ダーク・ファンタジー小説

魔術学院の最強生徒は『魔法使い』だった件
日時: 2019/05/20 21:18
名前: 白夢ウルラ

少年は焼け野原に一人、絶望する。

「なんで…こんなことに…」

目の前には寝ているのかと間違うような表情の少女が、―真っ赤に染まり倒れていた。

「フィー! フィセリアっ!」

その少年を無表情な男たちが乱暴に連れてゆこうとする。

―少年に抵抗する気力は残っていなかった。



それから190年程後…



抜けるような青空の下に広がるのはミリュー大陸に位置するアイロロギオ王国。その国の中央部には王都のフィオローロがある。そこはこの世界で一位二位を争うほどに魔術が発達していて、経済面でも、全世界の最先端を行く、人類誰もが行ってみたい、住んでみたいと思うような都市だ。

そこにひときわ目立つ城のような建物が建っている。

その建物の中の一室では二人の女性が向かい合っていた。



「では、今日はよろしくね、アールディアさん」

「は、はい!」

穏やかそうだが、威厳のある女性に言われ、金縛りにかかったようにガチガチに緊張して答えるのは赤い制服の女子生徒。

赤い制服の女子生徒―シリア=アールディアは、ぱっちりとした茶色の瞳に背中をくすぐるほどの長さの波打つ翡翠色の髪の左に三つ編みをし、花柄の青いリボンをした、美しいというより、可愛らしいという表現がとても似合う少女だ。

シリアはこの日、入学式が行われるヴォ―ドラント魔術学院の代表として入学することになり、その時のスピーチなど諸々のことで、他の生徒より一足先に学院に行き、理事長室に出向いていたのである。

話し相手の女性は勿論理事長のラゴーツ=シェルテである。

「じゃあ、話はこれで…あ、そういえば、アールディアさんに言っておかなきゃならないことが…!」

何かを思い出したラゴーツが唐突に口を開く。シリアが返事をする間もなくラゴーツは話を進める。

「今日の代表は、アールディアさんにお願いしているけど、本当は別の生徒に頼むつもりだったのよ…。その子には、めんどくさいから。って断られちゃったけどね…」

ラゴーツは困ったように微笑する。

「え!?」

シリアは驚愕と少し怒りがこもったような声を上げる。そうなるのも無理はない。

普通、入学試験一位の生徒が代表のはずが、急に昨日代表を入学試験二位のシリアに代わるよう手紙が届いたのだ。

彼女の家族が大喜びの中、シリアは、一位の生徒は風邪でも引いたのかと思っていた。が、代表変更の理由がめんどくさいときたもんだ。

世界でも有数のヴォ―ドラント魔術学院に入るためだけに今まで頑張って勉強してきた身にとってはさぞ屈辱だろう。

「あ、でも、ちょっとその子は問題を抱えていてね…だからあまり怒らないであげてくれるかしら」

シリアの心情を察してかラゴーツは苦笑いしつつもその生徒をフォローする。

「問題…わかりました! 次にそいつに会ったときに沢山注意しますから! では、本日は貴重なお時間を使わせていただきありがとうございました」

「えぇ、スピーチ頑張ってね」

シリアはそう言い、理事長室を出て行った。

理事長室を出てから間もなく、代表を辞退した生徒に注意しておくとラゴーツに言ったが、肝心のその生徒の名前を聞いてない…と気づくシリアであった。



ーーーーーーーーーーーー

なろうで投稿しているものを投稿させてもらいました。

Page:1



Re: 魔術学院の最強生徒は外見ショタなうえに『魔法使い』だった件 ( No.1 )
日時: 2019/05/04 20:09
名前: 白夢ウルラ

シリアが入学式の会場に行った時には、もうほとんどの生徒が集まっていた。

 式が始まると、魔術の講師が、学院の校則を軽く説明したり、王国の人間が祝いの言葉を新入生に贈る。

 それが終わり、シリアのスピーチが始まる。

 案の定ガチガチに緊張しながらも、平静を保とうとするシリア。そして覚悟を決めるように、すぅと深呼吸し、口を開く。



「皆さん、おはようございます。私はシリア=アールディアです。この学院に入った分、優秀な魔術師になれるよう、精一杯努力します。力の差や成績に囚われず、すべての生徒と仲良くしていきたいです。…最後に、私たち新入生のためにこのような盛大な式を催してくださり、この場を借り、感謝いたします」



