二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4300参照感謝!! ( No.321 )
日時: 2016/05/23 18:38
名前: ヒトミ

ゆーいは十分、頑張ってるよ。
私、ゆーいの小説を読んでると元気出るから。
だからヒビキ、ゆーいを支えてあげてね♪

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4300参照感謝!! ( No.323 )
日時: 2016/05/23 21:54
名前: ヒトミ

むしろ頑張ってないのは私の方だよ。
だからゆーいの小説を読んでると、心が暖かくなるんだよね。(*´∀`)♪

だから応援するよ!互いに頑張ろう!(*´∀`)♪

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4300参照感謝!! ( No.325 )
日時: 2016/05/24 21:42
名前: ヒトミ

うわぁぁぁぁぁぁんm(。≧Д≦。)m
ゆーい、ありがとう!!

ルーシィ「まぁ、私達の作者は泣き虫だから、誰かがいないと心なんてすぐに壊れるからね。」

だからルーシィ達には感謝してるよ。こんなダメ作者だけど、これからも宜しくねっ!

ルーシィ「ふん、ゆーいさんのためよ!あんたみたいなバカに私が付き合うわけないでしょ?」

デスヨネー。(・_・;

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4300参照感謝!! ( No.326 )
日時: 2016/05/26 19:01
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

>>325 ヒトミ
ヒトミは頑張ってるもの!応援してあげなきゃ!!(・ω・´)
私も誰かがいなきゃメンタルつぶれてるけどね…ヒトミとかみんながいるから頑張れてるよ!

ヒ「こんな小説だけどこれからもよろしくな」


前回→>>315


今日は久しぶりに夢を見た。だけど、夢の内容は最悪だった。
ヒビキが悪い奴に刃物で殺されて、コトネは首を絞められて殺されて、おれはそれを見てるだけのやつ。
起きたとき、汗でビショビショになっていた。夢の中の内容が現実じゃなくてよかった。
でも安心はできない。正夢になることだってある。ベッドの上でうずくまっていたら外から声がした。

誰の声だ?

よく耳をすましていると、聞き覚えのある声だった。
窓からのぞいて、悲鳴をあげている人物をさがす。見つけた。その人物は髪の毛や服をひっぱられていた。
見てて痛々しい。その悲鳴をあげていた人物は…ヒビキ…



シ「ヒビキ!!」



近くにあった服を着て家から飛び出す。助けないと…! 早く助けないとヒビキが死んじゃう…!!
必死にヒビキのところまで走った。走って走って走りまくった。

ようやくヒビキのところまで来て、いじめていたやつを殴りつける。



C「いてえよ! なにすんだこのやろー!!」


シ「もういじめないって言ったのになんでいじめてるんだよ!! ヒビキ、大丈夫か!?」


ヒ「なんで助けにきて…」


シ「心配だからに決まってるだろ! 早く帰るぞ!!」


D「おいまてよ」


シ「ヒビキ帰れ! 走れ!! こいつらはおれにまかせろ!!」


ヒ「むり…むりだよ…おいて行けるわけないじゃんよ!!」


シ「帰れよ!!!」



大声を出すと、ヒビキは帰って行った。おれはいじめてた二人とケンカした。殴ってなぐりあった。
帰らせなきゃ、いけないんだ。おれは無我夢中でケンカした。大切な友だちを守るために。





ぼろぼろのまま帰ったおれは、ラムダに心配されまくった。そして怒られた。おれは、ラムダに聞いた。
「人の記憶を消す薬はないか」と。ラムダはとてもおどろいたような顔をしておれを見つめてきた。
ないのはわかってる。けど、あきらめられなかった。おれは何回も何回もくりかえしきいた。

すると、「ちょっと待っててくれ」と言って部屋のおくへと消えていった。
数分すると変なビンを持って帰ってきた。



シ「まさか」


ラ「きっといつか使う時が来るでしょうって、お前の母さんがまかせてくれたんだ」


シ「えっ…おれの、母さんが?」


ラ「なんでだろうな。予知してたのかな、お前の母さんは。ほら、やる。ただし使い方には気をつけろよ」



ラムダはおれにビンを渡してくれた。いつも適当なやつだと思っていたけど、案外見てくれている奴だ。

おれは次の日、ヒビキの家にジュースを持って出かけた。ヒビキの家にはコトネもいた。
持ってきたジュースにはあの薬が混ざっていて、飲んだら忘れてしまう記憶がある。やり方はすごい簡単。
忘れさせたい記憶、人物、物を考えながら薬を混ぜるだけ。

