二次創作小説(紙ほか)

【ポケモン】ヒビキたちの物語 *12000参照感謝!!
日時: 2017/09/24 10:04
名前: ゆーい
参照: *コメント返信については、お客様のコメント返信欄に返信しています。

お知らせ>>438
天乃ちゃんに返信>>352

12000参照ありがとうございます!!!これからもどうかよろしくお願いします!!

クリックありがとうございます!!いつも見てくださってる方、初めて来た方、感謝感謝です!!
*作者は読者様を神だと思っております。

―この小説は、「みんなの人生を応援する!」というアホな作者が発想したものからできました。

では改めまして……
皆さんおはこんばんにちは!ゆーいです!! 作者プロフィール→下のURL
この話が初投稿で、私の第1作目です!ですが、駄作です(・ω・`)
見てくれる優しい心の持ち主さんが沢山いるので、頑張って書くことが出来ています。
完結したら全て修正するつもりです。色々話の中でおかしいなって思う部分もあるかもしれませんが、
この話が完結するまでお付き合いよろしくお願いします!


† 項目一覧 †
Attentionー注意書き
Goalー目標
Self-introductionー自己紹介
Noticeーお知らせ
Reference breakthrough Dateー参照突破日
Writing start dateー執筆開始日
Writing end dateー執筆終了日
Recommended novelーおすすめ小説
About updateー更新日程
Guestーお客様
Comments Replyーコメント返信
Table of contentー目次


∬――Attention――∬
♯小説の投稿については、更新日程をお読みください。
♯スマホじゃなくてPC、WiiU、iPad向けに書いてあります。スマホでも読めなくもないですが、
 文が読みにくいと思いますので、PCやWiiU、iPadで読むことをおすすめします!!
♯本編は繋がっていますが、一編一編ずつでも読むことができます!
 ですが、今時間あるーっていう人は最初から見ることをおすすめします!!
♯原作とは違う部分がたくさんあります。私設定な部分もあるのでご注意ください。


∬――Goal――∬
1.コメント貰えるように頑張ろうと思うよ!
2.皆から読まれるような話を書けるようにするよ
3.1話に1000文字以上は書きたい…か・き・た・い
4.次目標はちゃんと完結できるようにすることです!


∬――Self-introduction――∬
−ゆーい−
名前:ゆーい(別サイトではAlice、ありすで活動しています)
一言:頑張って投稿していきます!応援よろしくお願いします!!どうか感想コメくださいな!
役割:イラスト以外のすべて
−此花−
名前:此花(Aliceから変更しました)
一言:これからよろしく御願い致します!!
役割:挿絵・記念絵係


∬――Notice――∬
《2016年版》
†4月〜5月   【>>233 >>327
†6月〜7月   【>>334 >>389
†8月〜9月   【>>409
†10月〜11月 【>>418
†12月     【>>429

《2017年版》
†1月〜2月   【>>431
†7月〜8月   【>>439
†9月〜10月  【>>441

《2018年版》
†3月〜4月   【まだです】
†5月〜6月   【まだです】
†7月〜8月   【まだです】
†9月〜10月  【まだです】
†11月〜12月 【まだです】


∬――Reference breakthrough Date――∬ 100参照ずつはこちら【>>276 >>437
●2015/11/21 1000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/01/17 2000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/03/14 3000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/05/08 4000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/06/19 5000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/08/14 6000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/10/14 7000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2016/12/08 8000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/01/04 9000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/02/09 10000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/??/?? 11000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!
●2017/08/24 12000参照突破!!ありがとうございます!閲覧 thank you !!

∬――About update――∬
受験勉強モードに入りますので、更新は受験後だと思います。


∬――Guest――∬
○天乃 さん 「初めてコメントくれてありがとう!!天乃ちゃんにやる気をもらったよ!!」
○雪 さん 「いつもコメントありがとう!!雪ちゃんのコメントにはいつも笑わせてもらってるよ!」
○シロマルJr.さん 「いつもコメントありがとう!!またシロマルさんの小説にも行かせてもらうね!」
○そぴあ さん 「雑談掲示板でお世話になってます!!そぴあさんの発言最高に良い!!」
○ヒトミ さん 「コメントありがとう!!ヒトミの小説面白くて好きだよ!お互い頑張ろうね!!」
○冬夜 さん 「コメントありがとう!!コトネちゃんの登場数が多くなるように頑張るよ!」
○コデマリさん 「コメントありがとう!!凄いって言ってもらえて嬉しいよ…!私感激…」
○クリーミィさん 「コメントありがとう!!ヒビキとコトネちゃんの関係を楽しみにしててね!」
○榊115さん 「ジバコイルゲスト出演しました!【>>263】 コメントありがとうございました!!」
○山内さん 「コメントありがとうございます!Aliceは無事です!!安心してください!!」
○まりさん 「コメントありがとうございます!!コトネちゃん可愛いよね!わかる!!」
○霧霊さん 「コメントありがとうございます!!ポケモンは馴染み深いので大好きです!」
○いつも見てくれる読者様方 「いつも見てくださって本当にありがとうございます!感謝してます!」
○ルイージさん 「コメントありがとうございます!!オリキャラ待ってます〜!ありがとうございます♪」


