ダーク・ファンタジー小説

closslum
日時: 2018/10/08 01:19
名前: 第六天魔王
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1030.jpg

国立 日ノ本幼稚園。


そこに通う園児たちは


───気が狂っていた。


ハッキリ言おうが言うまいが、気が狂っていた。


内乱、殺戮、暗殺、テロまで起きる始末。


2003年に初代園長が就任。そこから怒涛の暗殺ラッシュ。


園児たちは躊躇うこともなく園長や先生を殺していった。


おかげで園長は既に五代目だ。


先生も防弾服を着ている。

───────────

こうなったのには、ワケがある。

まあ、ワケもなくこんなことになる筈がないのだが。

この国は乱れに乱れていた。

外交失敗、消費税20%、企業トップやスポーツ監督の不祥事、政治家の汚職等々。

物価は高騰し、年金は途絶え、収入は激減し、国民は貧困を極めた。

マスコミは不安を煽り、政府は「遺憾」の一点張り。

ついには赤旗が政府高官を殺す事態にまで発展した。

そして、

そうした不安感は世代を越えていくものだ。

老人から大人へ

大人から子へ

子から「園児」へ───

ついに伝播した。

園児らは政治への不信感から荒んでしまった。

最早軍隊すら敵わないレベルの軍事力を持ち、悪質な者は議事堂を狙ったテロを企んでいる。

非常に危険だ。

それが、日ノ本幼稚園なのだ。

だが───

───────────

「ほう、ここが日ノ本幼稚園」

一人の園児の登場により、混沌は更に深まることとなるのであった。

Page:1 2



Re: closslum ( No.2 )
日時: 2018/10/09 01:35
名前: 第六天魔王
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1033.jpg

五代目園長 朝烏 セシル───

彼女は園長でありながら、シスターであった。

「さぁ、免罪符販売の時間です。列にお並びなさい」

その声が聞こえるや否や、園児たちはセシルのもとへ駆け寄る。

一心不乱。

「君たちは大義のために悪をなしています…。
しかし、それでは君たちの眼前は真っ暗になってしまう。
この免罪符を買って、罪を帳消しにしなさい。
君たちの願望の成就のために」

