二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 お知らせ 6月〜7月 ( No.334 )
日時: 2016/12/23 07:38
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10

2016年版お知らせ

4月〜5月   >>233 >>327
6月〜7月   >>334 >>389
8月〜9月   >>409
10月〜11月 >>418
12月     >>429


† 6〜7月 お知らせ †


6/2 〜お知らせ・更新知らせ〜
どもです、ゆーいです!なんか小説カキコに久しぶりに来た気がします(^_^;)
では今回はお知らせを…なんと6月テスト週間がやってきてしまいました!
キャンプが終わって漸くゆっくり書けると思ったらこれですよ…テスト期間は書けないんですよね…
ということで、全く来ないかと思いますが時間が空いたら更新できるかもしれません!
本当にこのバカ作者をお許しください。今日も1日頑張りましょう!

追記
ヒビキの譚 1を投稿しました! >>339 目次ではビターメモリーズに入ってます。
すっごい久しぶり更新したので忘れられてるかもしれませんが、読んでくださると嬉しいです!
テスト期間きっつい…
2はいつ更新できるかわかりませんが、時間があれば更新しようと思っています!
よろしくお願いします!!


6/3 〜参照突破知らせ〜
4500参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!めちゃくちゃ嬉しいです。
あと半分で5000参照突破です…!頑張ります!!
みなさん、今日も1日お疲れ様でした!ゆっくり休んで体を癒しましょう!!


6/4 〜更新知らせ〜
ヒビキの譚 2を投稿しました! >>339 もうわけわからんと思うかもしれません…
今日部活ないですひゃっはー!明日は出かけるんで多分更新は無理かな…と思います。
というよりもテスト勉強…テストの範囲が広すぎて泣きそうです。
4520参照ありがとうございます!!


6/5 〜更新知らせ〜
ヒビキの譚 3を投稿しました! >>346 ヒビキの譚はこれでラストです。解説に続きます!
テストやばいんで、解説はいつ投稿できるかわかりませんが頑張ります。
みなさん、今日も1日お疲れ様でした!ゆっくり休んで明日に備えましょう!!
4580参照ありがとうございます!!


6/6 〜更新知らせ〜
ヒビキの譚 解説1を投稿しました! >>349 読みにくいですけど、どうぞ…!!
解説2は只今書いております…早く投稿できるといいな。
学校行きたくないけど行くしかないいいいいいいああああああ!とりあえず頑張りまっせー!!
今日も1日頑張りましょう!頑張ればいつか何か良いこと返ってきますよ!!
4590参照ありがとうございます!!


6/7 〜お知らせ・参照突破知らせ〜
この小説でコメントをくださった方へのコメント返信欄をつくりました!目次からどうぞ!
4600参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!
今日も1日頑張りましょう!私学校嫌ですけど頑張ります!!www


6/8 〜更新知らせ〜
ヒビキの譚 解説2を投稿しました! >>365 次回でヒビキの譚は終わります。
というよりも過度な運動のしすぎでオスグッド病になるなんて…足怪我してますしwww((
今日も1日お疲れ様でした。明日で休みですよみなさん!
4680参照ありがとうございます!!


6/10 〜参照突破知らせ・更新知らせ〜
4700参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!
本編もビタメモも頑張ります…!

追記
ヒビキの譚 解説3を投稿しました! >>367 これでヒビキの譚は終わりです!!
4730参照ありがとうございます!!


6/12 〜更新知らせ・参照突破知らせ〜
番外編を投稿しました! >>370 意外と大事な番外編なので読んでくださると嬉しいです…!
本編更新再開予定については内容をよーくご覧ください。
2780参照ありがとうございます!!

追記
コトネの雑音を投稿しました! >>372 テスト後に投稿するとか言ってたけど、投稿しちゃった☆
コトネちゃんが可愛すぎて尊い…テストいらない…
2はテスト後になります!早く投稿できるように頑張ります!!

またまた追記
4800参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!
4800参照ぴったり賞の方おめでとうございます!!


6/17 〜更新知らせ・参照突破知らせ〜
コトネの雑音を投稿しました! >>375 テストやっと終わりました!死ぬかと思った(笑)
ああ、もう、コトネちゃんが、可愛すぎて、尊いでs((殴
3も早く投稿できるように頑張りまあああああす!
4900参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!
4910参照ありがとうございます!!
4900参照ぴったり賞の方おめでとうございます!!


