二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.191 )
日時: 2016/02/28 11:44
名前: 雪 ◆jYj5cLSwSw

しばらく来れませんでしたぁぁぁ!すいやせんっした!皆様に謝罪でございます。m(_ _)m
>>189
やっぱ最新のもいいけど、昔のもいいよね!よし、誕生日はポケモンの初代のを買おう。

レッド&グリーンさん30歳か...時が経つのは早((ダブルパーンチ
ポケモン20周年おめでとうだね!これからも頑張ってねー!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.192 )
日時: 2016/02/28 14:38
名前: 天乃

ポケモン20周年おめでとうございます!!時が経つのは早いですねぇ…

誕生日かぁ…やっぱり私はポケモンを買ってもらおうかなー
あああっ!初代欲しいけど、お金もゲーム機も無い…

そしてレッドさんとグリーンさんがメタい…

投稿がんばってください!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.193 )
日時: 2016/03/06 10:07
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>190 冬夜さん
ポケモン作った人にとって、この二十年間は大変だったんだろうね…見習わなきゃ~_~;
おお!FRRGかあ!私は小5、6辺りにFRRGをやったかな。クラスの男子の影響でやったという…
HGSSのライバルの名前はシンプルにシルバーにしたで!クラスで流行ったニックネーム総選挙ww
ライバルも今頃嬉しがってると思うよ!(根拠は…ない)
更新頑張ります!ありがとう!


>>191 雪ちゃん
雪ちゃーん!久しぶりー!!待っていたよ!
やっぱ誕生日はポケモンだよね!でも、いつも誕生日後に買ってもらってる…
今年は12月あたりに買ってもらおうかな。最新作出るしネ!( ̄▽ ̄)
ああ…30歳か…早いもんだね((
更新頑張るね!ありがとう!


>>192 天乃ちゃん
本当に時が経つのは早いもんだねえ…みんなやっぱそう思うよね…私20年も生きてないけどね!
えっ!まさか3DS持ってなかったりする!?もしや自分のないとか、ないよね…?
※レッドさんとグリーンさんの正常がログアウトしました。
更新頑張るね!ありがとう!


前回→>>184


前回の続き


出して…!


出してよっ…!


僕は何にも悪くないじゃないか!


それなのにどうしてこんな事されるの…!?


僕があいつらの気に入らない奴だからこういう事するの…!?



ヒ「…お願いだから…出して」



ガラッ



ヒ「ひっ…! だ、誰?」



僕が見た先に居たのは、コトだった。



コ「ヒビくん、またこんな事されて…辛いよね。早くここから出よう」


ヒ「う、うん」



コトは僕の手を引っ張って閉じ込められていた場所から出た。夜の道は昼の道と違って暗くて怖い。
だから僕は、閉じ込められるのが一番嫌だった。



コ「わあっ…!! 星空がきれいだねえ! 」


ヒ「……本当だ…」



見上げると、コトの言った通り星が空を覆っていた。星空に、心癒された。
コトは僕の方を見ると可愛く微笑んだ。二つに縛った短いツインテールが微かに揺れる。



コ「きっと元気のないヒビキくんをなぐさめてるんだよ! あんな奴らに負けるなって言ってるんだよ!」


ヒ「本当にそう言ってるのかな…僕はそう言ってるようには思えないよ」



そう呟いてコトの方を見る。コトは驚いたような、悲しそうな顔をして僕をじっと見つめた。無言で。




次の日も虐められた。
もうポケモンスクールなんて通わなくてもいいかな。虐められるために来てるようなもんじゃんか。
僕の身体は悲鳴を上げていた。暴力で受けた傷も目立ってきて、母さんにも心配されてしまった。
コトのお父さんやお母さん、近所のおばちゃんやおじちゃんにも心配された。

まずい

僕が虐められていることがばれてしまう

ばれたらあいつらがまた何を仕出かすかわからない

わからないから怖い

どうにかしないと



コ「ヒビくん…助けを求めてよ」



ぼーっとしている僕に、コトが喋りかけてきた。ハッとして平常を取り戻す。



ヒ「コト…」


コ「ヒビくんがそんなんじゃ、コトも元気が出ないよ」


ヒ「………っ…」



今にも泣き出しそうなコトよりも先に、僕が泣き出してしまった。


たすけて


たすけて



ヒ「コトっ…ぼくを、たすけてっ……!」



続く


あとがき

ごめんなさい、今回短かった気がします…しかも変な終わり方だしー!!
過去編は更新ペースが本編と違って不定期です、はい。
なんでやねん!って思った方、できるだけ更新ペース崩さないようにするから許してくださいな。
次回で一話が終わるかな?過去編は短いからすぐ終わりそう…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>203

