二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *10300参照感謝!!
日時: 2017/02/28 06:53
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

10000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−Alice(ありす)−
名前:Alice(普段は ありす です)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜8月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月 【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!


∬――About update――∬
リアルがとても忙しいですが、ゆっくりゆっくり更新していきます


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*Twitter
twitter.com/yuippi29

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.218 )
日時: 2016/03/20 12:14
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>216 冬夜くん
いつも待っててくれて嬉しいよ!ありがとね!!
私の場合wiiuとiPadの一行に打つ文字数を使い分けるのが難しい。
3000参照ありがとう!!これもそれも読者様のおかげですからね!!感謝してるよ!
喧嘩してても仲が良い三人組設定にしてあるからねー((
わー!私も火出したいいいいいいいいいいい(≧∇≦) …すみませんしたー…
4000参照目指して更新頑張るね!!ありがとう!!


>>217 天乃ちゃん
3000参照ありがとう!!これもいつも見てくれてる天乃ちゃんのおかげでもあるから感謝してるよ!
忙しいのに来てくれてありがとう!更新頑張るね!!


前回→>>215


88話:大雨

自分達の体から火や水や電気が出てくるようになり、三人は固まったまま顔を見合わせていた。
暫くすると、コトネが口を開いた。

コ「ねえ…この異常事態ってよく考えてみると魔理沙達がジョウト地方に来てからじゃないかな?」

それは確かな事だった。魔理沙達、幻想郷の住人が来てから異常現象が頻繁に起きていたのだ。
ポケモンがいなくなったのも、空が紅くなったのも、自分達がおかしくなったのも。
でもそれを魔理沙達のせいにしてはいけない。別に魔理沙達がやったわけではないからだった。

ヒ「そりゃそうだけどさ…でもそれとこれは関係があるって言うのかよ」

ヒビキが電気を操りながら言った。疑問を持つのは悪いことではない。でも関係ない可能性もある。
それとこれとは別の話かもしれないし、魔理沙達が来たときに丁度重なったかもしれない。
全部が全部魔理沙達のせいではない筈だ。それに、あっちだってこれらの現象の原因がわからないわけだ。

シ「特に深くは関係していないと思うが、関係してるには関係してるんじゃねえのか?」

コ「もし関係していたとしたら…幻想郷って所が本当にあるってことになるよね…」

ヒ「確かに。幻想郷があるなら、次元の問題で起きてるかもしれないしな」

シ「俺は信じられないけどな。本当にあるとは考えられないし、次元なんて非現実的じゃねえかよ」

コ「じゃあ仮に幻想郷があるとするでしょ? 幻想郷は私達が住んでいるこの世界の管理もできるとする。
  それで、幻想郷の管理人がこっちの世界に来ちゃったとして、幻想郷からいなくなっちゃった。
  だから次元が歪んで正常な状態を保てなくなってしまった。…って考えられるよ。」

シ「だから非現実的過ぎて俺、信じられないんだよ。本当にそうなのかどうかも考えたくなんかないしさ」

ヒ「じゃあ他に何が原因でこうなってんだよ。自然にこうなってるとしても、それは不自然すぎるだろ…」

コ「今のこの状況からして、非現実的な事しか考えられないよ…だって異常現象の度が過ぎてるもの」

シ「んー…だったら魔理沙とかに聞いてみたほうがいいかもしれないよな」

コ「そうだね! それが一番いいかも!! じゃあ一回帰って聞いてみ…」

その時だった。雷が近くに落ちたかのように物凄く大きな音がした。その音に思わず耳を塞いだ。

ヒ「なんだ今の雷!! 近くに落ちたとかないよな…!?」

コ「その可能性低くはないと思うよ! だって物凄く大きな音だったからね!」

シ「ちょ、ちょっと俺帰る!! なんか嫌な予感がするんだ…!」

コ「私も嫌な予感がしてる…帰るね…! 魔理沙ちゃんたちには一応聞いてみるよ!」

ヒ「お、おう。気をつけて帰れよ…」

二人の言う通り、さっきから嫌な予感がしていた。何かが起こる気がした。
コトネたちは急いで帰ったが、ヒビキはそこに座ったままだった。自分たちには何が起きているのだろうか。
科学的根拠もないし…シルバーの言っている事も間違ってはいなかった。本当の事だと思った。
でも…もしかしたらだけど本当に幻想郷の住人が来てから世界が変わってしまったかもしれなかった。

ヒ「幻想郷って…本当にあるのかもしれないな…まっ、根拠はないけどな!」

口ではそう言っておきながらも、心の中では根拠は必ずどこかにあると思っていた。
そんな中でも雨は止まず、反対に強く降り続けるばかりだった。止む気配は一向にない。
日常がガラリと変わってしまったのはなんでだろうか。



