二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *13000参照感謝!!
日時: 2018/01/01 08:46
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

クリーミィに返信>>359

13000参照ありがとうございます!!!
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441
†12月    【>>443

《2018年版》
†1月〜2月   【>>444
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 13000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 本編更新迷子期間! ( No.289 )
日時: 2016/05/05 11:02
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

【ポケモン】ヒビキたちの物語 登場人物 ーポケモン×東方編ー

登場人物紹介です。>>2でも紹介していますが、こちらでは詳しく紹介しています。
もっとキャラクターの設定を知りたいんだ!!って方はこちらを見るといいかもしれません。
ですが、ネタバレ含まれるので本編を見ていない方は注意です。

因みに!物語の中で新しく出てきたキャラクターも加えていくのでちょくちょく修正していきます!!

章ごとに登場人物を分ける事にいたしました。

本編色々→>>284
前編→>>285
ホラー編→>>286
R団編→>>287
恋愛編→>>288
初恋編→まだ
最終編→まだ

■年齢や性格設定などは公式ではありません。私設定です。(公式に年齢設定があるかわかりません…)


■注意

殆どが公式を参照としているので、霧雨魔理沙、アリス・マーガトロイド、博麗霊夢しか書いておりません。
この他にもキャラは登場します。ですが、他のキャラは公式設定を基として書いていくつもりなので、
詳しくはWikiを見てくれると嬉しいです!!


〈霧雨魔理沙〉

★説明
ニトリの作った機械によってジョウト地方に飛ばされた。
男っぽい性格だが、ちゃんとした女の子。コトネに救われ、泊まっている。

★基本設定
名前 霧雨魔理沙
性別 女
通名 白黒
年齢 14歳くらい

★精神的特徴
性格    男っぽいが、心はちゃんとした女の子
口癖・口調 「〜だぜ」
好きな場所 幻想郷
好き    キノコ
嫌い    ホラー

★肉体的特徴
容姿・外見 若干公式
利き手   右
服装    ショートパンツをはいている
髪型    公式


〈アリス・マーガトロイド〉

★説明
ニトリの作った機械によってジョウト地方に飛ばされた。
ちゃんとした女性で、種族は魔法使いである。コトネの家に泊まっている。

★基本設定
名前 アリス・マーガトロイド
性別 女
通名 七色の魔法使い
年齢 公式参照

★精神的特徴
性格    大人な女性
口癖・口調 「〜ね」
好きな場所 幻想郷
好き    上海人形 蓬莱人形
嫌い    魔理沙のキノコ好き

★肉体的特徴
容姿・外見 若干公式
利き手   右
服装    若干公式
髪型    公式


〈博麗霊夢〉

★説明
ニトリの作った機械によってジョウト地方に飛ばされた。
自力で生きていこうと思える人間。ジョウト地方に来てから病院で住んでいる。

基本設定
名前 博麗霊夢
性別 女
通名 博麗の巫女
年齢 14歳くらい

★精神的特徴
性格    冷静な性格
口癖・口調 「〜わね」
好きな場所 幻想郷
好き    お茶
嫌い    特になし

★肉体的特徴
容姿・外見 若干公式
利き手   右
服装    若干公式
髪型    ロング

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 本編更新迷子期間! ( No.292 )
日時: 2016/05/07 15:37
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA

>>291 山内さん
コメントありがとうございます!Aliceの代わりにゆーいが答えたいと思います(^_^;)
安心してください!Aliceはpixivをやめていません!!ちょっと色々あったそうで…
一度退会しましたが、ユーザー登録をし直してるだけだそうです。『ありすん』で活動しています!
目次のイラスト→URL→絵 というルートでいくと会えますよー!あの人pixiv専門だからね…
迷惑かけてすみませんでした…ちゃんと言っておきます。コメしないんであの人…
安心してください、すっごい無事です。元気です。本当にすみませんでした。
AliceのURLを貼っていない理由は、貼らないでお願いと言われているので貼っていませんね…
一言で良いんで応援してあげてください(つД`)ノ

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 4000参照突破感謝!! ( No.294 )
日時: 2016/05/09 17:41
名前: ヒトミ
参照: http:/

ゆーい

いつもコメントありがとう!
更新頑張れ!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 4000参照突破感謝!! ( No.295 )
日時: 2016/05/09 19:02
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA

>>294 ヒトミ
おおっ!コメントありがとう!!更新頑張るよ!ヒトミも更新頑張ってね!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 過去編更新中 ( No.296 )
日時: 2016/05/13 06:30
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940

