ダーク・ファンタジー小説

あやとり。
日時: 2017/08/22 12:11
名前: さくらみち

あやとり――殺めて、取る。

欲しい、欲しい――。貴方の『命』が欲しい。

貴方達の『命』が、たったそれだけが、私の心を満たす――。

ねえ――、もっと、ちょうだい――?

Page:1



Re: あやとり。 ( No.1 )
日時: 2017/08/31 01:20
名前: さくらみち

 ――とても幼い頃だった。くちがやっときけるようになったぐらいの時だと思う。
 私は□□と○○と、山道を走っていた――。

「○○? どこに行くの?」
「□□の□□と○○のおうちに行くのよ」
「そうだぞ」
「□□にも○○と□□がいるの?」
「もちろんだ」
「ふーん、じゃあ○○の、□□と○○は、どこに住んでるの?」
「茨城、っていうところなの」
「□□は○○の□□と○○にあったことがある?」
「あるぞ、綾香も昔あったけど、覚えてないかぁ」
「そうね、だって□□、あの時綾香はまだ三か月ぐらいだったのよ、覚えてるわけないじゃない」

 ――タヌキ、タヌキがいる。
 暗闇の先に、二つの青白い目。車が走る方向によちよち歩いてきてる――。

「□□! タヌキさんが……」

 鮮やかな赤色。美しい赤色、自然の色――。
 もっとも、当時の私としては、その赤は恐怖の色であったが。

 結局タヌキは、土に埋められた。□□が埋めた気がする。だって○○はそんなことできないもの。

 私がこの赤に恋をするのは、まだまだ後の話だ。

 

 

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。