∬――Comments Reply――∬ 【>>351-363
○天乃ちゃん                       【>>351 >>352
○雪ちゃん                        【>>353
○シロマルさん                      【>>354
○そぴあさん                       【>>355
○ヒトミ                         【>>356
○冬夜くん                        【>>357
○クリーミィ                       【>>359
○コデマリさん、榊115さん、
              山内さん、まりさん、霧霊さん 【>>363
○ルイージさん                      【>>434


∬――Table of content――∬
普通の目次 【>>371
本編だけを一話ずつ見たい方用 【>>278-283


∬――URL――∬ *URLの部分に貼り付けてお使いください

*作者プロフィール
www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=10940
*雑談
www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=19937
*相談
www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=427
*イラスト
www.pixiv.net/member_illust.php?tag=HGSS
*カキコイラスト
www.kakiko.info/upload_bbs2/index.php?mode=article&id=131&page=1
*ブログ
arialice.hatenablog.com/
*青い鳥
@arialice2490

別ウィンドウで出したい方用 【>>0

↓以下、試した結果文字化けしなかった記号一覧
TUVWXYZ[\]
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRS
~順合紫括ba`go


∬――Recommended novel――∬
★ポケットモンスターXY 〜灼熱の炎〜  作者、雪 さん
★マリオとマジカル*マスターズ    作者、シロマルJr.さん


Writing start date 2015/01/20
Writing end date

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.176 )
日時: 2016/02/10 22:08
名前: シロマルJr. ◆o7yfqsGiiE

うん、ヒビキと魔理沙は合わんわwww分かってたww

でも、いつか2人協力してくれるといいな〜って思うな。

とにかく、ゆーいさんはじめみんな頑張れ!!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.177 )
日時: 2016/02/11 10:20
名前: 冬夜 ◆tzxenNZQbg

長い間来てなかったから一気読みぃ
みんなニセモノ対策みたいなのしてるみたいだから俺もしてみた。

キャラクターの中じゃ咲夜がお気に入り。霊夢も好きかな。
ヒビキと魔理沙は合わなそうだな笑 ていうか合わない笑
シロマルJr.さん同様、タッグ組んでみてほしいw

更新ファイトっす!!そしゆーいさんテスト頑張れー!
シロマルJr.さんも更新頑張れー!みんな頑張れー!

そしてコトネの登場数が増えることを願う。

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ( No.178 )
日時: 2016/02/11 11:05
名前: コデマリ

すごい……………
ゆーいさんっ!
ガンバって!

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.179 )
日時: 2016/02/14 06:56
名前: ゆーい ◆p17PNBs1wA
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

>>176
う私もww絶対この二人合わねーなと思いながら書いてたww
うん!いつかきっとヒビキと魔理沙が協力すると思うよ!
ありがとう!頑張るねー!

>>177
冬夜さん来てくれた!待ってたよ!!
私も咲夜さん好きだよ!でも私は魔理沙が一番好き。
タッグ組んでくれるかもしれないから楽しみにしててね。
更新頑張るね!できるだけコトネちゃんを出したい…

>>178
おお!コデマリさん、どもです!
いやー、来てくれて嬉しいよ!また来てくれるともっと嬉しい!((
更新頑張るね!ありがとう!


