シリアス・ダーク小説

自由を求めて
日時: 2019/10/30 12:14
名前: サクマ

エピソード

とある小さな村で育った俺は成長期に差し掛かった頃、些細なことで親と喧嘩をして家を出て隣町で寝泊まりをした。
親が自分のことを探し回って来てくれるのではないかと思い込んでいた。

朝になっても両親が来る気配はなくて、それどころか町では別の話題でザワザワとしていた。

嫌な予感がして、走って村へ帰った。

村はひと地域丸々炎の波に飲み込まれていた。高い山に囲まれた小さな村に消防は時間がかかる上に、深夜に煙が上がっていたのを隣町の住人が見たと言っていた。
膝から崩れ落ちた俺は悲鳴も聞こえてこない村を、消えることを知らない赤やオレンジを見続けることしか出来なかった。

ようやく到着した消防が水をかけたが半日かかった村には黒い木々や塊しか残らなかった。俺の家があった場所は黒い木々が覆い被さっているだけだった。

泣き疲れた目からは何も出てこない。

それから俺は親戚の家に引き取られた。

ーーーー
※ファンタジー要素あります。

エピソード
第一話「交渉」
>>1-3
第二話「雪山の少女」
>>4-7
第三話「ミカエル」
>>8-11
第四話「彼らは生きてる」
>>12-13
第五話「ハジマリ」
>>14-20
第六話「彼らの特質とミカエルの記憶」
>>21-25
第七話「埋められた戦士」
>>26-29
第八話「トウマ」
>>30-33
第九話「明かされる過去」
>>34



Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 自由を求めて ( No.31 )
日時: 2019/10/25 01:56
名前: サクマ


棺桶から、むくりと起き上がった上体。キッと睨みつけるように眉間に皺を寄せた男は首を俺たちに向けた。
思わず「ひっ」と情けない声で叫んでしまう。

暫く俺たちを見ていた男は低い声で紡ぐ。

「ゴルッソ、ちゃんじゃばぬぐぇあんご、じっばぬぁまんじん?ドンロキリヴァナロイスレーヴェルナンジ、ごんござみじぇらバビデゴモーザ」

それは俺には分からない言語。男が喋り終わったタイミングでミカエルの顔を覗き見る。
通訳してもらおうと、見た顔は無表情で首を慣らすように捻ると早口で言った。

「ちょっと何言ってるか分からない」
「えっえええええええ!?ど、どうすんだよ、ミカエル!お前にかかってんだぞ!?」

ミカエルと話が通じないようじゃ目の前の男に何されるか分かったもんじゃない、と必死でミカエルの両肩を掴んで揺らす。

「ち、ちょっと!そういう分からないじゃないから!」
「え?じゃあ、どういう意味だよ?」

頭をガクガク揺らしたミカエルが声を上げたから、揺らすのをやめて問いかける。
肩に置かれた俺の両腕を払いのけると、未だに棺桶の中に座ったまま出てくる様子のない男に近づくミカエル。

「お、おい、ミカエル?危ないんじゃないかっ?」

不安になって後ろから声をかけつつ様子を伺っていると男の目の前で立ち止まったミカエルは俺にも聞こえるように言った。

「ボクと面識があるみたいだけど、ボクはキミのこと知らないし。もし良かったら、彼も分かる言葉で話してくれるかな?ボクらの言葉、理解出来るんだろう?」
「…えっ」
「……」

男は何かを悟ったような瞳でミカエルを見上げて無表情になった。

Re: 自由を求めて ( No.32 )
日時: 2019/10/26 20:28
名前: サクマ


ふぅーっとひと息ついた男は棺桶に手をついて立ち上がり、ミカエルの前に出てくる。
思っていた以上の長身と筋肉質な体つきが服の上からでも分かって、思わず腰を低くして腕を顔の前に構える。
ミカエルは目の前に来た男の顔を見上げて、首が痛かったのかちょっとだけ後ろに下がった。

「……今はミカエルって呼ばれてるんですね」

凛としたよく通る声で男はポツリと言ってミカエルを見下ろしている。俺にも分かる言語で言ってくれた彼は先程まで眉を寄せて俺を睨みつけていたのに、ミカエルを見て力無く下がった眉毛。口角はほんの僅かに上がっているけれど、どこか寂しそうというか悲しそうというか辛そうな・・・そんな表情だった。
そんな男の覇気のなさに俺も肩の力が抜ける。

