ダーク・ファンタジー小説

便利屋死神の依頼録
日時: 2017/11/11 07:42
名前: 山桜
参照: http://灯籠と篝火

part1 その公爵、誕生。
ある日、
ある者の、
処刑が行われようとしていた。
その者は今までに、
星の数ほどの人を殺した。
その者の死を、
ある者はその場で、
ある者は己の家で、
ある者は友と、
ある者は家族と、
様々な関わりを持つ者、場所で。
全世界は待ち望んだ。
「罪人、名を述べよ。」
その者は、ギロチンの前で、ぐったりと立っていた。
「名を、述べよ。」
長い、白い髪から、大きく、紅い瞳を覗かせて、その者は答えた。
「私は‥‥‥」
その者の名は、
「私は、リア・ミラティアだ。」
その者の名は、リア・ミラティア。
ありきたりな表現で、
その者の異名は、
死神=B
「罪人、リア・ミラティアを、斬首の刑に処す。」
男が述べる。
それと同時に、歓声が巻き起こる。
その様子に、何故か、その者は微笑む。
「罪人、前へ出よ。」
その者は、前に何歩か歩む。
その、目と鼻の先には、ギラギラとした鈍い光を放つギロチン。
しかし、その者は笑みを絶やさない。
「首を入れよ。‥‥‥‥‥‥これから、大罪人リア・ミラティアの、刑罰を執行する。」
また、歓声が飛ぶ。
様々な罵倒の語彙が被せられる中、その者は尚も微笑み続ける。
「最後に、言い残すことは?」
男が問う。
その者は、少し首を傾げてから、言った。
「無い。」
そう言い終えると、首をギロチンの中に入れる。
次に、手を入れる。
そんな中でも、微笑む。
「刑罰を、執行せよ!」
男が手を振りかざす。
この男が、手を振り下ろすと、ギロチンの刃が落ちる。
しかし、何処かで声がした。
「さようなら、貴方達の命。」
その声の方向には、黒い帽子に、藍色の短い髪を肩に垂らした、シックなドレスを身に纏う、大きなバッグを持った少女。
「せめて、ご冥福をお祈りいたします。リア・ミラティア。」
少女が次の言葉を紡ごうとした時、男の手が振り下ろされる。
その刹那、その者は言った。
少女が紡ぐ言葉と、重なるように。
「「愚かな者に、裁きを。」」
ギロチンの刃が、その者に当たるその瞬間。その者は消えた。
困惑する、周りの民衆。
しかし、すぐに考えは閉ざされた。
視界が暗くなったからだろう。
‥‥‥‥‥‥きっと、目が覚めたら、そこには川が三本、美しく水が流れてるのだろう。
数分が立つと、そこに残されているのは、
その者、少女、そして、一人残された記者。
「‥‥‥‥‥世に、伝えろ。」
そして、さらに言葉を紡ぐ。
私は、死なない
私は、いつもお前達のそばにいる
誰よりも、お前達が最初に出会い、最後に会う者
私が、生ける者すべてに贈る、たった一つの
贈り物を
お前達は、拒めない
知れ
私は、死神
冥府に住まい、魂を狩る者
私は、死神
お前達の命は
いつも私の、手のひらに

「‥‥‥‥長い口上は終わりましたか、リア。」
「ダリア!」
パッと、その者‥‥‥‥リアの目が輝く。
「服!男物の貴族の服がいいな。」
「‥‥‥今度は誰になるんですか?」
少女‥‥‥‥‥‥ダリアは、うんざりとするように問う。
「そうだなぁ。ヒルサはもう使えないし、ハバキマも‥‥‥」
「いっそのこと、また作ったらどうです?」
「珍しいね。いつもは無意味に増やすなというのに。」
「今回は無意味ではありません。」
「そう?なら、遠慮なく。」
そういうと、姿が変わる。
白い長い髪は、前髪は少し目にかかるほどの、後ろ髪は肩までの長さに縮む。
白い髪から、薄い緑に色が変わる。
身長は伸び、175pくらいだろうか。
顔つきは、好青年に。
「どう?ダリア。」
「悪くはありません。それでは、最後に名前を。」
「名前かぁ‥‥‥‥‥適当でいいよね?ベトロン・バキラス。」
「本当に、適当ですね。まぁ、いいんじゃ無いですか?では、英国政府の情報に、バキラス公爵として、情報を入れておきます。屋敷は調達済みです。」
「仕事が早いね。感心する。」
「では、まず、屋敷にご案内します。」
そうして、赤い舞台から、二つの影が降りた。


