ダーク・ファンタジー小説

僕の野球部生活は、味方と闘う日々でした。
日時: 2018/08/06 13:28
名前: 奈狐

僕は野球部の部員。某都立の中高一貫校の1年生。どうしても野球部専用グラウンドで野球がしたくて、この学校に入学しました!!





雑用が好きですか?仕事を押し付けられても微笑みながら受け入れられますか?辛くって、苦しくって、本当は誰かに話たくっても………笑って誤魔化せますか?





いつ、どこで自分が道を間違えたのかがわからない。それでも時は進んできます………。










これは、作者である私の体験を元にした、ある女の子の闘いのものがたり。

Page:1



Re: 僕の野球部生活は、味方と闘う日々でした。 ( No.1 )
日時: 2018/08/09 10:03
名前: 奈狐

「カキーーーン」

心地よい金属音が、今日も学校付属の野球場に響く。長らく続いていたバットの音がふと止んで、声変わり途中のがらがら声が聞こえた。

「ボールバック〜〜〜!!」

変な具合に裏返っているその声は、僕らのチームのキャプテンのものだ。

「橘、そこのボールも拾ってー。」

「あ、はい!」

三年生の指示に従って、ボール拾いをする僕達一年生……九人。僕は、そのうちの一人……学年唯一の女子部員、橘 凜音(りんね)だ。まだ5月なのに暑い日が続く今日(こんにち)、僕ら一年は元気に雑用をこなしています!!









入部してから一ヶ月。ようやく先輩の顔と名前が一致した。二年生が八人……次期キャプテンの石井先輩、左利きの次期エース東海林先輩、フレンドリーでよく話しかけてくれる大澤先輩、とにかく元気な佐藤先輩と紺野先輩、パワーヒッターの田中先輩と長野先輩、何考えてるかよくわからない静かな結城先輩。三年生が五人……キャプテンの吉野先輩、エースの東川先輩、背の高い岩瀬先輩、ちょっと怖い井上先輩、そして……もう一人の女子部員、守屋 朱里(あかり)先輩。






沢山の個性的な先輩方や同級生部員と過ごす部活の時間は、僕にとってとても幸せなものだ。朱里先輩は、僕にとっても優しくしてくれる。一見気難しそうな結城先輩も、色々知っているし色んな事を教えてくれる。……良い先輩たちなのだ。







僕は、野球がやりたくて、この学校に入学した。これからの部活動生活が、楽しみでならないのだ!!







ある日の大会後。

「はい、俺らは第一試合だったから、後ろにはあと二試合あります。と、いうことで、君らにはスコアブックの付け方を覚えてもらおうと思う。」

結城先輩が僕らの前に立って紙を配り始めた。おお、スコアブックってもしかしてこの紙切れにつけるのか?もっと冊子的なもんだと思ってたんだけど。

「俺らは冊子のヤツは使ってないよ。高いから。金がないんだよ、弱小校だからね。」

結城先輩が僕の心をよんだように言う。ばれたかっ!?

「これ、覚えなきゃダメなの?」

唐突に、亀田が結城先輩に聞いた。おい、入部一ヶ月で先輩にタメ口とは、結城先輩は随分舐められたもんだな。

「うん、覚えて。」

そんなことは気にも留めない様子で、結城先輩が続ける。

「ちなみに、俺らの代は俺しかマトモに覚えなかったので、俺がずっとスコアラーやってまーす。だけど、君らは全員ちゃんと覚えて一人にだけ負担かけさせないようにすることー。いいね?」

……どうりでいっつも結城先輩が書いてると思ったよ。と、結城先輩が

「スコアブックの付け方わかるやついる?」

と聞いてきた。僕は咄嗟に

「あ、はい。私わかります。」

と答えた。………そう。僕は普段は一人称は『私』だ。変なやつと思われたくないからな。

「そう。じゃ、橘は他のやつにも教えてやって。さすがに俺一人で八人は無理だから。助かる。」

「あ、はい。」

相変わらず結城先輩の物言いはさっぱりしていて少し冷たいけど、色々知っている良い先輩だ。




さぁ、第二試合のスコアをつけようか。

Re: 僕の野球部生活は、味方と闘う日々でした。 ( No.2 )
日時: 2018/09/04 16:41
名前: 奈狐

5月……暑くなってくる直前のこの季節の風は、清々しくて気持ちが良い。

「カキーーーーンッ!!」

今日も金属音は心地よくグラウンドに響き渡り、私たち野球部は元気に練習している。

「セカンセカン!」「ひとつで殺(と)れ!」「橘!伸びて捕れ!!」

シートノックでは、絶え間のない掛け声が飛んでいる。僕の守備はファースト。やろうと思えばライトも出来るのだが、外野は人数がありあまっているため僕は内野に回された。

「ふっ!!」

少しライト側に逸れた送球を、思い切り脚を伸ばして捕る。

「ナイキャ橘!おっまえ体やわらけーなぁ!」

東海林先輩が少し微笑んで褒めてくれる。

「えへへ、ありがとうございます♪」

「俺なんて体かたいからそんな脚広がんねーよ。股裂けるってーの。よく怖くねーな。」

「あはは、私、小学四年になるまで新体操やってたので。まぁ、大分前の話ですけど。」

東海林先輩は見た目、怖い。背も高いし、声もでかい。何より少しでも話せばわかるのが、『超オレサマ』なこと。今第二試合のピッチャーをしている佐藤先輩によると、東海林先輩は肩を怪我していてまだマウンドには戻れないんだという。それでほぼ内野初心者の僕は東海林先輩に色々教えてもらっているのだ。

「橘、ショートバウンドはこうやってグラブに吸い込むようにして捕るんだよ。最初は難しいかも知れねーけど、そのうち出来るようになると思うから練習しろよ。」

「は、はいっ!!」

怖い人だと思っていたけれど、東海林先輩は案外親切だ。こういうふうに、苦手な所をしっかり見てくれていて、アドバイスもくれる。

「ま、その背の高さでファーストやるのもきっちーよな。」

「…………。」(困り顔)

「?」

そうだ。確かに僕は背が低い。おまけに女子で、更には左利きという縛りがある。でも、でもですね?

「………背が伸びないのは遺伝なんです………どうしようもないんですよ……。」

わざわざ痛いところを突いてくる辺り、やっぱり東海林先輩は東海林先輩だ。酷い。でもまぁ悪気は無いんだろうし………いい人ではあるんだろう。……多分。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。