いつものことだ。

五代目はこうして生き残っている。

実際には何の効力もないただの紙切れを、園児らに配っているだけ。

有料で。つまり搾取だ。

勿論彼らには金なんてない。

だからきっと、略奪しているのだろう。

だが、セシルにはどうでもいいことだった。

ただただ金が入れば良い。神など必要ない───。

危機に陥った者は神などの大きな存在に頼りやすい。

こんな紙切れを本気で免罪符だと信じる子供の純粋さ、愚かさに思わず笑みが溢れそうになる。

───

「アッハハハ、随分と凶悪な顔ね。朝烏 セシル。あーあ、何と穢らわしい」

突然の声。

振り向く。

後ろに小さな背丈の少女が一人。

「───貴女は誰?ここの園児ではないようだけど。迷い子かしら?」

少女はスモックの上から浴衣を着ていた。

ファッションセンスが壊滅的な少女だ、と思いながら話しかける。

だが、少女は人殺しのような目でセシルを見つめると、こう返した。

「私?私は神さ」

「───は?」

聞き直そうとするが、必要なかった。

「か」

「み」

「さ」

「ま」

大声で一文字ずつ。か み さ ま。

成る程、神様かぁ…と納得などするはずもない。

何が神だ?ただの幼子に過ぎない。

だが、そんな心を読んでいるかのように、「神様」は言った。

「ほう、糞邪教徒めが…。やるかァ?やると言うのかァァ?」

Re: closslum ( No.3 )
日時: 2018/10/09 09:30
名前: 第六天魔王

園長が近づくと、摩莉鴉にはもう躊躇いなど無かった。

着物の袖から仕込み刀。

斬りかかられそうになる───が、甘かった。

シスターとは思えない、狂暴な動きで身を翻し、何かを唱える。

そして、シスターの手に銃。摩莉鴉はしかし、歓喜しながら言う。

「奇蹟による召喚か。へぇー、芸達者になったのねぇ最近のシスターは。
…あ、その銃あれだァ、ワルサーp38だァ!」

そして、嬉々とした表情で袖から更なる武装を展開する。

「けど、現人神舐めンな。クリスチャン」

摩莉鴉は無数に袖から露出している刀のうちの一本を舐めずる。

舌が切れて、血が出る。

だが、その傷はすぐに修復してしまった。

シスターは、眼前で神を名乗るこの幼女に怒りと殺意と愛情を抱いていた。そして叫ぶ。

「……あ、ァー!あーーあぁ!ホンット…イライラさせるわネこの糞邪教徒ァァ!?」

だが摩莉鴉はヘラヘラしながら答える。

「私ァ教徒じゃねェよ、現人神だ。何度も言わせるんじゃねェぜ女。
なぁ?言葉には気を付けなさいネー?」

「はァ!?お前を神と認めろと言うの!?バカも休み休み言いなさい!?アタシは子供だろうと赤子だろうと動物だろうと容赦はしませんことよ!!」

シスターは、あくまで神を名乗る摩莉鴉を本気で殺したくなっていた。

本当は信仰心などないけれど。それでもキリスト教徒だ。

異教を前にすると、この宗教の素晴らしさを、分かっているかのような口ぶりで語りたくなってしまう。

キリスト教徒を───

「舐めてんじゃないわよ、この腐れ幼婆がァーーーッ!」

「動きが読みやす過ぎるんだよマヌケシスタァァァーッ!」

現人神だ。他人の動きを予測することなど容易い。

シスターはもう幾分か、摩莉鴉より疲れている。

「セシルとか言ったかな?負けを認めなよ!ハッハッハッハッ!」

摩莉鴉はセシル───シスターを嘲笑いながら翻弄する。

──────

いつしか、周りには園児たちが集まってきていた。

機動部隊も。皆我を忘れて、現人神の強さに目を奪われていた。

だが、

「……あぁ。残念ながらあの『現人神』は勝てんな」

機動部隊の隊長が言う。

園児らは彼が敵であることを忘れて訊く。

「何でだ!?相手はシスターだぞ。神の遣いじゃ、神そのものに勝てっこないだろ!」

「はは。現人神に勝つことは確かに出来んかもしれんが、『負けない』だけなら意外と簡単だろうよ」

それは言葉通りの意味だった。

『我等の尚弱かりし時、キリスト定まりし日に及び、敬虔ならぬ者のために死に給う─── 』

シスターは聖書の一部を唱えた。

そして、地面に札を置いた。免罪符のようなただの紙切れじゃない、もっと神聖な紙を。

「ふ──。現代の偽神如きが神代の純粋な唯一神の加護に勝てると思わないことねェ!アヒャハハハハ!!」

シスターは笑いと共に光に呑まれた。

「加護の殿───これは奇蹟ではない、私の特有の能力、奇蹟・改よ!!」

「なに…。
何だ、これは───」

摩莉鴉も一瞬言葉が詰まる。

戦いでは圧倒したが、これでは最早話にならない。

シスターの高笑い。それが光の収縮と共に消えてゆく。

Re: closslum ( No.4 )
日時: 2018/10/09 22:59