はい!どうもこんにちは!
初めましての方は初めまして!
旧コメディで陰陽師の女≠連載中の、素人作家。山桜です!
ダーク・ファンタジーでいいのかな?と思いつつ、陰陽師の女とは、がっつり系統が違うので、とりあえずのような感じでここに分類しました。
便利屋死神の依頼録。
いかがでしたでしょうか?
まだ、全然本編には入っていませんが、続きが気になる!と思ってくださったら幸いです。
これから、様々な出来事が起こります。
しかも、この作品。
陰陽師の女≠ニ違って、全然原本はできてませんので、色んなことを起こるのは決定なんですが、まだまだ先の展開が、作者でもわかりません。
なので、リア・ミラティアの素顔を、皆様と一緒に探していこうと思います!
今日はこの辺で閉めさせていただきます。
それでは!
「ご閲覧ありがとうございました!」
次回!part2 その公爵、断る。
明後日投稿予定だよ!

Page:1 2 3



便利屋死神の依頼録 ( No.10 )
日時: 2017/11/26 11:06
名前: 山桜
参照: http://灯籠と篝火

閲覧回数百回突破記念!
番外編 蒼月の狩り人
美しい。
汚い。
素晴らしい。
つまらない。
「嗚呼。」
手を血に紅く染めながら、銀髪の女性は呟く。
つまらない。
つまらない。
心中でそう述べながら、大鎌を振る。
血しぶきが飛び、彼女の頬を血が掠める。
こんなモノ、ただの作業に過ぎない。
嗚呼、つまらない。
「‥‥‥コレ≠フ名前を決めていなかったなぁ。」
まぁ、いいか。
肩に触れた一房の髪を払いながら、またも心中で呟く。
所詮、使い捨ての人格=B名前を与えるだけ無駄。
「‥‥‥‥‥フム。」
だが、口調は決めなければならない。
顔が知れたら、今度からはコレ≠死神≠ノしなければならない。
どうするべきかな‥‥‥。
考え、結論を出す。
「アー、アー、アー。」
声を出し、徐々に声帯を変える。
最初は高め。二番目は普通。最後は低め。
納得のいく声の高さまで、調整する。
「アー、アー。」
少し高めの低さ。少し低めの高さ。
「アー、アー。」
思い切り高く。思い切り低く。
「アー。アー。」
これだ。
少し高めに。しかし、よほど耳が良くないとわからないの絶妙さで。
誰もが心地いいと思えるような、低めの声。
あとは、口調。
これに関しては、一人称さえ決めてしまえば、それにつられて口調がつくれる。
「私、俺、僕、小生、妾、我が輩、‥‥‥。」
また、納得のいくものを探す。
「‥‥‥我。」
これだ。
名は、いらない。
死神≠ェつけば、自然とリア・ミラティア≠フ名がつく。
「我は死神。リア・ミラティア=B」
先程の声で、先程の一人称で。
述べる。
「我を怖れよ。死神たる、我を。=v
口調も大丈夫。
これからの狩りは、コレ≠使おう。
まぁ、今回の狩りはおしまいだ。
「ご苦労様です。リア。」
不意に、声をかけられる。
「ダリアか。=v
「お名前は?」
「いらないだろう。いずれ、コレがリアになるのだ。=v
「私が分けづらいです。なんとか決めてください。」
「‥‥‥レデル・デスイーター=v
「どこぞで聞いたことありますね。その名前。」
「黙れ。我を誰と心得る。=v
「放任・遊び心・暴力主義の馬鹿。」
きっぱりと、ダリアが言う。
「それとは別に、これからはベトロンは使えませんね。」
「何故ぞ。=v
「最近の警察は優秀なことで、もう嗅ぎつけてきました。公爵にしたので、まだ平気でしょうけど。」
「仕方なしか。=v
そう言うと、姿を変える。
身長は185センチほどになる。
藍色の髪に、青い瞳。
「名前は?」
「またか。どうでもいい。=v
「さっさと決めなさい。」
「‥‥‥‥‥‥=v
顎に手を当てながら考え込む。
「アイン=アベル。」
声帯をガラッと変える。
若い、青年の声。
先程の低く、心地いい声とは違い、低いが、少し高い声。
どちらかと言うと、好青年よりは、女遊びが激しいというイメージがつく。
「なら、行きましょう。新しい屋敷は用意してあります。」
「そう?なら、行きながらあと四、五十人は狩ろうか。」
とてもにこやかに、悍ましい言葉を言う。
口調も、いつの間にか変わっていた。
「それでは、行きましょう。」
そうして、ダリアは歩き始めた。


