ダーク・ファンタジー小説

なんだかよくわからないが、
日時: 2019/04/04 19:38
名前: 幽霊は今、

なんだかよくわからないが、僕は階段を降りている。今上から13万1313段目、下から44万4444段目に差し掛かっている。
なんだかよくわからないが、手には包丁を持っている。なんでこんな物騒なものを、と眉をひそめながら、階段を降りていく。今上から13万1313段目、下から44万4444段目にいる。
なんだかよくわからないが、突然包丁が鈍く光って、腹部に鋭い痛みを感じたと思うと、僕の服がじわじわと赤く染まっていった。

なんだかよくわからないが、暗闇の中で、飛び散った血の痕のような形のたくさんの赤い球が、こっちを見てニタニタ笑っているのがぼんやりと見て取れた。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。