続く


あとがき

本当に文章短くてすみませんね…これでも1300文字は超えてると思うんですけど…本当にごめんね。
やばいですね、ポケモン界。どんどん雨降ってますよ。このままじゃ崖の上の○ニョになりますね。
あっ…見てない人、知らない人いたら失礼しました。ジョウト地方も海で埋まったりすんのかな。
それよりも…中1あっという間でした。とても短く感じました。
ヒビキたちの物語もあと1年もすれば終わりますかねえ。終わったら終わったで寂しいですけどね…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>222

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.219 )
日時: 2016/03/18 18:45
名前: 冬夜 ◆H5dNs51qrM

更新してるー!あ、呼び捨てでおkか?
最近国語で文関係習ってたんだけど、ゆーいの書き方見習うかなぁー…それの方がいい気がした

きっとレミリアと幻想郷の住民が関係してると思うんだけどなぁー
そろそろジョウト地方がやばいな。崩壊の危機に晒されてるぞ

更新ファイトだぜ!待ってるからな!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.220 )
日時: 2016/03/19 06:57
名前: 天乃

今日は卒業式で忙しいけど、来ました!!更新お疲れ様です

このおかしな現象は幻想郷の住民が来てから起きてるからそう思わなくもないですよね…
私だったら絶対疑っちゃいそう
レミリアさんもこの現象に関係してそうだし…関係してそうじゃなくて関係してるのかな?
でもヒビキたちには頑張ってほしい!!

投稿がんばってください!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.221 )
日時: 2016/03/19 11:01
名前: 雪 ◆EEpoFj44l.

| |ω・`)キタヨ| |´・ω・`)キタヨ| |(`+・ω・´)キチャッタヨ♪←またトリップ変更乙

首絞めたのか...いやいや、私は毎日1人は首絞m((ry
ポケモンの能力が人間に乗り移る!?大変だね...私だったら悪用しそう((すみませんm(_ _)m
幻想郷とジョウト地方にどんな関係があるのかなあ?やばい全然わかんない((

私もゆーいちゃんの書き方を見習うねー!応援してるよー!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.222 )
日時: 2016/03/22 11:32
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>219 冬夜くん
呼び方はご自由にどうぞ―!!
文章力のない私の書き方を見習っても得することは特にないと思うけど、ありがとう!!
その予想は当たるのか!外れるのか!!今回の話で分かりまっせ―!
やばいよジョウト地方…ヒビキくんによると、精神病院等の病院系統が混みまくってるらしいです。
更新頑張るね!!ありがとう!!


>>220 天乃ちゃん
おお!!天乃ちゃん卒業式か!卒業おめでとう!!いやー、天乃ちゃんももう中学生かー…
学校生活お疲れさまでした!新しい旅は長くて険しいかもしれないけど頑張って!!
まあ幻想郷の住民が全て悪いってわけでもないかもしれないから疑っちゃうんだよね、きっと。
レミリアが関係してるかどうかは今回の話で分かりまっす!お楽しみに!ってすぐだけどね。↓
ヒビキも頑張るって言ってるよ!勿論私も更新頑張るね!!ありがとう!!


>>221 雪ちゃん
来たか来たか!待ってたぜー!!トリップ変更しちゃったのかw私も変更しよっかな。
いや、大丈夫だ雪ちゃん。私も毎日誰かの首を絞m((殴
ポケモンの能力が乗り移ったらとりあえず便利なことに使うね、うん((任天堂ごめん
幻想郷とジョウト地方は関係しているのか!それは今回分かります((本日三回目
雪ちゃんに見習ってもらえるとか嬉しすぎる…でも私文章力ないよ…?(;´・ω・)
更新頑張るね!!ありがとう!!


前回→>>218


89話:ヒビキVS咲夜

この現象は幻想郷の住人と関係してるとしか思えなくなっていた。
ヒビキは、そう思いたくなくても、考えられるのがそれしかなかったから思うしかなくなっていた。
すると、隣にあった携帯が音を鳴らした。なんだと思えばコトネからのメールだった。


>>コトネ ヒビキくん居る?


>>ヒビキ 居るよ


>>コトネ 魔理沙ちゃんから聞いたよ


>>ヒビキ なんて言ってた?


>>コトネ 根拠はそんなにないけれど、幻想郷の住民が関係してるのは確かだと思うって言ってた


>>ヒビキ でも魔理沙は何かをしたってわけでもないんだろ?


>>コトネ うん


>>ヒビキ じゃあ幻想郷と俺たち世界が繋がり持ってるってことなのか…


>>コトネ あ、そうだそうだ! 一つ言い忘れてた


>>ヒビキ どうした?