6/18 〜更新知らせ〜
コトネの雑音とその解説を投稿しました! >>376 >>377 話が進まない…
解説1はちょくちょく書いてたので一緒に投稿できました!
2はまだ先ですが、早く書けるように頑張ります!お願いします!!
4950参照ありがとうございます!!


6/19 〜更新知らせ・参照突破知らせ〜
コトネの雑音の解説を投稿しました! >>378 >>379 頑張りました。
今回から必要な部分だけ解説します!文字数がいろいろ大変なんで…
次回からは俺らの愛歌です!展開が変わるので読む際は注意してくださいね…
4980参照ありがとうございます!!

追記
なんと…なんと…5000参照突破しましたああああああああああああ!!!!!!!
本当に…本当にありがとうございます…!!ここにくるまで一年と五か月かかりました…
Aliceに連絡して参照突破記念絵描いてもらいます…!みなさま本当にありがとうございます!!
わけのわからない小説だと思いますが、これからもよろしくお願いします!!

またまた追記
5000参照突破を記念してセリフ集を作らせていただきました! >>380
良かったら見てください!懐かしい話が蘇ってきます…(*´ω`*)


6/22 〜更新知らせ〜
コトネの雑音の後を投稿しました! >>381 (読んでる側にとっては)ほんの少しの絶望。
コトネの雑音3の追記みたいなものですね…これを読めば、多分理解できると思います…!
5050参照ありがとうございます!!


6/25 〜更新知らせ〜
俺らの愛歌を投稿しました! >>382 新しい話の始まりです…!(大嘘)
一番がシルバー視点、二番がヒビキ視点、三番がコトネちゃん視点の予定です。きっとこうなります!
コトネの雑音 3は夢オチ…みたいな感じです。俺らの愛歌でわかります!
5100参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!


6/26 〜更新知らせ〜
俺らの愛歌を投稿しました! >>383 なかなかうまく書けなくて困ってます。
さて…ビターメモリーズも終わりが近づいてきました。エンドは二つあります。
たった一人で(Bad End)と、Aira(Happy End)ですね。Endまでもう少しです。
5120参照ありがとうございます!!


6/28 〜更新知らせ〜
俺らの愛歌を投稿しました! >>384 終わりが近づきますね…私のテストはある意味終わりました。
最近親友に「胸ちっさいねwwwwwwwwww」って言われて嘆いているゆーいです、こんばんは。
結局三番はコトネちゃん視点じゃなかったよ…シルバー視点になっちゃったよ……
誰か胸が大きくなる方法を教えてください助けてくださいお願いします。
…嘘です、すみません。更新頑張ります…!


6/30 〜更新知らせ〜
俺らの愛歌の解説を投稿しました! >>385 >>386 >>387 夏休みまであと1ヶ月ですよ…悲しい…
眠いです、最近眠気が酷いんですよね……もっと早く寝れればいいのに宿題がたまってて……
5180参照ありがとうございます!!


7/1 〜参照突破知らせ〜
5200参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!
この前二年になったと思ったらもう7月ですよ…なんでこんなに経つのが早いのかわかんない…
中体連も近いですしね…中体連に出るみなさん!大変だと思いますが、頑張ってください!!
私もソフトテニス個人戦ですが出ます!お互いに頑張りましょうね!!
夏休みが近いですが、私はこの夏を生きて過ごせるでしょうか……


7/2 〜更新知らせ〜
たった一人でを投稿しました! >>390 たった一人ではBadEndです。苦手な方はご注意を!
たった一人でってちゃんと意味あるんですよ…!意味なくないですからね!!(;・∀・)
…さあ、2はいつ投稿できるかな……?多分プール週間入るので遅くなると思います。
5220参照ありがとうございます!!


次→ >>389

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4480参照感謝!! ( No.335 )
日時: 2016/06/02 19:34
名前: ヒトミ

何テストだと!?
悪魔の到来だ!