前回→>>175


78話:七色の魔法使い

参った…ニトリの作った機械でとばされたと思ったら、変な叢に倒れていた。本当に最悪だ。

そんな事を感じていたのは金髪をした女性、アリス・マーガトロイドだった。
アリスは此処に来てから二日三日くらい叢や街を歩き回っている。早くお風呂に入りたかった。
起きた時、隣には「ポケモンマニュアル」と二つのボールがあった。
周りの人には変な目で見られる。早く何処かに隠れたい一心で歩いていた。

少しの間歩いていると、家のある町を見つけた。看板には「ワカバタウン」と書いてある。
近くにある家のドアを叩いた。お願いだから、家の中に入れてほしい。
出てきたのは、髪の毛を二つに結んだ女の子だった。背は魔理沙くらいで、二重だ。
その子はアリスの格好に驚いたのか、すぐに家の中に入れた。

?「お風呂入れるんで、入って下さい! その格好じゃ皆驚きますよ!」

ア「え、あ、ありがと」

久しぶりのお風呂は暖かくて気持ち良かった。出た後もホカホカしていて気持ちが良い。
お礼を言ってこの家から出ようかと迷っていると、聞き覚えのある声と、
さっきの子の声が聞こえた。
部屋のドアを開けようとしたが、相手側の方がドアを開けるのが早かったらしく、突然ガラッとドアが開く。
聞き覚えのある声の主は、魔理沙だったようだ。

魔「よ、ようアリス。二日ぶりだな」

服装変わった? と感じるアリスだが、それどころではない。
なんで此処に魔理沙がいるのか気になって仕方がない。
別に、居て悪いというわけでもないが、此処で会えたのも偶然だろう。

ア「えっと、うん、二日ぶりね。…で、隣に居る女の子は…?」

すると、隣に居た少女はハッとして、頭を下げた。

コ「は、初めましてっ! コトネっていいます! よろしくお願いします!」

人見知りなのか、ただ単に緊張しているのかどうなのかはわからないが、体がガチガチだ。
でも、悪い子ではなさそうだし仲良くなれそうな気がした。年齢は魔理沙と同じくらいに見える。
アリスは魔法使いの種族なので、年齢は普通の人間よりいっている。
でも、見た目は女性と何一つ変わらなかった。だから、コトネを見る目もそんなに大差は無い。

ア「私はアリス・マーガトロイド。アリスでもなんでも読んでくれて構わないわ」

コ「それじゃあ…ア、アリスさんって呼ばせてもらいます!」

コトネは、魔理沙とは全然違い素直で可愛い。性格重視の男性ならイチコロだろう。
頭を触りたくなったが、それでは変人と思われてしまうので止めた。

魔「コトネはな、優しくて人思いでめっちゃ可愛いんだぜ! 私が男だったらイチコロだ!」

魔理沙も同じ事を思っていたようだ。コトネは照れたように自分の髪の毛を触った。

コ「あの、アリスさん。行くあてが特に無いようなら…私の家に泊まりませんか?」

もじもじしながら俯いている。アリスは思っていた事をそのまま口に出した。

ア「そうね…此処が何処かもわからないし、泊まることにするわ。よろしく」

こうしてアリスは、コトネの家に泊まる事になったのだった。



続く


あとがき

やっときましたアリスさん。魔法使い最高。あああああああああああああああああアリスさああああ((
アリスが何歳かめっちゃ気になるけど公式で決まってないんだよね…くそう。
なので私設定でいきたいと思います。(もともと)

ではまた次回!!さよなら!!


次回→>>181

Re: 【ポケモン】ヒビキたちの物語 ポケモン×東方編 ( No.180 )
日時: 2016/02/14 06:44
名前: ゆーい
参照: http://www.pixiv.net/member.php?id=13997448

まえがき

この番外編には以下のような成分が含まれます。これでも良い方は、ゆっくりしていってね!
・バレンタイン番外編
・コトネちゃん人気ィ…( ^)o(^ )
・作者登場!?
・もう訳が分からないよ状態


【番外編】激闘!バレンタイン!

さあ、今日は女の子が活躍するあのイベント! それは勿論バレンタイン!
ジョウト地方ではバレンタイン企画の祭りが沢山開かれていた……


コ「わあっ…! 屋台で売ってるものが全部チョコだー!」

ヒ「なんで俺らがこんなのに付き合わされなきゃならないんだ……」

シ「バレンタイン企画行きたいって言ったのどこのどいつだ」

ヒ「俺らです」

コ「今日バレンタインだからすごい混んでるねー」


コトネからバレンタインという単語が出てきた途端、男子二人はぴくっとなった。
それもその筈。だって、この男子二人はコトネにチョコを貰うためにやって来たのだから。
やっぱり男子はバレンタインに女子からチョコを貰いたいもの。貰えるんじゃないかと期待するもの。
きっとバレンタイン企画に来ている男子全員が思っているだろう。


コ「レッドさんいないかなー」

ヒ「え? なんでだ?」

コ「だって…十四日だよ? バレンタインだよ?」


ヒビキは肩を落とした。好きな女の子から言われたら傷つくものも傷つく。
シルバーはヒビキの肩に、ポンッと手をのせて慰めた。でもシルバーだって内心では傷ついていた。
二人はレッドを探しているコトネを見て、レッドが羨ましくなった。


