ダーク・ファンタジー小説

昼と夜の空白
日時: 2018/12/27 17:39
名前: azuno*

ジュリアとジュードはギルド【白時計】に入っている冒険者だ。

彼らがいるのは…空飛ぶ島【天空島】だ。彼らが探しているのは
七つの宝珠【虹の宝珠】だ。それを巡って様々な冒険と出会いをする。

Page:1



Re: 昼と夜の空白 ( No.1 )
日時: 2018/12/27 18:41
名前: azuno*

昼の守護者、朝の守護者は仲良しで夜の守護者は彼女たちと
仲良くしたいと願った。

****
天空島の街をジュリアとジュードは見回していた。
ジュリア「まさか…ホントに島が空を飛ぶなんてね」
ジュリアは隣にいる少女ミリアにそう言った。彼女が持っていた
黄色の宝珠を島にあった祭壇に置いた時、この島が空に
飛んだのだ。
ミリア「私もあれが本当に宝珠だったのか分からなかったの。でも
このペンダントが教えてくれたの」
ジュード「そのペンダントは?」
ミリア「宝物。宝珠が眠る場所を教えてくれる」

天空島は空を飛びながら動いている。ミリアのペンダントが示す
場所まで行くと自然と止まる。

ミリア「ウィリデ島、ここにも宝珠があるみたい」
ジュード「そうか。じゃあ行こう」
ミリアの肩に乗る白い猫ウィズが彼女の肩から降りた。
ウィズ「じゃあ早く行きましょう」

島からは飛行船で降りる。飛行船を降り三人は島に足を踏み入れた。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。