私もテストの時、死にかけてたな。
ゆーい、頑張れ!ファイト!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *ビターメモリーズ ( No.336 )
日時: 2016/06/11 14:07
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

※死ネタあり、譚=物語 って読んでくれるとわかりやすいと思います。


前回→ >>251


ヒビキの譚 1


「コトネ、待てよ! まだ話は終わってない…!! なあ、お願いだから…!!」


「ヒビキくん、待てないの。ここで立ち止まったらダメなんだよ」


一人の少年と一人の少女が白い空間で言い合う。少年は少女の側に寄り、少女の手を掴んだ。


「わかって、コトネ…! 俺の言葉をそんな風に笑わうな…!! 助けてほしいんじゃないのかよ…!」


「どうだろう。私自身もよくわからないや。だってここに来たら帰ることはできないもん」


「俺は、俺は…! お前にこの気持ちが伝われと…!!」


「ヒビキくん、時間だよ。元の居場所に帰らなくちゃ」


少年の体が消えていく。そんな中でも必死に手を伸ばすが、その手は少女には届かない。

この夢でコトネを連れ戻さなきゃダメなんだ。

少年のいる場所は海底。これは夢であり、現実世界ではない。なのに灰がその場を包み込む。
少年はその場から姿を消した。



「はあっ…!… うう…なんで、戻ってこないんだよ…」


見る夢はいつも海底の夢。この夢を見始めたのは最近ではない。もう一年になる。
この夢を見ると息が苦しくなる。でも、半年前くらいからコトネを連れ戻したくて頑張っている。

ヒビキは胸に手を当てた。呼吸を整える。こんな時は外に出るのが一番いい。気分転換に外に出よう。
気を落ち着かせ、着替えて外に出た。

外の光はとても眩しい。ちょっとゆらゆらしてる感じがして、クラッとなる。
空を眺めた。眩しい光を放つ空に手を伸ばしてみる。
コトネに手を伸ばしてもいつも灰に遮られる。だから途中で夢は終わってしまうのだ。


誰も来ないような叢へと足を踏み込む。その場で寝転んだ。ボーッとしてると記憶が蘇ってきた。
夢の記憶だ。



『ふっ…ううっ……う、う…ふうっ…』


『コトネ、どうした!?』


『ヒ、ヒビキくん、だ、大丈夫だから帰って。ここはヒビキくんのくる場所じゃないよ…』


『大丈夫なんかじゃない! そんな辛そうな顔されて言われても困るんだよ…!!』


『大丈夫だから…!』



声を殺して泣いていたコトネを思い出す。こんな夢吐き出してしまいたいのに吐き出せない。
助けてあげたいのに助けてあげられない自分が嫌になる。


そんなことを考えているうちに、いつの間にか景色が変わっていた。
ああ、またこの景色だ。

光が泳ぎ、空にさざめいている。だが、ここは海底。空のような海底なのだ。
波がゆらゆらと揺れている。そのとき、コトネが遠くに見えた。…遠のいている。ただそれだけ。
手が届かない。でも、声は出せる。


「コトネ!!」


大声を出すと、遠くにいたコトネが振り向いた。驚いたような顔をしている。これでも目はいい。


「なんで、来ないんだよ! もうコトネは現実世界にいないからなのか!?」


もっと縋ってほしい。頼ってほしい。幼馴染だろ?
そんな風に言ってみるが、コトネには伝わらない。俺は知ってるのに。


「ヒビキくんか…ふふっ、全くもー、来ないでって言ってるのにー」


コトネの声が脳に響く。
笑わないでくれ、そんな苦しそうな顔で。苦しいのは知りたくない、でも知っちゃうだろ?

遠くからガタンゴトンと音がした。まずい、列車だ。列車がコトネのすぐ後ろを通る。
列車が通ったすぐ後に、温かいものがあたった。俺はコトネの方へと歩いた。

コトネは泣いていた。涙がポロポロと零れ落ちている。
ここは海底だから涙は消えるはずなのに…なんでだ…?


「ヒビキくん、なんでいつも来るの…? なんで、来ちゃうの…?」


「…そんなの夢を見るから、これが夢の中だから来ちゃうんだよ」


「私、もう行く」


「…話をさせてくれ、お願いだから…!」


「もう来ないで。お願い。戻ってこないでよ、ヒビキくん。何度も言ってるでしょ…」


コトネが手を叩く。いつものように灰が舞った。
灰に取り囲まれて、コトネが見えずらくなる。
いやだ、まだ行きたくない。コトネと話をしなきゃならないんだよ…! 俺は…!!



起きた場所は、さっきの叢。いつの間にか辺りは暗くなっていた。

帰らなければ。
家に帰って寝れば、また会えるんじゃないか…?