はい!どうもこんにちは!
麺類が大好き!素人作家の、山桜です!
いかがでしたでしょうか?
この番外編の前に、蒼い月が輝く!的なことをレデルが叫んでましたね。
今回、蒼月には全く触れませんでしたけど。
何故なら、今回触れたら、本作にちょっと関係が出てきちゃうので、やめておきました。
まぁ、関係は出てもいいんですけども。
蒼月の説明はまだ早いので‥‥‥。
そして!
前回、百回突破したら上げるって言いましたけども!
皆さん!上げた直後に百回突破するってどう言うことですか!?
ありがとうございます!感謝しか出ません!
直後ってことは、少なくとも楽しみにしてくれてる人がいるってことですよね!
ありがとうございます!
ありがとうございます!
はい、しつこいですね。
まぁ、すごく嬉しかったので、ついやってしまいました。
何もともあれ、百回突破、ありがとうございます!
嬉しいですね。次の番外編は、五百回突破したらやろうかなぁ‥‥‥。
まぁ、たまにやりたくなったらやると思いますけれど。
ここで閉めさせていただきます!
それでは!
「ご閲覧ありがとうございました!」
次回!part9 ヘインゼルタの家系。
明後日投稿予定だよ!お楽しみに!

便利屋死神の依頼録 ( No.11 )
日時: 2017/11/28 21:19
名前: 山桜
参照: http://灯籠と篝火

part9 ヘインゼルタの家系
「ヘインゼルタ家は、金の申し子が生まれやすいんだ。」
「‥‥‥突然どうしましたか?」
「うーん。どうしたんだろうね。僕も分からないなぁ。」
「‥‥‥とうとうボケたか。」
「辛辣だなぁ。でも、それだけヘインゼルタ家はハラン≠ノ愛されてるんだね。」
「それはそうでしょうね。貴方のように、私個人を気に入ってる方がおかしいのですが。」
「そうかなぁ?普通だと思うけれど。」
「お前の普通は普通ではない。さっさと事実を受け止めなさい。」
「冷たいなぁ。」
頭をポリポリかき、笑いながら言う。
「そういえば、ラーレ嬢は来ないね。てっきりすぐに来ると思ったけど。」
「まぁ、放っておいてもいいのでは?来ないと言う選択肢は、彼女にありません。」
「それもそうだね。」
と、リンゴを持ちながら言うのだった。

ハーリア図書館
大きな書庫に入れられた、大きな本の背表紙をなぞりながら、Hの行を探す。
目と手を同時進行で動かしながら、ひたすらに探す。
「‥‥‥あった。」
Hの行の段から、ヘインゼルタ≠見つける。
少女の手には、バルトナラ≠ニ書かれた書物。
大きな二冊の本を、テーブルの上にドスン!と大きな音を立てて、置く。
「ヘインゼルタの家系‥‥‥。」
ヘインゼルタの家系の創始者を探す。
「ハーレクイン・ヘインゼルタ=B」
見つけた。
次に、バルトナラの家系の創始者を探す。
「イダラ・バルトナラ=B」
また、見つけた。
ハーレクインは女、イダラは男‥‥‥。
やはり、この二つの家系には繋がりがある。
風が吹き、ペラペラとページがめくれる。
止めた時、目に入ったその名前に、驚く。
その記録は、数百年前の記録。
こんな事はあるのだろうか。
そこに、書かれていた名は。
「バルトナラ・ヘインゼルタ=d‥‥?」
同じ頃の、バルトナラ家の記録を確認する。
そこに書かれていた名に、息を飲む。
そして、呟くように。
「ヘインゼルタ・バルトナラ=d‥‥?」
と、か細い声で、言うのだった。

