ダーク・ファンタジー小説

confuser WARS
日時: 2018/04/10 11:52
名前: 第六天魔王六世 ◆D5Fm7GU/Nk
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=817.jpg

死体の山が阿鼻叫喚の地獄絵図を表すように激しく静かに横たわる。

敵が味方が死んでいく。

……赤い鎧が味方だ。

「……ぐぐ……この我が…追い詰められたのか…!」

眼前で狼狽しているのは徳川家康。討つべき敵だ。
既に家康は自害しようとするほど追い詰められていた。

その家康を睨みつつ、敵兵の腹を刺す。殺しの音。
戦場では常に耳にしなければならない音。
誰かの何十年の人生が一瞬で無に帰す虚無への回帰を表す音。

どれだけ重ねても、崩れるのは一瞬。
いやむしろ、積み上げれば積み上げるほどに、その崩壊は酷くなる。

敵兵が、溢れる腸を気にも留めず、最後の力を振り絞って呪咀をかけてくる。
「…貴様は………豊臣方……豊臣方は……皆殺……………」

なので、首を斬って呪咀を遮り、返す。

「そうだよ……俺ぁ……豊臣方さ……。だが……その前に……………人間だ……」

……本当はもう悟っている。じきに死ぬということを。
どうせ死ぬのならば、首はくれてやる。死んでまで守る大義はない。死ねば無だ。
これまでの全てが崩れる、と言ったが…ならば地獄で積み直せばいい。
どの世界でも変わらず功績を積み上げるために生きる。その努力が一瞬で崩される。
崩れるからこそ、映えるのだ。盛者必衰。刹那の輝きこそ美しい。
この幸村めの生き様も、刹那の輝きだからこそ誇らしい。
だから、首を差し出す気で突撃した。


それに、敵とて同じことだ。ならば────









真田幸村の猛進は、正直腹を下すほど恐ろしい。
「もう……死ぬしかないのかなぁ………我」
幸村に殺されるのも、自害するのも同じことだろう。

それでも、家臣は必死に止めてくれる。
美味い天ぷらを食べられなくなる、と。そして、自害は人生の否定だ、と。

果たしてそうだろうか。自害とは生きているからこそ出来ること。
辺獄をさまよう死者に自害は不可能だ。

ならばいっそ自害してしまった方が、楽だろう。負け戦を闘い抜くのは美徳ではない。
ただの我が儘だ。大義のために死ぬのは、大義を守り抜けないのと同義。
大義のために、無責任に…むざむざと殺されるのはごめんである。

敵に手柄すら与えてしまう。ならば────




───────────────────────






「よう、家康」

迫る兵を殺しながら幸村が言う。その顔は憂いを帯びているようにも見える。

「…………」

家康は何も答えない。自害の算段は付いている。
目の前で自害すれば、コイツに恥をかかせてやれる。敵将を殺せなかった恥を。

「何黙ってんだ、家康。来いよ」

その挑発には乗らない。殺されるのだけはごめんだ。
自害した男の無価値な首を掴ませてやるのだ。

だが、そこで幸村は何故か刀を降ろした。まさか心のうちを見透かされているのか。

と、

兵達が一斉に、幸村に群がる。刀を降ろせば武士も平民も同じひ弱な人間だ。

幸村はそして吠えた。天にも届く大声で。

「手柄を……くれてやらあああああああっ!!!」






──1939年 大日本帝国本営


「我等は必ず勝つ。大日本帝国は不滅なのだ!」
声を張り上げたのは、大本営の中で最も暑苦しそうな男であった。名を吉良野半蔵という。

「勝てるわけがない。アメリカの国力は日本の比ではないんだぞ」
冷めた声でそれに返したのが、大本営で最も注目されている、五条斗賀。
大本営はこの男の言うことを何の根拠もなく信じるのだ!
軍部は最早全てを諦めていた。
勝てないと。

勝てない。

アメリカは強い。


アメリカは……
「いででででで!何だよここは!!?」
…?

そこには、先程までいなかった筈の、…鎧を着た男が転がっていた。

「…!?うわっ!お前ら何者!?」
「こっちが聞きたいね。君…鎧なんか着て何をしてる?どこの誰だ?」

「………俺の名を知らんとは……」
すると男は腰の刀に手を当てた。嫌な予感へまっしぐらである。

「無礼者が!斬り伏せてやらぁぁぁ!!」
嫌な予感は的中するものだ、良い予感よりもずっと高確率で。

だが、



ガキュッ



ヒュンヒュンヒュン



サクッ



「んなっ」

「アンタ…いきなり危ないわ。何なの」

先程男が振り下ろした刀は、そこに現れたこれまた謎の女に弾かれていた。

「何じゃいオマエは!失せろ尼めが!」
「うっさい!豚がぶしょったい糞垂れ流す時みたいな声で喚くんじゃないだに!」

と、斬り合いが始まった。


「何じゃと!?オマエこそ下町の男みてえな下品な喋り方しやがってよォ!おあいこじゃねえか!あー!?」


「アンタほど汚くないだら!このヘド爺!はよ老いて往ね!」

「おい君達!ここで戦うな!見るからにどちらも我が国の民だろう!」
議会長が止める。

「お前誰け?誰け?あ?関係ないだら、黙っとけチビ助!その目の周りの輪っかみたいなん取ったろけ!?」
女が捲し立てる。
「うるせー爺ィコラ!てめーも勝負の最中に背中向けんなァ!」
ついでに男にも捲し立てられる。

