二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 みんなの交流掲示板 ( No.228 )
日時: 2016/05/09 06:21
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: ※もう完全に趣味全開

【みんなの交流掲示板】みんなの交流掲示板 説明、注意がきとか色々

えっと、みなさんおはこんばんにちは!作者のゆーいです!えっ?クズ?やだなあー!そんな事言わないでよー!
…ふざけました、ごめんなさい。
じゃあこの話について説明したいと思います!まあ、注意がきみたいなものかな?

・この話はあくまでヒビキやコトネちゃん、シルバーなどのこの物語に出てくる登場人物が話す話です。

・「ここは小説書くところだ!雑談は雑談掲示板でやれよ!」
 「は?なにこれ意味わからないんですけどー」
 っていう方…これはあくまでこの物語の中のお話ですからね!?この物語の登場人物が出てくる話ですからね!?
 勘違いはしないでもらえると本当にありがたいです。あくまでこの物語の中のお話です。
 これはヒビキやコトネちゃんたちがワイワイガヤガヤするだけのお話です。楽しい話になってます。

・下みたいな方はこれを見て明るくなってくれると嬉しいです。コトネちゃんいっぱい出てくるから!!
 ヒビキもシルバーもレッドさんもグリーンもチート野郎(ワタル)もいっぱい出てくるから!!
 「こんのクソ作者が!もっと楽しい話書けよ!最近暗い話ばっかじゃねーか!」
 「本編でコトネちゃんの出番が少なくなってきてるぞ!もっとコトネちゃん出せよ!」
 「もっと明るい話が読みたいなー(威圧)」
 
・でもね、この話はっきり言っちゃと作者の自己満の為でもあるんだよね。これも完全に更新不定期だしね。
 もしかしたら本編より多く出すかもしれないし、こっちの方全然出さないかもしれないし。
 気が向いたときとか出そうと思います。気が向いたとき…時間があるときですかね!

・もしかしたら話す話題とか見つからないかもしれないんで、コメントで書いてくれると嬉しいです!

・因みに作者は出てくるかもしれないし出てこないかもしれません。多分出てくると思う。高確率で。

・これ投稿しまくったら返信数がやばい事になってきそうだけど大丈夫だよね…
 でもそんな簡単にはやばい事にならない気がします。でも本編待ってる人もいるし早く本編進めなきゃね。

・「みんなの交流掲示板」の目次は>>0にあります。一応この注意がきにも載せとこうかと思いますが…
 載せない可能性もあります。目次については使いやすいように使ってくれると嬉しいです。

では、上の事が理解できたらゆっくりとお読みください!ヒビキたちが集っています!!



↓ルールみたいなの


管理人:レッド 副管理人:グリーン

【この掲示板のルール】
・みんなの集う掲示板だから喧嘩は駄目だよ?
・下ネタは禁止。言った奴は即座にフルボッコの刑となるから覚悟しててね
・困った事があったら管理人か副管理人に言おうね
・ジャンルは何でもいいよ。変なこと以外はね…
・いじめとか駄目。やった奴もフルボッコの刑となるからね


【目次】

>>228を絶対見てね! 現在のんびり更新中!!

みんなの交流掲示板 説明、注意がきとか色々>>228

みんなの交流掲示板>>みんなの交流掲示板1
1-1>>229

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.229 )
日時: 2016/03/22 17:14
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: みんなの交流掲示板 略してみん流

【みんなの交流掲示板】みんなの交流掲示板1-1

やあ、俺はヒビキ。みんな知ってるか? 知ってるよな! この物語の主人公だぜ!!
でも最近くそ作者のせいで本編が暗くなり始めてるんだよな。いや…暗くなってんのはもともとか?
まあそんな事はどうでもいいや。とにかく楽しくない!!って事で…ネットで携帯いじってる。
あ。この話、キャラ崩壊注意な。もうみんな壊れてるから。