 どこかで聞いたことあるような言葉が並べられたスピーチが終わり、壇上に立つシリアがぺこりと綺麗にお辞儀をする。

 それに合わせ、多くの新入生と生徒、新入生たちの家族の拍手が館内に響く。

 シリアが自分の席に戻り、ついたところで、出てきた校長の話が始まる。

「えー、新入生の皆さん、おはようございます。今回は入学おめでとうございます。このヴォードラント学院は、今からおよそ150年前、当時の王、リオン=アイロロギオの提唱により建てられた魔術専門学院であり、世界で有名な、魔術師のほとんどがこの学校から出ています。えー、皆さんには、彼らのように…」

 ―それから一時間ほど校長の話が続く…というお決まりの展開で館内の人の9割ほどが寝たり上の空だったりして、最終的には締まりのない式になったのは言うまでもない。

Re: 魔術学院の最強生徒は『魔法使い』だった件 ( No.2 )
日時: 2019/05/20 21:19
名前: 白夢ウルラ

シリアが入学式の会場に行った時には、もうほとんどの生徒が集まっていた。



 式が始まると、魔術の講師が、学院の校則を軽く説明したり、王国の人間が祝いの言葉を新入生に贈る。

それが終わり、シリアのスピーチが始まる。



案の定ガチガチに緊張しながらも、平静を保とうとするシリア。そして覚悟を決めるように、すぅと深呼吸し、口を開く。



「皆さん、おはようございます。私はシリア=アールディアです。この学院に入った分、優秀な魔術師になれるよう、精一杯努力します。力の差や成績に囚われず、すべての生徒と仲良くしていきたいです。……最後に、私たち新入生のためにこのような盛大な式を催してくださり、この場を借り、感謝いたします」



 どこかで聞いたことあるような言葉が並べられたスピーチが終わり、壇上に立つシリアがぺこりと綺麗にお辞儀をする。



 それに合わせ、多くの新入生と生徒、新入生たちの家族の拍手が館内に響く。

 シリアが自分の席に戻り、ついたところで、出てきた校長の話が始まる。



「えー、新入生の皆さん、おはようございます。今回は入学おめでとうございます。このヴォードラント学院は、今からおよそ150年前、当時の王、リオン=アイロロギオの提唱により建てられた魔術専門学院であり、世界で有名な、魔術師のほとんどがこの学校から出ています。えー、皆さんには、彼らのように…」



 ――それから一時間ほど校長の話が続く……というお決まりの展開で館内の人の9割ほどが寝たり上の空だったりして、最終的には締まりのない式になったのは言うまでもない。





 ◇◇◇



「オリエンテーションをするから、一時間後までに各自、準備して教室に集まる……と……」



 シリアは呟きながら廊下を歩く。これは式の終盤、シリアの担任から言われたものだ。シリアは元々の頭は平凡な、努力タイプの秀才なので、忘れないように口に出しながら教室に向かっている。



「ねぇ、そこの緑の髪の人、さっき代表だった人だよね」

「え、あっ、はい!」



 急に声をかけられたシリアは振り返る。そして固まる。それもそのはず。



(子供……?)

 まだ国の成人である18歳をになっていないシリアが思うのもおかしいことかもしれない。

 だが、そこにいたのはせいぜい10、11の少年だった。青がかった少し長めの黒髪に、一見少女と見紛うような綺麗な容姿。特に目を引くのは左右の瞳の色が違う。 左が琥珀色で右が紅色のオッドアイだ。



(綺麗だな…)



 美少年とはこの少年のようなことを指すのだろう。生徒には見えない。だが、その少年はヴォードラント魔術学院の制服を着ているのでここの新入生だろう。



「今回は代表お疲れ」



 少年はフリーズしているシリアを気にしないで淡々と続ける。



「今回は代表を君に押し付けてしまったからお詫びしに来た」

 その一言でシリアのフリーズはとける。



「き……君が……代表を辞退したのかっ! 君、せっかくの代表を辞退するなんて……どういう神経してるの!? 名前は!?」



「なんか、言ってることが滅茶苦茶だけど、辞退したのはめんどくさいから。神経はわかんないけど見ての通り。名前はフィーネス=エーアスト=ラウルスラータだけど」



 シリアの滅茶苦茶な言葉に無表情ですべて答える少年――フィーネス。



「ずいぶんと長い名前ね……フィーネス……フィーでいいかな……? じゃなくって! お詫び? そんなのいいから! あっ、オリエンテーションのこと忘れちゃったじゃん!」