白のカッターシャツに黒のジャケットとパンツでビシッときまったスーツ姿の男。
返事一つしないミカエルだが沈黙が答えだと思ったのだろう彼はミカエルから俺へ視線を移す。
丸い黒曜石に見つめられて、薄く笑っていた口元は通常の状態に戻された彼の真顔は俺を警戒しているようだ。

「っ…」

思わず息を詰める。
彼は俺を見つめたままミカエルに話しかける。

「あの人は、信用していいんですか」

「彼はボクの友人だよ」

振り返ったミカエルが俺を見て言った言葉に胸が暖かくなって、急にくるデレに嬉しくて泣きそうになる。淡々と言うミカエルはいつも通りだったけど「へえ」と声だけで相槌をうった彼は俺に歩み寄ってくる。

俺の数歩前で立ち止まった男。ゴロゴロゴロと変な響き音がして何かと思った時には地面が揺れ始める。

「えっ、なに、地震!?えっ、ーーーーっ!?」

揺れる地面に慌てて下を見ると、音は地響きのようだが、小さな土や砂や石がコロコロ揺れていたのがゆっくりと空中に浮き上がっていく。
それらを追うように視線を上げると、目の前の男が口角を上げて好戦的な瞳をして笑っていた。
彼の瞳を見て、俺の頭に“死”を連想させ恐怖を感じた。

ビキビキビキッ

音を立てて男を中心に地面が割るのを知らせるように線が入る。

「うわわッ!ちょっ、待って!俺、悪いヤツじゃな」

必死になって命乞いに声を上げているとミカエルが男の服の袖を強く引っ張り叫んだ。

「っ、ニトロ!!」

「ーーーーえっ……?」

ミカエルの声を聞き入れた男が目を見開いて首だけ振り返ってミカエルを見る。

彼の言動と伴う様に、プツリと時が止まったように浮いていた石や地響き、地割れも止まった。
先程よりは小さな声でミカエルが「彼はニトロにボクらを集めるように依頼したんだよ」と言うと彼は肩の力を抜いた。それと同時に浮いていた砂や土が重力にそって落ちてくる。

パラパラパラ・・・

大きかった石や土も降ってくる時には形が崩れて砂に近い大きさになっていた。
俺は膝の力まで抜けて尻餅をつく。
ミカエルが留めてくれなければ死んでいた。

歩み寄ってきた男が右手を差し伸べて気まずそうに引きつった笑みを浮かべて初めて挨拶を交わした。

「トウマです、怖がらせてしまってすみません」

「サクマ、よろしく」

差し出された手を右手で握手するように取れば、引っぱって起こしてくれた。本当は優しいのかもしれないトウマと言う青年、今はもう先ほどのような恐怖は感じない。

でも、あんな思いは二度とゴメンだ!!

そう心で叫んだ。

Re: 自由を求めて ( No.33 )
日時: 2019/10/26 21:26
名前: サクマ


「僕はあなた達の味方です」
「うん、ありがとう、そう言ってくれるとホント助かるよ。さっきは殺されかけたけどな」

立ち上がって服のホコリを叩いて落としつつ、トウマの言葉に呆れたようにツッコミを入れる。
けど、なんとなくさっきのでミカエルとトウマが同種だと言うことは分かった。だって、あんなの・・・普通の人間じゃ出来ない。

「ってか、ニトロって誰だよ?」
「僕達を育ててくれた人ですよ?」
「ハカセの本名だよ、ボクらしか知らない情報さ」

先程トウマを留める為に言ったミカエルのセリフに知らない人物名が使われていた気がして問いかけると、トウマは俺を見てキョトンとした顔で、ミカエルは呆れたように続いた。

ん?・・・ということはニトロと呼ばれる人物は、ミカエル達五人を育てた親のようなもので、本名は“ニトロ”だが共通名は“ハカセ”で、ハカセは俺の願い事を叶える代わりに彼ら五人を幸せにするように依頼してきたお爺さんということになる。
つまり、ニトロは・・・あのお爺さんか!なるほど!

