがわかることでしょうって。しかも、さっき自己紹介したのに、そんなかわし方したってこっちにばれること承知だったのかなって、いろいろね、考えちゃった」


 俺より一つ下の女の子は、俺の考えていることがすべてわかるエスパーのような少女だった。目の縁に涙を浮かべるほどの爆笑だった真尋ちゃんはさっきの俺と同じような大きな大きな深呼吸をして俺に手を差し出した。
 握手なのかな、と思って俺が手を出そうとすると彼女は笑っていった。

「にぎったら、おわりだよ。けど、はじまり」


 その笑顔はとても怖かった。
 最初はその言葉の意味が全く持って意味不明だったのだが、すぐにそれに気づいてしまった。お互い勘付きやすい性格みたいだ。
 朝比奈さんが先生たちと話を終えて部屋から出てきた。俺に手を伸ばす異様な状況にも何も言わずただ彼は見ているだけだった。
 握ったら、おわり。何が終わりなのかはわからない。何が始まりなのかもわからない。けれど、真尋ちゃんと朝比奈さんが俺に「選択肢」をくれたのがわかる。もうどこにも行けない、犯罪者の息子に手を差し伸べてくれたのがよくわかる。

「優しくされると、勘違いするよ」

 朝比奈さんがふぅと息をついてその場を去った。
 もう俺の結論がわかっているかのように、彼は玄関へと向かってしまった。
 真尋ちゃんは俺の言葉ににこりと微笑むだけで、あとはそっと俺の耳元でささやくだけ。魔法の言葉だ。俺のすべてを批判する魔法の言葉。





「私の奴隷になりませんか?」



 真尋ちゃんは普通の人なら言わない言葉を平気で言うのだ。
 自分のことをいつか殺してくれて構わないから。だからその時まで、自分のそばにいてと。自分のそばで父親の代わりに永遠私に懺悔して、一生私に囚われればいいと。

 でも、俺にくれた選択肢はもう決定されていたのだ。選択肢、じゃなくて絶対。それ以外に俺に進む道はない。最後の道しるべだと、ちゃんとわかっているのだ。
 奴隷。その言葉に俺はアフリカの奴隷を思い出す。ヨーロッパの人たちにいいようにつかわれるだけの奴隷。人身売買、身売りというべきか。
 でも結局は、間違っていない。俺に権利なんてものはない。



 真尋が「来い」というならば、それについて行かなくてはならない。
 真尋が殺せと俺に命じるならば、俺は真尋を殺さなくてはならない。
 きっと、真尋はずっとずっと思っている。俺との約束を、彼女はきっと破らないから。だから、いつだって彼女はあの日のように俺のことを奴隷と呼んで俺のことを蔑むんだ。殺されたいから、俺に殺されたいから、だからきっと彼女は永遠に俺の手を離さないのだ。
 あの日、俺が握ってしまった手は、もう大きくなってしまっている。
 忘れない、あの掌は暖かかったわけでも冷たかったわけでもない。俺の触角はあの時からおかしかったのだ。

006 ( No.45 )
日時: 2017/11/26 20:48
名前: 立花 ◆FaxflHSkao

 朝比奈真尋は何を考えているかわからない。というかわかりたくないのだろう。
 真尋は女としてはどちらかといえばきれいな容姿だった。整った顔のパーツに身長は小柄で百五十センチもないが、スタイルは良かった。同じ学校に通ったのは高校が初めてだが、真尋の噂は中学の時から聞こえてきていた。
 誰にでも分け隔てなく優しく、笑顔がとても愛らしい。勉強もスポーツもできて、それなのに驕ったりもせず、謙虚な性格。そう人にイメージ付けて彼女は当然のごとく生きている。
 本当の性格は毒舌ですこぶる性格が悪いのに。そんなこと誰も信じてはくれない、それほどに彼女は最低最悪な「猫かぶり」なのであった。


