シリアス・ダーク小説

青の眼で何を見るか
日時: 2020/01/09 19:45
名前: ルカ

☆。.:*:・'°☆.:*:・'°☆
プロローグ

どこにいるのよ、お母さん。

なぜ私の眼は真っ黒なの?

お母さんみたいな真っ青な瞳がよかったわ──

☆。.:*:・'°☆。.:*:・'°☆

はい、初めてお邪魔させていただきますルカです。
いつもは二次創作の方にいます。低浮上です。
満足できる小説を書けないかもしれませんが、ご了承ください。
応援よろしくお願いします。

Page:1 2



Re: 青の眼で何を見るか ( No.3 )
日時: 2020/01/10 19:44
名前: ルカ

大理石の冷たい床をペタペタと歩く。
お父さんは昨日から帰っていないみたいで、お母さんはキッチンにはいなかった。
お母さんの寝室のドアをキイッ、と開けた。

「お母さん、おはよ…」

そう言いかけたが、その部屋は──冷たかった。
人の暖かみなんて、なかった。
寝室は、カラッポになっていた。
カラッポと言っても──家具はそのまま、お母さんだけが、いなかった。

「お母さん?寝てる…の?」

ふわふわの羽毛布団をめくった。
ベッドは──空だった。  

「トイレかなぁ…?シャワールームにいるの?」

と広い家の中を歩き回った。
お母さんは、トイレにも…シャワールームにもいなかった。
ダイニングにも行ったけど──姿はなかった。

(いつか──朝ごはん、出してくれるよね)

お母さんは、帰ってこなかった。
昼を告げる鐘が鳴っても──5時を告げる鐘が鳴っても。

「お母さん…おなかすいたよぉ…会いたいよ…」

涙がカーペットに染みていた。

Re: 青の眼で何を見るか ( No.4 )
日時: 2020/01/10 20:51
名前: ルカ

それからは──棒漠とした毎日だった。

そして、お父さんが帰ってきた。お母さんがいないことを話すと、すぐにお母さんに電話をかけた。でも──お母さんの部屋から、着信音が聞こえた。
お父さんは

Re: 青の眼で何を見るか ( No.5 )
日時: 2020/01/10 20:53
名前: ルカ

上のは操作ミスです💦ごめんなさいm(_ _)m

Re: 青の眼で何を見るか ( No.6 )
日時: 2020/01/10 23:25
名前: ルカ

※書き直し  

それからは──あっという間だった。
 
夜になり、不苦労(ふくろう)が鳴く頃。
お父さんが帰ってきて、お母さんが朝からいないことを話すと、すぐに通信魔法(ギガ・マジカル)を使った。

「だめだ…通信が切れてしまう…これは…誰かが俺の魔法を遮っているのか…?」

と言った。
私は魔術に興味があり、一応やってみたが、

「お父さん、やっぱりむり」

ぎゅるる〜。

「もしかして…ルビー、お腹空いてるんだろう?
 黙ってなくていいのに…さ、キッチンに行こう。」

お父さんは料理ができないはずなのに、私のために精一杯作ってくれた。
ちょっと…焦げ臭かったけど。

「はい、焼きイモリ。」

「お父さん…黒焼き作ったの?」

というほど焦げていたけど。
魔界警察にも相談したが、「家出だ」「別居中なんじゃ?」と信じてもらえなかった。

そのまま、お母さんは帰ってきていない。

第一章 旅立ち ( No.7 )
日時: 2020/01/13 19:34
名前: ルカ

1 何処

それから──数年後。
私はクロロブレードウィッチアカデミー一年生。
17歳になった今でも、目の色は真っ黒だ。

「ルビー!おはよ!」

「おはよう!試験勉強、どう?」

「あはは、全然してないよ〜」

と話しかけてきたのは、同じクラスのカリン。
元気なのはいいけど、勉強に対しての概念が全く無い。
そして留年するのでは、と先生たちが頭を抱えている、まさに
【問題児】である。

「おはよ、二人とも。」

「アリシア!バレッタ可愛いね!」

このアリシアと呼ばれた可憐な少女は、大富豪ザルツブルク家の礼状、
すなわちお嬢様だ。
文武両道、顔も性格も◎なカンペキ少女。

「うふふ、ありがとう。」

「アリシアは、どう?試験勉強」

「ほぼしてないよ〜。ちょっとだけ。」

「ちょっとだけって、どのくらい?」

「え?10時間だけど…」

「「ちょっとじゃないじゃーーん!!!」」

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。