二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.181 )
日時: 2016/02/20 13:38
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

前回→>>179


79話:ライバルくん

雨が酷く降り続けるこの頃。ああ、こんな天気は嫌だな。天気が悪いとどうも気分が乗らない。
そんな事を考えながら、家の中で不満そうに目を細める者がいた。
最近コトネから連絡があったが、雨が酷くて会えていなかった。
雨が降っていると外に出る気にもならない。とにかく外には出たくなかった。
外には出ないが、連絡はとりあっている。

?「………今日一日なにするかな。特にやる事もなさそうだしなぁ…」

ごろんと床へ転がると、天井を見つめた。此処のアパートはそんなに古くなく、結構新しい。
壁が白くて、目に優しくて…まるで、あの女みたいだと、そいつは思った。
すると、手に持っていた携帯が振動する。画面を見ると、連絡の通知が出ていた。


シルバーへ

久しぶりだね。
ヒビキくんは風邪治って、元気にしてるよ。
突然なんだけど、私の家に来てくれないかな。話したい事があるの。
えっと、告白とかじゃないからね? もう一度言うよ? 告白とかじゃないからね!
とりあえず私の家に来て!こんな雨の中呼び出しちゃってごめんね。
それじゃあよろしくね。


送り主を見ると…予想通りの人物、コトネだった。確かにこんなに雨が酷い中行きたくは無い。
でも、親しい仲でもあるから、行く事にした。

シ「しょうがねえ、行くか」

いつもの上着を着ると、傘を持って家から出る。クロバットに乗ってコトネの家へと急ぐ。
ワカバタウンに着くと、看板の近くにコトネが傘をさして待っていた。
シルバーが声をかけると、沈んでいた顔が、一気に明るくなった。

コ「シルバー! 随分と早かったね! 濡れて寒いでしょー、早く私の家に来て!」

家の中は暖房がかかっていて暖かった。冷えた体への薬みたいなものだ。

シ「それで? 俺を呼んだわけはなんなんだよ」

コ「うーんとね、新しい友達ができたから紹介しようと思ったの! 二階へ来て!」

また変な事を言い出した。本当に何を考えているのかが理解不能だ。まあ、そこが良いのだが。
コトネの後から、部屋に入る。部屋の中には二人の女が座っていた。

コ「紹介するね! この二人こそが私の新しい友達!! ワカバタウンに数少ない女の子だよ!」

魔「私は魔理沙だ。最近ポケモントレーナーになったばかりだけど、よろしく」

ア「私はアリス・マーガトロイドよ。私も最近ポケモントレーナーになったわ。よろしく」

シ「…よろしく」

確かにワカバタウンには女子が少ない。貴重な存在だ。しかし、見た事が無いにも程がある。
こんな髪色の奴はいない。だって、金髪なんて…

シ「あのさ、どこ出身?」

魔「幻想郷ってとこだぜ。めっちゃ景色が綺麗な場所」

またおかしな奴が来たと気分が悪くなった。

ア「私も幻想郷出身。種族は魔法使い」

いや、魔理沙よりもアリスの方がおかしいかもしれない。

幻想郷ってどこだよ! 魔法使い? そんなもん知らん! 種族とかあんのかよ! なんだよそれ!
こいつら頭おかしいんじゃねえか!? 俺人間だけど信じらんねーよ! 人間だからこそ信じらんねー!

全く突飛な話である。非現実的な事に対して無関心なシルバーは信じない主義だった。
頭がおかしいんじゃないかと思いながらもアリスに言った。

シ「幻想郷…聞いた事が無いが、それって何処にあるんだよ」

ア「私も聞きたい。この世界は何処にあるの?」

アリスの発言で何も言えなくなった。もしアリス達が本当に幻想郷って所からから来たんだとしたら…
自分達の住んでるこの世界は、シルバーがアリスの立場だったら何処かわからないだろう。

シ「…もう良い。お前等は幻想郷からやって来た、それで良いんだよな?」

魔「ん! それで良いんだ。それじゃ、これからよろしくな!」

シ「あ、ああ」

もうどうでも良くなっていたシルバーであった。



続く


あとがき

シルバーとアリスって、組んだら強そう…(-_-;)
シルバーは幻想郷とか信じないタイプです。私は信じますよ!二次元大好k((
この章ではシルバーの登場回数少ないかも…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>183

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.182 )
日時: 2016/02/17 15:21
名前: 天乃

