ダーク・ファンタジー小説

奇跡属性
日時: 2019/02/07 18:48
名前: azuno*

この世の中、特別な力を持つ存在が現れた。簡単に言えば異能力者だ。その中でも
特殊な力を奇跡属性と呼びその能力を持っている者を奇跡者と呼ぶ。
彼らを含めた全ての能力者たちが今、救世者になる。

Page:1



Re: 奇跡属性 ( No.1 )
日時: 2019/02/07 19:25
名前: azuno*

奇跡者は全員リングを持っている。見た目は何の飾り気もないリングだが能力を使用すると
そのリングが本性を現す。そのリングの一つを来海椎奈(くるみしいな)という少女だった。
今はいない母親から受け継がれ彼女はそのリングを身に着ける。

???「椎奈」
椎奈「は、はい!」
椎奈が振り返ると黄緑のラインが入ったリングをした男が立っていた。赤の他人、というわけでも
友人でもない、彼と椎奈は血の繋がりがある。椎奈の兄、琴葉だ。彼の能力は圧力操作、
風圧、水圧、様々な圧力を操作することが出来る。
琴葉「てっきり昼寝でもしてるかと思ったがそうじゃなかったか」
椎奈「え?昼寝してるか確認しに来たの」
琴葉「まぁな」
椎奈「まぁな、じゃなくて…」
仲も悪くない、両親がいなくても生活できているのは彼がいるからという理由がある。

Re: 奇跡属性 ( No.2 )
日時: 2019/02/13 20:15
名前: MRK

キャラ投稿をしたものなのですが、確認してもらえませんか?

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。