ダーク・ファンタジー小説

REVO☆LUTION
日時: 2018/11/08 16:14
名前: えい

この世の生き物は、金のために、人を売り、地位のために、人を殺し、個のために、人を支配する。
何よりも深く暗い、そして黒く汚い、"欲望" 人々の欲望が出会う時、"争い"が起こる。
そこに"革命家"(自称)が生きていた。その男の名はレイド。

第一章 ブラックゲーム

この世界には、
能力を生まれつき、持っているもの、生きている間に、持つもの、そして、能力を持たないもの、がいる。
そして、俺は世界を変える旅に出ている革命家。
今、とある大きな街にいる。あまり言いたくないが、金も仲間もいない。
だから今日は、この公園で寝る。美少女に声をかけられるのを期待して。
そうして、朝になり、この街に来て、3日目、ものすごく空腹である。
「なんか、ないかなぁ」と歩いていたら、とある小さなポスターが一枚。
そこには、大きく、賞金10万円と書かれていた。「救いよ、ありがとう、神よ」そのポスターには、
ほかに集合場所と集合時間の夜10時、だけが書かれていた。「おい、まだ朝の8時やんけ、また寝るか」
「グゥーグゥーグゥーグゥー」俺は期待や緊張で逆に、深く寝てしまった。
空は暗くなった。「はっっ!」反射的に、時計を見た。時計の針は10と9の間を指していた。
俺の心の中はすごい危機感におそわれていた。
とにかく、集合場所まで、走れメロス見たく走り続けた。俺は、体力を、全て、使いきって、
ギリギリ、間に合った。その集合場所は、路地裏の小さな建物だった。
その建物の扉の前には、でかい黒スーツの男が二人、立っていた。俺は恐る恐る、中に入った。
そこは、小さな部屋だった。その中には、俺みたいな人がたくさんいた。
その時、黒スーツの男たちは、小さな部屋の奥の大きな扉を開けた。
その先には、コロシアムみたいなのが広がっていた。
黒スーツの男たちに、俺らは、コロシアムの中に、誘導された。
そこには、俺らとは、正反対の観客がたくさんいた。
そいつらは、心のどこかで、俺たちを、見下しているふうに感じた。
俺はもう、こうゆうのには、慣れている。だが、俺らの中には、中学生ぐらいの女の子もいた。
そして、大きな扉は、閉まった。参加者たちは、みんな、焦っていた。
その時、檻が開く音がした。中から、大きい獣が出てきた。
参加者は、コロシアムから出ようとして大きな扉に一斉に集まった。
だが扉は、硬く、固く、堅く、閉められていた。

Page:1



Re: REVO☆LUTION ( No.1 )
日時: 2018/11/08 23:16
名前: えい

第一章 死に際

参加者たちは、暴れ馬のように、大きな扉を開けようとしていた。
一瞬にして、コロシアムの中は、悲鳴と歓声で溢れた。
その時「この獣を殺した奴だけに10万円をやる」とアナウンスが流れた。俺は、様子を見ていた。
一人の参加者が動きだしたら、二人、三人、四人と、参加者たちは、動きだした。
その中には、能力を持っている人もいた。だが、その参加者たちは、集団心理に、犯されていた。
そして、獣は遠慮なく、参加者を、噛み、引っ掻き、殺していった。
それを見た、残りの参加者は、逃げ、観客は、盛り上がった。たが、俺はこうゆうのにも慣れている。
ちなみに俺も能力者だ。こんな獣、簡単に倒せる。しかし、俺は、空腹と疲れで、今、体が動かない。
そのままでは観客たちの思うツボ。簡単に言えば、絶体絶命。
その時、誰かが、高速で、大きな獣にぶつかった。
そして、大きな獣はぶっ飛んだ。ぶっ飛ばしたのは、中学生ぐらいの女の子だった。
俺は素直に驚いた。その女の子の能力はスピーダー(高速移動)。高速で、動くことが、出来る。
そして、女の子は、倒れている大きな獣に、トドメをさそうと、高速でキックをしたが、
足をつかまれてしまった。「きゃーっ、離せ!」
女の子は、必死に足を抜こうとしたが、全く抜けない。
観客たちは、今日で一番、盛り上がっていた。
それを見ていた俺は、動かないはずの体が、無意識に動いた。
そして、俺は、大きな獣を、殴り殺した。
その時、コロシアムの中は、ブーイングの嵐だった。
俺は、観客たちに、空き缶やビンや靴などを、投げられた。
その中で、俺は、賞金10万円を、貰った。
俺以外の参加者たちは、俺の10万円を、奪うような目で、見ていた。
この場に、俺の味方は、一人もいなかった。
俺は、急いで、コロシアムから出た。