本当はバレンタインに来たかった…
バレンタインにコトネちゃんから貰った(妄想)
ゆーいさんもヒビキもシルバーも大変だね〜私はこんな大変な思いしたくないなー
それよりもゆーいさん足速っ!(゚o゚;;

告白とかじゃないって…コトネちゃんから告白されたら失神しちゃいますね
シルバーはツッコミ役とボケ役を上手く使いこなしてるね

ゆーいさん投稿がんばって!!多分そろそろテストだよね…テストもがんばって!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.183 )
日時: 2016/02/25 21:30
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>182
天乃ちゃん久しぶりー♪来てくれるだけで嬉しいよ!ありがとう!!
こんな大変な思いをしたのは自業自と…ってシルバーさん!?止めてシルバアアアアアアアア(ドゴバキッ
そんなに速くはないけどね…7秒台後半だし…うわあああああああああ!!
私…この章が終わったらコトネちゃんに告白するんだ…
シルバーは沢山の要素を持ってるから使いやすいっちゃあ使いやすいんだ。
はい!期待に応えて頑張りまっす!


前回→>>181


80話:博麗の巫女

?「戻れ、ザンクース」

広い叢で一人の少女らしき者がいた。巫女の服装で、紅白の色が目立っている。
ロングの髪の毛に、大きな赤色のリボンをしていた。
その叢を通った人たちは、驚いた顔をしてその巫女を見つめていた。
だが、巫女と目が合うと急いで目を逸らして通り過ぎたのだった。

?「あのさぁ、紫。いつまで私を見ている気? そろそろ幻想郷に戻りなさいよ」

他の者には見えない「紫」がそこには居た。この巫女には見えているようだ。

紫「いやぁね、そんな酷い事を言わないでくれるかしら。好きで見てるんだから、霊夢」

その瞬間、ザアッっ風が吹いた。霊夢は紫の方を見つめた。

霊「そういうところきみの悪い趣味だと思うわ。とっとと帰れ」

睨みつけると、その叢から出ようとした。それを紫が阻止する。

紫「世界に少しずつ危機が迫っているわ。貴方達が来た事でこの世界に乱れが起きてると思うけど」

それをばさっと切るセリフを言う。

霊「別に私たちが来て悪いなんて事は無いんじゃない? 悪いんだったらおかしいわよ」

紫「時空に歪みが起きてるのがわからないの? 幻想郷にも被害が及ぶわ」

霊夢だってこんな事を言いながら心配はしていた。

霊「どうにしたって帰り方がわからないわ。だったら帰らせてよ」

ここに来て、時間の感覚がおかしくなっていたのが事実だ。帰りたい心で染まっていた。

紫「それは無理よ。ニトリが帰れる機械を作ってるところだから」

霊「まだ作ってなかったの!? …はあ…とうぶんこの世界に住む事になるわね」

イラつきを隠せていない。ストレスが溜まりに溜まって酷い事になっているのに…

霊「…もう本当に最悪なんだけど。私はこれからどこで暮らせばいいわけ?」

紫「暮らす場所? そんなの自分で探しなさいよ」

紫の発言にツッコミたい霊夢だったが、今はそんな気にもなれない。

霊「もういいわよ…暮らす場所なんて…自分で何とかするわ。あんたは消えろ」

紫「本当、機嫌が悪くなると口も悪くなるんだから…」

酷い事を言われながらも、ニッコリしている紫。霊夢は、再び叢を離れようとした。しかし、
今度も紫にそれを阻止されてしまう。

紫「手助けしてほしいっていうなら、あなたに協力してあげるけど?」

霊「あんたねえ、人に自分でやれって言っておきながら何その態度。おかしいんじゃないの?」

紫「はい、これあげるわ」

紫から渡されたもの…それは病院の地図だ。

霊「…なにこれ」

紫「病院の地図だけど。大丈夫よ、院長にはちゃんと許可をもらってあるから」

そういう問題ではない。だが、今の霊夢にとってはありがたいものだった。

霊「感謝するわ。ありがとう、行ってくる」

そう言うと、地図の道順に沿って病院に向かった…



続く


あとがき

テスト終わりました!!!やっとテストの地獄から抜け出すことができました。
本当は日曜日投稿の筈なのですが、待ち切れなかったので投稿しました。Aliceごめん。
明日は投稿するかわかりません。そしておそ松さん沼にずぶずぶとはまってく私…

