二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *13000参照感謝!!
日時: 2018/01/01 08:46
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

クリーミィに返信>>359

13000参照ありがとうございます!!!
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441
†12月    【>>443

《2018年版》
†1月〜2月   【>>444
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 13000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.214 )
日時: 2016/03/14 17:43
名前: 冬夜 ◆H5dNs51qrM

待ってたぞ妖夢!!シロマルさんが言わなかったら出さなかったのかな?
とりあえず妖夢と早苗もこの現象を見ていたって事でいいのか?

ていうかここまでで13万文字以上書いただと!?ゆーいさんすげーな。尊敬する
小説書いてるみんなもすごいと思うぞー!俺なんて小説なんか書く気力もないから…

次回も頑張ってくれ!楽しみにしてるから

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.215 )
日時: 2016/03/20 09:17
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>211 天乃ちゃん
自分でもこんなに書いてたなんて驚きだったよ!ホラー編で文字数稼いでたと思うんだけどね…
空が紅くなったら私腰抜かしちゃうよ…気絶する可能性もあるかも…
更新頑張るね!!ありがとう!!


>>212 シロマルさん
シロマルさんが妖夢好きって言ってたから出させてもらったよ!妖夢が可愛いのは納得だ( ̄▽ ̄)
妖夢は可愛い。異論は認めないね!剣士最高!!私も剣士になりたいなー!((
シロマルさんもめっちゃ書いてるね!!凄いな…私、酷い時は500文字とか700文字で終わってたよ…
まだまだ妖夢は出てくるよ!更新頑張るね!!ありがとう!!


>>213 雪ちゃん
妖夢だぜぇえええええええええええええ!!妖夢可愛いよ妖夢。
雪ちゃんくるの待ってたよー!1000文字でも結構書いてる方だよ!それだけ書けるだけ凄い!
私、最初の頃は700文字くらいだったからね!´д` ;
いやいや、雪ちゃんの小説の方が断然面白いよ!私のなんて駄作だから…見てくれるだけ嬉しい…
更新頑張るね!!ありがとう!!!


>>214 冬夜くん
やはり冬夜くんも妖夢ファンだったか!もともと妖夢は出そうか出すまいか悩んでたんだよね…
もしシロマルさんが言ってなかったら今頃出てなかったかもしれないね。
そうだ!この状況は他にもたくさんの人が見ているんだよ!!
私なんてまだまだ未熟者だよ…もっと書いてる小説家さんの方が凄いから、私なんて底辺だよ…
尊敬ですと!?それはありがたい…それじゃあ更新も頑張んなきゃね!ありがとう!!


前回→>>210


87話:普通じゃない力

ポケモンが消えて…空の色が変わって…ただ一つ何も変わっていないのは、酷く降る雨だけだった。
この雨の影響で、あちこちで洪水や土砂災害が起こっているよだ。
この異常事態で世界は混乱していた。ウツギ博士の研究所やオーキド博士の研究所もざわざわしていて、
ヒビキたちも空が紅くなった事でもう混乱状態になっていた。
さっきのメンバーであったが、今は何かが違った。ヒビキとシルバーは言い合っていた。

ヒ「お前っ…! ポケモンがいるっていうありがたみがわかってんのかよ!!」

シ「わかってるから言えるだろーが」

ヒ「ポケモンは俺たちのせいで消えたなんて絶対無い! 俺たちはポケモンに感謝しながら生きてる!
  お前はポケモンに感謝してないからそんな事言えるんじゃないのか!?」

シ「だから言ってんだろ! 俺たちは日頃ポケモンを雑に扱う場面だって多かった筈だ! 感謝してないのは…
  感謝してないのはお前の方だろ! お前に俺の何がわかるってんだよ!」