拳を手のひらでポンッと音を立てるように叩くとミカエルから「はぁ…」とあからさまな呆れたため息が聞こえた。

「と、いうことは…トウマはコレに当てはまるんだよね?」

ズボンの尻ポケットからあのお爺さんから渡された五人の特質が書かれた紙を広げてトウマに見せるようにしながら“どんな物でも破壊する無敵の肉体の持ち主であり重力やそこにある空間を操る、異名殺人サイボーグ”と多分書かれているところを指さしてみる。
どうやらあたったようで紙を覗いたトウマが当たり前のことのように「はい、そうですね」と呟いて俺の手からスルリと紙を取って持ち直しマジマジと眺める。

俺には読めない字の書かれた紙、彼らの育ての親であるニトロが彼らにしか分からない文字で書いたもの。

「…生きていたんですね」

どこか懐かしむように、トウマの目が細まり驚く程に彼は優しく微笑んだ。
ニトロは、ミカエルから聞いた限りでは彼らに新しい主・・・というか、新しい居場所を作って、自分の姿を眩ませた感じの人としか思っていなかったが、今のトウマの発言からして、死んでてもおかしくないと思われてる人なんだろうかと思う。

案外すぐに二人目が見つかるものなんだなと思うと五人集めるのも早いかもしれない・・・けど問題は、彼らを幸せにすること。彼らの幸せってなんだよ?とりあえずミカエルは怪我の治癒を・・・ってそういえば、トウマはミカエルを昔から知ってるみたいだった・・・ということは

「トウマってさ、もしかしてミカエルの過去…知ってたりする?」

彼らを幸せにするということは、彼らの望みを叶える事じゃないかと考えた俺は、ミカエルの望みは確か過去を知る事だったはずだと思い、トウマに質問する。
俺の問いかけにミカエルもトウマを見て、トウマは一度ミカエルを見たあと視線を斜め下へ落とした。

「そうですね、大体なら分かりますけど…」

言いづらそうに後頭部をかいて言うトウマに「大体でもいいから知ってること教えて!」と食い気味に言うとトウマはまた引きつった笑みを見せた。

Re: 自由を求めて ( No.34 )
日時: 2019/10/26 21:53
名前: サクマ


俺はミカエルと共有して知っているところだけをトウマに話した。
ニトロの所は幸せだったのに、突然ある日ニトロの所から新しい主の所へ五人が移らなければならなくなったこと。

その後、言いづらそうにトウマは語った。

ニトロから強く言われていたことは「何があっても人間に危害を加えてはいけない事」だった。
物心ついた頃から能力を使えていた彼ら五人は感情というものが欠けていて、それをニトロから教わっていた。
新しい主の元へ移されてから、初めは優しかった主も五人の能力に欲が溢れ、性格が変わっていった。「感情なんてものは捨てろ」と言うようになり、指示に疑問を投げかけるだけで、鞭打ちやナイフでの切り傷や暴力などの酷い仕打ちを受けた。それでも五人はニトロから言われた言葉を、約束を守り耐えていた。

新しい主はニトロから情報を得ていたのか五人の特質をある程度理解した上で手足のように彼らに命令を出していた。

新しい主の住む所は一つの国のようだった。ニトロの住んでいた所は山奥で森の中の一軒家だったので、人間の多く居る所が初めてだった五人は主のいる家に居るよりも外で国民と話す事が増え、少しずつ与えられる感情に幸福感を得ていた。

それに激怒した主は五人に命令した。

“国王と、王族を皆殺しにしろ”

五人は首を横に振った。

主は的を五人に命令するのではなく、一人ずつに別の命令をすることにした。

“従わなければ、五人の誰かを殺す”

そう脅して。

Re: 自由を求めて ( No.35 )
日時: 2019/11/17 00:27
名前: サクマ

彼らには“死”というものが分からなかった。

人間が死を恐れるのを目の前にして疑問を抱いていたが自らの命を絶とうとは思わなかった、それは五人全員が思っていたことで人間も五人の能力に魅了されていたが故に、殺すよりも生かして利用しようという輩の方が多くいたのだ。

そして新しい主の元で暴行に耐えていた五人はあることに気づいた。

それは、五人のうちの誰かひとりでも命が失われれば残った四人には酷い痛みや苦痛が加わり、生き残った四人もドミノ倒しのように死が訪れるかもしれないということ。
五人の単なる仮説でしかないけれど、彼らの身体状況を知ることが出来るのも彼らしかいないのであるからそれは真の話だと国では広まった。

かといって五人の能力者たちが人間に危害を加えないという理由付けになるわけではない。

死に怯えて生きているのは新しい主だって同じなのだ。
いつか自分が隙を見せた時、五人の能力者たちは迷わず自分を殺すのではないかと思った主は五人の能力を縛る道具を作るように命令した。

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。