ダーク・ファンタジー小説

好きな色。
日時: 2017/12/23 16:15
名前: 悪魔

....好きな色はなにか?
と問われたときに

私は真っ先に[白]と答える

白は何色にも染まらないし
何色にも染まっていく

まるで自分みたいな色だった

集団の中で生きて

群れの色に染まっていく
ことしか考えていない

そんな色。

でもいつかその白も
汚れていく

一生綺麗なままの白なんて
ありえないのだから

そう..あの日のように






Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。