二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *13000参照感謝!!
日時: 2018/01/01 08:46
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

クリーミィに返信>>359

13000参照ありがとうございます!!!
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441
†12月    【>>443

《2018年版》
†1月〜2月   【>>444
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 13000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.307 )
日時: 2016/05/21 16:01
名前: ヒトミ

ww
面白かったよ!
確かにいじめは酷い。私もいじめられたことがあるから、気持ちはわかるな。

ルーシィ「へぇ、あんたもいじめにあったことあるんだね。」

あるわ!...とても悲しかったな。...

それは、おいといてまた今度で良いから、私とゆーいとルーシィとヒビキとかで茶番とかしたら面白そうと思ったのは、私だけじゃないはず!

ルーシィ「待ちなさい。ゆーいさんだって忙しいんだから、やめなさい!」

えぇー。ルーシィちゃんのい・け・ず!

ブチ

ルーシィ「どうやら死にたいようね?」

えっ、待って。スットプ、スットプ!そんなバカでかいハンマーなんかで殴られたら私が死ぬ!

ルーシィ「私の知ったことじゃないわ!あの世で反省してなさい!」

いやぁぁぁぁぁ!

ドゴンッ

ルーシィ「やり過ぎちゃった。テヘペロ」

いきてるわ!勝手に殺すな!



チャンチャン



ごめんね、なんかテンションおかしかったね。
で、ゆーいがもしよかったら私とゆーいとルーシィとヒビキとかで、茶番とかしたいんだけど、ゆーいはいいかな?

茶番って言っても、私とゆーいとルーシィとヒビキが、ポケモン設定で、出会うみたいな。

一応、考えといてほしいな。
更新、頑張れ!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.309 )
日時: 2016/05/21 20:17
名前: ヒトミ

やった♪
ごめんね、忙しいのに。
今すぐに書きたいんだけど、私も5月23日〜6月3日までの2週間は現場実習があるからその2週間後になっちゃうな。

あとここで書いたらゆーいも書きづらくなっちゃうでしょ?だから新しく作った方が良いかもしれないかな?

返答、待ってるね。

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.311 )
日時: 2016/05/21 22:43
名前: ヒトミ

OK!
私が新しく作った方が良いかな?
6月4日。この日に新しく作るね!
作る場所は、二次創作紙ほかで良いかな?

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.313 )
日時: 2016/05/21 22:58
名前: ヒトミ

わはーい♪
楽しい小説になりそう♪
宜しくね、ゆーい!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 *4200参照感謝!! ( No.315 )
日時: 2016/07/23 20:22
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→>>306


ヒビキが心配になってくるこの頃。おれは窓の外をながめながらおやつを食べていた。
今日のおやつはパン。前までヒビキたちとわけっこをしていたが、最近は一人のおやつが多い。
一人のおやつはあんまり好きじゃない。あいつらと一緒に食べてから一人で食べるのが嫌になった。

ふと、思い出した。

おれはヒビキのことをコトネに言おうかどうか悩んでいたんだった。こんなぼけっとしてる場合じゃない。
すっと立って、出かける準備をした。いつも手ぶら。だから今日も手ぶら。



シ「めんどくさいけど行くか…」



コトネがどう思うかはわからないけれど、言わないでそんすることのほうが少ないはずだ。
ワカバタウンまでは近い。ほんの少し歩いただけで着いてしまった。

ワカバタウンに足をふみこむと、ちょうどコトネがいた。今日は麦わらぼうしをかぶっている。
もうそんな季節か。目が合うとにこりと笑ってくれた。どきっとして思わずうつむいてしまった。
…こんな風に恥ずかしがってるんじゃない。ヒビキのことを言うために来たんだろうが。



シ「えーと、コトネ……おれ、言わなきゃいけないことがあって…そのさ、あの…」


コ「…? 何かあったの? もしかして、シルバーくんヒビくんにあったこと知ってるの?」


シ「あったことって…コトネも知ってるのか?」


コ「うん、ヒビくんね…最近暑いのに長そでと長ズボンばっかり着てるの…おかしいと思って」



コトネも薄々ヒビキの異変に気づいているようだった。まあそりゃそうだ。長そでって時点でおかしい。
コトネの透き通るようなひとみに心奪われそうになりながら、真実を言った。



シ「コトネ、ヒビキは…いじめられてたんだ…! ううん、いじめられているんだ!!」


コ「え…? ヒビ、くんが…いじめられてる…? それって本当のことなの?」


シ「ん、そう。本当のこと。信じがたいならヒビキにきいてみてもいいと思う。おれからは…それだけ」



コトネはなんとも言えないような顔をしている。これ以上見ているわけにもいかないし、そろそろ…



シ「ごめん、もう帰る。帰らないと怒られるかもしれないし」


コ「シルバーくん! いじめてる人見つけたらまた言って!! ヒビキくんを助けなきゃ…!!」


シ「とうぶんは…いじめないと思う。でも気をつけてほしい」


コ「…どういうこと?」



おれはそれ以上何も言わなかった。これ以上は言ってはいけない。おれは走って帰った。
もし、言ったら…コトネにひがいがいってしまう可能性もなくもない……



シ「ただいまー…」



大丈夫、ヒビキは大丈夫だ。あいつは強い。そう自分に言い聞かせて部屋に戻る。

でもヒビキが大丈夫って思ってるのはおれだけだった。



続く


あとがき

ヒ「よく頑張ったな」

ゆ「キャンプに準備とかでめちゃくちゃ大変だったよ!でもキャンプ中は投稿できないからね!!」

コ「ゆーいも大変だねえ」

ゆ「コトネちゃんが抱きしめてくれるなら私もっとがんb、ぐふっ!」

シ「やめろ変態」

ゆ「変態じゃないでぇーす☆」

ヒ「お前後で覚えてろ…シルバーと叩き潰してやるからさ」

ゆ「誰か助けてください死んでしまいます」

次回も見てね!


次回→ >>325

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。