ヒ「昔からわかってる!」

シ「じゃあ俺の焦りもわかってくれんだよなあ、ヒビキ!!」

その言葉が合図かのようにシルバーはヒビキに殴りかかった。ヒビキもそれに応戦する。
コトネは取っ組み合いをしている二人に怒った。

コ「二人とも何やってるの!? あなたたちの解決法はこれしかないの!?」

いつもはここで喧嘩が止まる筈なのだが、今のヒビキとシルバーにその言葉は虚しくも届いていなかった。
反対に状況は悪化する一方だ。シルバーがコトネの言葉に反応した。

シ「じゃあお前はどういう解決法を出してどうやって解決するんだよ! わかってるなら言ってみろ!」

そんな事言われたって取っ組み合いをしている二人に向けた言葉だから何も答えられなかった。
シルバーはそんなコトネを嘲笑うかのように挑発した。

シ「ほら、何も言えないじゃねーかよ。お前はそれっぽっちの力しかないって事だよな!」

ヒ「シルバー! お前の相手はコトネじゃなくて俺だろ!? なにコトネに逃げてんだよ!」

シ「うるせーな…! 少しは黙ってろよ!」

喧嘩は止まる気配を知らない。なにを言っても二人の耳には届かなそうだ。コトネは大きな溜息を吐いた。
これ以上何も言わずに退くべきか悩んだ。何を言っても聞かなそうな二人に、自分が参戦したって無駄だ。
コトネはさっさと部屋から出て行こうかと二人から視線を外した。
しかし、その場からの逃げ場を塞ぐかのように、二人の喧嘩はヒートアップしてきた。

ヒ「シルバーはいつもいつもポケモンをどういう風に扱ってんだよ!」

シ「なんだよその言い方。ポケモンを扱う? ポケモンは物じゃねえ! ちゃんとした生き物だ!」

ヒ「文句言わずにとっとと言えよ! この弱気クズシルバーが!」

シ「………あ?」

ヒ「そうやってすぐキレんのな、シルバーは。お前短気なんだよ」

シルバーは、取っ組み合っていた手をヒビキの首元へと持って行った。そして、そのまま首を掴む。
これは危険だと反射的に思い、すぐさまシルバーの行動を阻止するためにシルバーに飛び乗った。

コ「ちょっと! シルバー何してるの!? ヒビキくんがっ…死んじゃうじゃん…!!」

ヒ「シルっ…くるしっ…て! いくら、なんでも…これ、は…ないだろ…!」

シ「離せコトネ! こいつを黙らせないと気が収まらないんだよ!!」

コ「やめて…! その手を放してよ!」

やっとの思いでシルバーの手をヒビキから放す。みんな興奮していたようで、息を切らしている。
力尽くでもこの行動は止めなければならないと感じたのがある意味幸いだった。

シ「……許さねえから…!」

ヒ「またやるか…? 今度は負けないから、かかってくればいいさ」

シ「…ちっ……!」

シルバーが拳を握った。すると、その拳から火が出てきた。三人はその出来事に固まった。
ヒビキとコトネがシルバーに寄ろうとした時、二人の体から水が出てきた。
正確に言えば、ヒビキの体からは電気が。コトネの体からは水が。こんな事は生まれた初めてだった。

コ「なっ…何これ…! 私たちの体どうなっちゃってるの…!?」

ヒ「ポケモンたちの能力が俺らに乗り移ったのか…?」

シ「その可能性は…高いかもな…」

さっきまで喧嘩していた事を忘れて、三人は暫くの間無言で顔を見合わせていた。



続く


あとがき

さあて、今回は不思議な力がヒビキたちに乗り移ったようですね。…乗り移ったのかな?
ヒビキたちはなんだかんだ喧嘩しながらでも仲は良いんだと思います。喧嘩するほど仲が良いって事ですね。
こういう関係羨ましすぎてやばいです。…何がやばいんだか。

……って…3000参照!!!???えっ!?いつの間に3000参照いってたの!?えっ!?
嬉しすぎてやばいいいいいいいいい!!目標が確か3000参照だったのでめっちゃ嬉しいです!!
今度の目標は4000参照を目指して頑張りたいと思います!!
みなさん見てくださってありがとうございます!!これからもよろしくお願いします!!

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>218

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.216 )
日時: 2016/03/15 23:02
名前: 冬夜 ◆H5dNs51qrM

結構早く最新話が出てテンション上がってる笑
ゲーム機とパソコンを使い分けるのが難しい…
3000参照おめでとう!2ヶ月でここまできたのか…2000参照から3000参照って凄い
4000参照目指して頑張れ!

喧嘩はこの三人にとって仲のいい証拠だな。本当にうらやましいな
火を出すとか強すぎて笑えない。とか言って心の中では笑ってる自分がいる

更新頑張れよー!更新してたら、高確率でカキコに来るからな!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.217 )
日時: 2016/03/17 17:39
名前: 天乃

投稿お疲れ様です!!
3000参照おめでとうございます!ここまで長かったですね〜4000参照応援してます!!

時間がないんで、ここで失礼いたします!投稿がんばってください!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 3000参照感謝!! ( No.218 )
日時: 2016/03/20 12:14
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>216 冬夜くん
いつも待っててくれて嬉しいよ!ありがとね!!
私の場合wiiuとiPadの一行に打つ文字数を使い分けるのが難しい。
3000参照ありがとう!!これもそれも読者様のおかげですからね!!感謝してるよ!
喧嘩してても仲が良い三人組設定にしてあるからねー((
わー!私も火出したいいいいいいいいいいい(≧∇≦) …すみませんしたー…
4000参照目指して更新頑張るね!!ありがとう!!


