二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.305 )
日時: 2016/05/20 20:05
名前: ゆーい
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

>>304 冬夜くん
冬夜くん久しぶりー!待ってたー!!過去編進んでてごめんね(^_^;)
コトネちゃんは可愛いからしょうがないんだよ!!だって私も一目見たときから惚れたもん((
本当に流石コトネちゃんだよね。

更新頑張るね!ありがとう!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.306 )
日時: 2016/05/22 20:52
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→>>297


ヒビキ、おれ見たよ……お前が……いじめられてるとこ。




─────・・・

おれはそのとき、丁度町を歩いていた。なぜ歩いていたか……暇だったからに決まってる。
ちなみに、おれの家は森の中にあるから家に帰るための路でもあるわけだ。

いつも小さな穴から入って森の中に行く。すると、小さな…いや、遠くから大きな叫び声が聞こえた。
どこだと思い、森の中を走った。もしかしたら何かお化けでも出たのかもしれない。
おれは叫び声がした方へと行ってみた。だが、それは想像していたものと全然違った。いじめられていた。
ヒビキが、いじめられているのだった。



C「なーあー、やっとお前のこと構ってやれるんだぜ? もっと楽しめよ」


D「アカリとカズヒコがいたせいで全然遊んでやれなかったからなー! 久しぶりでめっちゃ楽しみだよ」


ヒ「なっ、んで…この日の限って…!! やめて! いたっ…!」



ヒビキはおれと同じくらいの年齢やつにいじめられていて、腹などを蹴られていた。喧嘩は強そうだ。
おれは怖くなって、足が竦んで動けなくなった。どうしたらいい? ここで助けないと…いつか後悔する。
でもおれは勇気がなかった。怖さの方が勝ってその場から逃げた。自分でも思うほど卑怯で最低だ。

心の中で叫んだ。なんで助けなかったと自分を責めた。家まで走ってドアを乱暴に開けて入った。
息が荒い。呼吸が整わない。怖い。ヒビキが…



シ「…はあっ……はあっ…! …ごめっ…ごめんなヒビキ……」



心の中で謝ってもきっと、ヒビキには届いていない。おれは何か違和感を感じた。
ヒビキがいじめられているのを思い出す。さっきの少年二人はやっと構ってやれると言っていた。それに…
それに久しぶりでめっちゃ楽しみだよって言ってた…ということ…おれがあいつと知り会う前から?
ヒビキはいじめられていたってことなのか? 信じたくない、ヒビキが可哀想だ。



シ「コトネは、このこと…知ってるのか……?」



コトネは知っている雰囲気は漂わせていなかった。きっと、ヒビキがいじめられていることを知らない。
このまま放置しておくか、それとも助けてあげるか…でも逃げてしまったからもう逃げられないだろう。
本当は放っておくのは良くない気がするが、ヒビキがどう思っているかによる。でも言えるわけない。
言ったらヒビキが驚く。おれはなにも言えない。臆病者だから。



シ「明日も、様子見てみようかな」



次の日になってもヒビキいじめは終わらなかった。助けてやらなきゃならないのに助けられない。
木の陰に蹲っていると、いじめがヒートアップしてきたのかヒビキの悲鳴が大きくなる。

おれは気づいたらヒビキをいじめていたやつを殴っていた。一人を殴り、もう一人を蹴った。
もう聞いていられなかった。ヒビキの悲鳴なんて、叫び声なんて聞いていたくなかった。
殴りは止まらなかったし、怒りもおさまらなかった。弱い奴は勝てない…ラムダに教えてもらったことだ。
弱い奴はこの世を生きれないから。勝たなきゃ意味がない、強くなきゃ意味がない。



C「悪かったってー! もうかんべんしてよー!!」


D「ごめん、ごめんー!」


シ「もうしないか? ヒビキをいじめないか? それを誓ったらここから逃がせてやる」


C「しない! しないから!! だから許してくれよー!」



少年二人はおれから逃げて行った。あれくらいやっておけばこりごりしてもうやんないだろう。
ホッとしたおれはヒビキに手を差し伸べた。



ヒ「……ありがとう…でも、なんで…」


シ「お前は気にしなくていいよ。とりあえず、今は帰ったほうがいい」


ヒ「ありがとう…この恩はいつか返すよ」



ヒビキは帰っていく。そういえば、ヒビキはあまり半袖や半ズボンを着ない。これは怪我を隠すためか…
いじめは酷いのだということが今わかった。

コトネに言おうか言うまいか迷うおれといったほうがいいと決めつけるおれが心の中にいた。



続く


あとがき

ヒ「あのさ、本編の更新いつできるかわかんないのに何のんきに過去編書いてんだよ」

ゆ「知りませんね」

シ「っていうか俺酷い状況におかれてないか?ヒビキも」

コ「次回は私でてくるのかなあ…」

ゆ「コトネちゃん出てくる予定だよ!絶対に出てくる!シルバーとヒビキが酷い状況なのはしょうがない」

次回も見てね!


次回→>>315

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.307 )
日時: 2016/05/21 16:01
名前: ヒトミ

ww
面白かったよ!
確かにいじめは酷い。私もいじめられたことがあるから、気持ちはわかるな。

ルーシィ「へぇ、あんたもいじめにあったことあるんだね。」

あるわ!...とても悲しかったな。...

それは、おいといてまた今度で良いから、私とゆーいとルーシィとヒビキとかで茶番とかしたら面白そうと思ったのは、私だけじゃないはず!

ルーシィ「待ちなさい。ゆーいさんだって忙しいんだから、やめなさい!」

えぇー。ルーシィちゃんのい・け・ず!

ブチ

ルーシィ「どうやら死にたいようね?」

えっ、待って。スットプ、スットプ!そんなバカでかいハンマーなんかで殴られたら私が死ぬ!

ルーシィ「私の知ったことじゃないわ!あの世で反省してなさい!」

いやぁぁぁぁぁ!

ドゴンッ

ルーシィ「やり過ぎちゃった。テヘペロ」

いきてるわ!勝手に殺すな!



チャンチャン



ごめんね、なんかテンションおかしかったね。
で、ゆーいがもしよかったら私とゆーいとルーシィとヒビキとかで、茶番とかしたいんだけど、ゆーいはいいかな?

茶番って言っても、私とゆーいとルーシィとヒビキが、ポケモン設定で、出会うみたいな。

一応、考えといてほしいな。
更新、頑張れ!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.309 )
日時: 2016/05/21 20:17
名前: ヒトミ

やった♪
ごめんね、忙しいのに。
今すぐに書きたいんだけど、私も5月23日〜6月3日までの2週間は現場実習があるからその2週間後になっちゃうな。

あとここで書いたらゆーいも書きづらくなっちゃうでしょ?だから新しく作った方が良いかもしれないかな?

返答、待ってるね。

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.311 )
日時: 2016/05/21 22:43
名前: ヒトミ

OK!
私が新しく作った方が良いかな?
6月4日。この日に新しく作るね!
作る場所は、二次創作紙ほかで良いかな?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存