ダーク・ファンタジー小説

final , plum
日時: 2019/01/18 01:17
名前: ,(カンマ君)

皆さんこんにちは〜こんばんは〜かんまです!
今回は一人でやらず三人でやっていきたいと思いますいわゆるリレー企画ですね!
いい作品になるよう(面白くなるように)頑張っていきますので温かい目で見てください(笑)
読んでる人はもちろん書いてる人も楽しめるようにしていきたいです
注意この作品にはコメントしないでください

Page:1 2 3 4 5



Re: final , plum ( No.19 )
日時: 2019/02/07 20:45
名前: 小梅

っと…
匠が降り立った地「アルバルト」そこはもといた場所から遠くは離れていなかった。匠の目に写っていたのは大きな都市
これがアルバルトか流石にこんな状況でも目が点だ。
テントから月の光かと思わせるほどの光を放っていたのはこの都市だったのか…
圧感されている場合じゃなかった今すぐにでも五日を探しに行かなくては助けなくちゃ!「パンッ!」夜空に高く頬から響く。
匠は走り出した。しかしあのエクスカリバー、爆炎の炎を操る五日が負けるほど強いんだよな?火炎耐性でも付いているのかあの五日が負けた相手におれがかてるものなのか…
しかし匠には自信があった根拠はないが、五日を取り戻す自信があった。
まず勝つ為にいや勝てない五日を取り戻すだけでもいい必要なもの買い揃えよう!

Re: final , plum ( No.20 )
日時: 2019/02/10 10:53
名前: ,(カンマ君)

「ん〜ん」匠は頭を抱えていた。
武器はどうすりゃいいんだ?武器屋か?それとも筋力を上げるか?
まず匠は武器屋の場合を考えた。
「よし武器屋で一番強い武器を買ったとしよう」
んー…「てやあああああウオオオオオオ」匠はその何者かに向かって剣をかまえながら走っていった。
ビシっ!剣は何者かの腕をしっかり斬ったはずだったしかし、「オレタアアアアアアアアアアアアアアゴホッ!カッ…」バタッって言うのが落ちだろう。
これじゃ駄目だ…
次に筋力の場合を考えた。
「うおおおおおおおおおおお気合十分!いくぜ!」「フン!」そういいながら腕を前に突き出した。
「ハッ!」「フンッ」「ハッ」「フンッ」「ハッ」突きを一時間繰り返した。
よしいける!持てるぞ!俺の剣!
「いっせーのーせ!っ!」…嘘だろ?全然もちあがんねぇー…っていうのがおちだろう。
「くそーどうすりゃいいんだ?奇跡よ起こってくれー」「奇跡よおこれー!」町ゆく人々に変な目で見られながら10秒ぐらい繰り返した。
「ダメ…かー」どうすりゃいいんだ?…
10分悩んだ挙句ついに答えを見つけた。
「そ、そうか!【ソウルバトルテーブルカジノsoul battle table】に行きゃいいんだ!」

Re: final , plum ( No.21 )
日時: 2019/02/11 19:21
名前: 柊

とりあえず、どうやって行けば良いんだこりゃ…
聞いてみるか…
ナビィソウルバトルテーブルカジノにはどうやって行くんだ?
(通行手段はコマンドで移動することが出来ます、逆に言えば、プレイヤーの方しか入ることが出来ないカジノですのでコマンドのみでしか行くことが出来ない仕様となっています)
よし!行ってやろうじゃないか…
「シィーク転移…ソウルバトルテーブルカジノ!」

Re: final , plum ( No.22 )
日時: 2019/02/14 11:28
名前: 小梅

ソウルバトルテーブルカジノ…机の上の魂の戦い(賭博)?
匠の頭ではよく理解できず日本語になおしてみるも余計わからない…考えてたって仕方ないか!腕を組んで頭にはてなマークを浮かばせながら匠はソウルバトルテ……長いっ!略して「ソウバ」の中を見て歩く。皆何やら大きく綺麗に彫刻されたマットの敷かれた机の上で何やらやっているようだ。匠はその机をのぞいてみる…

Re: final , plum ( No.23 )
日時: 2019/02/16 21:37
名前: ,(カンマ君)  (9876@gmail.com

なんだこれ?トランプ?にしては怪物の絵が描かれているなんだこれ?
多分これはAなのだろうそこにかかれていたのはまるで死神のような感じだ。
2も3も4も5も全部死神みたいな感じだった。
ただジョーカーだけゴキブリを人みたいにして獣の皮をはったような感じだった。
「やあ!ようこそ!ソウルバトルテーブルカジノ訳してソウバージへ!」
(あ、惜しいソウバじゃなかった!)
匠はそう思い上を見上げた。そこにいたのは…
「え?」
「なんだね?そんな驚くことではないだろう」
そうそこにいたのは紛れもなく人間ではないまるで怪物だった
「そんな俺の顔に驚くかいいいだろう教えてやろう俺はジャミレットギルノールだ」
(そういえば見たことあるぞゲームイベントの配布の時の予告ムービーでうつってたやつだ!)
「早速だが俺と勝負をしないか?」

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。