ダーク・ファンタジー小説

*魔王様は暇を持て余しているようだ。
日時: 2019/05/13 23:22
名前: メンマ

episode0 魔王様の事情

「」魔王 []手下

「我は魔王、この世界の王だ。」
「どうやら、とあるニンゲンが私を倒しに来るらしい。」
「私はここであえて、最高戦力の手下をニンゲンに襲撃させてみたら、予想以上の効果で勇者は最初の街から出れていない、つまり…」

「暇だ。」
「とてつもなく暇だ。」
「勇者は来れそうにない、手下は撤回命令を出そうとしても理由がないから出来ない。」
「つまり勇者がコンテニューを繰り返して手下に少しずつダメージを与えるのを待つしかない。」
「誰か…我に…」
「我に暇つぶしをよこせぇ!!」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。