ダーク・ファンタジー小説

死にたいんじゃなくて消えたいんだ
日時: 2018/11/18 15:19
名前: 風景輪廻

『アンタなんて産まなきゃ良かった』
苦しい。苦しい
『何でアンタ死なないの?』
寂しい。寂しい
『生きてる価値無いよ』
助けて。助けて

私は、死にたいのか。生きたいのか。

小さい頃から母と父は妹を
可愛がっていた。
私はほったらかしだったんだ

「アンタなら大丈夫よね」

大丈夫じゃないよ。でも

「うん、大丈夫だよママ、パパ」

大丈夫なのに、パパ、何で殴るの?
ママ、何で睨むの?

私、苦しいよ
助けてよ。
誰か!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。