ダーク・ファンタジー小説

【螺旋の先へ】 第一部 彼方の訪問者
日時: 2019/04/16 22:34
名前: 以蔵
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1127.jpg

黄泉町。
そこは、小説よりも奇なる事実が待ち受ける場所。



霧を吹き出す海岸。
必ず遭難する山。
吸殻のような死体が浮かび上がる川。
突然性格が急変する謎の現象。



そして最も奇怪なのは、もうこの町には一人としてこの事件を探る人間がいなくなったということだ。
探れば必ず、死体になる。





─衣無家─

「伽羅周(からす)、学校に遅れるぞォ」

「行かねェよ、『オレに休みを与えろブラック教育機関』ってセンコーに伝えとけ」

「何言ってる。そういうのはオレの息子の言うことではねェな。教育的指導の鉄拳パンチを喰らわしてやるッ」

陽気な髪型の男が、丸刈りの少年を殴ろうとする。
丸刈りの少年はそれをまともに受けたが、
少年の顔はグニャリとマヌケな音を立てて凹んだ。

これが衣無家の親子喧嘩だ。

「チクショウゥ!親の鉄拳も受けずにまっすぐ育つワケがねェ!忌の際に咽び泣いて後悔しやがれッ!」

「歪んだ拳でまっすぐな子供は育たねェ」

「あーァーんーたーァーらアアアァァァーッさっきからうるッさいのよ。朝くらい静かに寝かせろやオス豚ども」

そして親子喧嘩に割って入ったのは、丸刈りの少年の姉だった。
毒ッ気しかない女で、かわいさは皆無だ。
丸刈りの少年は姉に堂々と言い返す。

「清楚さの欠片もねェオマエみたいな姉を持ってオレはつくづく不幸だッてェの」

「はン?マジで言ってる?姉様に向かってよおぉぉぉ!」

姉は怒りに任せて少年の頬をつねる。
すると、そこだけがブギョッという生々しく滑稽な音と共に千切れた。
少年は流石に焦ったのか、しかし謝罪はせずに発狂した。

「のォオオオあァああッ!!!オレの頬がッ!?!!?!??!?」

「謝るまでくっつけてやんないから」

「すまねェ!」

「あ、あとスーパー丸出で缶ビール三本買って来い。『いつもの』やつな。ひとつでも間違って買ってから即殺す。ほら分かったらさっさと行け」

息継ぎすらしないで姉はこれだけ言い切った。
少年は半泣きになりながらスーパーに向かった。

残った父親が小声で言う。

「あの………私は………」

「………うっせ」

姉は鬱陶しそうな声で呟いて自室に戻った。
平日なのに朝から晩まで寝ているのだ。
ちなみに少年は高校一年生で、姉は高校三年生。

少年は、姉の苦労を全て押し付けられ、今日もスーパーまでの道を走る。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: 【螺旋の先へ】 第一部 彼方の訪問者 ( No.36 )
日時: 2019/05/08 21:03
名前: 以蔵

ニコラは体を糸に変化させ、それらを黄泉町を張り巡らせた。

「感覚は全ての糸に共有され、ワリに戻ってくる。さて、衣無一家はどこですかァ?」

探り───

探り───

探り───

当てた。枝下商店街の服屋『馬田ショップ』にいる。

「んン、見つけたァァ」

糸が収束する。馬田ショップの手前に、シュルシュルと…聞こえるか聞こえないか程度の音を立てながら。

幸い、周囲に人はいない。

ニコラは急いで糸に変化し、店頭に並んである服に混ざった。

見つかっても構わないが、見つからずにいた方が『やりやすい』。

「一人…二人…三人…四人…五人…。

んン?

…ああ、報告にあった少女ですかァ…」

どうやら会計を済ませて帰ろうとしているらしい。

「───では、彼女が買ったその服に───」

ニコラは気づかれないように、糸のまま『少女』の服に移った。

Re: 【螺旋の先へ】 第一部 彼方の訪問者 ( No.37 )
日時: 2019/05/09 00:39
名前: 以蔵

衣無一家は帰宅した。

少女は服を来た。

そして夜祇は疑問を抱いた。

「───あれ?何で『警備用』の糸が全部消えてるわけ?