「そういえば、バルトナラ家とヘインゼルタ家は、深い繋がりがありますよね。」
紅茶をすすりながら、ダリアは問う。
「そうだね。基本、バルトナラ家か、ヘインゼルタ家に嫁ぐことが多かったらしいね。」
ダリアの問いに答えながら、チョコレートケーキにパクつく。
「金の申し子が生まれやすいのを、利用しようとしたのでしょうか。」
「そうだよ。泥棒貴族≠ェ考えそうなことだ。泥棒以外で稼ぐ気は無いが、神の加護をつけておいて損はない。」
「‥‥‥シーナの依頼の仕方が気になりますね。」
「そうかい?僕は面白そうとしか思えなかったけどなぁ。」
「そうですか。世間的に℃р殺して。でしたので。世間的に死んで、何をするつもりなんでしょうか。」
空になったアインの皿を自分の皿の下に置きながら、ダリアは首をかしげる。
「復讐劇だろうね。」
「復讐?」
「そ、愛を求めたのに、愛をくれないラーレ嬢に対しての復讐劇。」
「‥‥‥よくわかりません。」
「まぁ、久しぶりに殺しに関係ない仕事が入ったからね。殺す準備はできたし、後はご所望の物の用意を‥‥‥。」
「発注してあります。」
チョコレートケーキを一切れ取り、口に入れる。
「仕事が早いね。ありがと。」
「ラーレはどうするのですか?」
「あっちが来ないことにはねぇ‥‥‥。」
「情報屋≠ノ聞いておきましょうか?」
「いいよ。あっちにも都合があるだろうし。」
その言葉に、ダリアが目を丸くする。
「どうしたの?」
「‥‥‥いえ、貴方に思いやりという考えがあったのか。と思いまして。」
「酷くない!?」
「酷くない。」
と、ダリアは辛辣に述べる。


はい!どうもこんにちは!
寝不足地獄に陥ってます!
素人作家の山桜です!
いかがでしたでしょうか?
バルトナラ・ヘインゼルタと、ヘインゼルタ・バルトナラの謎‥‥‥。
この二つの名前は、何を教えるのでしょうか。
まぁ、それは次回へのお楽しみ!
それはさておき、一つお話が‥‥‥。
投稿時刻がいつも遅くなってしまい、申し訳ございません。
しかし、こちらも残りわずかな小学校生活を謳歌中なので、ご理解お願いいたします。
こんな小説を楽しみにしてくださってる方々の中で、小・中学生の方いたら、心からお詫び申し上げます。
小・中学生の方は、早く寝てると思うので。
こちらも、できる限り夕方くらいに投稿できるように努力いたしますので、よろしくお願いいたします。
さて、長くなりましたが、ここで閉めさせていただきます。
それでは!
「ご閲覧ありがとうございました!」
次回!part10 二つの名前の秘めるコト
明後日投稿予定だよ!お楽しみに!

