ダーク・ファンタジー小説

革命の女将軍    
日時: 2018/02/12 11:00
名前: 柚乃華


─────彼女は、最後の女将軍の筈だった。

その忌まわしき血を運ばないために、男を失ったのに。

それも今日までだった。

前女将軍────リリアの後継者は確かに帝国を守りきるために生を得た。                      

Page:1



Re: 革命の女将軍     ( No.1 )
日時: 2018/02/12 11:12
名前: 柚乃華



「ハルル様、皇帝からお誘いです」


金に縁取られた部屋の中。 
私────ドルム帝国の女将軍、ハルル・レイア・ブルームは相手をみた。

皇帝の狗、シャラだ。
またか、と溜め息をついた。
誘いは今日だけで五回。


「五回目の答え、教えてやる」

剣に手をかけると、シャラが目に見えて青ざめた。
嗜虐心を煽られながら、手を離す。

「私は、行かぬ。兄上との子など、産まぬ」

シャラは、従順に部屋を立ち去った。

「っは、面倒くさいな」

愚痴をこぼし、ソファに体を沈める。
女将軍をなめるなと、何時だって言っているのに。                                                         

Re: 革命の女将軍     ( No.2 )
日時: 2018/02/12 13:34
名前: 柚乃華

政務以外に疲れることがある。

それは、皇帝の世話かもしれない。
我が儘な兄上だ…。

敵国に情けを掛けぬ恐ろしき氷の皇帝。
必ず何かしらの情報を持ち出さぬよう、拷問と死を与える。
それは、もちのろん無料で‥。

「ハルル。俺だ、ヤウズだ」


ふぅっ。
良かった、私の恋人か。

戸を開け、紫の髪を縛ってまとめた、黄色の目の軍人。
そっと唇を重ね、部屋に招き入れる。

「久しぶり。元気だな、怪我は治ったのか?」


私の問いに、ヤウズは乱暴に唇を奪うことで答えた。

彼は、つい先日の戦いで、脚を怪我したのだ。
私は、少し彼に抗い、マント否、ローブをまとう。

「疲れないのか?」

問われ、私は微笑む。
疲れなど。

「いや。疲れてたら、女将軍じゃないだろう?」

「…ハルルらしいな‥。そこが好きで惚れてるけどな」


私は、男のように育てられた。
女将軍の教育として。                 
                                          
                        

Re: 革命の女将軍     ( No.3 )
日時: 2018/02/12 21:28
名前: 柚乃華

熱情を交わし、私はヤウズと向き合った。


無駄な筋力のない体。
訓練でついたのであろう、怪我。
そっと傷に指先を当てる。

微かに、ヤウズが震えた。

「治りきってない。訓練、しばらく休みな」


言えば、ヤウズが首を振った。

「無理だろ。俺は、ハルルを守る護衛だぞ?」


そっか。
無理もない。

「皇帝殿の願いは聞き入れないのか?」


私は、嘆息した。

「無理。私には、ヤウズがいるから」


囁けば、彼は赤くなった。
ベッドに潜り込み、明日の予定を考える。

──────一日中、政務か。

疲れを予想し、また、嘆息したのだった。                                                           

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。