コ「レッドさんなら来てると思ったのにな…」

?「あれ? コトネじゃんか。お前も来てたんだな」


そこには背の高い、あのカントージムリーダーのグリーンが立っていた。


コ「グ、グリーンさん。あの、レッドさん知りませんか?」

グ「レッド? レッドならそこにいるぜ」

コ「えっ…ってレッドさん!!」


グリーンが指さしたシルバーの隣には、チョコ飴を頬ばっているレッドが居た。


レ「コトネ、呼んだか?」

コ「あ、えっと…レッドさん、これ、受け取ってください!」

レ「お、ありがとう。バレンタインクッキーか。美味しそうだね」


ヒビキ、シルバー、グリーンはその光景を羨ましそうに見つめていた。
その時、


?「コっトネちゃあああああああああん!!!!」

全「!!??」


変な人、変人がこちらへと走って向かって来る。物凄い勢いだ。
コトネは走ってくるそいつを避けた。


?「酷いなあ…私だっていうのに…」

ヒ「……ああっ!! お、お前はっ!!」

?「始めましての方は初めまして! この物語の作者、ゆーいだよ!」

シ「なんか見たことあると思ったら…作者かよ」

ゆ「なんだそこのシルバーくん。そんなに残念がらないでおくれよ」

レ「ここで作者が出てくるとは想定外の出来事だね」

グ「本当に吃驚したぜ…」

コ「でも、なんで作者さんがここに…?」

ゆ「バレンタインってことで、コトネちゃんにチョコを貰いに来ました☆」

ヒ「待て待て待て待てなんでそうなるんだよっ! おかしいだろ!」

ゆ「バレンタイン番外編には絶対に出る予定だったんだ! ここで退くのは困るんだ!」

シ「妄想で貰ってればいいだろ!」

ゆ「そんなこと言うならチョコを賭けて短距離走だ!」

ヒ「なんで短距離走になるのかはわからないけど、望むところだ!」

シ「ヒビキの疑問に同感だけどまあいいや。俺が短距離走で負けると思うか?」


…ってことで、コトネのチョコを賭けて短距離走をやることになりました。
ルールは簡単。短距離(百メートル走)で一番速かった人が勝ち。
勝ちって言ってもこいつらだけ盛り上がってる。


ゆ「はっ! 見てなよコトネちゃん! 私が素晴らしい走りを見せてあg」

ヒ「お前より俺の走りの方が優雅だし! だろ、コトn」

シ「いやいや、お前らよりも俺の走りの方がかっこいいかr」

ヒ「俺、」

ゆ「この勝負に勝ったら、」

シ「絶対コトネから、」

三「バレンタインクッキー貰うんだ!」

グ「そんな事どうでも良いから準備しろ。ていうか死亡フラグにしか聞こえねえ」←貰った人

ヒ「よし、準備するか」


グリーンに言われ、走る位置につく。


グ「準備はいいなー? 位置についてーよーい…どん!!」


いよいよスタートした。が、なんというか、こいつら全員同時にゴール。
判定役のコトネ、レッド、グリーンはみんな同じように考えた。

あっ…勝ちも負けもないな…

と。しかし、ヒビキとシルバーとゆーいは三人だけ大騒ぎしている。


ヒ「おい! 今のおかしいだろ! 同時ゴールだぜ!?」

ゆ「そんな事知らん! コトネちゃん、私の走り見た?」

シ「お前黙れ! チョコレート貰えねーじゃねーか!」

ヒ「…あ」

ゆ「…あ」


三人ともガッカリ状態。折角貰えると思っていたのにこの始末…
しかし、コトネは優しかった。


コ「そんな勝負関係ないよ。ちゃんとみんなの分も用意してあるんだから」


コトネが持っていたのは、三つのクッキーだった。
三人は天に昇って行くような気分でそれを貰った。


ヒ「あ…クッキーだ…生きてて良かったー…」

シ「俺が探し求めてたのはこれだ…」

ゆ「ああ、最高だ…これで海に還る事ができる…」

グ「海じゃなくて土に還ってろ。それとも還らせてやろうか」

ゆ「それだけはやめて死ぬから」


結局百メートルを走った意味もなく、くだらない賭けは終わりを迎えた。
だけど、コトネからクッキーを貰えて満足な三人だった。


コ「そこの貴方も、私のクッキーは如何ですか?」



おしまい












































ゆ「それじゃあありがたく…」

ヒ「お前はとっとと本編書け。てか現実に戻れ」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存