ダーク・ファンタジー小説

リアル鬼ごっこin学校
日時: 2018/12/17 18:59
名前: 菫

こんにちは!菫です!今回は…今、描き途中の「高校生日記」に出てくる登場人物(おりキャラ)
で、リアル鬼ごっこを書いていきたいと思います。よし!高校生日記と似てますけど…キャラ自己紹介しますねー!
〜登場人物〜

菊池佐奈(きくちさな)    萩田洸(はぎたこう)     小泉綾香(こいずみあやか)

学年:高2         学年:高2         学年:高2
年齢:17歳        年齢:17歳        年齢:17歳
趣味:喋ること       趣味:音楽を聴くこと    趣味:文房具集め
特技:ピアノ        特技:サッカー       特技:バレエ
部活:家庭部        部活:サッカー部      部活:美術部
委員会:生徒会会長     委員会:生徒会男子副会長  委員会:生徒会女子副会長

関本暁(せきもとあつき)   村尾萃香(むらおすいか)   佐々木斗真(ささきとうま)

学年:高2         学年:高2         学年:高2
年齢:17歳        年齢:17歳        年齢:17歳
趣味:DVDを見ること    趣味:音楽を聴くこと     趣味:実験
特技:サッカー       特技:剣道         特技:体操
部活:サッカー部      部活:剣道部        部活:バスケ
委員会:生徒会書記     委員会:生徒会書記     委員会:生徒会会計

綾瀬唯(あやせゆい)     内宮陽翔(うちみやはると)   

学年:高2         学年:高2
年齢:17歳        年齢:17歳
趣味:グルメめぐり     趣味:本を読むこと
特技:バスケ        特技:早読み
部活:バスケ部       部活:小説部
委員会:生徒会会計     委員会:生徒会会計

キャラは今のところ、こんな感じですが…もしかしたら!キャラ、増えるかもしれませんw
その時は、またお知らせします!テストも終わったことだし!頑張って小説書きますか!w
高校生日記もまだ完結してないしwんじゃ、また!ばいちゃ!

Page:1



real1 ( No.1 )
日時: 2018/12/17 19:28
名前: 菫

佐奈:はぁ…もうこんな時間…
洸:だな…もう、16時30分…
綾香:今は冬だから日が落ちる時間も早いよね。
佐奈:みんな、そろそろ荷物持って鍵返して学校出るよー!
萃香:はぁい!
暁:ほーい
洸:んー
斗真:はい!
唯:ほい!
佐奈:じゃあ、ドア開けるよ…?
佐奈:きゃっ!?
なんとドアを開けた先には…リアル鬼ごっこ…っと書かれていた。その衝撃のあまり、佐奈は絶叫してしまった。
洸:…どういう意味…?
萃香:そのままでしょ。リアル鬼ごっこ…
綾香:私、足遅いよ…どうしよ…
暁:萃香、俺が守ってやるよ!
萃香:それはどうも
佐奈:…怖い…
洸:大丈夫、大丈夫。
斗真:そうですよ!生徒会は無敵!
唯:洸ちゃん、怖いよ
洸:お前は平気だろw
佐奈:とりあえず…!???
洸:どうしt…!?
萃香:これから生徒会を出たらリアル鬼ごっこがスタートとなる。捕まった者はどうなるかわからない。なお、誰が捕まったか分かるようにそれぞれ名前を書いた紙を向かいの黒板に貼ってある。その紙に赤い×印がついていたらその人物は捕まったということになる。それでは幸福を願おう。だって…
佐奈:って…生徒会室から出ないで帰るってこと…?
洸:いや、それはできない。ここは4階だし…
萃香:…
綾香:あ!生徒会室にある全部を使って下に降りる道具みたいなの作ったらどう?
唯:綾香、それいいね!
暁:そうだな!
萃香:みんな、待って。
佐奈:?
洸:なに?
萃香:ここはあえて、リアル鬼ごっことやらを楽しみましょうよ。
佐奈:!?無理だって!
綾香:無理だよ、すーちゃん泣
暁:俺は、楽しむぞ!
佐奈:いや、さっきまでここから降りるのに賛成してたじゃん!
洸:こうなったら一か八かで…
斗真:僕は、リアル鬼ごっこ、やってもいいと思うけど?
洸:お前…
暁:ま、頑張ろうぜ。
萃香:そうね、頑張りましょう。では、行くわよ
そして、生徒会のリアル鬼ごっこはスタートした。
萃香:…誰もいないわよ…
暁:確か…リアル鬼ごっこって、見つかったら…
萃香:殺される…
佐奈:!?
洸:ここは大人数で動くと見つかる…だから、2人ペアを作ろう。
佐奈:…そうだね…
萃香:私は暁とで。
洸:俺は菊池と。
斗真:俺は、綾瀬さんとで。
陽翔:俺は、小泉さんとで!
萃香:きまりね。
萃香:まずは作戦を立てましょう。
萃香:みんな、北棟4階のフリースペースに向かって逃げて。
暁:それなら簡単じゃねー?
萃香:いいえ。フリースペースに行く道は逃げる場所がないところもあるの。
佐奈:!?
萃香:私と暁はこの道、つまり遠回りの左道から行くわ。
暁:おけ。
萃香:次に佐奈のペアは遠回りの右道から行って。
佐奈:はい。
洸:おう。
萃香:次に佐々木のペアはまっすぐの道で行って。
斗真:おん。
唯:おけ!
萃香:最後に、内宮ペアは右道で行って。
萃香:で、必ず前のペアが出て10分後に出て。荷物は最小限。
全員:はい!!!
萃香:では準備開始。
暁:リュック2個あるから1個ずつ持って、半分半分にしようぜ。
萃香:それは名案。
萃香:私のリュックにお弁当、水筒、本、スマホ。暁のリュックに、防寒具、ウォークマン。
萃香:よし、これでおけ。
萃香:絶対何かあったらスマホに連絡頂戴。
暁:行くか?
萃香:えぇ。では!
(萃香と暁が出ていく)
佐奈:そういえば…
洸:ん?
佐奈:ううん、なんでもない。
洸:?おう。
佐奈:そろそろ私たちだ。
洸:では、いってくる!
(佐奈と洸が出ていく)
斗真:準備はおけ?
唯:ばっちり!!!!!
斗真:おん!
唯:いってきまーす!
(斗真と唯が出ていく)
綾香:…
陽翔:大丈夫?
綾香:うん、平気。
陽翔:なら、良かった。それと、こんな空気で言うのもあれだけど…
綾香:?
陽翔:小泉さん、好きです。俺で良ければ付き合って下さい。
綾香:!? 俺で良ければって…内宮くんじゃなきゃ嫌だよ!
陽翔:え!?ありがと!!!!
綾香:なんだかできるような気がする!
陽翔:俺も!
綾香:いってきます!!!
(綾香と陽翔が出ていく)

※なお、この後はペアごとに更新していきます。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。