便利屋死神の依頼録 ( No.12 )
日時: 2017/11/30 21:21
名前: 山桜
参照: http://灯籠と篝火

part10 二つの名前が秘めるコト
「アイン、これはどう言うことでしょうか?」
スコーンを乗せた皿を、アインの前に置きながら、新聞に目を向ける。
「どう言うことだろうね。」
左手にアンティークのカップを持ち、紅茶をすする。
新聞には、大きく
ラーレ・バルトナラ嬢、異変死!?
と、書かれていた。
周りに高い建物などないところで、頭を血で染めて、倒れていたと言う。
医者によると、衝撃≠ェ主な死因らしい。
新聞によると、そこにはガマズミの花束が置かれていたらしい。
警察は、殺人と事故の両方で捜査を進めるとも書いてあった。
「アイン、この死因はおかしい。」
「だよね。高いところがないのなら、彼女はどうやって衝撃を受けた≠フかな?」
「高い建物があれば、屋根の上から落ちれば事足ります。しかし、現場はのどかな田舎の村。家も一階建てが多く、ラーレが倒れていた付近は、主に牧場です。」
「と言う事は?」
「犯人の目星は簡単につきます。」
スコーンを手に取り、ブルーベリージャムをつける。
それを、小さな口を大きく開けて、食べる。
口に入れたのを飲み込み、頬についたジャムを拭ってから、言葉を紡ぐ。
「犯人は、金持ち の可能性が高いですね。」
「どうして?」
「‥‥‥貴方なら分かるでしょう。金持ちならできることが、確実に存在する。」
紅茶をすすりながらも、ダリアは眼差しをアインに向け続ける。
「‥‥‥まぁ、ね。最近開発されたアレ≠ェあれば、できない事はない。」
空になったティーカップを置き、椅子の背もたれに寄りかかる。
「仕事が減っちゃったね。どうしようか。」
「嘘をつくのはやめなさい、アイン。」
ギクッ、と分かりやすくリアクションを取る。
「これが、貴方の仕事の結果でしょう?」
「‥‥‥何だ、バレてたか‥‥‥。」
「何年の付き合いだと思っているのですか?貴方の考えてる事なら、世界の経済状況を予測するより簡単です。」
ふふ、とアインは首を持ち上げる。
「バルトナラ≠ニヘインゼルタ との約束でもあるからね。」
「私は、その名前に引っかかりがありました。」
突然に、ダリアが声のトーンを変えて言う。
「250年前、バルトナラ・ヘインゼルタと、ヘインゼルタ・バルトナラと言う男女が、当時ヒアミ・ビフテル≠ニ言う名で存在していた貴方の元に来ましたね。」
「覚えてたんだ。あんなくだらない依頼。」
「貴方にとってくだらなくても、きっと世界は美しいと思うと思いますよ。」
「え〜〜?あーんなくっだらないのも、逆に珍しいよ?」
「私も、くだらないとは思いましたけどね‥‥‥。」
若葉が茂る木々が見える窓に、目を向ける。
「今思うと、美しいとも思えるような依頼でしたのでーーーーーーー。」

250年前
「ヘインゼルタ、いいね?」
「ええ、バルトナラ。心の準備はして来ました。」
二人の男女が、ある寂れた服屋の前に立っていた。
決心したように、男がドアを開ける。
ギイイッと鈍い音を出しながら、暗い店内に入る。
「す、すみません!」
おどおどと、男は店内に声を響かせる。
数分経つと、甲高い声が聞こえた。
「ハイハーイ。いらっしゃませ!ヒアミ・ビフテルの服屋にようこそ!」
長い金髪に、白い眼が特徴的な、身長の高い女が男物の服を着て現れた。
「え、えっと‥‥‥。」
「はいはい、何をお探しで?」
戸惑いながら、男は口を開いた。
「死神≠ェ、いると聞いたのですが‥‥‥。」
その言葉に、一瞬、にこやかな笑顔が消えた。
「僕だよ〜。何の用かな〜?」
「い、依頼をしに来ました。」
「どうぞ〜。」
そう言われ、口を開く。
そこから出た言葉は、
あまりにも、哀しい依頼だった。


はい!どうもこんにちは!
修学旅行が間近に迫って来たぜ!
素人作家の、山桜です!
いかがでしたでしょうか?
タイトル詐欺っぽくなりましたが、違いますからね!?
今回のタイトルは、次回への伏線なので。
違いますからね!?
バルトナラとヘインゼルタ。
この二人の依頼はなんなのか!?
気になる方は、ぜひ次回もご閲覧ください!(宣伝)
これを気に入ってくれた方も、ぜひもう一つの作品、陰陽師の女をご閲覧ください!(これまた宣伝)
今回、短くね?って思った方います?
えーっとですね。私もそれ、思った。
でもでも!皆さんを焦らしてまた次回も見てもらおう!と言う私の策略のためにはしょうがなくてですね‥‥‥。
あと、part10突破!おめでとう!自分!
正直こう言うのはモチベの関係だから、ここまで続くとは思ってなかった!
どんどん閲覧数が増えていったのも、モチベの向上につながったと思います。
本当に、閲覧者様!
ありがとうございます!(土下座)
では、ここで閉めさせていただきます!
それでは!
「ご閲覧ありがとうございました!」
次回!part11 哀しい依頼
明後日投稿予定だよ!お楽しみに!