>>コトネ 世界を保ってるのが普通に地球だから、幻想郷は保ってないって言ってたよ


>>ヒビキ へえ


>>コトネ 魔理沙ちゃんが言ってた事なんだけどね、


>>ヒビキ うん


>>コトネ 魔理沙ちゃんの知り合いが言ってた事らしいんだけど…自分たち幻想郷の住民が来た事で、
     世界に歪みが起きたとかなんとかかんとか


>>ヒビキ そうなると…幻想郷はこの世界とは別世界って事になるよな


>>コトネ この紅くなってる空…レミリアって子のせいかもしれないらしい


>>ヒビキ レミリア?


>>コトネ うん、レミリア


>>ヒビキ ずいぶん変わった名前だな


>>コトネ でしょ? それで、その人のメイドさんが、咲夜って人なんだって


その名前を見た途端、携帯を落としてしまった。

───咲夜って人なんだって


>>コトネ ヒビキくん? 何も言わないけど、どうかしたの?


>>ヒビキ ちょっと出かけてくる


>>コトネ この雨の中で!? どうしていきなりそんな事…


>>ヒビキ 気分悪くなってきただけ


その返信を最後にし、すぐさま家を飛び出した。咲夜がいる場所を目指して走る。

咲夜が? あの咲夜が共犯者だって?

やはり幻想郷の住民とは関係があったのだ。どうしてすぐに気がつかなかったのだろうか…
勘が鋭い奴だったらこんな事、数時間も数分も経たずに気づくのではないのか?
ヒビキは、自分はそれほど弱い奴だと自分自身を責めて、嫌った。

目的地に辿り着くと、咲夜の名前を言った。

ヒ「咲夜っ…!!」

すると、ヒビキ目掛けてナイフが飛んできた。顔を少し掠る。掠ったところから血が流れ落ちてきた。
ハッとして後ろを振り返りそのまま後ずさった。こちらを睨みつけ、ナイフを持っていたのは…咲夜だった。

ヒ「さ、咲夜……」

咲「残念だったわね…今更来たってもう遅いのよ。だって計画は実行されたんですもの」

ヒ「なんでこんな事したんだ! おかげで大迷惑だ!」

咲夜は再びナイフを投げつけてきた。ギリギリ避けきる。ヒビキもそれに対抗した。
咲夜の方へと走り、電撃を喰らわす。結構効いたようで、咲夜が退いた。
もう一丁やってやろうかと思ったが、遅かった。ヒビキよりも先に咲夜が動き出し、ナイフを取り出す。
またナイフが飛んできて、避けようと体を使う。しかし、完全には避けきる事ができなかった。
今度は腹を掠るが、運悪く二本来ていたため、一本は、ヒビキの横腹へと浅くだが突き刺さった。
ヒビキは反射的に引っこ抜いてしまった。その瞬間血が滝のように流れ出てきた。痛みで頭が朦朧とする。
ふらふらする足で壁に助けを求める。咲夜はナイフを投げるのを止めなかった。ヒビキの服に深く刺さる。
体の自由を奪われ、何もできない状態となってしまった。

咲「無理よ、私には勝てないわ」

ヒ「勝てないのを…最初、から…決めつけてたら…勝てるわけがない……」

咲「痛いのは好きなの?」

ヒ「好きじゃない」

咲「しょうがないからここら辺にしといてあげるわ。殺しちゃったらお嬢様に怒られそうだし」

ヒ「待てよっ…咲夜っ…!」

行こうとする咲夜を引き止めた。

ヒ「間違ってる、こんなの…人に言われてやるなよ…! 自分で、自分の考えを…実行しろよ…!」

咲「レミリアお嬢様は私に手を差し伸べてくださった。ボロボロだった私を助けてくれたの。
  何もわかってないくせに、知らないくせに勝手に口出ししないで!!」

そう言うと、ヒビキを睨みつけて帰って行ってしまった。
一人置き去りにされたヒビキは痛みを堪えながらナイフを抜こうと必死にもがくが、
腕の部分を服をナイフで止められているため、手が使えずナイフを引っこ抜く事ができなかった。

ヒ「く、そー…い、ってえ…このままだったら、俺…出血多量で、死ぬかも…しれね…な…」

だんだんと意識が薄れ、力も抜けていく。早く咲夜を止めなければいけないのに、動けない…

ヒ「たす…け…誰、かっ……」

ヒビキは何もできないまま意識を無くした。



続く


あとがき

圧倒的咲夜さん。そりゃそうだよね。普通の人間が幻想郷の人間に勝てるわけないよね。
私だったら戦意喪失しちゃうもん。それだけヒビキって勇気あるし凄いよね。
っていうかヒビキー!!!お前大丈夫かよー!!!このままじゃヒビキが死んでしまうではないかー!!!
でも作者の私がどうにかしないといけないんで、次回ヒビキに助けが来ます!…きっとね。

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>227

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存