「もう訳が解らん。どうなってる。奴等、見てみたら現代の服装ではないぞ」
「本当だ」
「………」
議会長が考えて、もう一度…しかし先程より低く重い声で言う。
「……君達、何者だ?」

Page:1 2



Re: confuser WARS ( No.6 )
日時: 2018/10/12 22:55
名前: 第六天魔王
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1036.jpg

───ドイツ総統官邸。



「総統閣下、入ってよろしいでしょうか」

扉の向こうからノックと共に男の声。総統閣下と呼ばれるその男は嬉しそうに返事する。

「入れ、我が国の宝よ」

入ってきたのは、総統閣下とよく似た髭を生やした男だ。しかし頭は禿げている。

「ヒムラー、例のは上手くいったのかね?」

「無論ですとも。貴方様にはピッタリな者を呼び出しました」

「ほう。やはりお前なくしてここまでは来れなかったな。改めて評価しよう。お前はドイツの英雄だ」

「ハハハ、英雄はヒトラー様でございます。この国を、その者と共に団結させれば、貴方様はドイツの英雄でございます。
…ところでお前はいつまで部屋の外にいる!?速く入って来い、総統閣下がお待ちなのだぞ」

ヒムラーの呼び掛けで、部屋の外にいた男が部屋に入ってくる。

「───ほぅ」

ヒトラーはちょび髭を撫でながら感嘆の声をあげた。

その男は如何にも聖職者、という出で立ちだった。

だが目つきは悪く、性格も悪そうだった。

「───で、この者の名は?」

「はい。ルター…マルティン・ルターでございます。その名は中世ドイツ、キリスト教の腐敗に怒りを覚え、改革を目指した男───」

「───では、そこまで熱心なキリスト教徒であったならば…ルターとやらよ、ユダヤ人のことはどう思うかね?」

ヒトラーは悪そうな笑みを浮かべてルターに問うた。

ルターは答えた。

「最低最悪の民族だとも。神を熱心に信じぬならば、そんな民族はボロ雑巾にも値しない。皆殺しが良いところだ」

ルターの答えは───一国の指導者が聴けば、普通ならば怯えるようなものだろう。

だが、ヒトラーにとってそれは最適解であった。

ヒトラーは、常々考えていた。ドイツには団結力がない、と。

ドイツを団結させるには、団結力を無くしている母体を潰す他にない。

ではそれは何か?

彼が出した答えこそ、「ユダヤ人」だ。

そして彼は、今ルターというキリスト教徒 キリスト教徒という反ユダヤ人主義者を見つけた。

「ルターとやら。君は素晴らしいな。流石は神の御旗の前に集いし偉人だ。さて、では私と共にユダヤ人を潰さぬか?実は現在のドイツにはユダヤ人が蔓延しているのだ。
君たちの時代がどうだったかは私もよく知らんが、今はとにかくユダヤ人さえいなければ…という状況なのだよ」

これもまた狂った誘いだ。

つき従う者などいない…普通ならば。

だが、狂信者にとって狂人の言葉は正義だった。

「…ヒトラーと言ったか。つまりお前は、私にユダヤ人討伐を命じるということか」

「駄目かね?」

「そんな答えを返すと思うか?無論、同行させてもらうぞ、同志」

こうして、有り得ない程順調に、ナチスと狂信者の契約が成立した。

いざ屍の山を。

いざ血の海を。

血から生まれ、山に還れ。

ドイツに勝利を。

Re: confuser WARS ( No.7 )
日時: 2018/10/15 22:54
名前: 第六天魔王
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1038.jpg