「なんか忙しい人だね。フィーでもいいけど、お詫びは謝罪だけでも。すみませんでした。呟いてないで紙とかにメモをすればよかったんじゃない?」



「あ……」



 相変わらずに無表情なフィーネスに言われ、そんな初歩的な方法も思いつかなかった自分に、その方法があったか! とどこかで見たことあるようなポーズでうなだれるシリア。



「君、本当に代表なの?」

 フィーネスの無慈悲な言葉が予鈴とともにシリアに刺さった。

Re: 魔術学院の最強生徒は『魔法使い』だった件 ( No.3 )
日時: 2019/06/11 20:54
名前: 白夢ウルラ

「あう〜……あの人のせいでオリエンテーションギリギリになっちゃうでしょ!」

現在オリエンテーション5分前。シリアは走らない程度に早歩きで教室に向かう。しっかりとフィーネスにもらったオリエンテーションの情報が書かれた紙を手に。

「おはようございます!」

シリアはガシャ! と勢いよく扉を開ける。すでに教室に集まっていた生徒が何人かこっちを見たがシリアはお構いなしで指定された二列目の席に着く。

魔術学院南部の四階、成績上位の生徒が集まるSクラスの教室。正面には大きな黒板と高価そうな教壇。そしてその横には教師席。Sクラスというだけあって備品も沢山ある。


「あ、おはよ」

「うん、おはよう。はぁ、1分前……なんとかセーフ……ってなんで君が!?」



シリアに話しかけた隣の席の男子生徒はフィーネスだった。



「いや、なんでって、ここ俺の席だし。あと、近道通ってきた。間に合ったみたいでよかったよ。えー

と、緑さん」



「シリア=アールディアよ、シ・リ・ア! 緑さんって誰よ!あと近道あんなら教え……って何!?」



フィーネスの髪の色とは対照的な紅と琥珀の瞳がシリアの顔をじっと見つめる。



「シリア……どこかで見たことあるような……」

「はぁ……? 代表の時じゃないの……? フィーと私、初対面だし」



「おい、そこの二人……もうオリエンテーション始まるぞ……」



その後の沈黙を破ったのは茶髪で眼鏡をかけた担任講師だった。



「へっ、あ! しゅっ……すみません!」



シリアの間抜けな声に言葉をかむというオマケ付きでクラスが笑いに包まれる。一部にはおい、あんた代表だっただろ……という呆れた表情の生徒もいたが。



「おいおい、しっかりしてくれよな。アールディア、ラウルスラータ」



講師は苦笑いして言う。今の時代、プライドが高い講師が多いが、この講師はSクラスの担任とは思えないほど穏やかそうだ。シリアはそんなことを思う。



「では、オリエンテーションを始める。まず、私の名前は、カルム=エクレールだ。Sクラスの講師をすることになった。これからよろしくな。では、これから、それぞれ自己紹介を前に出てしてくれ。じゃあ、一番目は代表だったアールディア、よろしくな」



自己紹介があるとは聞いていたが、講師により無駄に自己紹介のハードルを上げらるシリア。だが、ここでやらなきゃ学園生活ボッチまっしぐらだ。



「シリア=アールディアです。これからよろしくお願いします」



シリアの自己紹介が終わると、ほかの生徒の拍手が教室に響く。シリアの自己紹介が普通だったので、つまらなそうな顔をしている生徒もいたが。しかし次は、フィーネスの番だ。

幼く綺麗な容姿のせいで注目をすでに集めていたフィーネスは、さらに他の生徒からも視線を向けられる。



「フィーネス=エーアスト=ラウルスラータです。これでも高等学院生です。よろしくしてくれる人はよろしくお願いします」



無表情で少し変わった自己紹介をしたフィーネスに視線が注がれたまま、クラスがしんと静まりかえる。その沈黙を破ったのはまたも担任講師のカルムだった。



「えーと、少し変わり者だが、皆仲良くしてやってくれ。あと、ラウルスラータは魔眼の保持者だが、皆に危害を加えるような魔眼ではないので安心してくれ」



そこに一人の生徒が手を上げる。小柄な桃色の髪の生徒、ルーシア=リノセロスだ。カルムに指され、ルーシアは手を下ろし質問する。



「先生、魔眼って何ですか?」



「魔眼っていうのはな、特殊な魔力を持ってる目のことだ。たとえば、見たものの心を読む、見たものを狂わせる、とかだ。まぁ、魔眼の保持者は一億人に一人位と言われてるから知らないやつがいてもおかしくはないな。魔眼は魔力が強いほど左右に色の違いが出るらしいからラウルスラータのはかなり強力だな」



カルムの説明に「魔眼ってすごいですね……」「一億人に一人がここにいるのかよ……」「ていうか、魔眼だけじゃなくて、あの見た目にもなんかありそうだよね〜」と、教室がざわめきだす。