俺は暗い夜道を走った



2に続く→ >>339

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4510参照感謝!! ( No.337 )
日時: 2016/06/04 01:08
名前: ヒトミ

ヒビキ、頑張れ!
絶対にコトネを連れ戻せるさ!(*≧∀≦*)

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *ビターメモリーズ ( No.339 )
日時: 2016/06/05 20:30
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

※死ネタあり、譚=物語 って読んでくれるとわかりやすいと思います。


>>336


ヒビキの譚 2


走って家に帰るとソファーに寝転がった。
シャワーは明日でいいや…

ぼーっとしてたら寝てしまった。


夢を見ればコトネに逢える、そう思っていたのに何故かいつもとは違う夢だった。
辺りを見回しても一面碧い。まるで天空みたいで、雲もたくさんあった。

なんで…?

そのうち、灰が辺りをかき回した。
灰を吸って苦しくなり、咳をする。ちょっと涙が出た。

どこを見回してもコトネはいない。
なんとか目を凝らしてもう一度周りをぐるうっと見渡すと、三人の少年少女が見えた。
さっきまで遠くにいた筈が、いつの間にか近くにいる。
なあって言ってみたが、声は届いていないようだ。

あれ…もしかして、俺ら…?

三人の少年少女は自分たちとそっくりだ。

だって、
一人の少年は前髪が立ってて
もう一人の少年は赤毛で
一人の少女は反重力のツインテール

まさに俺ら三人だ。でもなんで。
俺ら三人はなんだか険しい顔をしていた。まるで一年前の俺らみたいだ。
よく聞いてると、会話が聞こえてきた。



「…だから、お前に俺の何がわかるって言うんだよ! 全然わかってないくせに…!!」

「いちいちうっせーんだよ! 黙ってろ!!」


「コトネもコトネだけどさ、お前もお前だろ! シルバー!!」


「は? てめーに言われたくねーよ。お前も十分悪いじゃねーか!」


「俺が何したっていうんだよ! というかさ、一番は悪いのはコトネだろ!」


「私が一番悪いけど…でもそんな言い方ないよ! 私だけ悪いなんてことはない!!」



なんだ凄い嫌な気分になってくる。…いや、嫌な予感がする。
一年前にもこんなくだりがあった。嫌な気分、嫌な予感がするのはそうだからかもしれない。



「ふざけんなよっ…! 俺が悪い? 馬鹿なこと言うな!! 俺は悪くねえ!!」

「俺のことも知らないで…」


「なんでいつもこうなんだよ…俺もう懲り懲りだ。帰る」


「……なんで私なの…」


「お前が元々の元凶だからに決まってんだろ! だったら証明しろよ!! 自分は悪くないって!!」


「そんなの考えればわかるじゃん! 私から言う必要もない!!」



だめだ、やめてくれ…



「…消えろよ…もう消えろよ!」


「……!!」


「シルバッ…! それはないだろ…!!」





そうだ

ここで俺らは壊れたんだ


景色が変わり、コガネシティになる。
コトネがショックを受けて、道路に飛び出した。あっちの俺はコトネを追いかけた。

だめだって、コトネ

声は届かない。
向こう側から車が走ってきて…コトネと俺は轢かれた。
コトネの姿が消え、シルバー悲痛な叫び声が聞こえる。俺は倒れたままだった。



「コトネッ…!」


そこで目が覚める。外が明るい。朝が来たんだ。

…でも、どうしよう…夢が見れない。コトネに逢えない。
そういえば、最後に見たときあいつはもう戻ってこないでって言っていた。
あれ、もしかして…

…あと最後に、辛そうに手を振ってた。


なんだか無性にシルバーに会いたくなってシルバーの家に行った。


「なんだ、ヒビキか。そんなところに突っ立ってないで入れよ」


俺は一年前のことをもう一度話した。
話し終えると、シルバーも気持ちを話し出した。
でもシルバーは嘘を言うばかりだった。


「別にあいつなんかどうでもいい」

「本当に消えてほしいって思ってたし」

「別につらくなんかねえし」


俺は知ってる、シルバーがコトネのことが好きだってことを。
だからシルバーがあのときムキになってしまっていたのも本当は辛かったんだってことも知ってる。

シルバー、そんな嘘を言わないでくれよ。
わかってるよ、お前が辛いこと。


「俺らに信じてるハッピーエンドはない」


「えっ…?」


「バッドエンドを逆らいたいならさ、お前はここで止まるなよ」



そこで話は終わり。
シルバーがなんであんなことを言ったのかはわからない。

でも、お前は諦めるなってことだとは感じてる。


そうだよな

諦めちゃだめだよな

もう一度コトネに逢って話をしなければ

笑ったけど、なんだかよくわからない涙が溢れた。
心から言おう、コトネに。



3に続く→ >>346

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。