ダーク・ファンタジー小説

シン・フェアリーテイル
日時: 2019/01/30 04:46
名前: ストーリーテラー ◆P9HwTjbG2I

どうも、語り部と申します。

この小説は「童話」をモチーフに改変された物語を修復していくというファンタジーな作品です。
自分の文才能力低めなので、暖かい目で見守っていただけると幸いです。

【注意書き】
・作者は投稿が遅かったりと不定期だったりしますのでご了承を。

・意見や感想は等は、リクエスト掲示板にて受け付けております。

Page:1



Re: シン・フェアリーテイル ( No.1 )
日時: 2019/01/30 04:47
名前: ストーリーテラー ◆P9HwTjbG2I

人魚姫は人間に恋に落ちた。
人魚姫は魔女によって人間になった。その代償として声を失った。
人魚姫は王子様に出会う。だが王子様には婚約者がいた。
哀れな人魚姫。最後には泡となって消えてしまった…

【改変】

泡になったはずの人魚姫。人間としてよみがえる。

そして彼女の心に憎しみの炎がともしびだす。

――――

灰かぶり姫は魔法に素晴らしいお姫様になった。
だが12時の鐘になると魔法が消えてしまう。急いで王子のもとへいく。
王子様と出会う。だが12時の鐘がなってしまい、灰かぶり姫はその場からいなくなりました。
彼女は最後にガラスの靴を残しました…

【改変】

王子様はそのガラスの靴を拾いました。

「なんと美しい。見事な造形だ。これはわたしの宝物にするとしよう。」

王子様はガラスの靴を自分の宝物庫にしまいました。
みそぼらしい灰かぶり姫。彼女は王子様をまちました。
でも王子様は現れませんでした。
そして灰かぶり姫は病気になってなくなりました。

――――

少女アリスはある日、兎をおいかけました。
すると穴に落っこちた。たどり着いた先は不思議な国。
奇妙でふしぎな住人達に交流するアリス。最後にはハートの女王に狙われてしまう。
元の世界に戻ったアリス。アリスにとって不思議な国にいた時間は追われても楽しかった。

【改変】

アリスはそのことを本にして物語を綴りました。
しかし周囲の人からは理解されず、逆に彼女を気味悪く思いました。
最終的には1人になったアリス。さみしくなって自ら命を絶ってしまいました。



【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】【改変】…


ワタシ好みの物語にしよう。物語を不幸に改変しよう。物語はバッドエンドにしよう。それがワタシの愉悦で存在意義なのだから…

Re: シン・フェアリーテイル ( No.2 )
日時: 2019/01/30 04:59
名前: ストーリーテラー ◆P9HwTjbG2I

【断章】

「ねぇ知っている?『罪ノ書架』というサイト。」

「知ってる知ってる!小説投稿サイトでしょ?それがどうしたの?」
「それがさぁ、あのサイト使わない方がいいよ。」

「え?なんで?私そこで小説投稿してるんだけど?」

「すぐにやめなよ!あの連続失踪事件のこと知っているでしょ?あの失踪事件の被害者、そのサイトを使っていたという噂があるのよ。」

「えッ?まじで?でも私はこうしてここにいるよ?」

「そこなんだよね。失踪した人の特徴で閲覧数とかブクマが多い作者だけじゃなくってまったくの底辺の作者までいなくなるんだって。無差別的に。でもやめといた方がいいわよ。」

「そうだね…そうするね。」

「それとニュースで言ってた。謎の水死体事件についてだけど――」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。