「先生、もう一ついいですか?」

ルーシアが再び挙手する。



「なんだ?」



「ラウルスラータさんの魔眼はどんな力があるんですか?」



「そういえば、私も人に危害を加えるような魔眼ではないとしか聞いてなかったな。ラウルスラータ、どんな効果があるんだ?」

カルムと教室中の生徒の視線が再びフィーネスに集まる。



「あ、はい。俺の魔眼の効果は、魔術の術式を破る効果です」

Re: 魔術学院の最強生徒は『魔法使い』だった件 ( No.4 )
日時: 2019/07/26 21:53
名前: 白夢ウルラ

『魔術の術式を破る!?』



教室内に本当に今日が初対面化と疑うほどに揃った生徒たちの声が響く。



「マジかよ……無敵じゃねぇか……」「Sクラスなのも納得ね……」またも教室がざわめく。



「ラウルスラータ……術式を破るって……本当なのか……?」

カルムまでもがざわめきに加わる。が、フィーネスは無表情で答える。



「本当ですよ。でも、全部破れるわけではありませんよ。破れるのは初歩的な魔術式だけです」



いや、それでもすごいと思うんだが……。クラス中の生徒の気持ちが初めて一つになった瞬間だった。



「では、そろそろ俺のことは終わりにして、次の生徒に」

「あ、あぁ、そうだな」

この場はざわめきをつくった原因のフィーネスによっておさめられた。



休み時間、シリアは頬杖をつき、考え事をしていた。オリエンテーションが終わったあと、質問攻めにされていたフィーネスは360度生徒に囲まれ、「助けて〜」と言っていた気がしたが、相変わらず無表情なので、無視だ。



だが、彼女の考え事の内容は、彼、フィーネスのことだった。



(フィーは私を見たことあるとか、会ったことあるようなことを言ってたけど……)

でも、初対面のハズだし……と、シリアが悶々としていると、ガラッとドアが開き、次の時間を担当する講師が入ってきた。この講師は担任のカルムとは違い、長髪を後ろで一つにくくった神経質そうで、プライドが高そうな講師だった。



「席に着け、Sクラスの諸君にはこれから、実力を把握する模擬試験を受けてもらう。訓練場に10分後までに集合しろ」



模擬試験があるとは聞いていなかった生徒たちが困惑の表情を浮かべる中、生徒たちにもみくちゃにされて、髪がボサボサになったフィーネスだけが表情を崩していなかった。

Re: 魔術学院の最強生徒は『魔法使い』だった件 ( No.5 )
日時: 2019/09/11 16:42
名前: 白夢ウルラ

そんな中、一人の男子生徒が挙手する。



「先生、そんなこと、聞いてません! 10分後と言われても、魔道具の整備も……」



「そういうことは前日にやっておくのが一流の魔術師だ。もう一度言う。10分後に訓練場だ。以上」



その講師は、生徒の意見をバッサリと切り捨てて教室を出て行ってしまう。講師が出て行った後、教室のあちこちから生徒たちの困惑した声があがる。



魔術師は普通、魔道具を使って魔術を使うのだ。この整備を怠ると、魔術式が上手く起動できなかったり、魔力が逆流してしまうこともある。教室から訓練場までは3分くらいかかる。つまり、整備をする時間は八分程しかないということだ。



魔道具によって、整備時間は異なるが、平均で20分くらいだ。前日に整備をしていた生徒は安堵しているが、していなかった生徒の表情には焦りがかなり見える。



「みんな、焦ってる時間があるなら、整備を急いで! 昨日整備してきた人は、できてない人のを手伝ってあげて!」



立ち上がったのはシリアだった。その声で、他の生徒たちも立ち上がり、「そうだな!」「あいつの言うとおりだ!」と、協力しはじめる。



「ほら、フィーも手伝って!」



シリアに促され、フィーネスも渋々といったように、近くの男子生徒の整備に協力する。



――そうして模擬試験3分前、整備が終わった。



◇◇◇



最初から間に合うとは思っていなかったのだろう。ギリギリで訓練場に着いた生徒たちに、模擬試験を余儀なくすると言った講師は驚いていた。



「大いなる炎よ、弾けろ! ファイア・イラプション!」



「天なる風よ、舞え! ウィンド・テンペスト!」



生徒たちは、次々に魔術を成功させてゆく。そしてシリアの番となった。シリアは腰にさげてあった剣を抜き取る。



「【フラガラッハ】!」

シリアがその名を叫ぶと剣の刀身が光る。それを見た生徒たちはどよめく。



「あれって、神器だ!」



「しかも【フラガラッハ】って、あの五大神器の⁉」



しかし、当のシリアは生徒たちのどよめきを気にせず、続ける。



「光纏いしもの! 我に応えよ! ライトニング・レイ!」

直後、シリアの魔術が訓練場を光で包んだ。






ーーーーーーーーー

これ見てる人いるのかねw

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。