ヒ「はあ…最近つまんねーな…楽しい事ないのかな……なんだこりゃ…掲示板? 入ってみるか」


興味本位で入ってみた。そしたら、なんと、管理人がレッドさんだった。ニックネームは赤い王者。
副管理人はグリーンさん。ニックネームは翠。どちらもわかりやすい。
まさかとは思った。が、掲示板のマナー、ルールを見て、ああこれはあの二人だなって思った。
まさかのまさかだったから本当にびっくりした。でもスレッドを作ってなんとなく入ってみた。


「みんなの交流掲示板」…略して、「みん流」


ああ…なんというスレ題…こんなんでくるわけないよな。うん、来ない。絶対来ない。
と思ってたら早速来た。誰かと思って見てみたら、なんとなんと…コトネだった。
コトネのニックネームは毎回コトだからすぐにわかる。因みに俺のニックネームはキョウな。


1 みん流民:コト:2016/03/22(火)
あれ?ヒビ…げふんげふん
あのキョウくんですか?


2 みん流民:キョウ
あ、コトじゃん
こんなスレ絶対来ないと思ってたら来てびっくり


3 みん流民:コト
私もびっくりなんだけど…
シルバーに良い掲示板あったってメールで送信しちゃったよ


4 みん流民:キョウ
何やってんねん…\(^o^)/


5 みん流民:コト
悪気というものはなかったんです、はい( ^ω^ )


6 みん流民:銀
なあ…お前ら


7 みん流民:キョウ
あっ…あなたは銀と書いてクズ!


8 みん流 民:銀
潰してもらいたいならいつでもオーケーだぜ


9 みん流民:コト
キョウくんあなた何人ですか


10 みん流民:キョウ
日本人です


11 みん流民:銀
宇宙人の間違いじゃないのか?


12 みん流民:赤い王者
赤い王者がログインしました


13 みん流民:キョウ
察しました


14 みん流民:コト
察しました


15 みん流民:銀
察しました


16 みん流民:翠
察しました


17 みん流民:赤い王者
お前ら仲良いな
てか誰か余計な奴が混じりこんでる気がするんだけど気のせい?


18 みん流民:翠
余計な奴じゃないから!お前の方が余計だと思うんだけど気のせい!?


19みん流民:赤い王者
良い精神病院紹介してやるから行ってこい


20 みん流民:翠
お前も連れてってやるからあああああああああああああああああああああ


21 みん流民:キョウ
いつの間に人集まってるのなwww


22 みん流民:銀
あっという間に22いったな


23 みん流民:コト
ここは変人が多いですね


24 みん流民:銀
という事はお前も変人の仲間だな
おめでとう


25 みん流民:コト
ありがとう
じゃないよ!!君は世界一の変人だね!私は地の底にいる凡人だから!!


27 みん流民:銀
お前が変人じゃなかったら誰が変人になるんだよ


28 みん流民:キョウ
お前だよ!!!!!


29 みん流民:翠
お前だよ!!!!!


30 みん流民:コト
お前だよ!!!!!


31 みん流民:赤い王者
お前ら本当に仲良いな
仲良すぎてて草生えたわ。どうしてくれんだコンチクショウ


32 みん流民:銀
法律相談所か校長先生か担任に相談しましょう


34 みん流民:キョウ
どんどん頭がおかしくなっている子がいます!どうしたら良いんでしょうか!相談所さん!


35 みん流民:赤い王者
うむ。それはいかんな。精神病院に連れて行こう


36 みん流民:翠
お前精神病院好きだな


37 みん流民:赤い王者
こーちょーせんせー!ここに「バイビー!」とか言ってる馬鹿がいます!通報して良いですかー!


38 みん流民:コト
こういう場合は絶対に通報しましょう。危ないです。特に精神が!!


39 みん流民:銀
先に通報しますた


40 みん流民:翠
助けてください先生。クラスメイトに殺されそうです


41 みん流民:キョウ
まあ…いいんじゃない?


42 みん流民:コト
わー先生が壊れたー(棒)


43 みん流民:赤い王者
俺に救いはないんですか神よ


44 みん流民:銀
いつか救いはくるさ
いつかな


45 みん流民:翠
どうあがいても絶望じゃないですかやだー


46 みん流民:コト
時間だから落ち


47 みん流民:キョウ
俺も落ち


48 みん流民:銀
それじゃあ俺も落ち


49 みん流民:赤い王者
みんな落ちてるし俺も落ち


50 みん流民:翠
俺もさよならだ…バイビー!