前回→ >>203




おれがこの世に生まれてきて何年か経つ




多分だけど、五年





一人にはなりたくない




怖いから




寂しいから




こんなおれにも友達できるかな





2話:シルバーの過去


おれはシルバー。父さんはマフィアのボスで、母さんはいるかどうかわからない。
なんとなくだけど、こんなおれでも幸せな日々を送れている。

おれを世話してくれるのは、父さんではなく父さんの部下だ。主に世話してくれるのはラムダ。
何歳かはわからない。でも見た目からして三十代くらいに見える。



今日はラムダが田舎町へと連れて行ってくれるらしい。その町はラムダの世話になった人がいるという。
おれはその付き添いみたいな感じだ。おれが行かなくても良い気もするけど、一人で行くのは寂しい…
ってラムダが嘆いてきたからしょうがなく行ってやるだけ。



ラ「さあ、シルバー! 着いたぞ、ここが俺の世話になった人のいる町…ワカバタウンだ!」


シ「ここが…ワカバタウン」


ラ「んで、ここが世話になった人のいる研究所! ウツギ博士っていうんだけどな、俺の兼友達だ」


シ「入るのか?」


ラ「おう、入る。今日はウツギに会いにきたからな。お邪魔しまーす!」



今日はラムダの服装が違う。いつもはRって書かれている服を着ているのだけれど、今日は普段着だ。
悪いことしてるからだろうか。わかんない。

中に入ると、白い服を着た人物がいた。この人がウツギ博士…だと思う。



ウ「ラムダ、いらっしゃい! 久しぶりだなあ、君と会うのは!! えーと、何年ぶりだ?」


ラ「二年とか三年ぶりくらいじゃないか? 長い間会いにきてなかったから気晴らしにな!!」


ウ「会いたかったぞ! まあゆっくりしていってくれ」


ラ「ありがとな。シルバー、暇だったら外に遊びに行っても良いんだぞ!」


ウ「そうだね、このワカバタウンにはシルバーくんと同じ年頃の子がいるからね。良い機会かもしれない」


シ「……じゃあ行ってくる」



おれもこんな大人の中でいるのは嫌だったし、ウツギ博士の言う通り良い機会だと思った。

重い扉を開けてスタスタと外へ出ると、おれの前に一人の少年…が立っていた。
身長がおれよりも少し低いくらい。黒と黄色の帽子を反対に被ってる。目は二重。なかなかイケてる。
その少年は俺の近くへと寄ってきた。そしてこう言う。



?「僕、ヒビキっていうんだ! 君はどこから来たの? どこか遠いところ?」


シ「え、あ…どこかはわからない。でも結構遠い…かもしれない」


ヒ「そっか! ねえ、コト!! やっぱり悪い子じゃなかったよ!」


コ「で、でも…」


ヒ「だいじょーぶだって! ほら、こっち来なよ!!」


コ「えっと…わ、私コトネっていうの。しょ、初対面の人にはちょっと話しずりゃくてっ! あっ…」


ヒ「コっ、コト! ご、ごめん!! 緊張してるみたいで…!」


シ「別に…良いんだけどさ。それよりも舌大丈夫なのか?」


コ「大丈夫れす…」



おれが見る限り全然大丈夫そうじゃない。そんなに顔赤くされちゃこっちもどう返していいかわからない。
コトネと言った少女はヒビキと同じく二重。可愛い。
白い大きな帽子を被っているから可愛さが増して見える。今まで見てきた女の中で一番キた。



コ「うう…その、名前…聞いても良いかな?」



名前聞かれることなんて全くなかったから思わず自分を指で指してしまった。コトネはうんと頷く。



シ「おれ、シルバー…こんな変な名前だけど、よろしく…」


ヒ「…変な名前とか言ってるけど、僕はかっこいいと思うよ! シルバーって…響きが良いなあ」


コ「みんなを合わせて音じゃない?」


ヒ「なんで…音?」



なんでおれが音になるんだ…ヒビキとコトネはわかるけどさ…



コ「なんでって…えっとね、コトネは琴の音…ヒビくんは響き、シルバーくんは名前の響きがいい!」


ヒ「つまり…みんなに響きがあるってことだね!」


シ「な、なるほど…」



そういえば、おれ…この空間に馴染んでる? さっき知り合ったばっかりなのに。



?「ちょっとー! 私たちのこと忘れてるよね、二人ともー!!」


?「忘れてるとは…関心できないけどね」



二人の男女が歩いてきた。



続く


あとがき

ヒ「おい、誰が過去編書けって言った」

ゆ「いやあ、これ書かないと本編にいけないんですわー(^ω^)」

シ「○ね」

コ「シルバー! そんなこと言っちゃダメだって!!」

ゆ「私を支えてくれるのはコトネちゃんだけだよ…」

ヒ「過去編書いてる暇があるんだったら本編書け。まだ123話までしか書き終わってないじゃんか!」

ゆ「時間が欲しいんですうううううううう」


次回もまた見てください。


次回→ >>297

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。