ダーク・ファンタジー小説

日本人工的敵系生物。
日時: 2018/02/10 16:26
名前: れーにーの

プロローグ:beginning and ending

「佳苗―、もうかくれんぼ終わったんだって。早くでてこいよ。」

-出たくない。

「は?いや、出たくないとかじゃなくて、次の遊びするから。」
  
-でも、翔。出れないの。

「なんでだよ。」

 
だって、

           「もう遅い」
                     から。



続く

Page:1



れーにーのより。 ( No.1 )
日時: 2018/02/10 16:29
名前: れーにーの

初心者ですが、今回から頑張っていきます。
よろしくお願いします。
*:.。. (・ω・`人).☆ ぉ・ね・ヵ〃・レゝ。.:*☆ d(´・ω-*) オネガイシマース☆★☆

日本人工的敵系生物。2 ( No.2 )
日時: 2018/02/13 19:39
名前: れーにーの

第1話:by near 2030

 眠い。俺こと、「有原宗弥」は、今非常に眠い。何故かって?話せば長くなるさ。あの日、事故にあって手術をしてから、夜はうまく眠れない時があるのだ。ほら、35文字もある。

 そう。あの日、俺は事故にあった。どんな事故かは覚えていないし、その時何をしていたのかも、全く覚えていない。「記憶喪失」だ。ただ分かるのは、一人親友がいて、そいつは情報によると行方不明だってこと。勿論名前とかはわからない。
 手術後、目覚めた俺は、自分が誰なのか全く見当がつかなかった。家族とも連絡が取れなかったらしく、病院側にも名前はわからなかったそうだ。一昨年成立したらしい。「特別患者保険法」により、手術や入院に関する費用は全額免除してもらったが、名前は結局分からず仕舞いだ。
 その後、同じ病室にいた金野健介という人物に話すと、見事な名前を付けてくれた。ちなみにそいつは、無事に退院し、今では俺の親友だ。あのイケメンが俺なんかと釣り合うのかは若干微妙だが。
 とまあ、自己紹介はこのくらいにして。俺は今、「昔の親友」を探しながら、健介と日本中をぶらぶら旅している。病院からの支給金があるから、あと十年は困らないはずだ。
 
 あいつと近づけているのなら、それでいい。それ以上は何も望まない。もっと近く、ずっと近くへ。
 
 あいつに会わないと、「何かが起こる」気がするんだ。
 
続く
 

活動休止のお知らせ ( No.3 )
日時: 2018/02/18 11:48
名前: れーにーの

今学校がテスト期間のため、2週間ほどおやすみします。
すみません。

https://creofuga.net/audios/138165

これでも聴いていてくださいwww。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。