糸に触れる者がいたらすぐに白鬼が反応する筈なんだけど」

白鬼は買い物の間、ずっと反応しなかった。
それは本来ならば『異常なし』を意味するものだ。
だが、彼女らは誰一人として、身近な『異常』に気がついていない。

「───でも例えば、糸と糸なら…この能力は反応しない。

糸でないものが触れた時に、この糸は反応する。

そうね、例えば───白鬼と同じ『糸』にまつわる土地の骸は五体。

例えばファリィ・デイ・クレシャーとか。

コイツは体そのものを糸にするみたいね」

「ほう、イケてるな。ソイツの仕業だったら俺のパンツになってもらおう。

毎日血尿漏らしてやる」

夜祇の分析に、蛇が軽口を叩く。

Re: 【螺旋の先へ】 第一部 彼方の訪問者 ( No.38 )
日時: 2019/05/12 23:11
名前: 以蔵

「夜祇…。衣無 夜祇…。お前が衣無家の頭脳─ブレイン─ってとこですかァ?」

次の瞬間。
少女が買った服から夜祇の首めがけて糸が伸びた。

一瞬だった。たったの一瞬だった。
誰も目視出来ないほど一瞬。

「がはッ」

そのまま入り込んでいく。
夜祇が引き抜こうとするが…

少女が引き止めようとするが…

糸化したニコラは引き抜けない。止められない。

「姉さんッ!」

「夜祇ィ───ッ!」

「無駄ですよォ。諦めて一家全滅しちゃってくださいィ」

「───アンタ………『総理』の刺客ッ───?」

「そうですねェ。そうなりますゥ」

「───やっぱり…『アレ』を…狙って来た…の…ねえ?」

「あのお方は心から日本のことを考えていらっしゃいますゥ。

そして日本のためにお前たちゲスどもを始末するのがワリの役目ですゥ」

「お国の…ため…に死ね…って……?」

「───無駄口はここまでですよォ。

体内にも糸を張り巡らせてるんですかァ。でもそれも、ワリには効きませんねェ」

例のごとく、ニコラは糸を食った。
糸を。取り込み、自分のものとした。
糸になれるその男にとって、糸は食せるものでもあった。
食すことで、その糸すら自らの体の一部にしてしまう。
しかし

しかし、ニコラは不幸であった。
盲目的な『信奉者』であるために。
愚直に信じるその心が、思わぬ失敗を招いた。

「───ぅぐッ!?な──んだ、これは───ッ!」

「───分からない?『かかった』のが…。

私の……命を懸けた作戦にね……」

Re: 【螺旋の先へ】 第一部 彼方の訪問者 ( No.39 )
日時: 2019/05/13 14:27
名前: 以蔵

「うおぉォ──ッ!」

油断していた。

「そりゃあ…誰だってそう…なる…わ…ねぇ!

『大丈夫』と…そう思って取り込んだ糸が…大丈夫ではなかったんだから…!」

「何なんですかァ───ッこの糸はァァァァァ───」

「私の…白鬼が作り出した……この糸には…効果を付与出来る──!

RPGで魔術師が特殊魔法を使って──例えばバフ効果を与えたり───火傷させたりする……ようにッ───」

「こッ──小癪なァァ─ッ!!」

「さっきの………糸には………ありったけの……『毒』…を盛り込んでおいた!

あと少しでもアンタが……糸を取り込むのが遅かったら………死んでいたわ……。だから『命を懸けた』。

でも、それでおしまい………。白鬼も………どうやらこれ以上、糸を………生成する…ことは出来ないらしいッ!」

「ぐ……ッエエエエ…ヴォエエエエエェェェォォォッ!」

ニコラは苦悶の表情で糸化を解除する。
刑事ドラマで毒を呑まされた被害者が最後の抵抗として首を掻きむしるように───。
だが、それが更に彼の衰弱を加速させた。
ニコラが糸化したままであれば夜祇の糸に含まれた毒の伝達は遅かった。
だが、糸化を解除したことによって───毒の糸は
彼の体内を高速で駆け巡った。

「あがァァァァァァ──────こ"の"ホ"ケ"と"も"ォ"ォ"ォ"ォ"ォ"ォ"ォ"ッ"!!」

最後に白目を剥いて、ニコラはそのまま絶命した。

夜祇は自分の能力と引き換えに、総理からの刺客を打ち倒した。

Re: 【螺旋の先へ】 第一部 彼方の訪問者 ( No.40 )
日時: 2019/05/15 15:19
名前: 以蔵

「…やったのか?」

「私の決死の作戦に失敗なんてありえないけど、そんなに心配ならソイツの心臓ブチ抜いてやりなよ」

「オレは人殺しはしない主義でな」

「よく言うわね父さん」

ニコラはピクリとも動かない。顔面蒼白で、白眼を剥いている。死んだと見て間違いないだろう。

「気になるのは『総理』だな。

アイツはこの町に来るつもりなのか?」

「だとしたら痛手を喰らったわ…。

もう白鬼は限界まで来ている。

これ以上糸を作ることは出来ない」

「伽羅周の能力も多分効かない。

…否、ここにいる誰の能力も、だな。

アイツにひあらゆる攻撃が効かず、此方にはあらゆる攻撃が効いてしまう」

「───おい、『総理』って誰なんだよ…!?

親父、戦ったこと…あるのかよッ!?

オレたち一体…何を敵に回して──?」

「…」

蛇と涅途壬は顔を見合わせ、頷いた。

「─もう隠しておく理由もないな。話そう。

この国の総理───帰幽路 鬼籍は黄泉町にある『ブツ』を探している。

それを探し出し、黄泉町ごと葬るのが目的だと。

オレも詳しくは知らんのだが…総理が言うには…国を揺るがすほどのモノらしい。

だが、アイツはそのために犠牲が出ることも厭わない。

現に…総理は刺客を送ってきて、オレたちを殺そうとしただろう?

そして一人『死んだ』」

一同の視線の先には黒焦げの内留の死体と、一切外傷のないニコラの死体。

「『黄泉町は元々存在してはならないイレギュラーな町』とも言っていたな。

どういうことかは知らんが…とにかくこの町を滅ぼさせるわけにはいくまい。

それに…奴の言うことに信憑性は皆無だ。

目的のために手段を選ばないゲスの戯れ言に決まっている…!

だからオレは…総理を倒そうとした。

だが、無理だった。

あの男に当たる筈の攻撃は外れた。

逆にオレは、避けた筈の───当たらない軌道の攻撃を喰らった。

悉く。悉くだ。

ありえない。あの男には何かがある。

きっと、その『ブツ』も…奴に与えてはならない。

そうすれば、日本はきっと悪夢に蝕まれることになるんだッ──!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。