「どうしたの、お兄ちゃん」

 にこりと俺に微笑んだ真尋に思わず俺は真顔になってしまう。けれどすぐにその作り物の笑顔が険しくなっていった。
 ちゃんと演じろ。真尋の心の声が聞こえたような気がした。

「ん。なんでもないよ」

 真尋と俺は「兄妹」という設定である。というか、戸籍上は既に兄妹なのだから、そう名乗ってもおかしくはないのだ。一つ年下の俺のご主人様は、俺に「良い兄」であることを要求する。それは彼女が「良い妹」であるからだ。真尋は俺に懐いたような素振りを見せながら俺の隣を笑顔で歩く。今日も大好きな兄と一緒に登校できて幸せです。みたいな吹き出しが見える気もする。気持ちが悪い。
 七年前、俺が真尋に拾われてから知ったこと。朝比奈和幸さんのことだ。真尋の両親の古い知り合いだとかなんとかで、真尋を引き取ることになったという彼はなんと俺まで快く引き取ってくれた。半ば真尋の命令には逆らえないみたいな風にもとれる彼の優しさは、俺にはとても暖かった。
 そして、俺たちは「家族」になった。全員一ミリも血なんてつながっていないのに、俺たちは深い深いつながりを持っている。不思議な話だ。
 そんなこんな、考えごとをしていると真尋に靴を踏まれた。「いてえ」という声さえ彼女は睨んで出させてくれない。

「お兄ちゃんは、今日も元気だね」

 やっぱり笑った表情が愛らしいなんて嘘だと思う。



     □ □ □


「こうすけきゅんは、今日も真尋たんの尻に敷かれているのですね」

 真尋と別れた後、俺の頭の後ろにガツンとぶつかってきたもの。それは一つ年上の先輩のこぶしだった。歯を見せにかっと笑ったその表情には殺意を抱く。けれどそれを表情には出さないように気を付けながら俺は先輩に声をかけた。

「おはようございます、城谷先輩。真尋様に御用ならば、先ほど別れましたが」
「ん。あれ、別れたってお前らとうとう破局かああああ。あんなに仲睦まじかったのに」

 いやらしい言い方をされて、俺は思わずむっとして彼をにらんでしまう。けれど、それは彼の作戦なのだ。俺のその表情を見て満足げに笑った後、捨て台詞のように言葉を紡いで去って行った。

「真尋たんは、俺の可愛い可愛い恋人なので、そんなに仲良かったら嫉妬しちゃうぞー」

 俺を馬鹿にしたようなその言葉に、彼の、城谷スバルの悪意を感じる。城谷先輩の考えることだけは俺は一度も読めたことがない。神出鬼没、摩訶不思議、正直彼のことを「変な人」としか思ったことはなかった。
 先輩が真尋と付き合いだしたあの日から、少しずつ真尋と俺の関係は変わっていった。といいたいところなのだが、真尋はたとえ恋人ができたとしても俺と一緒に登下校することはやめなかった。それを何も言わずに見守る城谷先輩のこともよくわからない。
 俺たちが兄妹でもなんでもないと知っているのは、この学校でただ二人。この馬鹿な先輩とその奴隷の少女なのだ。俺は、先輩を追いかけてやってきたその奴隷の少女を見た瞬間、あぁ今日も最悪な日だと実感した。

007 ( No.46 )
日時: 2017/12/03 20:57
名前: 立花 ◆FaxflHSkao



「スバルさんは、ご一緒ではないのですか」

 走ったのか少しだけ息の切れた様子の少女は、俺の目を見てそう告げた。「そうだよ」と俺が言うと、はにかむように笑ってひとつ深呼吸をした。
 彼女は俺のクラスメイトで宮森かずさという。茶髪のボブショートで顔の中央にはそばかすのあるその少女は、お世辞でも真尋のようにかわいいとは言えなかった。だが、笑った表情がとても愛らしく……それは真尋の愛らしさよりも純粋な健気さで俺は好きだった。
 彼女はさきほど俺を罵っていった城谷スバルの奴隷である。俺と同じ立場の少女。けれど、俺とは全くと言っていいほど違う存在。