Re: REVO☆LUTION ( No.2 )
日時: 2018/11/08 16:24
名前: えい

第一章 空腹と飯と闇

なんやかんやで、俺は、10万円を手に入れた。
俺の頭の中は、飯を食べたい、という言葉だけが、浮かんでいた。
時間は、深夜0時を、まわっていた。俺は、深夜もやっているBARに行こうとした。
だが、空腹と疲れで、歩くことも、しんどかった。
失神しながら、BARに、たどり着いた。俺は、二回ぐらい死ぬかと思った。
そして、BARの中に入った。「何でもいいから、なんかくれ!!!」俺は力強く言った。
「はいよ、カクテル」と店主は、冷静に言った。
「ゴクゴクゴクゴクゴク、あーたまらねぇー」空腹こそ、最大のスパイス。
「はいよ、いかの唐揚げ」とまた、店主は、冷静に言った。
「うめぇー、うめぇーよ、まじで、うめぇーよ」俺は、泣きそうになった。
その時、「お兄さん、何、やってたんですか?」と店主は聞いた。
「俺は、よく分からんが、コロシアムみたいなところで、大きな獣と戦ったんだ」
「これは、ブラックゲームですね」と店主は答えた。
「なんだ、ブラックゲームって?」と俺は聞き返した。
「ブラックゲームはですねぇ、浮浪者を、騙して、非道かつ下劣なゲームを、させる。
そして、富裕層は、それ見て、盛り上がる。それで、お金を稼ぐ。それが、ブラックゲームです。」
「この世界の政府は、なぜ、動かないんだ?」と俺は、聞いた。
「政府には、他にも問題が沢山あります。それに、ブラックゲームは、
北都国、第2の都市、シアベリ、そう、この街でだけ、行われているものです。」
そして、俺は、店主と沢山、話をした。そして、飯を沢山、食べた。
「おじさん、ありがと、また来れたら来るよ」と俺は、別れを告げた。
俺は、BARを、出た。空は、まだ暗かった。そして、俺が歩いていたら、
美少女がいた。だが、ヤクザみたいな男、5人が彼女をかこんでいた。

Re: REVO☆LUTION ( No.3 )
日時: 2018/11/08 22:36
名前: えい

第一章 無力化

能力も体もバッチリな俺は、そいつらのとこに行った。
そして俺は、「女の子を、男5人でかこんで、お前らと同じ男として、俺は、泣きたいよ。」と言った。
「はぁー、誰だ、こいつ?」男たちは、俺を殺すような目つきで見ていた。
そして、1人の男が、俺を、殴ろうとした。その時、俺は、手から、黒いオーラを出した。
俺は、男のパンチを、黒いオーラで威力を吸収した。そして、俺は、殴ってぶっ飛ばした。
他の男は、バットで俺を殴ろうとしたが、また、黒いオーラで威力を吸収した。
そして、男は、残り1人になった。その男は、銃を取り出した。
「誰だか知らんが、死ねー!」銃声が大きく、響いた。だけど、銃弾は、黒いオーラで威力が、吸収された。
そう、俺は、相手の攻撃の威力を吸収できる。つまり、威力を無力化する。
その俺の能力の名前は、ダークオーラ(無力化)。そして、この黒いオーラを、具現化して、
打撃もできる。そして、俺は、全員の男を、ぶっ飛ばし、女の子を、助けた。
「本当にありがとうはございます。」と女の子は、まじめに感謝していた。
「いいよ、俺の体が、勝手にやったことだから。」と俺は、カッコつけた。
そして、「この街に、あなたみたいないい人がいて、良かったです。」と女の子は、言った。
「いや、まぁ、困ってる人がいたら、助けるのが、俺の使命だから」とまた、俺は、カッコつけてしまった。
そして、女の子は、帰った。俺は、女の子が、しっかり、帰ったのを確認して、
俺が倒した、男たちの財布をパクった。「お金も、目の保養も、吸収できたぜ」と決め顔で言った。
そして、俺は、ホテルへ行った。ホテルには、ふかふかのベッドがあった。
「久しぶりのベッドだー、気持ちぃー、このベッドをBETしたいぐらい気持ちぃーよ」
俺は、1人で、なに言っているんだ。ひくほどの、ギャグセンだった。
そして、俺は、10秒もしないうちに、寝た。



Re: REVO☆LUTION ( No.4 )
日時: 2018/11/10 15:16
名前: えい

第一章 振り出し

俺が起きたら、空は薄暗かった。そして、この街に来て、4日目が、始まった。
時刻は、午後6時。俺は、お金が手にはいったので、この街(シアベリ)を、探索することにした。
俺は、この街(シアベリ)の郊外に行った。そこは、中心街とは対照的だった。
光源は少なく、物静かで、道には浮浪者が寝ていた。そこは、悲しみと憎しみに、溢れていた。
その時、俺は、肩を叩かれた。「君、この前のブラックゲームで、賞金をもらった人だよね?」
俺が、振り向いたら、長い金髪の女の子が立っていた。どこかで見覚えがある顔だった。
そして、「あーそうだけど。」と答えた。そして、女の子は、言った。
「私が、獣に足を、捕まれたとき、助けてくれて、ありがとう。」
「あ!!、君、あの時の女の子かー。」と俺は、思い出した。
「そうだよ。でね、私ね、お金が欲しいの。」と女の子は、言った
「あげる訳ないだろ。」と俺は、言った。「お願い」と女の子は、上目遣いで、
色仕掛けをした。俺は、上目遣いフェチだ。体が、無意識に動き、全財産を、渡してしまった。
「まぁ、お金がない人がいたら、普通は、あげるよね。」と俺は、またもや、カッコつけた。
「本当にありがとうね。」と言って、女の子は高速移動の能力を使って、逃げるように去った。
そして、俺は、酔いから覚めた。「まて!、クソガキ!」女の子は、もう見えなかった。
俺は、また振り出しに戻ってしまった。「あいつ、許さん」
そして、俺は、いつも寝ていた公園に来た。「革命の、"か"の字の"KA"の"K"も出来てねぇーよ」
その時、声をかけられた。本日2回目である。そこには、ショートボブの銀髪の女の子がいた。
その子は、昨日、助けた、女の子だった。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。