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.194 )
日時: 2016/03/03 19:03
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

前回→>>187


82話:破壊の少女

?「此処は何処なんだろう。興味本位で来てたら迷っちゃった…」

そこには、宝石のようなものがついている羽の生えた小さな少女が居た。
その少女には、牙が生えていた。町の人たちはその少女を見て、驚いていた。

?「もう疲れちゃったよ。あーあ、魔理沙たち何処行っちゃったんだろう」

?「あ、貴方…フラン?」

フ「え?」

フランは声のした方を見た。

フ「あ! アリスじゃない! やっと仲間を見つけられた!」

アリスは買い物途中だったようで、手に袋をぶら下げていた。

ア「無事で安心したわ。貴方今まで何処にいたの?」

フ「うーんとね、町の中を歩き回ってたんだ! アリスは?」

ア「女の子の家で楽しく暮らしているわ」

女の子の家…
フランはいろんな風景を想像してみた。可愛らしい赤い屋根の家が浮かぶ。
アリスがフランにこう問う。

ア「フランは何処で暮らしているの?」

フ「暮らしてないよ? 叢でゴロゴロしてる。だって暮らす場所なんかないもん」

そうなのだ。フランは此処に来てから泊まる所が見つからなくて困っていた。
助けてくれる人もいなかったし、助けて貰おうとも思っていなかった。

ア「そうなの…それじゃあ病院に泊まらない? これから行くとこなのよ」

フ「病院? 泊まれるの?」

ア「話によると、泊まれるらしいわ。さ、此処じゃ寒いでしょ? 行くわよ」

アリスについて行くと、本当に病院があった。中へと入る。
すると、女性がこちらに向かって歩いて来ていた。

看「今日はどうしましたか?」

ア「あの、この子を泊めさせてもらっても良いでしょうか?」

看「良いですよ。こちらへどうぞ」

女性が案内する。案内された部屋の中には、紅白の巫女と紫の魔法使いが居た。

ア「霊夢、パチュリー。話を聞いたから会いにきたわよ」

霊「アリス、久しぶりね。フランも、ね」

霊夢は先ほどからフランの気配に気がついていたようだ。フランの方を見ずに名前を呼ぶ。

フ「私が居るってよくわかったね…」

霊「博麗の巫女を馬鹿にしないでちょうだい。これでも勘とか良いんだから」

パ「それ、普通自分で言う?」

呆れたように言い放つ。

霊「今のはまずかったかしら…まあ良いわ。それよりもフラン、これあげるわ」

霊夢がフランに手渡したものは、単なる大きめのスーパーボールだった。

フ「ボール? 貰っていいの?」

パ「私からのプレゼントよ。欲しかったでしょ」

フ「やったあ! じゃあありがたく貰っておくね!」

しかし、ぎゅっと握りしめた途端にボールが大きな音を立てて破裂した。一瞬の出来事だった。
いきなりの出来事に、霊夢もアリスもパチュリーも吃驚。三人とも目を見開いた。
音に反応したのか、看護師が驚きながらやって来た。

看「どっ、どうかしましたか!? って…えっ?」

破裂したボールとフランの顔を交互に見ながらきょときょとしている。

看「えーっと…何が…あったのでしょうか…」

フ「私がこのボールを割っちゃったんです…ごめんなさい!」

看護師は何を言っているのかわからないように焦りを隠せていない。

看「この、ボール…スーパーボールですよね…? よくこんなの、割れましたねー…」

その場がシーンとなるのを感じる。この世界の者には不思議な事としか思えないのだろう…



続く


あとがき

フランちゃんはある意味凄いと思います。
いや、そりゃあ驚くよね!ギュッとするだけでパーンってなるって凄いと思う!
私なんて給食で出るソフト麺の袋が限界だもん!
ん?私めっちゃ弱すぎるやん…貧弱貧じゃk((

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>199

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.195 )
日時: 2016/02/28 19:11
名前: シロマルJr. ◆o7yfqsGiiE

久しぶりにここ来てみたw

ポケモン20周年かー…早いもんだなー
僕はDPデビューだからね。もっと昔のもやってみたいな!
任天堂さんも、色々大変だったんだろうなw
やはりレッドとグリーンがメタい…


ヒビキ…まさかそんな悲しい過去があったなんて……
おいイジメっ子!!一体何の恨みがあってこんな酷い事をしてるんだ!!
もしうちの作品に来たら、僕とアブソルが迎え撃つ!!((来ねーから


フラン強すぎやろwwww
スーパーボールって、言うまでもなく硬いよね!?
それを片手で握り潰すって、人間のやることじゃ…あ、フラン吸血鬼だった☆



これからも更新ファイトですよ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存