ダーク・ファンタジー小説

幸せなんていらない。
日時: 2019/07/13 18:59
名前: 月菜ゆあ

私、町野亜夢は学校が終わり家に帰る。
そうすると、家には喧嘩中の姉、町野恋鴉と町野実雨奈、2人が居る。
「気持ち悪いんだよ!早く出てけ!」
「いや、人に気持ち悪いって言わない方がいいよ。」
「顔に書いてあるじゃん。気持ち悪いって言おうが言わまいが、私の勝手でしょ!前まであんなに出てく言ってたのに、もう早く出てけよ!」
そう。これは毎日の日課になってしまった。姉は以前から一人暮らしすると言っていたのだが、今になっては普通に毎日家で過ごしてる。そんな中、2人の姉、長女と次女が物凄く仲が悪い。
ほぼ毎日が喧嘩。次女は母親と一緒になって悪口を言う。しかも、私が居る所で。私はただ、それを黙って聞くことしか出来ない。
本当は、心の中では助けたい。
けど、助けたら助けたで母親と次女の仲間割れが起きる。もっと喧嘩が悪化してくるからだ。
それにきっと、私が怖いだけ。弱虫なだけなんだと思う。何も出来ない、頼りがいもない、そう言う自分が大嫌いだ。
色々な事があり、ここの家庭はほぼ壊滅寸前。
「生きてる意味ってないよね。私が我慢すれば良いだけだよね。」
長女が諦めの言葉を発した。
私はなんて声を掛ければいいんだろう。
死なないで?そんなのダメだよ?生きてる意味はあるよ?
そんな事私にはやっぱり言えない。どうやって声を掛ければいいのかも分からない私が嫌いだ。もう、こんな事言って逃げ回るのは辞めたはずなのに。
「早く出てけ。」
次女が呟く。
「分かったよ!」
ちょっと!恋鴉姉!!
恋鴉姉、何を考えてるの?
次回に続きます。

Page:1 2



Re: 幸せなんていらない。 ( No.2 )
日時: 2019/07/19 20:43
名前: 月菜ゆあ

「ねむー」
「昨日夜ふかししたのー?」
歩きながら友達の由梨と喋る。
「うん。姉達が喧嘩の日々でさー。うるさくて眠れない。」
「あー、亜夢はどう思ってるの?」
「私は恋鴉姉には出て言って欲しくないけど、逆らうのが怖くてさ。喧嘩が収まれば良いんだけどね。」
「でもウチも姉弟仲悪いよー」
「え?」
「一時期無視までエスカレートしていったし。今は少し喋るくらいで前よりはマシになったけどね。」
学校に着いた。
「あ!じゃあまた帰りにねー」
「うんバイバイ。」
教室に入って行くとまさかの沈黙した空気が広がっていた。
隣の人に囁くような声で言う。
「皆何かあったの?」
「……。」
無視された?
その事に皆が気付いたらしく声をあげていた。
「男子!今喧嘩してるからって、亜夢は関係ないから話してあげなよ!!ホント、そういう所が嫌なんだよ!」
一方の女子達が声を上げて男子を責めていく。
「もうウチらから話すから。本当に男子の馬鹿!!」
「亜夢。昨日亜夢休んでたから分かんないと思うけど、ある男子が牛乳零したの。そこまでは良いんだけど、謝ってくれずに、女子の悪口を男子が一斉に言ってきて、先生に言っても嘘つくし、ずっと馬鹿にしてきて。朝来て皆で計画したの。男子の事無視しようって。男子も同じ事考えてたらしい。で、こうなってる。」
な、なるほど……。
てことは学校でも喧嘩〜!!!!????
どこでもいつでも私の周りって何で喧嘩ばかりなの〜!!
「な、仲直りしたら?」
「いや、男子から謝ってくるまで許さないからさ。ねー。」
周りの女子もうんうんと頷く。
ど、どうしよう……。
6ー4男女戦争の幕開けです。死にたい……