Re: 便利屋死神の依頼録 ( No.13 )
日時: 2017/12/02 19:33
名前: 山桜
参照: http://灯籠と篝火

part11 哀しい依頼。
「僕たち二人の一族を、250年後に、滅亡させてほしい。」
バルトナラが、険しい顔で言う。
「どうして?」
ヒアミは、首を傾げながら問うた。
「僕たちの一族は、泥棒貴族≠ニ金の申し子≠フ政略結婚にのみ存在する。」
「故に、私たちの一族は、時を重ねるごとに勢力を拡大していきました。」
バルトナラとヘインゼルタが交互に言う。
「その勢力は、今やこの国の政府にも匹敵する。」
「だから、私たちの一族が高望みし、政府に喧嘩を売らないように。」
「250年後、この一族を滅亡させてほしい。」
「なんで、250年後なの?」
ヒアミが、また首を傾げながら問う。
「それは、次の金の申し子≠ェ産まれるのが、250年後なのです。」
「金の申し子≠ェ産まれたら、勢力が拡大するのは確実。」
「しかし、金の申し子≠ノ罪はありません。」
「なので、泥棒貴族≠ナある、バルトナラ≠フ一族を、根絶やしにしていただきたいのです。」
「‥‥‥分かった。後悔はしない?」
「しません!」
二人は、ほぼ同時に言った。
「ですが、もし世界の状況が変わっていたら。」
「もし、それまでにバルトナラの一族が滅亡したら。」
「私達を、代わりに殺してください。」
その言葉に、ヒアミは納得したように言葉を紡いだ。
「なぁるほどね。君たち、珍しい人たちだ。」
ヘインゼルタは恥ずかしそうに笑って、答えた。
「わかりましたか。多分、思った通りですよ。」
「では、お願いします。お代は‥‥‥。」
「いいよ、いらない。面白そうだしね。それに、欲しくなったら盗むから。」
「お頼もしいですね。では、よろしくお願いいたします。」
その言葉を最後に、二人は店を出た。

「ヒアミ、あの方たちは、何が珍しいのですか?」
「ダリア、わからなかった?」
「わかりませんでした。ただの、変わった一族の一人。としか思いませんでした。」
ため息をつき、テーブルに腰をかける。
「あの人たちが生まれ変わったら、250年後の泥棒貴族≠ニ金の申し子≠ノなるんだ。つまり‥‥‥。」
ヒアミが言葉を告げる前に、ダリアが言った。
「魂約束≠フ方々ですか。確かに、珍しい。」
「でしょ?250年後が楽しみだね〜。」
「それより、ヒアミ。服屋としての仕事がたまってます。ハラール様の服がまだ出来上がっていないでしょう?」
「まぁ、それより、これを見てよ。」
と言うと、一枚の紙をペロンと出す。
「なんですか?これは。」
「読んでご覧。それが、本来の依頼だよ。さすがに、自分の口から伝えるのは辛かったようだ。」
ダリアは、促されたままに、目を通す。
平静を保ったまま、ダリアは読み上げた。
「我らが尊敬すべき一族を裏切る我らに、死を。=v
「ね?面白いでしょ?多分、あの男は、男故に、金の申し子≠ナはないんだよ。そんな奴に、大事な娘をやれないとバルトナラ家は考えたんだろうね。」
「で?これのどこが面白いんですか?」
「分かんない?あの二人は、きっと駆け落ちする。だから、失敗したら、死ぬより辛い目にあうのが目に見えている。だが、あの男女は、お互いが相手を思いやって、相手がそんな目にあうのが嫌なんだ。だから、そんなことになる前に死ぬと言ってるんだよ。」
「‥‥‥くだらない。」
「僕は美しいと思うけれどね。さぁ、仕事をしようか。」
そう言い、作業場に向き直った。

はい!どうもこんにちは!
駄文作成の神!素人作家の、山桜です!
いかがでしたでしょうか?
私としては、タイトル詐欺が防げたので安心です。
あと、なんかイベントが出来てるみたいですね。
投票らしいですが、私にわざわざやらなくていいですからね。
最初にも言いましだが、駄文作成の神ですから。
しかも、今は時間ない中やってるので、いつもよりさらに駄文。
あと、お知らせです。
次回の投稿なのですが、修学旅行のため、お休みさせていただきます。
誠に勝手ですが、許してください。
では、ここで閉めましょう!
それでは!
「ご閲覧ありがとうございました!」
次回!part12 犯行方法
水曜日に投稿予定だよ!お楽しみに!

Re: 便利屋死神の依頼録 ( No.14 )
日時: 2017/12/03 21:16
名前: 山桜

失踪します

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。