今回は東方project第一の主人公登場回でしたね!霊夢は冷静かつ白黒はっきりつけてます。
紫、ホテルとか選んでやれよ…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>187

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.184 )
日時: 2016/03/06 10:08
名前: ゆーい

※注意書き※
これは過去編です。第二章は暗い話です。明るい話が見たい方、許してください。
虐め内容はありますが、過激なものではないのでご安心ください。
え?別館?い、行かないよ…?
別館に行けと言われても虐め描写は多くないですし、そんなに長くならないので大丈夫です。
これでヒビキたちの悲しくて暗い過去がわかるね!私は書きながら泣きそうになった。
それではどうぞ!







なんでぼくだけがいじめられなきゃならないんだろう


こんなのおかしいよ


よくいうよね


いじめられてるほうがわるいって


じゃあじぶんがいじめられたらそんなこといえるのかってなる


ほんとうにおかしいよ


でも


ほんとうにおかしいのは……




ぼくなのかもしれない



1話:ヒビキの過去


生徒A「あーあ、またヒビキ虐めが始まったよ。あいつらもよくやるよね」


B「本当だな。いい加減にやめた方がいいと思うのに」


A「でもなんでヒビキ、虐められるんだろうな。別に顔が悪いってわけでもないのにさ」


B「性格も優しくてお人好しなのにな。でも…欠点といえばアレだよ」


A「アレ? アレってなんだよ」


B「ほら、ヒビキって結構泣き虫じゃん?」


A「ああ、そういう事か。もしかしたらそれが原因で虐められてるとか…?」


B「あいつらがどういう経路で虐めてるのかは分かんないけど、やめてほしいわ」


A「なんでだよ」


B「見てて昔を思い出すからやめてほしい」


A「は…? まさか、お前も昔…」


B「おっと、この話はやめるか。暗い話は好きじゃないからな」


そんなこと言ってないで助けてよ。僕虐められてるんだよ? 助けてくれないの?


C「おらあ! よそ見すんじゃねえ! お前見てるとイライラしてくんだよ!」


ヒ「い、痛いよ! やめて!」


C「優しい子気どりしてんじゃねえ!」


優しい子気どり? 何それ。そんなの知らない。優しい子気どりなんてしてないよ。


D「なあC、こいつ閉じ込めてやろうぜ。うざいし」


B「…お前らそろそろやめたら? 聞いてるこっちが嫌になるから」


C「はっ? お前また虐めて欲しいわけ? お前飽きたし、めんどいから話しかけんな」


D「C行くぞー」


A「B、やめよう、関わるのは」


B「くそ…」


ああ…またこうやって助けてくれるのに、誰かがそれを止めるんだ。
そして、僕はまたこうやって閉じ込められて見つかるまでこのままなんだ。


C「大人しくしてろよ、クズ」


D「助けとか呼んでも無駄だぜ〜鍵は俺らが持ってるからなぁ! はははっ!」


必死に睨みつけても笑って返されるんだ。もう閉じ込めれれるのは嫌だ。誰か助けてよ。
僕、もうこんなの耐えきれない。明日にでも死んでしまおうか。僕は生きてる価値がないから。


夜になっても助けにくる奴は居なかった。それもそうだろうけど。
鍵はCくんとDくんが持っているわけだし。助けに来ても開けられないから。


ヒ「………コト、助けて…コト! 助けて!!」


もう幼馴染の名前を叫ぶ事しか出来なかった。恐怖心でいっぱいだった。早く家に帰りたかった。


ヒ「出して! 出して! ここから出してよ!!」


きっと、虐められるのは僕の何かが悪いのが理由なんだ
お願い、誰かここから出して



続く


あとがき

はい!ゆーいです!もう待ちきれなくて投稿したよ!
ヒビキが虐められてるっていう設定にするのは心が痛かったよ…それでもやめないけどね…
過去編第二章を終わらせるまで本編と一緒に出していきたいと思うよ!
因みにヒビキが閉じ込められている場所は倉庫です。

ヒビキ…

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>193

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.185 )
日時: 2016/02/21 19:10
名前: 冬夜 ◆H5dNs51qrM

やべぇー、トリップなんてつけてたか忘れたわ笑

ヒビキの過去か…すげー続きが気になるな
CとD許せねえな。本編で出てきたら潰してやろうかな←
つ、続きをー!ゆーいさん続k((ry

次回もファイトっす!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。