たったそれだけのことなのに、手が震えていた。おれの忘れさせたいものは…おれ、シルバーのことだ。
忘れさせて、すべて忘れさせて…とにかくシルバーという存在の記憶を消させてしまいたかった。
ヒビキとコトネはすんなり飲んだ。全部飲み切ったのを見て、おれはじゃあなと言ってその場を去った。

おれが去ったそのあとの二人のことは知らない。何も知らない。なぜかなみだがでてきた。
もう、あいつらからおれは消えた。少しでも楽になるはずだ。でも、なみだは止まりはしなかった。




─────・・・

最近のことだ。久しぶりにワカバタウンの研究所へといった。とても昔に来た記憶しかないから思わず、
「ここが有名なウツギポケモン研究所…」と呟いてしまったほどだ。

そのときだ。視線を感じた。誰かと思い、視線を感じた方を見る。…俺は目を見開いて固まってしまった。
それは、五年前に見たヒビキだったから。
懐かしさを感じて今すぐ寄って抱きしめたいくらいだったが、やめた。ヒビキには俺の記憶なんかないから。
俺は近くに寄って「なんだよ、人のことじろじろ見てんなよ」と言った。本当は言いたくなかった。

ヒビキはショックを受けた顔をして去っていった。…いいのだ、これで。俺にとってのハッピーエンドだ。
きっと。


これが、コトネにバレることになるのは、まだ先の話。



おわり
過去編3話に続く


あとがき

ヒ「キャンプ終わったならゆっくり休めばいいのに何で書いてんだ。疲れてるくせに」

ゆ「待ってくれてる読者がいるんですうう!休むわけにはいかないんですうう!」

コ「無理しすぎちゃだめだよ。みんな優しいから待っててくれるよ」

シ「そりゃ読者さんが神だからだろ」

ゆ「読者さんめちゃくちゃ優しいから早く書かないといけないんだよおおあああああ!!」

ヒ「本編も頑張れよ…とにかく休め」

コ「今回も見てくれてありがとう!凄く感謝してるよ!!この2話は3話に続くよ!
  更新ゆっくりだけど、ゆーいさんは頑張ってるから見てあげてください!!ではさよなら!!」


次回→ >>未定

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 お知らせ 4月〜5月 ( No.327 )
日時: 2016/12/23 07:38
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

2016年版お知らせ

4月〜5月   >>233 >>327
6月〜7月   >>334 >>389
8月〜9月   >>409
10月〜11月 >>418
12月     >>429


† 4〜5月 お知らせ †


前→>>233


5/22 〜更新知らせ・更新予定について・参照突破知らせ〜
過去編の続きを投稿しました! >>315
次回あたり過去編2章2話がラストとなります!過去編なげえよ…すげえなげえよ…長い((
これからも過去編投稿するけど亀更新です(^_^;)
そして、更新予定ですが、ラストまで書き溜めするとなんかつまらない感が残るので、
笑ってはいけない編まで書いたら投稿再開しようと思います!!待たせるのも悪いので…
もうすぐ5月も終わりですねえ…早い…早いよ…

追記
4300参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!


5/24 〜お知らせ〜
24日〜26日までキャンプなので更新はできそうにありません…本当にすみません……
私耐えられませんんん誰かヘルプミー!うわああああああ((うるせえ
ヒビキたちに会えないなんて屈辱すぎて……まあキャンプ中に小説の内容考えるけどね!!


5/26 〜更新知らせ〜
過去編2話の続きを投稿しました!過去編2話は終了となります。続きは3話で!!
3話はいつ投稿できるかわからないので、お待ちください(;´・ω・)
そして、短編が短編じゃなくなりそうだったのでタイトル変えました!
タイトルは『ビターメモリーズ』です。苦い記憶、思い出、過去…って意味です。
今日頑張れば過去編かビタメモのどちらか更新できると思いますが、疲れてるので確率低めです…
みなさま、今日も一日お疲れさまでした。明日に備えてゆっくり休んでくださいね。


5/28 〜参照突破知らせ〜
4400参照ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!
ビタメモ書きたいけどネタが思いつかなくてなかなか書けねえ…本編もなかなか書けねえ…
みなさま、今日は休日です!忙しい方もいるかと思いますが、今日も一日頑張りましょう!!
私は体調崩したので部活休んでますがね…(^_^;)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存