>>217 天乃ちゃん
3000参照ありがとう!!これもいつも見てくれてる天乃ちゃんのおかげでもあるから感謝してるよ!
忙しいのに来てくれてありがとう!更新頑張るね!!


前回→>>215


88話:大雨

自分達の体から火や水や電気が出てくるようになり、三人は固まったまま顔を見合わせていた。
暫くすると、コトネが口を開いた。

コ「ねえ…この異常事態ってよく考えてみると魔理沙達がジョウト地方に来てからじゃないかな?」

それは確かな事だった。魔理沙達、幻想郷の住人が来てから異常現象が頻繁に起きていたのだ。
ポケモンがいなくなったのも、空が紅くなったのも、自分達がおかしくなったのも。
でもそれを魔理沙達のせいにしてはいけない。別に魔理沙達がやったわけではないからだった。

ヒ「そりゃそうだけどさ…でもそれとこれは関係があるって言うのかよ」

ヒビキが電気を操りながら言った。疑問を持つのは悪いことではない。でも関係ない可能性もある。
それとこれとは別の話かもしれないし、魔理沙達が来たときに丁度重なったかもしれない。
全部が全部魔理沙達のせいではない筈だ。それに、あっちだってこれらの現象の原因がわからないわけだ。

シ「特に深くは関係していないと思うが、関係してるには関係してるんじゃねえのか?」

コ「もし関係していたとしたら…幻想郷って所が本当にあるってことになるよね…」

ヒ「確かに。幻想郷があるなら、次元の問題で起きてるかもしれないしな」

シ「俺は信じられないけどな。本当にあるとは考えられないし、次元なんて非現実的じゃねえかよ」

コ「じゃあ仮に幻想郷があるとするでしょ? 幻想郷は私達が住んでいるこの世界の管理もできるとする。
  それで、幻想郷の管理人がこっちの世界に来ちゃったとして、幻想郷からいなくなっちゃった。
  だから次元が歪んで正常な状態を保てなくなってしまった。…って考えられるよ。」

シ「だから非現実的過ぎて俺、信じられないんだよ。本当にそうなのかどうかも考えたくなんかないしさ」

ヒ「じゃあ他に何が原因でこうなってんだよ。自然にこうなってるとしても、それは不自然すぎるだろ…」

コ「今のこの状況からして、非現実的な事しか考えられないよ…だって異常現象の度が過ぎてるもの」

シ「んー…だったら魔理沙とかに聞いてみたほうがいいかもしれないよな」

コ「そうだね! それが一番いいかも!! じゃあ一回帰って聞いてみ…」

その時だった。雷が近くに落ちたかのように物凄く大きな音がした。その音に思わず耳を塞いだ。

ヒ「なんだ今の雷!! 近くに落ちたとかないよな…!?」

コ「その可能性低くはないと思うよ! だって物凄く大きな音だったからね!」

シ「ちょ、ちょっと俺帰る!! なんか嫌な予感がするんだ…!」

コ「私も嫌な予感がしてる…帰るね…! 魔理沙ちゃんたちには一応聞いてみるよ!」

ヒ「お、おう。気をつけて帰れよ…」

二人の言う通り、さっきから嫌な予感がしていた。何かが起こる気がした。
コトネたちは急いで帰ったが、ヒビキはそこに座ったままだった。自分たちには何が起きているのだろうか。
科学的根拠もないし…シルバーの言っている事も間違ってはいなかった。本当の事だと思った。
でも…もしかしたらだけど本当に幻想郷の住人が来てから世界が変わってしまったかもしれなかった。

ヒ「幻想郷って…本当にあるのかもしれないな…まっ、根拠はないけどな!」

口ではそう言っておきながらも、心の中では根拠は必ずどこかにあると思っていた。
そんな中でも雨は止まず、反対に強く降り続けるばかりだった。止む気配は一向にない。
日常がガラリと変わってしまったのはなんでだろうか。



続く


あとがき

本当に文章短くてすみませんね…これでも1300文字は超えてると思うんですけど…本当にごめんね。
やばいですね、ポケモン界。どんどん雨降ってますよ。このままじゃ崖の上の○ニョになりますね。
あっ…見てない人、知らない人いたら失礼しました。ジョウト地方も海で埋まったりすんのかな。
それよりも…中1あっという間でした。とても短く感じました。
ヒビキたちの物語もあと1年もすれば終わりますかねえ。終わったら終わったで寂しいですけどね…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>222

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。