名前: 第六天魔王

セシルが戦闘から離脱し、摩莉鴉は舌打ちをする。

「あのクソ女。今度ズタズタに引き裂いてブチ殺してやるからな」

機動部隊の連中は呆気に取られていた。

園児たちが駆け寄る。

「ううぉー、お前強いなー!」

「新しく入ってきた仲間よね!?よろしく!!」

歓迎の声。

「……そうだよ。私は強い。私は君らの神だ。君らはこれ以降、私だけを信仰しなさい」

歓喜。

園児たちにとって信頼出来る「強き武神」

そして、威圧感とは違う、穏やかでありながら厳格なオーラ。

園児たちはこの幼女を神と認識した。

─────

「………斑鳩隊長、どうします?」

機動部隊で一番細身の男が隊長に訊く。

「………園児どもだけで手一杯だ。そこにきてあんなバケモノまで…。まともに戦えると思うか?」

「戦えませんよネー、流石に」

「そういうこった。帰るぞ。撤退だ」

そして、機動部隊は去っていった。

Re: closslum ( No.5 )
日時: 2018/10/19 20:15
名前: 第六天魔王

摩莉鴉は選挙に立候補することに決意した。

唐突であった。

崩壊したこの国に不満を持つ国民が、本当は沢山いるということを見抜き、立候補した。



「聞きなさい。国民たちよ。

私は神。現人神である。聖骸すら踏み砕き、四苦八苦をも破り捨てる正真正銘の現人神である。

私は偉大だ。現人神であるからだ。

国民たちよ。しかし、求めるな。私に何も求めるな。

私は現人神。存在が偉大なのであり、行為に偉大さを求めるのは間違いだ。

私は在るだけで───既にそれだけで凡百の偉人を凌駕しているのだ。

国民たちよ。この国は落ちぶれて尚も宗教に差別的だ。

忘れたか?宗教の本質は人類を救うというものだ。

それ故に、このような時に降臨するのだ。

人が道を見失った時、私は光として降り注ぎ、お前たちを照らす。

現人神とはそういうものだからだ。

私の宗教は救済を実現する。私はそのために目覚めた。

お前たち国民が自ら立ち上がり、剣を執る…その理由であるために。シンボルであるために私はここに立った。

神が命じれば従え。現世の法など、現人神の前では塵に過ぎぬ!

我が怒りこそ裁き。我が悦こそ祝い。

私を法とせよ。未熟なる人類が作り上げた法など欠陥だらけである。

見よ。人の法の歴史を。愚かなる人類は凡百の法ごときでは何ら抑制出来ていない。

抑制するためには私が現人神として、法として君臨せねばならない。

人類史から争いを根絶したいか?

地球という星を平穏な惑星にしたいか?

ならば、すべきことは自明だ。

私に付き従え。

必ずや救われる。お前たちはお前たちの手で。

自由を 平和を 愛を掴みたければ私を仰げ。

以上だ」

Re: closslum ( No.6 )
日時: 2018/12/25 23:57
名前: 第六天魔王六世

夜の九時。

園児たちは布団で寝ていた。

園はすっかり真っ暗だ。街灯はもう何年も前にブチ壊されたらしく、それっきり手付かずの状態…とのことだ。

「…」

摩莉鴉はセシルが顕現させた加護の殿を破壊する方法を考えていた。

壊せない筈がない、あんな程度のものは何度も見てきたのだから。

…と思いたいが、そうはいかなかった。

十二使徒、十字軍、救世軍、聖教皇派遣軍…。

今まで見てきたキリスト教徒どものどれとも異なる…禍々しく恐ろしいモノ。

一人の所有物ながら、軍隊すら滅ぼし得る絶対的な要塞。

「目障りだ。あぁ、あーー目障りだ!

目障り目障り目障り目障り目障り目障り
目障り目障り目障り目障り目障り目障り
目障り目障り目障り目障り目障り目障り
目障り目障り目障り目障り目障り目障り
目障り目障り目障り目障り目障り目障り!

目障りッ!!」

現人神がイラつくほど、その要塞は硬い。

大地を割る雷を落としても、

地獄の炎で五日間焼いても、

凄まじい衝撃波を喰らわしても、

沈まぬ。

不沈だ。不沈要塞だ。おぞましい。

「これだけやって傷ひとつ付かないだって…?

これには流石の現人神さんもイライラしてきちゃいました」

そもそもセシルはあの中で何をやっている?

あれから一ヶ月の間、ずっと籠っているが…。

「大人のアソビでもやってんのかね。呑気なことよ」

…シスターがそんなことをするとは思えない。

だが、それはあくまで「普通のシスター」に限ってのこと。

セシルはイカれた腐れシスターだ。やっていてもおかしくはない。

というか、普通の女よりその姿を想像しやすい。

摩莉鴉は色々と妄想をしながら、いつの間にか眠りに就いていた。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。