そして誰もいなくなった



みんなの交流掲示板1-2→>>



一言あとがき(みん流では一言あとがきでっせ)

1つの話につき50スレでいこうと思う( ̄ー ̄)

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.230 )
日時: 2016/03/22 19:30
名前: 天乃

本編…続きがものすごく気になります…早く出してほしいですけど、ゆーいさんのペースに任せます!
でも、でも…ヒビキが助かって本当に良かった…!!もしかしたら死んじゃうかと思ったから…!!
ヒビキもシルバーもよく頑張った!なんかシルバーのかっこよさに惚れそうになってしまいました…

やばい…みん流面白いww
ヒビキとかコトネとかシルバーとかレッドさんとかグリーンさんの団結力がすごくて
私も一緒に喋りたいなぁ。あっ!次はワタルさんが出てきてほしいです!面白そうですし…
察しましたが良かったなぁ

投稿がんばってください!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.231 )
日時: 2016/03/23 08:14
名前: 冬夜 ◆H5dNs51qrM

朝っぱらか来てしまった…

ヒビキィー!!!!!!!!!
助からないんじゃないかって諦めてたけど助かってよかったぜ!
でもここからだよな、生命の分かれ目は…ここから死ぬか生きるかのどっちかだし…
ハピエン来い!

みん流おもれえwww
何やってんだこの5人…察しましたってwww

次回も更新頑張れよー!




そして誰もいなくなった

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.232 )
日時: 2016/03/27 09:10
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>230 天乃ちゃん
もう本当に勝手な作者でごめんね…Aliceにもめっちゃ怒られました。
だから、みん流は気が向いた時にしか更新しない予定になった!Aliceに怒られちゃったからね。
ヒビキは無事に助かったよ!死んだらこの物語終わっちゃうからねー!死なないから大丈夫さ!!
シルバーかっこいいところはかっこいいから、意外にモテるかもしれないと思ってるよ。
面白いって言ってもらえて嬉しいよー!この5人の団結力は凄いです。めっちゃ凄いです。
私も喋りたいけど、ヒビキに怒られそうなんだよねえ。おkです!1-2でワタルさん出すね!
更新頑張るね!ありがとう!!


>>231 冬夜くん
朝っぱらから来てくれてありがとう!感激だよ!!
ヒビキはシルバーのおかげで助かったよ!シルバーに感謝だね!
確かにここからヒビキは動けなくなっちゃうかもしれないんだよね。これからヒビキはどうなるんだろうか…
赤い王者=察しました
Happy END目指して更新頑張るね!ありがとう!!


前回→>>227


91話:海を救いに…

コ「ヒビキくん見つかったかなあ…」

あの様子のヒビキじゃ結構遠くまで行っているだろう。どこにいるのかわからない。
こんな雨の日に外に行くなんて本当にバカとしか思えない。この前だってそれで風邪ひいたのに。
心配で仕方がない…眠たくなりながらそんなことを考えていると、魔理沙が話しかけてきた。

魔「おーい、コトネ。お前今機嫌悪いのか―?」

コ「…機嫌悪いように見えるよね。ごめんね。…こうやってるのはただの暇つぶしなだけ」

ア「…コトネ、あなた不機嫌じゃなくて心配してるんでしょう?」

アリスの言葉にドキッとくる。驚いてアリスの方を見ると、やっぱりとでも言いたそうな顔をしていた。
顔に出ていたか? いや…顔には出していなかった。表情には気を付けていたから。

魔「あ〜…そういう事だったのか。機嫌が悪かったわけじゃないんだな」

コ「えっ…ち、違うって!! 別に心配なんかしてない! だってヒビキくんはこんな事何回もしてるし!」

ア「そんな事言ったってバレバレよ。心配じゃなかったら人に探しに行ってほしいなんて頼まないでしょ?
 それに…今あなた吃驚した顔した。それでもう完全にわかっちゃうのよ」