真夜中

信玄は、ふと目を覚ました。

直虎がいない。

「?」

寝惚けたままキョロキョロしていると、幸村み目を覚ました。

「…どうした、信玄」

「直虎がおらんのだ」

「厠と違うんか?」

「厠…あー、便所のことなぁ」

幸村が「厠」と言ったのを、信玄が「便所」と言い直す。

幸村はカチンときて言う。

「厠でよかろうが!何で態々言い直す!?つかオメェちゃっかりこの時代の言語に馴染んでんじゃねえよ!」

「便所を便所っつって何が悪いか!元の時代戻ったら拡散してやるわ!べ・ん・じ・ょ!べ・ん・じ・ょ!か・わ・や・は・べ・ん・じ・ょ!」

「アホ!元の言葉遣いに戻せ!一々分かりにくいわ!」

と、そこへ戻ってきた直虎が蹴りを入れる。

「やっかましぃーーーーいいいッ!!」

右足と左足がそれぞれ信玄と幸村にヒットする。

「……うぉいてて…直虎ちゃんどこに行っておったんじゃ?」

「おう、下品女のことだ。男漁r───」

「言葉遣いというモノを勉強しておりました」

「!?」

幸村の顔から血の気が無くなる。ゾンビのように。

「えええ、直虎ちゃんまさかのイメチェンですか」

「えぇ。大体こういうポジションのキャラは序盤のイメージが最後まで持たないからどこかで敢えて崩壊させておくモノなんです」

「知らねーよ、なぁそれオマエの事情だよな?そんなこと知らねーよ」

「粗暴男は黙っててください。話の邪魔です」

「だーれが粗暴男だとこの野郎!?」

「落ち着け幸村、言っとくけどマジで粗暴だからなオマエ!?」

「あの女にだけは言われたくねぇって話だよ!アアアッ!!」

すると、人一倍声のデカい軍人が部屋に入って来た。そして一言…否、一喝。

「早 く 寝 ろ ! !」



三人は顔を見合わせ、舌打ちをして眠りに就いた。

Re: confuser WARS ( No.8 )
日時: 2018/10/16 22:08
名前: 第六天魔王
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1044.jpg

───エルサレム



白いマントに身を包んだ「ソレ」は、待っていた。

世界が火の海になるのを。

兵士が撃ち殺され、女子供が焼き払われ、家々が壊され、逃げ場を失った民が泣き喚き絶望の果てに命乞いするのを。

影の軍団を率いて待っていた。

その数はざっと600万。

「───王よ、戦は間もなく始まることでしょう」

『…さすれば、我らの傷は癒されよう。望んだ復讐は叶おう』

「はい。まことに喜ばしきことでごさいます」

『我らは歴史から消し去られた。

人類から忘れ去られた。

ならば、歴史によって人類を滅ぼすのは必然。

歴史は傲慢の連鎖だ。

我らはその傲慢を打ち砕き、悉くその汚点を滅ぼすのみ』

「然り。我らは貴殿、貴殿は我ら…」

Re: confuser WARS ( No.9 )
日時: 2019/02/08 11:02
名前: 第六天魔王六世

定められた破滅と創造。

絶望が歌う時、それは必ず訪れる。

終末と創世

相容れぬモノたちが互いを喰い合いながらやって来る。

誰もが覚悟する中で───

その覚悟をも殺す、単純なる本能が。

───

日本は正義か否か───



米国は正義か否か───



英国は正義か否か───



刀剣が



銃弾が



あらゆる殺人の為の武器が血を吸い上げる時

それは定められていた本能の覚醒。

逃れられる者はいない。

毒々しい衣装に身を包んだこの少女もまた

「huhu…」

絶望に背を向け

「huhuhu…」

いまだ君臨者を気取り

「最高の舞台…最高の…ね…」

正しき歴史・生と死を抉るべく…

開幕を謳う。

カットなしの、血腥い、醜悪な闘争。

機械仕掛けの神は沈黙し、辛辣なる民衆たちは業と向き合う。

「死に場所の華をむしりましょう。

そして汚く仕上げなさい。

魂も肉体もない。

あなたにあるのはヒトの血のみ」

鮮血を血反吐に

高潔を下劣に

全てはそうあるべし。



「───は、じ、め」



少女の歓喜が、喜劇のような悲劇の幕開けとなった───

Re: confuser WARS ( No.10 )
日時: 2019/02/11 22:33
名前: 第六天魔王六世

1939年 8月15日午前2時49分

狂った大戦は、狂った大戦に相応しく、狂った様相を見せる。

起こり得ぬ戦争が、正しき戦争の皮を被ってやって来る。

───

「おい見ろよカール。故障だぜ畜生」

「はぁ、また故障ですか」

「せっかく派手に殺り合うってのに、お船が沈みましたー…で死ぬなんて間抜けすぎるぜ!くそが!」

全身汗だくの兵士が工具を投げる。

だが、その工具は見事にキャッチされた。

「遊んでいるのは誰だ?神聖なる船の上で遊んでいるのは?」

かつて黒船と共に日本に訪れた男・ペリー。

「私は日本を開国するためだけに日本に出向く…その船路でこの辺鄙な世界に飛ばされた。

不愉快なのだよ。邪魔をされるというのは。

だから腹いせに、この世界の日本を潰す許可を得た。

この船はそのためのものなのだ。貴様らの不手際でこの船に問題が生じたならば…!」

ペリーは長々喋り、二人の兵士を睨んだ。

「…その時は貴様らを海に沈めてやる。覚悟しておけ!」

二人の兵士は、言うだけ言って踵を返したペリーの背に向けて中指を立てた。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。