Re: 幸せなんていらない。 ( No.3 )
日時: 2019/08/02 21:44
名前: 月菜ゆあ

そこから男女戦争が開幕して、私は思いっきり責められた。
でもこの出来事は私のせいなのかもしれない……。
実は……家族から、、嫌われてしまってきている……そんなこと、、親友にも、いや、私には親友なんて居なかった……
男女戦争で私は皆から虐められて、男女も喧嘩ばかりで、家族からも、姉からも嫌われて、
唯一私がどんな事をしても私の味方でいてくれた祖父母は、、、、
もう居ない
こんなになるなら生きる意味なんてないそう思ってきている。
好きな人は居る、けれど、、その人との間にも壁が出来て、周りからはあざ笑われて、家族からは自分を指さされ虐められて、友達からは責められて、男友達からは苦笑いされて、
こんな生活のなにもかもが無駄だと思えてきたんだ。
誰からも必要とされない
その事を言うと、そんなことないよ!と簡単に言う
いざと言う時は私の味方などしずに、放っておく人のなにがそんなことないよ!なんだよ!!!!!!!!
そんなのはどうせなだめるための嘘
それでも懲りずに言うのは嘘に嘘を重ねてる、私はそう思う。
私はもう、誰も信じることが出来ないから
ネットに相談しても、みんなは必ず味方しようとする
でも、そんなのが味方だとは思えない
こんなのは私が悪いってのも分かってる、けど誰も信じたくない、信じられないどうせどうせ、何も出来ないんだよ私は。
姉の気持ちが少し分かる気がしてきた。
放っておいていい、だけど、絶対に味方だよ!とか言われてから裏切られるのは嫌なんだよ……
どうせ裏切る、それを1度でも知ってしまったら、、
もう、誰も信じることが出来なくなるんだよ……
そして励まされたって、なんとも思うことが出来ない、
強いて言えば、私の気持ち知らない癖に何があんたに分かるんだよ、
この気持ちくらいだ。
そして私と同じくらいの気持ちを持つ女子、男子は沢山いた。
皆、男女戦争で精神的に苦痛だったんだ。
自分を責める人も居れば、相手に強く当たる人も居る。
そして強く当てられた人はさらに自分を責めまくる。
そんなのの繰り返しだ。
誰も助けてくれない
そんなのなら、そんなのなら、それが真実なら、わたしは
死んだってきっと、何も思わないんだよ、何か思いたいよ、後悔したいよ、けどそれも全て無くしてしまった私には、
それは伝わらない
無関心と言ってもいい、何を言われても、虐められても、暴力を受けても、
精神的苦痛を与えられても、
何も思わない。
それが、私、になってしまったんだ。
私が、私、を変えてしまったんだ……
幸せなんてものは無い、私の中には、
そして今なんか、幸せなんていらない、んだよ……。
続きます!投稿遅くなってごめんなさい。
そして今回は凄く長文だったと思います。
また、時間があったら投稿するつもりなので、よろしくお願いします。

Re: 幸せなんていらない。 ( No.4 )
日時: 2019/08/06 20:34
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

こんばんは。いきなりの書き込み、失礼致します。

冒頭から喧嘩というシチュエーションに意外性があり、引き込まれました。
「いや、人に気持ち悪いって言わない方がいいよ。」というセリフがリアルなところも良かったです。

これからも応援しております!

Re: 幸せなんていらない。 ( No.5 )
日時: 2019/08/13 17:44
名前: 月菜ゆあ

どうも。作者の月菜ゆあです。
初めてのコメントビックリしました……!!
暖かいお言葉嬉しいです!!
なかなか投稿頻度が遅いと思いますが、
これからもよろしくお願いします。

Re: 幸せなんていらない。 ( No.6 )
日時: 2019/09/09 20:41
名前: 月菜ゆあ

すごくすごく投稿が遅れました。
本当にごめんなさい。
いきなりですが、今回が最終回です。
私、を変えてしまっても、なんとも思わなくなった。
ただ、今自分のしている事が信じられない。
相変わらず、6ー4男女戦争は続いてる。
みんなは、殴り合ったりして、私もそれを止めることが出来なかった。
やっぱり死にたいという気持ちに変わりはない。
みんながどんどん傷つけ合って、互いを責めあって、喧嘩して。
そんなことの繰り返しで頭がおかしくなりそうだ。
だから口からこぼれてしまった。
「もう、仲直りしよう」
一瞬に沈黙が走った。
冷や汗をかきながらも、それに耐え続けた結果。
どっと笑いが起きた。
「そんなのありえない!亜夢頭おかしくなったんじゃない!?」
余計に責められた気がして、怖くなった。
やっぱり、私は幸せなんていらない、!
そういうので、勝手に信じていたくない。
裏切られるなら、最初から信じていたくない。
逃げてるのかもしれない。
でもそれでもいい。
逃げたって、遠回りしてたって、
私の選びたい選択だから。
誰がなんと言おうと、自分の意思を緩めない。それが大切だって事も分かった。
だから、幸せなんていらない。
いきなりの最終回です。
ここまで読んでくれてありがとうございました。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。