やはりアリスは格が違う。
前に魔理沙にアリスのことを聞いた。魔理沙はアリスのことを人を見る目が凄い…と言っていた。
誤魔化しにテレビを付けた。適当にチャンネルを変える。すると、丁度ニュースで…

コ「……海が……」

画面に海の様子が映った。しかし、その画面に映った海は何とも言えないような酷いありさまだった。
ニュースキャスターはもの凄く焦っていた。周りにいた人たちもみんな驚いているようだった。

魔「……おい、アリス…行くぞ」

ア「そうね。これ以上黙ってたらこの世界が壊れるわ」

魔理沙とアリスは立ち上がった。

コ「二人ともどこへ行くの? まさか海岸に行くとかないよね?」

魔「よくわかったな。そうだよ、コトネの言う通り海岸に行く。もう見てられないんだ、こんなの」

コ「駄目! 海は危ないよ! いつ何が起こるかわからない。しかもこんな雨だよ!? 無理に決まってる!」

だが、魔理沙はそれに応えようとはしなかった。逆にこう言った。

魔「コトネ、ついて来てくれないか? 今はお前の力が必要なんだ」

ア「でも魔理沙…まだコトネだって完全に自分の力が使えるわけじゃないのよ? 大丈夫なの?」

魔「大丈夫だって! だって自然のものを止められるかもしれないってパチュリーも言ってただろ?」

ア「だけど霊夢は自然を止めることによって死ぬ可能性だってあるって言ってたわ!」

魔「そこは保証できる! パチュリーからこの薬貰ったし、絶対に力をコントロールして制御できる!」

コトネには何を言ってるのかわからなかった。さっき二人には変な力が使えるようになったとは言ったが、
二人はその事を知り合いに相談していたのか…?

コ「あの、二人とも…一体何を言ってるのかわからないんだけど…何の話をしているの?」

魔「…コトネ…お前には悪いんだけど本当に力を貸してほしいんだ。お前の力があれば世界を救える」

コ「世界を救えるなら…協力してあげるけど…」

ア「でもね、コトネ…それには命が係わるの…それでもいい? それでも世界を救いたい?」

さすがに返答に困る。もしそれで大勢の人が救われるのならと思い、言った。

コ「うーん…まあ、いいや! 手伝うよ!!」

魔「ありがとなコトネ!! よし、行くか!」

しかし、その時…コトネの携帯にメールが来た。そっとメールを開く。…メールの送り主はシルバーだった。

コ「なんだろう…」


>>シルバー ヒビキが凄い怪我してる。キキョウの病院にいるから早く来てほしい


コ「嘘…ヒビキくんが…? そんな…」


>>コトネ すぐ走っていく。待っててね


魔「どうしたんだ、コトネ…そんな深刻そうな顔して。なんかあったのか?」

魔理沙がコトネの携帯を見ながら言った。コトネはドアの方を見ながら、

コ「ごめんね、魔理沙…ちょっと行ってくる。またあとで魔理沙たちの方に行くから」

ア「えっ…!? ちょ、ちょっとコトネ!? どこ行くの、コトネ!!」

コトネは顔を一切上げず、部屋をとび出ていった。そんなコトネに魔理沙とアリスは固まった。



続く


あとがき

ごめんなさい!時間がないんでまた後日書きます!!

追記
こんばんはです、皆様!投稿した後学校に行かなきゃいけない用事があったので、書けませんでした。
できるだけ早く投稿したくて投稿してしまったので、最後の部分を修正してあります。急いでたので…
ちょっと目標を1話に1300文字以上書くというものをつくりました。長いと読んでる方も楽しいですよね。
コトネがキキョウに向かいます!!ヒビキを助けに…ではないですが、会いに行きます!
ゲーム設定だと、キキョウシティはワカバタウンから結構遠いんですよねー…
でもこの小説の設定だと、キキョウシティはそんな遠い設定ではありません。走って15分くらいの設定です。

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>235

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存