「なんで、あいつのこと好きなの」

 俺が呟くように尋ねたその言葉を、彼女は聞き漏らすことなく返事を返す。

「それは、きっと浩輔さんが真尋さんのことを好きなのと同じ感情ですよ」

 城谷スバルが言ったならばきっとその言葉は皮肉に聞こえただろう。そう聞こえないのは彼女の優しさが溢れんばかりの笑顔があるからだ。城谷がいないと分かったかと思えば、彼女の足はもう教室の方に向かっていた。
 同じ方向だが俺とかずさは一緒に歩かない。最初にかずさに言われたからだ。私はスバルさんのことが好きだから、だからほかの男子とは噂になりたくないのです。その言葉の裏には、俺が人目を引く存在だからできるだけ一緒にいたくないという思いが込められていた。けれど、最近は少しだけ距離が近くなったような気がする。それはきっと真尋と城谷が付き合いだしたから、だろう。と、俺は思っている。俺の前をすたすたと歩くかずさの背中は俺よりは小さく、それでも真尋よりは大きかった。
 

「俺は、真尋のこと、すきじゃないよ」

 俺はかずさの背中に語りかけた。
 ゆっくりとこちらを振り返ったかずさはいつもと同じ悲しい表情をしている。

「スバルさんだって、真尋さんのことなんか好きじゃないんですよ」

 彼女は消えるような小さな声でそう言った。表情は変わらない。俺を見つめる目も変わらずに。俺の心の中を見透かしてしまったかのようなその瞳。

「真尋はさ――今日も俺に好かれようと必死なんだよ」

 こんなに感情がぐるぐるするのは、久しぶりだ。そもそも、かずさと話したのが一か月ぶりだ。かずさは人の苦しみを解放させるような力を持っている。かずさの声には力があって、俺の心のカギを簡単に開けてしまうんだ。
 真尋が俺のことを好きだというのに気付いている。けど、俺は真尋のことを好きにはならない。
 真尋の好きは意味をはき違えているからだ。俺がどれだけ真尋を好きになっても届かない。

 真尋の好きは、俺に殺されたいから出る愛情表現なのだ。


     □ □ □

 全授業が終わった後、真尋は俺の教室の外で腕組みをして待っていた。俺を見つけたかと思うと、手招きをして自分の方に呼び寄せた。前の扉から出ると、かずさとすれ違った。かずさが真尋を見た瞬間、またあの悲しそうな表情を見せて、俺の方をちらりと見た。俺は無言でうなづいて、かずさはゆっくりと目を伏せた。
 俺たちのアイコンタクトに気付いたのか、真尋はかずさをにらむような目つきで見ていた。静かな真尋の対抗心は、かずさには届かないのに。

「じゃあ、また」

 俺にそうつぶやいたかずさは、すぐに下駄箱の方に向かって階段を下りて行った。自然と目で追っていたのか、真尋に足をけられたのには今気づいた。

「私はスバルのこともかずさのことも、結局何もわからないや」
「真尋様はわかっても声にはしないじゃないですか」
「だって、スバルが私の口をふさぐんだもん」

 短い会話をして俺は真尋の後ろを歩いて行った。降りるはずの階段を彼女は上って行って施錠されている屋上へと向かった。どうするんですか、と尋ねると彼女は先生に脅して貰ったという鍵を自慢げに見せてきた。
 そのいたずらっこのような笑顔には無邪気な幼子の感じがして、俺は無性に心苦しくなった。真尋は屋上を開放してなかなか見せない笑顔をまた俺なんかに見せた。

「わたしさ、世界で一番不幸な存在になりたいや」

 傷つくことを恐れない真尋は、屋上の柵を飛び越えた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。